所信表明

April 01 [Thu], 2010, 12:00
現在、出版業界は不況に晒されています。

正直、業界に入るまで甘く見ていました。

私が働いている出版社は、原稿の持ち込みを、基本、受け付けていません。

玉石混合の中から探し出す体力が、会社にもうないのです。

ですから、新人賞を取った人に執筆依頼をするのが

基本になってしまっています。

でも、そんなの面白くない!

と言っては何なのだけれども、

それでも私は新しい小説家の人と

一緒に成長していきたいと思っているのです。



さて、そんな現状を踏まえ、

どこに属しているかわからないような私に、それでもいいから

自分の小説を読んで批評が欲しい、という小説家を目指す方がいたら、

是非原稿をいただきたい、と思い、このブログを始めました。

出版社に属していると言っても、このブログは個人的なものなので、

社名はあかせませんし、勿論いずれ出版できるなんて保証を与えられる訳でもありません。

それでもいいから、一緒に成長していこう、という方、

是非私にその原稿を送ってください。

お待ちしております。

刀剣市

November 03 [Mon], 2008, 1:34
先日、時代小説の先生と

刀剣市に行って参りました。


日本刀って何故こんなにも美しいのでしょう。

危うさと綺麗さが、同居しているとでもいいましょうか。

これも、実物を見ないとわからないことで。

編集として仕事をしていると、

ついついビルの中で本などの資料を見ればわかった気になってしまいます。

ですが、やはり取材は大切で、

その経験をした人の話を直に聞くだけでも、その人を見るだけでも違います。

だから、人生経験豊富な人が、面白い小説をかけるし、

面白い小説をたくさん読んできた人が、面白い小説をかけるのでしょう。

経験を自分のものに。

今更ながら、実感しています。

勉強

November 01 [Sat], 2008, 2:02
編集者の勉強って何でしょう?

校閲の仕方、本の作り方、雑誌への載せ方。

色々あるでしょう。

ですが、最も大事なことは、やはり、物語作りの勉強だと思うのです。

これが、難しい。

古典を読むのは勿論、

編集者としての視点を持っての読み方など、

ホントにこればかりは即席で身に付くものではないなあと感じます。

先輩もそれを少しは教えてくださるけれど、

それ以上に盗んでいったりもしなければならない。

ここで、どういったエピソードを加えればより面白くなるのか。

どういった描写を加えれば情緒的になるのか。

人間何歳になっても勉強です。

原稿ください!

October 30 [Thu], 2008, 23:06
と言うことだけが編集の仕事だと思ったら間違いですが、

勿論それもやります。

ただ、10月末締め切りでお願いします、と言いながら、

早めにせかすのもなんかなー、と非常に電話するのをためらうのも事実。

先輩などはもうコミュニケーションをとれているから、

そんなに緊張することも無いでしょうが、こちとら新人ですよ。

先生の気悪くしちゃって、怒られたりしたら嫌だなーとか思う訳です。

まあそんなことも言っていられないので電話しましたが。

ここで学んだこと。

早めにお願いしていると、仕事が重なって忘れられてしまうこともあるので注意。

ということで、原稿いただけるのが4日になってしまいました・・・・・・。

進行が忙しくなるなあ。

打ち合わせ

October 29 [Wed], 2008, 21:34
こういうのは更新頻度を高くすることで、信頼性が増すのだと思います。

ということで、今日はある作家先生と打ち合わせ。

喫茶店で打ち合わせ後、色々な編集者を交えて飲み会!

編集者は勿論だが、作家さんも新しい面白い作品を読みたいと思っているようで、

今日は新人をどう育てるか、今いる人をどう生かすか、という話で盛り上がった。


編集者は一にも二にも勉強です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:月曜日の猿
読者になる
メールはfunky_monday_monkey@yahoo. co.jpへお願いします。
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像kyoko
» 所信表明 (2009年01月15日)
アイコン画像もん
» 所信表明 (2009年01月14日)
アイコン画像kyoko
» 所信表明 (2009年01月13日)
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mon-mon/index1_0.rdf