カードローンの借り換えは目先の金利よりトータルの支払額が重要

October 20 [Mon], 2014, 6:57
重要なポイントとは、今よりも金利が低くカードローン 借り換えることで総支払額が安くなる所を選ぶことです。

今よりも金利が低く総支払額が安くなる所を選ぶことが、の重要なポイントです。

金利が今借りている金融業者より安くても支払期間が今より長引いてしまうと逆に多くの利息を支払うことになり総支払額で見ると支払が増えてしまったという事態も考えられます。

借り換えを推奨している業者は、金利の低さを前面に押し出していますが、重要なのは目先の金利の低さではなく、支払い終えた時の総支払額です。

ですから今と同じ期間で支払いを行った場合に、今よりも総支払額が少なくて済む業者に借り換えを行わなければ、借り換えをするメリットはありません。

また、最低金利と最高金利も良く考えなくてはいけないポイントです。

最低金利は限度額まで借りた場合に初めてその金利を適用してくれます。

なので、借入額が少ない場合、現在借りている会社のほうが金利が低いという事もあります。

総支払額と返済期間、金利を良く考えて、最も適した業者で借り換えすることをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:加藤モナ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mona840707/index1_0.rdf