我が家のおせち料理2015と人気の鏡餅の思い出

June 28 [Sat], 2014, 18:41
お正月に飾る鏡餅は、年神さまという穀物の神様へのお供えです。

大きさの異なるお餅を2段に重ね、一番上にダイダイを載せるものが一般的。

最近では、簡単に手に入る温州ミカンで代用したり、プラスチックに入った鏡餅を買ったりすることも多いですね。

我が家でも最近はプラスチックに入ったものを買いますが、私が小さいころはちゃんと家で作っていました。

電動餅つき機でお餅をつくのですが、最初についた餅米で鏡餅を作ります。

鏡餅を作るのは父親のお仕事。

両手を使ってくるくると回しているうちに、大きなお餅が2つ出来上がり。

半紙を敷いた三方の上に2つのお餅を重ね、みかん箱の中から形のいいみかんを選んでお餅の一番上に載せたら、我が家の鏡餅が完成です。

鏡開きも楽しみでした。

母親が細かく割って、丁寧にカビを削って水につけたあと、素揚げするのです。

あの素朴なおいしさは忘れられません。

あと、今度もおせち料理2015 人気ランキングをチェックします。
P R