テニミュ立海夏公演レポもどき その1 

September 02 [Sun], 2007, 21:50
□OP

前回のダブルス2試合の回想からのスタート。まさかD1が見られるとは!感動した!
お前等、崖っぷちギリギリ!のところの柳生の決めポーズが美しい。
全員が揃って歌う所で鳥肌が立ちます。そして満を持して幸村登場!のところがものすごく好きです。

8/15夜 ジャッカルの「ファイヤー!!!」という声が聞こえる。気合い入ってる!

青学すごい。ハイレベル!気合いを感じます。
全員のまとまりはやはり青学のほうが上手いですね!
間奏の所の振り付けが好きです。ちょこちょこ移動する所。
手塚が加わってから更に力強さが増し、部長の偉大さが感じられます。
不二パートに圧倒され、大石パートにハラハラする。桃は歌うまくなったな〜!

8/28夜 桃パートの振り付け変わった?覚えてないだけ?


□S3

乾のフォームが美しい。歌うまい!
ませい乾をここまで格好良いと思ったのは初めてかも…。
柳はかまいたちのフォーム及び手がイイ!スパーン!てな感じです。
手の形は原作にとても忠実なんですね。
あとおのくんは細やかな表情での演技が柳ぽくて良い!
どうも頭にアクセントがくるのは元々の喋り方?

香川ではすごく良くなってました!
迫力が増した?セリフを言いながら、クッと振り向く仕草が好きです。


赤也の先輩から突っ込まれる場面
初日はきちんと最後に「アデュ!」って言ってたのにな!
だんだんツッコミが厳しくなってきて普通に痛そう。笑
8/28夜 柳生ツッコミ→「ジェ、ン トルマン…」
8/29昼 柳生ツッコミ→「あ、りがとうございます…」

かまいたち
ここで赤也が目線を真田に送っているのにシカトされているように見えるのは私の気のせいでしょうか。

俺は過去を凌駕する
♪これが俺の 新たな戦い方〜の後の振り付けが好きです。
つい歌いながら踊ってしまう…。


・土足でベンチに上がる赤也の足下をガン見する柳生。注意すればいいのに!

・真田と話した後にニヤリと笑う柳生(黒紳士!!)
 8/2夜 柳生が組んだ足をひらひらさせながら真田に話し掛けてました

・ウチの参謀はよ〜う!だんだんねちこくなっている気が。笑

・ピヨ 手をぱくぱくさせる仕草がかわいいいいい!
 8/2夜 柳生が仁王を振り返りしばらく凝視。その後理解不能と言わんばかりに首を傾げる。GYAAAA!
 8/9夜 ピーヨッ!っとちょっと伸ばしてたような?(忘れた…)
 双眼鏡の関係で赤也がフレームアウトなのが残念すぎます。毎回。

・柳が優勢な間、余裕な表情の仁王

・ペットボトル
 大阪公演からなようですが、2リットルのペットボトル:柳用と簡易水筒?(良くサッカー選手が飲んでるやつ):ブン太用が登場。
 8/29昼には普通の500のやつも加わって、3本になってました。
 8/28夜 ブン太水?飲みすぎ。柳生に勧めるも断られる。
     しつこく勧めすぎて没収される(!)
 8/29昼 ブンに勧められて断るも、二回目の勧誘で飲んだ!(確か)

その2 

September 02 [Sun], 2007, 22:24
□S2

圧巻!!!赤也が凄すぎる。
細かい所がきちんと赤也でいちいち感動します。
ボールを足で蹴り上げて取る所なんかパントマイムなのにすごく分かる!(上手く書けなくて申し訳ない…。)
あとは赤也一年生時に3強と対峙する所ですね。あすこはD1が歌っていますが、どうしても赤也を見てしまう。
表情がものすごい良いはずなので、早くDVDが見たいです。

ここの3強もものそいカッコイイんですよね。特に幸村がイイ!
王子がラケットを振るとなんか麗しい&力強くて「ほぅ…」ってなります。
不二も凄い。倒れ方が本当にボールが当たったみたいなんですよね。
その後のラケットを探す仕草なんかも見ていてハラハラとしてしまいます。
正に迫真の演技です。
個人的にS1よりS2のが記憶に残ります。


赤也が柳を庇う所
8/2夜 タイミングがずれていて、あれこんなタイミングだったっけなと思ってたら次から改善されていました。
8/9夜 赤也若干噛むも赤也っぽく言いなおす。この言い方がかわいかった!
そのあとラケットすっぽ抜けた?
ここで柳が目をギューってしていてカワイイらしいんですが、観れていない!次こそ!
8/29昼 「簡単に済みそうにないのぉ」で仁王声が裏返る。

赤也のラリー中の蓮二の演技がものすごい好きなんです!
ボールを目で追うんだけど、悔しさが滲み出ているような表情。

8/28夜 柳が2リットルのペットボトルを飲んでました。飲むのか弦一郎(違)
8/29昼 ブン太が柳が座る前に、柳生の隣にペットボトルを並べる。
    結局柳が飲むのは2リットルのペットボトル


Genius〜ブラショ
Geniusは赤也の腰回しが多用されすぎていてなんかスイマセン的な気持ちにさせられました。
途中でジャッカルが準備運動を始め、ブン太を誘います。ブン太は「しょーがねーなぁ」みたいなかんじ?
その後D1は仁王が柳生の肩をポン→お互いちょっと頷いてから飛び出し。
(ここいろんなパターンあるみたいですね…!)
8/28夜 柳生が後ろを振り返ってしばらく凝視→お互い頷きあい飛び出し

ブラショで途中すごい好きな振り付けがあるんですが忘れました(どらぁ!)
いつも仁王くんを見ようと思うのに、どうしても柳生を見てしまう…!
真田柳は頷きあい、靴を脱ぎ→ベンチの上でダンス!衝撃!笑
柳は靴脱いだのにしばらく下で踊らされて可哀想!笑


例の冬服
やりおったーーー!!神はいました。
そして柳生だけマフラーの巻き方が違う?と思ったら原作通りでした!細かいな!
♪勝つことだけが〜のところの柳生のポーズにいつも釘付けです。ニャー!(冬バクステ)に見える…。
香川ではもうちょっと気合いが入ってる感じになってました。

そして幸村早着替え。非情のテニスと合わさる所は圧巻。この時の幸村の歌声が本当に力強くて良い!
立海の絆の強さを改めて感じるシーンです。ここで泣きそうになる。いつも
でもプリンセステンコーに見える。


神がかりのテニス〜赤也へのD1の歌
菊丸の安定感は抜群ですね!一番上手いんじゃないんですかね?
大石が不安定なのでよく修正がきくな…といつも思います。
D1の歌はメロディラインがものすごく好きなんですぅぅ!特に仁王パート。
自分設定で、赤也はこの二人が(特に柳生が)好きなイメージがあるので、二人が赤也へ向けて歌っていることにすごく感動しました。

不二と赤也の歌
だから勝つのは俺だ!お互いの力と力のぶつかりあい!というかんじですごく良いです。
二人がチェンジコートする所では両方何かしらやっているので目線が定まらず、いつも悔しい思いをしています。
♪立海大の〜のところで、先輩方がグっと拳を握ったり掟ポーズをする所が好きです。赤也愛されてるなぁ!


赤也が倒れた後、ラケットを拾いに行く柳生先輩と心配そうな柳先輩がもえー!母!
目覚めた後の落ち込んだ赤也に寄り添うジャッカルが愛おしい。やさしい…!
柳もすんごい心配そうなんですよね!
ジャッカルはあまり動かない立海ベンチの中でも、ポイントが決まればガッツポーズするしすごく全力なので、すんごいカワイイです。
壽太みたいな息子が欲しい。←

「真田副部長…俺を殴ってください!」のところの赤也が、パンツをぎゅうーってしているのが悔しさを体現しているんだと思うんですが、可愛くてしょうがない(笑)

その3 

September 02 [Sun], 2007, 22:25
□S1

兼崎真田の力強さに完敗!
なんて雄々しいラケットさばき!ステキー!!
真田が実在したら本当にこんな感じなんだろうなと改めて思いました。
立海ジャージを一番着こなしてるのは真田だと思います。
兼ちゃんはよく噛んでますよね。ものともしない感じが正に真田。

しかしS1自体はあまり印象には残りませんでした。
きっとみんな揃って歌う歌(あいつこそがテニスの王子様的な歌)が無かったのが原因だとは思います。
乾よりもリョーマにこういう系の歌を入れるべきだったんじゃないかしら。
それか真田とリョーマの歌とか。あまりラスト!って感じがせず、残念。


真田幸村愛の歌
ミュはこの二人を押すなぁ。
♪俺は行くよ〜と歌われた瞬間、天国へ…?と思ってしまいましたすいません。
ハモりが美しすぎる。
ちょっと80年代なメロディ。
8/29昼(かな?)真田若干詰まる。♪未来のために コートの中へ、のコートの部分が明らかに「手術室」の間合いだった


噂の皇帝タイム
何故に柳生は暗くなった途端仁王のもとへと行くのか…!
初日は気付かなかったんですが、ネタばれで見た後確認した時には萌えで震えました。笑
馬場さんが要チェックやー!と言っていたベンチワークというのはここのことでいいのかな?^^
それにしても皇帝!が氷帝!に聞こえる。

8/9夜 しばらく見つめあった後、仁王が柳生の頬だか首だかを撫でた!
    振り払う柳生
8/28夜 柳生の眼鏡を取ろうとする仁王。振り払う柳生
    その後「もーやめてくださいよ、仁王くん」てな感じにおさわりしていた…!
    かなりソフトタッチだった様な気がする。(誇大妄想)
8/29昼 噂の距離…!ちかいちかい!!!


「誰もお前だけを責めたりするもんか」
わりかし仁王は、「参謀も、プリッ」は早口で怒った感じ?なんですが、8/9夜はラケットで柳の頭をポンポンしながら「さん、ぼー、も!プリッ」って感じでした。


風林火山
初日は衝撃的すぎて思わず身を乗り出してしまいました。笑
あの柳生のSPEEDでいうTAKATO的なダンスがたまらない…!YOUひとりだけ腰の高さ違うよ!
ガウチは左利きなため、人よりも多く動いているのでより複雑に見えます。
それにしても柳生の動きはエロい。
あとは自慢げに解説をする柳先輩がカワイイ。
もーホントに風林火山大好きなんですけどどどどうしよう…!(落ち着け)


ジャッカルの時計
東京でもちょこちょこやってた仁王のジャッカルいじめが
香川では更にひどくなってました(笑)
8/28夜 ジャッカルの手元から柳生が時計を強奪。
    そこから柳、ブン太と回ってしばらく放置されていました。(たしか)
    貸しなさい!と言わんばかりな柳生もひどかったですが
    ブン太の扱い方もひどかった(笑)
8/29昼 風林火山後に仁王がラケットでぐぐーっと押しやる。
    →ジャッカルが気付いていないと分かるや否や
     自分のポケット(恐らく)にしまい込む仁王。
    →ちょっとたってから柳生が時間を聞いた時にジャッカルから
     時計無いよーと聞かされ(?)ちょっと周りを探す柳生、柳、ブン太。
     ジャッカルは仁王を疑ってるんですが、仁王はしらばっくれる。
    →柳生の肩の上に時計をベローンと乗せる仁王。
     振り返りもせずに受け取る柳生。なにそのツーカーぶり…!
    →柳生がしばらく手に持っていたが、自分のセリフが近づいていたため
     無事ジャッカルの手元へ
    →え、返してくれるの?みたいなジャッカルが可愛かったです。


驚く柳
真田が自分も無我が使える。と言った後に、立海メンバーが驚いて立ち上がる時に、初期だと柳も驚いたようにすごい勢いで立ち上がっていたそうなんですが、後半になってからはゆっくり立ち上がるようになったそうです。
ま、ね。柳先輩も3強ですからね!知ってて当然という訳ですよね!


3倍疾いわ
香川では柳がブン太の指を、いち、に、さんと言った感じに開いて教えて(?)あげていました。
ブン太が赤也だったら超萌えだなと思いましたが、原作の二人で想像するとありえなさすぎてそれはそれで萌えました。


ジャッカルのハンカチ
8/28昼 ジャッカルがおもむろにハンカチ?を取り出し汗を拭いていました。
    その後柳生に勧めるも、ものすごく拒絶する柳生。笑

最後の挨拶(握手)
この並びも原作通り。
仁王が何で菊丸に向けて鉄砲みたくしてるのかなーと思ったら、原作でやってた!
いつかは忘れましたが、不二と柳生がぶんぶん握手した手を振っていて、中々不二が離してくれなかったのか、柳生が苦笑い?な時がありました。
ちなみに円陣の並びも原作通りでした。

その4 

September 02 [Sun], 2007, 22:26
□トロフィー
(殆ど忘れてしまいました…)

8/9夜 ブン太:このトロフィー丸い…おいこれジャッカルみたいだぞー!!
8/15 ブン太:このトロフィー丸い…真田、すまねぇ!(懐に隠す)
8/28夜 仁王:おい真田ぁ!…ムシかよ。負けてはならんって言っとったの、誰じゃったかのう?…これで色々遊べそうじゃ…(手に貼付いた様なマジック?)客席どよめき。これで終わりかと思いきや、捌ける手前で立ち止まり、「プリッ」
8/29昼 ブン太:幸村がいたら何て言うかなぁ…「丸井、苦労かける」…て、ないない〜!かいかぶりすぎだろぃ!

東京では全部ブン太だったので、仁王が見れて嬉しかったです!


□TOP OF〜

桃のパンが毎回違うんじゃないかと言われていますが、確かに初日はコッペパンでした。
しかも袋入り。
そのコッペパンが、かじった瞬間ボローっとこぼれたらしいので違うパンになった模様。
ちなみに初日はラケットバッグの中身が入っていなかったみたいで、デローンとしていました。


□比嘉&六角
木手様の「知念くん」のイントネーションが素晴らしい。
知念くんもあの日本人離れした体躯が、漫画っぽくて良かったです。脅威の再現率!
六角は、いっちゃんの「その前髪、沖縄で流行ってるの?」ってやつと、「おきなわ!!おきなわ!!!」てやつが面白かったです。
8/15夜 木手様こける!
    段の上に昇る時に、いつもはスタッと昇っていらっしゃるのに、
    すべってました。笑


□FGKS

8/2夜 降りてきたのはダブルス組
    なんと超近くに柳生が…!!(入れ替わる前は忘れた)
    初日だったせいなのかかなり挙動不審気味な馬場さん。
    絶対途中歌ってなかったよ!笑
    終止周りをきょろきょろしていました。

8/9夜 降りてきたのはシングルス組
    おじいちゃんみたいな感じで出てくるブン太と堀尾。
    D1はニッコニコしながら良くわからない振り付けをしていました。かわゆ…!

8/15昼 降りてきたのはダブルス組?だったような
    キメのところで背面レーザーやってました!ついに目撃!

8/15夜 降りてきたのはシングルス組
    泣きそうな(泣いていた?)ジャッカルをからかう柳生。
    仁王はトリオとキャッキャしていました。
    柳生は海堂とファイトン!のところで舞台奥から勢いつけて飛んでいました。

8/28夜 降りてきたのはダブルス組
    またしても超近くに柳生が…!今回はきちんと笑っていました。
    あとは菊丸。瀬戸ちゃんもめっちゃかわいかったです!
    ジャッカルが走り抜けたんですが、とてもいいにおいがしました。
    馬場誕のときと同じ香り?

8/29昼 降りてきたのはシングルス組
    とにかく柳生は仁王のことをチラ見しすぎだとおもうよ!もっとやれ!
    仁王はせり出している二階席に向けてめっちゃジャンプしていました。
    この回は割と後ろの席だったんですが、なんと来てくれました!
    不二と幸村!舞台上のD1も見たいし近くのキャストも見たいしで大変でした。
    最後の最後で柳生の念願が叶った様で、二人してピョコピョコお辞儀をしていました。これめっちゃかわいかった…!!!


□On My Way
東京千秋楽、事件は起きました。まさかのオンマイウェー!
会場の悲鳴が尋常じゃありませんでした。
私は今回初ミュ観劇なので、オンマイウェーを生で聞けなくて非常に残念だったんですが、聞くことができて本当に感激でした…!!!
その日は2階席で、最後ダブルス組が客席に降りてしまいガッカリだったんですが、よく見ると比嘉が踊ってる…!!!
あのテンションで踊っていました。ホントオイシイよ比嘉…!!



・柳生の眼鏡をグッと押しやる仕草を度々見かける。この仕草が生で見られるなんて…! でもすげーやってた。そんなにずれるのか。
 後半になると片手全体で押し上げたりしていたので、相当ずれるんでしょうねぇ。
 新しく買ってやってマベ!
 噂によると途中眼鏡が変わったらしいんですが、誰か分かる方いますかね?
・階段上部分(冬に立ってたところ)に座る仁王くんの足のラインに釘付け
 香川からは最初だけジャッカルが仁王の位置にいて、仁王は立ってました。
・よく話してたのは柳生とブン太。仁王くんとジャッカル
・いつのタイミングか忘れましたが東京ではブン太の近くに仁王が移動してくるんですけど、香川だと割と下の方に移動していてブン太が、アレ、仁王いない!ってかんじできょろきょろしていて可愛かったです。
・馬場柳生は基本黒ですよね。誰かとちょろっと話した後薄ら笑いを浮かべるのが素敵すぎる。

まとめ 

September 02 [Sun], 2007, 22:27


今回色々な所でみんな上手くなった!と言われてますが、個人的にレベルアップぶりに感動したのは王子です。
冬公演がDVDでしか見ていないというのも大きいとは思いますが、迫力が違う…!
初めて見たときは、王子が歌うだけでビリビリするような感覚でした。
以前の柔和な感じではなく、王者の風格、部長としての威厳が漂っていたように感じます。
正直幸村は(二次元も三次元も)好きでも嫌いでもなかったんですが、今回の幸村はものすごく好きです。

それと比嘉!マジでおいしすぎ!笑
ルークにあまり思い入れがなかったので、完璧木手様に見えます。
あのユニから覗く肩及び二の腕がた ま ら な い !

あとは柳生!とても美しかった…!
柳生姿で歌い踊る馬場様を見れただけで本当に大満足でした。
あの立ち振る舞いの美しさ。どの角度からも完璧!素晴らしいと思います。
馬場さんも歌、安定しましたよね。


あーCDとDVDが待ち遠しい!
以上、レポもどきでした!最後まで読んだ強者は果たしているのか!?笑
もしいらっしゃいましたら、お疲れさまでした!

本当に尋常じゃない長さですいませんでした…
きれいにまとめられる才能が欲しい…!

くろーずぜろ感想 

October 27 [Sat], 2007, 23:16
べーこんれたすな発言が混じっております。
劇中の役の事ですのでね!ご了承ください。



思いの外おぐりくんとやまだたかゆきに萌えた…!!!


元々原作が好きで、正直映画化は全然期待していなかったんです。が、予想以上に面白かったです。

先ずキャスティングが意外と良かった!

おぐりくんは「ひろろー!」のイメージがすごく強かったんで、おいおい大丈夫かよと思っていたんですがそんな心配は御無用でした。かっこよかった!
やまだたかゆきも良かった!これまたカッコカワイイんですよ!もえ!
余裕のある表情も強さを感じさせるかんじだし、喧嘩のシーンでは本当に心から楽しそうなんですよね。
「百獣の王」っていう通り名?も納得。すごい良かったです。

そんで、そんなやまだたかゆき演じる芹沢の相棒の時生がですね…!もーーーー最高!こういうキャラ大好き!ワル坊っちゃま辰川時生!!

ちょっと温厚な感じで、でも喧嘩はめっぽう強い。No.2の男前。
ホントこういうキャラに弱くてですね…しかも芹沢の相棒であり、源治の知り合い。三角関係ktkr←
しかも源治との関係は不明…て!(@公式)も、もとかれ…!!(コラ)


こんな事書いてるとホント怒られそうですが、芹沢は時生が好きすぎる。

わざわざ源治に時生は俺のものだ宣言はしにいくわ、喧嘩でボロボロなのに時生の心配するわ等々と、証拠は充分に出揃っています。
極めつけは二人で夕陽を見ているシーンですね。あれはプロポーズ以外の何者でもない。(断言)
時生が芹沢よりも軽く10cm以上背が高いのがまた萌えですよ…!

この二人が特に好きで、なので問答無用で芹沢軍団派でした。
負けちゃったけど顔面偏差値では断然勝ってたぜ!←


ヒロミ役のだいとうくんも、あの1年のヒロミのコ生意気な感じが出ててかわいかったし(マコとポンはいまいちっつーかよくわからなかったけれども)(マコなんておさげだし妙にキューティクルだし)脇を固めている人たちも個性的でキャラも(立っている人は)立っていたし。

悪くはないんですが、阪東はもっと痩せぎすの人が良かったです。
あともっとイっちゃってる感じ。←
航平くんはセリフも無いし、正直あまり印象に残らないです。ちょろっとですし。
革ジャンも似合ってるし髪型もカワイイですけどね。
あ、そうそうTakuyaが出てたのにビックリしました。



あとは喧嘩シーンがカッコ良かったのも勝因のひとつかと思いました。

漫画的表現の、殴ったら相手がめっちゃ吹っ飛んだりごろごろ縦方向に転がっていったりするのがあるじゃないですか。
それが自然に見えたし、アクションというかポーズ?がカッコイイ。相当練習されたんじゃないかと思います。
芹沢がプロレス技、源治が主に蹴り…等キャラ付けがはっきりしていたのも良かったです。

あと所々笑いがちりばめてあるんですが、原作を感じさせる笑いでおもしろい。
個人的に必見は、芹沢の麻雀の所と源治の泣き上戸の所です。もおおおかわえええええ!!!
特に泣き上戸な源治!これめっちゃかわいかった…!
こんな泣き上戸だったらどんとこいですよ!笑


普通の漫画の実写化と比べたら全然おもしろかったです。
DVDが出たら絶対買う!芹沢と時生のために!

うう…誰かと語り合いたい!が、身近に語り合えそうな人ゼロ!残念…
P R
http://yaplog.jp/mondou_muyou/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mondou_muyou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる