バーバリー マフラー

November 23 [Fri], 2012, 15:50
バーバリー マフラー史上空前の論文ねつ造という科学詐欺事件が発覚したのは2002年9月のことです。主役のSは弱冠29歳の若手研究者。アメリカのベル研バーバリー アウトレット究所所属の研究員で「サイエンス」、「ネイチャー」に超伝導に関する16編の論文を発表し、およそ3年間にわたって、いつノーベル賞を受賞するかと注目を集めたヒーローでした。
最初の発表は200年7月、オーストリバーバリー マフラーアで開かれた合成金属科学会議です。
ベル研究所と言えば、何人ものノーベバーバリー アウトレットル賞受賞者を輩出し科学研究の最先端を切り開いてきたところです。ベル研所属のBは、超伝導研究の第一人者として研究チームを率いてバーバリー マフラーいました。Sはそのチームの一員でした。
超伝導とは、絶対零度と言われる極低温のー273℃近くで電気抵抗がほぼゼロになる現バーバリー アウトレット象です。
1911年にカマリング..オネスが水バーバリー マフラー銀を使って発見しました。−273℃の極低温環境を作り出すことは容易ではありませんが、もし高温超電導物質、つまり―196℃の液体窒素の温度くらいで超伝導となる物質が見つかったバーバリー アウトレットら、応用範囲は一気に広がります。
たとえば、遠距離送電をしてもロスがないので、エネルギーコストの大幅な削減につなバーバリー マフラーがります。
Bのチームは有機高温超電導物質に的を絞って研究をしていましたが、Sはその物質づくバーバリー アウトレットりを担当していました。
Sの成果は、まさに目覚ましいものでした。次々に「高温」で超伝導を示す物質をつくバーバリー マフラーるのです。そして論文を発表します。
世界100か所以上の研究機関が100億円以上の資金を投じて、シェーンの実験結果を追バーバリー アウトレット試しました。
しかし、追試に成功した人は誰もいバーバリー マフラーませんでした。それにもかかわらず、シェーンの実験に疑いを持つ人はいなかったといいます。
大阪市立大学の研究者は、「自分が未熟だ」と思ったそうです。
フランスの研究者は、第一人バーバリー アウトレット者のBへの信用があったために疑いをさしはさむ余地はなかったそうです。
アメリカの研究者は、ベル研には企業秘密のノウハウがあるのだろうと推測したそうです。
Sの有機超電導物質製造装置を見バーバリー マフラーたいと誰もが考えました。Sはベル研の同僚に、実験はドイツのコンスタンツ大学でしていると話していました。現物を見た人はいませんでしたが、「Sのマジック.マシーン」の名声は高まり、Sバーバリー アウトレットは「ゴッド.ハンド」の持ち主とみなされるまでになりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monler11
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/monler11/index1_0.rdf