6号線と2号線の間の未来 

April 19 [Sun], 2009, 1:01
来週からテスト。
今日はテスト勉強をしなくちゃいけない日だったのに、
高麗大学の近所にあるダヴィンチカフェを出て、
次の勉強場所に向かおうとお店を出た時
ふと、
気分が変わってしまった。
桜の季節が終わり、
まさに新緑の季節を迎えんとする
四月下旬の昼下がり。
風が気持ち良くって、
重い荷物をもったまま
予定外の散歩でました・・・
結局
高麗大のある
6号線アナム駅けら
2号線のサンワンシンリというところまで
行ってしまった。
道はひたすら
金属加工の工場とか、
ガラスの問屋?
とか、
都会的なソウルの風景とはまるで違う。
そうだな、
表現に困るけれど、
あぁ、こうやって働いている人に
支えられているのに
何故私はここを早く通り過ぎたいんだろうって、
思うんだろう?
そんなことを考える。
火花を散らしながら、
真黒な工場で機械を操作している人、
汚れた軍手をはめて、
自分の体よりも大きな一枚の
厚くて重そうなガラスを
全身で支える人


その通りの先は、
シャッターの下りた、
使い古されてつぶれそうな建物が
延々と続いている。
置き去りにされたような通りに
人がいない。

早歩きで通り過ぎて、
2号線の駅に着くと、
見慣れたコスメショップやら
コンビニに安心するけれど、
なんだが、過去じゃなくって
未来に行ってしまったみたいな
不思議な気分から醒めていない。
漫画『漂流教室』の中に放り込まれたような
不安感。

そうだな、きっとここんところ
ずっと毎日日本に帰ったらどうするか、
どうやって生きてこうか、
どちらかといえばネガティブに、
ストイックなまでに考えこんでいた
せいじゃないかしら。

こんなにお天気がいいのに。














プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momomo_momonoki
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ビューティ
    ・ショッピング
    ・語学
読者になる
はじめまして
もももと申します
韓国映画とコスメが
大好きな女子大生です
高麗大学に留学中♡
月並みなことしか書けないことが、
予想される上に、
私は筆無精
役にたたぬことを時々
どかっと書きますので、
さみしがり屋の私にどなたか
メッセージを残してくれたら
幸せです♪
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる