深く考えると発狂しそうになるので、考えないようにしてるけど・・やっぱり考えなきゃ駄目だわな 

February 15 [Fri], 2008, 1:48
「人間のプーさんになりました」と笑えない冗談を旦那は言います。
旦那が失業してから2週間。(正確には今月いっぱいは有給中で3月2日から無職とゆうことになる)

「とうとう来るべき時が来たって感じですわ・・」
1月の終わり頃、会社にいる旦那からメールで報告を受けた。
このメールを読んだときのわたしのパニックぶりは、これまで生きてきた中で
1、2を争うと思う。そろそろやばいかもとは聞いていたけれど
まさかこんなに早いとは・・・。
それでも、人間(わたし)ってのは図太いもので
まる1週間騒いだ後は、
まあ、きっとなんとかなるでしょうよとだいぶ落ち着きを取り戻した。
けれどこれはきっと、退職金マジックにかかっているせいだと自己分析してみる。

旦那はとゆうと
「錬金術の勉強をしてみようと思う」
「ホルモン屋を開いてみようと思う」等を言うハイ↑↑な日と
「次の仕事が決まっても、今の給料は貰えない・・」
「お前が働かないともう無理だわ・・」等を言うロー↓↓な日を
交互に繰り返している。

そして朝からパチンコ屋で、エヴァンゲリオンを打ち
夜の11時に帰宅。1日中打っているのは疲れると言い、24時前には就寝。
内容はともかく、一応規則正しい生活は送っている様子。
ちなみに今日は、夕方から元・上司らと朝まで飲んで
そのまま、服を買いに行くらしい。

びっちり働いてきた分、少しの間だけゆっくり好きなことをしたいだけなのか
それとも、完全に旦那は壊れてしまったのか・・

子供の顔を見ると、やる気が起きるとゆう話を聞くけれども
わたしの場合、やる気全然起きない。余計、不安になる。

そうだ!自己啓発ブックを買おう 

February 05 [Tue], 2008, 13:01
まいった、完全敗北。まさかの不採用。

問い合わせの電話のやりとりは、マニュアル通りきちんと敬語を使い
咬まずに上手く出来た。
履歴書も丁寧に書いた。30分かかった。2枚も書き直しをした。
面接も、そつなく上手くこなした。
個室に通され1人で面接官が来るのを待っている間も
隠しカメラで撮られていて、モニターでチェックされているのでは?と用心して
鼻くそをほじくるのを我慢しておとなしく待っていた・・。

原因は何だろう。
スーツを着ていかなかったから?
志望動機が自己中心的過ぎたから?
あなたにとって長期勤務とは、どのくらいの期間ですか?と問われた時に
「1年」と言ったのが、まずったか?

わたしの希望勤務時間は、わたし以外のベットメイクのバイトはいないらしく
フロントの子と二人で清掃をすることになると説明を受けたが
わたしの履歴書写真を見て、そのフロントの子が拒否ったのか?

内心、こんな仕事と馬鹿にしていたのを
面接官が察知し、怒りを買ってしまったから?んなあほな。

ともかく、あの面接官にわたしは気に入られなかったとゆうことは確かだ。
だから落ちた。不採用。連絡なし。

ここで駄目なら、もうどこも駄目だろ。無理だろ。
ようやく芽生えた勤労意欲が、あっとゆう間に萎えてしまった。

職業に貴賎は無し?んー?? 

February 04 [Mon], 2008, 0:23
きっと、今のわたしが置かれている状況や立場ってものは底辺ってやつで、
認めたくはないんだけれど、今のわたしは人から見下されたり同情される側の人間なんだろうなと思う。なので、優雅にピアノを弾いている場合じゃないし
ましてや、前略プロフで見つけたお気に入りの不良女子中学生の日記を見て
その子の将来の行く末を案じたりしてる場合ではもちろんないのです。

友人Sは、ラブホでのバイトをファンキーだと言ってくれたのだけど(わたしを励ますために)その言葉を真に受けてはいけない。あくまで、その言葉はわたしを励ますためであって決して、彼女の本音・世間一般の常識的意見ではないのだから。時給730円×5+交通費500円を稼ぐ為にこれからわたしは、無数の糞カップルのど変態性交渉の後始末(糞尿)を、しなければならんと考えると少しばかり泣けてくる。待望の赤ん坊を産んで幸せそうな友人と自分がこれからするであろう糞尿始末。比べたらあかん。

※まだ、採用かどうかは決まってないんだけどね。今日の7時にわかる。

どうなるこれから 

January 31 [Thu], 2008, 12:20
明日の午後3時、ラブホテルのベットメイクのバイト面接。

うわー・・・・




闇金ウシジマくん 

October 05 [Fri], 2007, 13:27
この漫画に出てくるだめな登場人物(ニート、、強欲、怠け者、屑、ばか)の言動や思考回路などが、自分と酷似しているため、ウシジマくんに身ぐるみをはがされ悲惨な末路を辿る負債者達(だめな登場人物)を見ているといたたまれなくなる。前に1度、夜中に1人で読み、あまりの恐怖にわたしは発狂したことがある。読む時間帯、そのときの精神状態を考慮して読むべし。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おりま
読者になる
真人間になりたいのです。