小沢騒動 

2007年11月07日(水) 16時54分
結局続投。

茶番なのか作戦なのか、はたまた裏取引なのか。

ま、なんでもいいんだけど。

「国益」も「党のアピール」も「政策実現」も何もできない民主党。

それでも党執行部は小沢さんに「辞めないで」と食い下がる。

まあ、もちろん辞められたら子分を引き連れて、自民と連立する得意技になることは必至だから。
※それも長続きしないだろうが。

それにしても「恥をさらすようだが続投します。」というのはおかしい。
リーダーが自分の部下を馬鹿にした発言したこと自体が「恥」なのに自分のプライドのみを鑑みて前言を撤回することを「恥」とするのはナルシストとも思える態度である。
「裸の王様」どこまで行くのやら。

確かに民主党が力不足だということは否めない。でもリーダーシップの観点からしてみれば、小沢さんそれはあなたが吐き捨てるように言う言葉じゃないでしょう。

そんな調子で国民の政治不信を食い止めることがどうしてできようか。
参院選のときはTVCFで「国民の生活を考える」的なことを言っていたのに、今の小沢さんの頭のなかは自分のプライドのことばかりだ。
国民からしてみればあなたが恥をかこうが何であろうが「そんなの関係ねぇ!」と言ったところだ。

リーダーシップたるものそのスタイルはさまざまで「ワンマン」でも「お山の大将」でも時と場合によっては功を奏すもの。
でも、肝心なのはその根底に「リーダーとしての資質」があるかないかだと思う。

王道 

2007年08月31日(金) 12時26分
昨日、東京である会社の社長さんと出会った。
とても顔が広く東京でも成功されている方である。
僕の父親もお世話になっている。

その方から朝一番でメールを頂いた。

「今後とも父上同様よろしくお願いいたします。」と。
最後に「共に勝ち組になりましょう。」とも。

十分成功されている方に、「勝ち組になりましょう。」と言っていただいたことは
ものすごい励みになった。

本来、朝一でこちらから連絡するべきところ、僕がメールを頂いた。

一流の人はやはり人との出会いを大切にするんだなと、強烈に再認識、そして反省。

色々奇麗事を言いたいけれど、まずはがっつり稼がなければ…

往生際 

2007年08月28日(火) 11時22分
矢野氏が安倍首相に抗議=内閣改造
という記事があった。

入閣内定していたらしいこの矢野さん。いつになっても電話が鳴らず、結局入閣できず。
モーニングを用意して壁にかけて、ヘアーもきれいにセットしていたのに…

入閣がよほどうれしかったのか、目を見開いて興奮している様子…

報道関係者が、「これで電話来なかったらどうします?」と半分冷やかして聞くと、
「それは、困りますよ〜」なんておちゃらけていた。

安倍さん、多分その模様をテレビで観てたんじゃじゃいかな…
「こんな奴にやらせられるか!」って思ったんじゃ…

ついに電話はならなかった…

僕はこの矢野さんのこと全然知りませんが、あんな態度で大臣になることを心待ちにして、だめだったら抗議するような人には大臣になってもらわなくて良かったような気がする。大臣になるということはそれだけ重要な責務を課されるわけだから、厳粛にうけとめるもの。
「いえーい。俺。ダイジン。ダイジンになるぜぇ。」的な人が、いきなり撤回されて、「ちょっと待ってくれよー。もう実家のお袋にも報告しちゃったよ。なんで恥かかせんだよお。」と言っているようにしか見えない。

今回ばかりは水際で問題を防いだことになるだろう。

僕は決して国粋主義者ではないが、この人にはもう少し「日本人の美学」を勉強してもらいたい。

いつの時代も往生際の悪い人は嫌われるものだ。

日本禁煙学会 

2007年08月26日(日) 13時45分
最近気になる団体がある。
NPO法人 日本禁煙学会 なるもの。

この団体なんか変。NPO法人には目的が別にあって変なことやってる団体沢山あるけど、この団体怪しいとまで言わないけれど、変。
僕は喫煙者だから完全に客観的に見ることはできないかもしれないけれど、「暇な人がいるんだなあ」と思わされる。

数日前のこの学会の発表したコメントは、「世界的に見て日本は禁煙後進国」という内容のもの。
事細かに、「公共的な場所で禁煙している箇所」「分煙している箇所」「喫煙が可能な場所」などを調査して、世界(主に欧米)と比較した結果「日本はまだまだ」と言っている。
しかし、単なる比較論であり、ではどうすればいいのか?ということに言及していない。アメリカのようになれば彼らの目的は果たせたことになるのだろうか?

たばこが健康に害だと分かっている。それから、喫煙はマナーに気をつけなければいけないものだということも分かっている。でも、犯罪ではない。喫煙は合法だ。

この「後進国だ」とするコメント。言っている意味は分かる。でも僕からすればコメントの仕方が幼稚だ。
「喫煙は体に有害だ」という主旨と、「喫煙は迷惑」という主旨、それから「喫煙者は次元が低い」というそれぞれの主旨がめちゃくちゃに交差している。
全て別々に考えなければいけない事象なのに「タバコ、喫煙」に関するものは全て「悪魔」という強引な考えを持っている。

この団体が目的を果たしたいならば、我々一般人にごたくを並べるのではなく、JTや政府に様々な調査結果を差し出して「タバコを違法にして下さい。」と訴えればよい。
なぜなら、彼らが言うとおり「タバコ、喫煙」は全て「悪」ならば、間違いなく違法であるべきだからだ。

話はまだ続く。

この団体、最近は喫煙者を「差別化」「偏見視」することによって、その目的を遂行しようとエスカレートしている。

都道府県別の喫煙率ランキングを発表した。1位が喫煙率が低いところで最下位が喫煙率が高いところ。という順番だ。
要は、喫煙率が高い下位の都道府県を馬鹿にしようとしているわけだ。「喫煙率ランキング」としながら、一位を喫煙率が最も低い都道府県にしたところでその思惑がわかる。
でも僕から言わせれば余計なお世話だ。人を馬鹿にするようなことで目的を果たそうとする神経が知れない。この学会の理事長はある大学の教授だが、あまり頭が良くないと思う。
自分の得意な分野を一生懸命分析するくせに、それを伝え、目的を果たす手段を知らないからだ。NPO法人の理事長ならばもっとジェネラルになって欲しい。

極め付けが、先日の24時間テレビで欽ちゃんがマラソンに挑戦したことへの抗議だ。

「ヘビースモーカーの欽ちゃんがマラソンに挑戦するのは無謀だった。二度と参加させないで欲しい」
「欽ちゃんがゴールできたのはデーター上、奇跡である。たまたま生きたままゴールできた」

という2種類のコメントを発表している。

この団体の幹部に言いたい。タバコ問題に関するスペシャリストになるのは結構だが、その前に「まともな大人」になって欲しい。

喫煙者として偏見されたので、大人気なく偏見し返してやった。


PS
僕はかつて仕事で様々な国の人と接した。いつも思うのは会議中などタバコを吸いたがるのは、中国人、韓国人、日本人だ。 タバコへの執着は民族的な体質に深く関係があると思う。お酒だってそうだ、アメリカ人はウイスキーをストレートで飲むけれど日本人や韓国人はもっぱらビールに焼酎だ。その背景には奥の深い「文化」が存在するのだ。まずはそこをひもときなさい。

テロリズム 

2007年08月25日(土) 17時36分
小池百合子さんが辞任を表明した。

内閣改造の直前にパキスタンとインドを訪問したことが、マスコミに「大臣続投のアピール」だとバッシングされたことへの反発かもしれない。

でも、この人もともとそういう下品な目的で役務を行う人じゃないと思う。
多分、何をやっても逆手に取ろうとする今の過剰なマスコミのテロリズムに辟易しているように見える。確かに、防衛省の人事に関してもめたかもしれないが、マスコミの伝え方は果たして客観的な立場だったろうか。

僕も含め、よく分かっていない国民に対して、「小池さんは人事でルール違反をした。インドへの訪問はアピールだった。すごいエゴイストだね。」という下らない筋書きで各局が「同時多発テロ」を起こしているように思える。

少なくとも、今回の防衛人事から小池さんの辞任表明に至るまで、心底怒っている国民なんかいないと思う。マスコミが騒がなければスルーしたんではないだろうか…

更に、マスコミがテロリズムに相似している点は、発想が短絡的だということだ。さらに都合のいい解釈のもと深い分析もせず破壊的な反発精神をそのエネルギーの源としているところも。

しかし、小池さんはそれを分かっていてなのか、淡々とコメントし、マスコミに対して対抗意識を燃やさなかった。さらにエキサイトしてテロが加熱して盛り上がることを期待したマスコミにとっては拍子抜けだ。もっとも、こんな低次元なけしかけに乗るよな人ではないが。

確かに参院選に惨敗する前後の安倍政権はだらしがない。どんなに批判されても仕方がない節がある。ただ、思うのはこういう場合のマスコミの立場である。果たして、徹底的にやっつけることが彼らの目的なのだろうか。少なくとも、どんなに参院選で与党が負けようが、法律的には何の問題もなく政府与党には変わりがない。
しかし、参院選に惨敗したことで政権交代しなければいけない的な前提の下に報道がなされている感じがする。

安倍政権の下、内閣改造を行うことは解散総選挙こそ避けたものの、ある意味けじめをつけたわけである。そこには改善するために正すべき人事、政策があるであろう。僕はお手並みを拝見したい。
しかし、どう考えても今のマスコミの下では、良いことすら破壊されてしまう。新政権を樹立してなんとか立ち上がろうとするイラクに対する破壊的なテロリズムに似ている。

で、マスコミの人たちに聞きたい。あなたたちは、いったい、何が目的なの?

JRA 

2007年08月18日(土) 12時14分
JRAが馬インフルエンザの為に危機に陥っているとか…
競馬ファンならずとも諸関係者など多くの人が悲しんでいることだろう。

しかし、この危機で一番打撃を受けているのは農水省なんだとか。
最近、立て続けに起きている農水省の不祥事に止めを刺すように起きたこの事件。
JRAは農水省の管轄。農水省の予定している現金収入に大きな狂いが生じそうである。
でも、所詮動物をあてにした収入。いつ何が起きても仕方がない。
しかも、そもそも、もとがテラ銭なのだから…

で、結論。

早く、カジノを作りなさい!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monday0319
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 小沢騒動 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 小沢騒動 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 小沢騒動 (2008年10月07日)
アイコン画像きりひと
» 小沢騒動 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» 小沢騒動 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» 小沢騒動 (2008年09月26日)
アイコン画像ハム太郎
» 小沢騒動 (2008年09月23日)
アイコン画像MASA
» 小沢騒動 (2008年09月14日)
アイコン画像まーくん
» 小沢騒動 (2008年04月16日)
アイコン画像雄太
» テロリズム (2007年08月26日)