FXのスワップポイント

April 23 [Thu], 2009, 17:37
"FXのスワップというのは、ゼロに近いような金利の円や高い金利のドルといったように外国の通貨の間には金利の差というのがあるのですが、その金利の差を配当してもらえるというのがFXにおけるスワップです。たとえば100万円を円で銀行に預けるか、ドルでアメリカの銀行に預けるのかによっては金利の差が出てきますよね。それがFXのスワップなのです。円売りドル買いした1万ドルのFXのロングポジションを保有しているとすると、毎日FXのスワップポイントが150円から155円もつくなんて嬉しいですよね。これを1か月に換算すれば1か月でFXのスワップポイントが4500円もつくことになりますから1年間に1万ドル預けていれば5万4000円も金利が付くことと同じことになりますよね。

FXをする際のメリットとしてこのスワップポイントを目当てに金利の差で稼ぐ人がひとんとですが、もしも先ほどの逆でドルを売って、円を買った場合には金利の差がマイナスになるので、毎日150円払わないといけなくて1か月で4500円も損をするということになりますから、できるだけFX取引で成功したいバイアにはスワップポイントがプラスになるような外貨のペアを選んでFX取引をする必要があるということになりますね。
"

FXのポジション

April 23 [Thu], 2009, 17:36
"
FXのポジションについてですが、FXのポジションというのはどうゆうことなのかというと、円とドルの通貨などを買って持っていることをドル/円の買いポジションを持ったといういい方をFX取引の中ではいいます。また少し難しくなるとFXのポジションのほかにも、ドル/円をロングしたという言い回しもFX取引の中では出てきます。ポジションは日本語にすれば持ち高のことですからFXで外貨を買っているか売っているのかその状況を示すのがポジションという言葉なんですね。FXで外貨を買っている時には買いポジションといいますし、FXで売っている時には、売りのポジションといういい方をするわけです。別にわざわざFX取引の際にポジションとう言葉を使わなくてもいいのではないかという人もいるかもしれませんが一般的にFX取引をするうえではポジションという言葉を使って取引をします。

たとえばアメリカのドルを十万円買っているというFXの状況をポジションを持っているといいますが、FXでは外貨を持っていない時に外貨を売ることからスタートすることもできますが、このときは言ってみれば何も持っていないことになりますが、このときもポジションを持っているとFX取引の中では使います。
"

FXレバレッジの選び方

April 23 [Thu], 2009, 17:36
"
FXのレバレッジの選び方について紹介したいのですが、1ドルが100円の時にFXのレバレッジを5倍にしたら百万円持っていれば5万ドル購入可能です。レートが100円から10円上がって110円になったら10円×五万円で五十万円もFXで得をするということになってFXの資金は1.5倍に増えたことになりますが、逆にいえば10円レートが安くなった場合には50万円損をしてしまうことになってしまいますが、FXの資金は半分残っている状態なので、全く終わりにはなりません。また110円になることもありますから我慢していればFX取引はまだまだ続けられるのです。

ですが、レバレッジ100倍ならレートが1円でも下がってしまったら終わってしまいます。逆に1円でも上がれば百万円のFX利益を得ることができますから、リスクが高いレバレッジならあっという間に終わりになることも、お金持ちになることもあるということです。FXのレバレッジが低ければ低いほど確実でローリスクローリターンなFX取引いなると思いますが、FXのレバレッジが高ければ高いほど、かなり大きな賭けになる話けで、ハイリスク、ハイリターンになってしまうということを忘れないようにしましょう。

"

FXのレバレッジ

April 23 [Thu], 2009, 17:35
"FXをするうえでレバレッジは必ず理解しなければいけないことの一つです。レバレッジというのはFXの魅力のひとつでもありますから理解しておかなければいけません。FXのレバレッジというのは、FXの資金の何倍も取引をすることができる原理のことをいいます。FXのレバレッジはてこのことですが、1ドル100円でもし資金が百万円だった場合には一万ドル購入できますよね。ということはテコが全く一緒ですからレバレッジは1倍ということになるのです。では100万円で二万ドル買った場合にはレバレッジは2倍になって百万円で十万ドルの場合にはレバレッジが10倍というFX取引になるのです。

このFXのレバレッジというのはFX会社によっていろいろなのですが、控え目にしているようなFX業者の場合でもレバレッジは10倍くらいまで可能だといわれていますが、活発なFX取引を行っているような業者になるとレバレッジが100倍とか300倍ということもありますから注意しておいた方がいいかもしれませんね。特にFX初心者の場合は最初はレバレッジが低いところからスタートさせて税所から何百倍のレバレッジをかけるのはFXのリスクが高すぎますから注意して多くても10倍くらいでFX取引をしましょう。

"

FX業者の違い

April 23 [Thu], 2009, 17:35
"FX業者の違いについて詳しく紹介したいと思います。違いを知っておくとうことは、これから業者を選ぶ際にとても役に立つと思います。名前が有名だとか資本金が多いということでFX会社を選ぶことは危険ですから、きちんとFX会社の中身を知ったうえで考えた方がいいと思います。FX会社によってどんな違いがあるのかというと、まずはFX取引システムがまったく違っています。たとえば売買の方法や口座の管理の方法などがFX会社によって違います。そしてFX取引の売買手数料も違っていて無料のところから1000円までいろいろです。そしてFX取引に必要とされている保証金の額も違っていて数千円のところもあれば、十万円のところもあります。

そしてFX会社によってはスプレッドも違っていますし、配当のスワップの金額も違ってきます。そしてFX取引の通貨の種類もいろいろとあります。少ないところでは7種位しかないのにくらべて、多いところでは数十種類もあるというところもあります。このようにFX会社によってそれぞれ中身が全然違っていますからそれぞれを比較して自分が何に重点を置いてFX取引をするのかによってFX会社を選ぶようにするのがFX業者を選ぶ際にとても役立つと思います。
"
P R
2009年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる