株の種類 

April 27 [Mon], 2009, 0:56
株には種類がありますが、どんな株の種類があるのか紹介したいと思います。株式会社というのは株の発行がありますが、その発行されている株の中でも一般の人が実際に売買ができる株は株式市場に上場して公開されている株だけに限られています。とても大きな会社でも上場公開していない株を持っていることがあってこれを未公開株と呼んでいるのですが、この未公開株は一般の株の投資家は買うことができないことになっています。例をあげてみるとアサヒビール、キリンビールというのは、上場している株ですから誰でも購入可能なのですがキリンビールのバイアには上場していませんから未公開株となって購入できません。

未公開株はオーナー企業のことが多いのですが未公開会社の中には、将来的には上場や公開などを目標にしている会社もありますそして株の種類には今2種類あることがわかりましたが、東証1部、東証2部、そしてマザーズ、ナスダックジャパンといったようにいろいろと取引所がありますからその場所によって上場できる条件も違ってきますからこのことから株の種類はまたさらに分けられることがわかるのではないでしょうか。中小企業の株の場合には登録基準が甘いところに登録されています。
"

株価とニュース 

April 27 [Mon], 2009, 0:55
株価の動きというのは経済のニュースやそのほか色々なニュースがとても関連性があるといわれています。たとえば株の動きというのは基本は会社の業績によって変わるのですが、企業の業績だけではなくて経済全体の動きやニュースなどでも株価の動きはかなり大きく変動するといわれています。たとえばニュースやテレビ、新聞などでよく聞く言葉に国内総生産のGDPという言葉がありますがこれはかなり株の動きに影響を出すこと柄の一つです。これは何かというと、日本の国内である期間中に作りだされた付加価値の総額のことをいいます。付加価値というのは1000円の材料で2000円の商品を売れば1000円が付加価値ということになって付加価値の金額が大きかったら景気がいいということになりますが、このことが株の世界にも大きく影響を与えています。

そのほかにも、株価に影響を与えるようなことには鉱工業生産指数や消費者物価指数、日銀短観、機械受注ということもかかわってきますから株を始めたらニュースや新聞などで聞かれるこれらの言葉には特に注意しておいた方が、株の動きの予測を立てやすくなると思います。株の動きと世界のニュースや会社の不祥事といったものはとても関連性が強いです。

"

株のローソク足の見方 

April 27 [Mon], 2009, 0:55
株のローソク足の見方についてですが、株のローソク足チャートは始値、終値、高値と安値の四つの価格をもとにして描かれていて終値が始値よりも高かったら陽線といいまして、終値が始値よりも安かった場合には陰線と呼んでいるんだそうですね。棒グラフみたいになっている部分は始値と終値の値幅を表示しして棒から上と下に出ている線はヒゲと呼ばれているのですがこちらは株の高値と安値を表示しています。株のローソク足は株価の動きを記録していくだけではありません。その株価の動きもとても詳しく表しています。

その下部に対してどれくらい、株投資家の買い意欲が集まっているのかということもこのローソク足のチャートからは見ることができますからとても便利です。株価というのはとても波があるのですが、一定期間は同じ方向にその波が進むといわれていますからローソク足のチャートを分析すれば、これからの株価の動きがとてもよくわかるきっかけになるといわれています。株のローソク足のチャートにはいろいろと種類があってそれぞれによって株の動きがわかるようになっていますから一度自分でもチェックしてみて今後の株の動きを考える参考にしてみてはいかがでしょうか。

"

株のチャートの種類 

April 27 [Mon], 2009, 0:55
株のチャートの種類について紹介したいと思います。株のチャートというのは、罫線といわれているのですが、株の価格の動きがわかりやすく表示されているグラフのことを株のチャートと呼んでいます。チャートを分析するということは株の取り引きの時にはとても大切なことになってきますから、株価がいまの国の掲載や会社の業績、これからの将来性といったいろいろな情報、材料に影響をあたえると過去の株価の動きを調べた場合にはこれからの株の動きが予想できるというものです。株のチャートの歴史というのは昔から行われていて、日本では株のチャートは江戸時代のころから行われていたといわれていますから歴史が長いですね。

株のチャートには種類が色々とあります。大きく分けると3つの種類で、止め足、棒脚、ローソク足という三つの株のチャートがあります。止め足は、株のチャートの中で一番わかりやすいのですが折れ線グラムのことで、毎日の終値や週末や月末の終値をチャートのグラムに表示したものが一般的です。止め足は株価だけではなくて円の相場などにも使われることが多い株のチャートです。棒足の株のチャートは一日や1週間、1か月といった一定の決められた期間の中の高値と安値を棒グラフで表示した株のチャートです。

"

株の板とは 

April 27 [Mon], 2009, 0:54
株の売買取引の注文状況を見るために大切なのがこの株の板と呼ばれるものです。株式の売買をするときに、今の株価をあらわすチャートを分析するというのもとても大切なことなのですが、板の情報を見るというのもとても大切なことになります。板というのは株のそれぞれの銘柄の売買の注文状況がリアルタイムでわかるようになっている機能です。板の情報は証券会社の公式サイトでも見ることができるのですが、証券会社のそのページを見るよりもかなり便利なのが証券会社が作っている株取引専用のツールなどがあればもっと簡単にこの株の板を見ることができます。


この株の板というのは売買の注文状況がわかるのですが、板の左側には株の売り注文の数が表示されていますし、右側には株の買い注文の数がわかるようになっています。そして真ん中の部分には株の価格を表していて売りと買いが重なっているところがいまの株の価格ということになります。この株の板からわかることは、ある値段で株を購入しようと思うと、今の価格よりも上の売りの注文の数が並びます。そして株の買いの注文が全くない時には、今の価格で株を買ったとしてもこれから先に株価が上がらないという予想ができるので、今は株を買うのをやめようと決断できるのです。
"
P R
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30