−過去…二十歳− 

2004年12月25日(土) 17時51分
私の人生、20歳まではなかなかイケてたように思う
恋もバイトも、恋愛も…自分なりにやってたし、輝いていたそうな
自分で遊ぶ金は稼いで、大学で教授に目をつけられることも無く笑ってた

二十歳の冬に転機は訪れ、全てを壊していった…壊されたのか壊したのか

私はある日、気を失って自転車から転倒し頭をコンクリに強打した
救急車で運ばれたらしい…今でも記憶が無くて…とても悔しい思いをしてる
脳挫傷幸い出血も酷くなく…しかし脳外科がないため安静という名の放置
あの日から何も出来なくなった…自分の意志を受け入れぬ日々の始まり…

それから四年間のほとんどを心療内科でお世話になることになった
鬱状態不安障害…私に下された診断だった…信じていた
不安発作は毎日のように襲いかかり、家族の理解が無くて一人で耐えた
突然襲いかかる悪魔…胸を鷲掴みにされ、身体が浮くような狂うような感覚
電車に乗っている時も講義中も…就寝中でさえも構わずやってくる発作

ある日私は家を出る…家族に気持ちがられるほど辛いものはない
適当な理由をつけて私は一人暮らしを始めた…友人の薦め…感謝してる

しかし不安で仕方なかった…大学も行けなくて、一人で心療内科での治療
主治医がうさんくさくて『逃げたい』毎日思っていた…でも逃げ道は無かった
…孤独で毎日一人で泣いていた…体重も落ちた…それが私の二十歳の生活

−相棒− 

2004年12月24日(金) 0時10分
クリスマスイヴですね…しかしケーキが食べれるくらいしかいいこと無いな
サンタさんはさすがにその歳になるとやってきません…きっとね
今日はぷー生活の相棒を紹介しようかな…と思いますが、
相棒なのかは謎であります

相棒はでありまして、下手すると24時間同じ屋根の下にいるのですが
気分屋なもので、基本的に昼間は機嫌が悪く、
お互い無干渉ということでやり過ごしています
名前はミルク、もうすぐ3歳♂…今が旬の男性ですね
パピヨンで超小型のはずが…デッカくなっちゃった


寒いのでフリース着てマッタリの相棒

好きなのはオヤジとマダム、
嫌いなのは犬全般(特にチャウチャウと近所の柴)らしいです
家族には噛みまくりで私はよく被害に合います…泣けますね

でもね、すごく落ちこんでいる時や泣いていると
一番に駆けつけてくれるんですわ
元々は姉の犬なのですが自立して出ていったので
…姉ならぬ兄貴のようでもあるのです
自分をだと思っていないので
今日もケーキやらチキンやらをよこせとねだるのでしょう…

私もこいつも長生きしそうにないですが、
今日も屋根の下で縄張り争いをするのでしょう…それが日常です

第一歩−道化師じゃない− 

2004年12月23日(木) 0時10分
初めての日記…第一日目ですね…少し緊張しますね
もうすぐクリスマスで何処に行ってもクリスマスソング…トイレでまで流さなくていいから
ぷーになって、人と少しはぐれて、色んなコトを見てきたつもりだったけれど
まだまだ私は何も見えていないこと、未熟なこと、たくさん知った日でもありました
今日の日記…ちょっと散文ポエムっぽいけれども…


私はいつも笑ってた
だけど今は泣いたり怒ったりできる
少し自分に素直になれて
少し自分を大切にできてる気がする

まだ上手くバランスは取れないけれど
私はもう泣けないピエロじゃない
ピエロの私を人間にしてくれたのは
他でもない、人間だったよ

たくさん泣いて大事なものをつかんでやろう
だって私たちは道化師じゃない…主人公なんだから


この日記を第一日目にしたいと思います…日記に捕われず感じたことを書いていけたらと…
時に書き溜めた詩を稚拙ながらUPしてゆけたらと…
あと相棒のも紹介しますかね…ではでは
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monkey-bananas
読者になる
Yapme!一覧
読者になる