月英 

2005年11月24日(木) 0時03分
使用デッキ…ダブルアーチャ 兵法連環(5)

一戦目…カンサック
序盤からグダグダ、中盤何故か押し込まれ、
孫パパで攻城を阻止するはずが、撤退している黄忠を扱っている始末。
単純なプレイングミスからもうボロボロ。
SR孫策の進撃に常に威圧され、カンサックの影に怯え前に出られない。
チキンなプレイングでは勝てんわな。
6連勝はあっさりストップ。

二戦目…魏他華蛇なる防衛
マッチした瞬間勝ちを確信、相性的にはそんなに良くないのにね。
序盤相手は端攻め、虞翻を逆サイドに走らせながら弓で防衛。
相手には一発も入れさせず、こちらは虞翻が3発♪
この時点で負けない戦い方にチェンジ。
中盤相手は華蛇で神医で全体強化し全軍突撃。
コレを連環の計で止め弓部隊がチクチク削りながら
再び虞翻が逆サイドに駆け上がり8割近く削る。
流石にこちらも殴られたものの圧倒的に有利なまま終盤に。
兵法再起使用後の最期の進軍を火計でなぎ払って勝負あり。
兵法連環で残り部隊を足止めし両サイドを攻城し落城勝利。い

三戦目…干吉落雷ダブルタイプ
多分デッキ的にはかなり詰んでる気がする。
全体的に高知力な為、連環ロックの効果が薄いし、
雨が降れば火計は小火に。
なによりこちらの主力の弓部隊は落雷一本で撤退ですから…。
序盤伏兵を虞翻と孫パパで掘り上げるも知らぬ間に弓で削られ
弓部隊が撤退。
干吉に雨を降らされてからは一気に相手ペース。
中盤以降は要所要所で落雷を落とされ為す術なし。
落城は免れたものの完敗でした。

排出カードでSR月英♪
暫くはコイツで遊ぶかな。

連環レベル5 

2005年11月18日(金) 17時24分
兵法のレベルを上げるためにちょっとCOM戦をば。
一日一田豊に違反しているけど、それ以上のことをやらかしているから…。
普通にCOM戦をやっても面白くないので、店内対戦を選択。
…、結局誰も来なくてしょんぼり。

使用デッキ…教え無双(SR呂布、R司馬キ、馬鹿三兄弟、C張宝) 連環(4)

1戦目…伏兵一杯
83カウントで瞬殺。

2戦目…女性武将一杯
意外とウザい。
開幕の直後(0.5秒くらい)に弱体化の小計は、噂には聞いていたが驚くね。
序盤に三分の一ぐらい削って、チャンス到来♪
教え無双!…快感♪
SR馬超使いの気持ちが分かる一瞬でした。

兵法は無事レベル5に。更に待望の増援の法を取得。



ナインデイズ(続き) 

2005年11月16日(水) 17時26分
3戦目…斬新流星
斬新すぎるデッキ。
SR孫パパ、R太史慈、UC大喬、UC典イ
なんだコイツは!?
相手は序盤からガチ守りでこっちが張り付いても弓の援護+ダブルワイパー。
攻城が全く入らない…。
ここで、このデッキの真意に気付く(遅)。
従来の柵と弓で守るのではなく、高武力槍で守り抜く新しいタイプの流星か♪
中盤相手が流星を一発、残り30カウントから勝負をかける。
弓であらかた掃討し、相手が孫パパだけになったところで、相手再起。
ここで相手が大きなミス。
まず、孫パパが掘り損ねたホウ統を踏み、撤退。
更に今まで個別に出てきて巧く火計を避けてきた相手が、何故か全軍出撃。
コレを虞翻が葬ったところで勝負有り。
兵法連環を使うまでもなく完勝♪(使うタイミングがなかったダケだが…)
しかし、このデッキを考えた人は柔軟な発想の持ち主だわ。

再び討伐成功で、前回から合わせて6連勝♪四品昇格♪

ナインデイズ 

2005年11月16日(水) 16時43分
使用デッキ…ダブルアーチャ 兵法連環(4)

1戦目…SRサック入呉バラ
いきなりサックかよ…。
相手に槍が多かったので全軍前面に配置するも、突撃から柵は崩壊。
弓部隊が頑張り、サイドから虞翻が城壁に一撃。
一旦リセット後、敵軍が賢母の助け後、一斉突撃。
コレを連環の計で止めたまでは良かったが、斜めに配置してしまって…。
「全てを灰燼と帰さしめよ!」…ハウッ!主力全員丸焼けっ!
思わず兵法連環で悪あがき。しかし、城ゲージを残り数ミリまで削られる。
更にサックが超絶強化で落城寸前のところを弓部隊がギリギリで踏ん張る。
何とか追い払ったところで残りカウント18。
逆転を狙うなら行くしかないので、ヘロヘロの兵力のまま進軍。相手再起。
敵城壁に張り付いたところで千載一遇のチャンス。
敵部隊が横一列で出陣+周泰の漢の意地発動。
勿論こちらは虞翻でこんがりいただきます。
これで相手の主力を吹っ飛ばした後はカウント勝負に。
…残り00カウントでパリーン!
奇跡の大逆転は心臓に悪いわぁ。

2戦目…許チョイク(ノイタイプ)
遂にこの時が。このダブルアーチャは許チョイクメタで開発されたデッキ。
しかし、実際に戦ったことはなかったので初の実戦。
序盤弓部隊が大活躍し、柵を破られながらも槍部隊を撤退させ、相手たまらず再起。
ここで一気に攻めたのが間違いで、ダブルワイパーを駆使され戦線決壊
更には一騎打ちで黄忠が討ち取られたりと一気に許チョイクペース。
連環で凌ぐも郭嘉に城門をいれられる。
中盤こちらは攻めるしかない、弓を背後に進軍。
城門近くでの交戦時に相手は後方指揮2連続。
これで士気が尽きたと踏み(コレ実は尽きてないと思う…。)、こちらは天啓。
典イが漢の意地で粘るも武力差でねじ込み、黄忠が城壁に一発、これで逆転。
終盤の相手の大攻勢は、集団で来たところの正面に虞翻の火計をちらつかせる。
当然相手はそっちを見るわけで、右サイドのホウ統が連環!
これが通って勝負あり。サイドをバリバリ♪
最期に相手が後方指揮をかけまっくっての悪あがきはホントに惨め。

引き分けを挟んで 

2005年11月10日(木) 23時19分
土日にプレイできそうにないので先倒しプレイ。

使用デッキ…Wアーチャ(R孫堅、R太史慈、R黄忠、Rホウ統、C虞翻) 兵法連環(4)

1戦目…新曹洪入神速
いかに神速が大人気なのかと痛感。Ver.upで強化されたとはいえ…。
新曹洪が意外にウザい。Wアーチャで削っても、瀕死状態から殿馬でリカバーかよ!
武力14の神速突撃の恐ろしさを痛感しながら終始引き気味(防戦)にプレイ。
とにかく守りの展開で中盤火計をミスりヒヤりとするも凌ぎ切る。
お互いノーダメージで終盤相手の神速を連環で止めてから黄忠の端攻めも、
再起で止められ引き分け。
お互い降格戦だっただけに痛み分けの結果に。

2戦目…呉新SR2枚
このブルジョワめ!と思いながらの一戦。
序盤は伏兵を警戒しお互い睨み合い、中盤虞翻の火計から端の攻城を狙うも
俺屍でなぎ倒される。…でも逆サイドを上がっていた黄忠が一撃♪ナイス!
終盤天啓から押し込み快勝。でも呂範ファイアーを使われていたらおかしかったような。

3戦目…魏騎馬ケニア
枚数が少ないと連環の鴨なのだが、高知力騎馬軍団は脅威。
序盤を耐えてラインを上げたところに曹操で黄忠が逝き、そのまま端にもらってしまう。
中盤神速を伏兵からの連環で止め数の攻めで城門に。
終盤神速で双方壊滅、関羽に城門に張り付かれ黄忠が射る。
相手再起こちら連環の兵法合戦。ぎりぎり関羽を射殺でき辛勝。

4戦目…開幕落城
インパクト大。SR孫パパ、R許チョ、R李典、C丁奉で何をするのかと思えば端攻めか…。
虞翻を逆サイドから走らせつつパパに伏兵を踏ませることにも成功し、
増援等を駆使して許チョに一発入れられるものの虞翻は2発入れ序盤は大成功。
その後、再度端攻めに来たところを連環の計で全員ロック♪
逆サイドを攻め上がりあっさり落城勝利。
枚数が少ないデッキにはお世話になります、ホウ統先生。

こんな感じで割と順調。
次回プレイは水曜日のようです。今日は結構やった気がするわ。
…最終戦意外は結構冷や冷やだったし(特に3戦目)。

前文の続き 

2005年11月10日(木) 0時08分

1戦目…程イク入り神速
天敵です。デッキ的には詰んでます。
序盤は孫パパで程イクを掘ったりでそこそこに耐え抜く。
中盤相手は勿論神速の大号令。コレを教科書に載っているかのような対処法
(城壁に引き付けて楽進と張遼を焼く)で耐え抜き、弓の援護で殲滅。
そのままラインをあげ一発殴ることに成功し終盤へ。
終盤も勿論神速の大号令。今度はホウ統の連環の計でビタ止まりにしたところを
射殺する指針で。虞翻がさりげなく左サイドを駆け上がるのも忘れない。
武力差で押し切られそうになるも兵法連環で駄目押しし辛勝。
騎馬主体のデッキは精神衛生上よろしくありません。

2戦目…西涼騎馬呂布
天敵です。デッキ的には詰んでます(デジャヴ)。
しかしながら、そこはダブルアーチャ。柵の陰から削る削る。
ホウ統を警戒して呂布があまり前方に出てこなかったため柵を残しながら
序盤を乗り切ることに成功。
この序盤戦いのなかで虞翻が左サイドを駆け上がってのさりげない攻城も決まり、
序盤戦としては大成功。
中盤は相手が兵を揃えて一気の突撃、流石に柵が壊されるも
「まんまとかかったな!」
で1体、更に虞翻の火計で呂布をふくむ3体を焼殺♪
攻めあがる姿勢を見せたところで、相手たまらず再起、そして終盤戦へ。
状況は優位ながらも、こちらは火計で士気が尽きており実はかなり厳しい。
しかし相手は士気計算ができなかったようで封印の計で計略を封印。
どうせ発動できなかったし、ラッキーな展開に。
惜しげもなく兵法連環を発動させダブルアーチャで敵を殲滅。
そのまま敵城壁に殺到し虞翻で久々の落城まで持っていけました。

3戦目…亜覇王
典イ入りだったかな。程イクを虞翻で堀り上げそのまま射殺。
典イが弓を警戒し攻め上がれないのでそのまま睨み合う。
中盤曹操を掘り出せていないのを心配しながらもラインを上げ、
弓の援護を背に受けながらパパが2発側面に。
ここで黄忠に曹操をぶつけられリセット。
終盤も射殺射殺の展開が決まり、天啓で押し切り圧勝。
敵部隊を終始揃えさせなかったのが勝因か。

とまぁ、こんな感じで久々の討伐成功♪
調子に乗って長々と書いたケド、これまた久々だからいいか。
次回は土曜日だケド、諸事情でプレイできそうにないから
明日辺りに振り替えようかなぁ。←廃人?

一日一田豊 

2005年11月09日(水) 23時55分
兵法LEVEL1再起の法!

…、というわけでブログ再開。趣旨を大幅に変え、
基本路線は三国志大戦日記としてリスタート♪

使用デッキ…R孫堅、R太史慈、R黄忠、Rホウ統、C虞翻 (兵法連環4)

もろ某覇王のパクりデッキながら、元麻痺矢使いとしては
かなりしっくり手に馴染んだので暫くの間はメインデッキとして採用決定。
序盤は虞翻の柵とホウ統の伏兵で凌ぎ、後半に兵法連環から
天啓or火計でコツンと叩くのが理想の勝ち筋。

実際はというと、柵の後ろからの武力8のダブルアーチャが存外に強力で、
たった1枚の柵ながら耐える耐える。
ホウ統という伏兵の存在も微妙にプレッシャーを与えているようで、
序盤に戦線崩壊という弓デッキにありがちな展開は案外少ない。
中盤まで柵の後ろに隠れているホウ統が掘られないという展開になればしめたもので
相手がやっとこさ(死語)柵を壊したところで
「まんまとかかったな!」←格好良すぎ♪

騎馬部隊が幅を利かせている現環境下では、正直かなりキツいものの、
その騎馬をメタった槍主体のデッキには相性が良いのでなんとかなる。
人気デッキである許チョイクに対してもそこそこ有利なのもポイント高し。

兵法が再起ではなく連環なのは苦手な騎馬への対処という理由一択。
序盤で叩かなければ後半優位ならばまず勝ちが確定しますし。
ただ再起ではないので余程のことがない限り天啓を発動できないという
諸刃の刃でもある。←当たり前か
…とまぁ、こんな感じのデッキかな。

突然ライブ 

2005年09月25日(日) 17時49分
昨日は友人に誘われラルクなるもののライブへ。

まずは客層に圧倒、全体的に黒いのなんのって…。
更に男女比は2:8くらいでゴスロリの女性陣のなんと多いことか。
とりあえず「蹴散らせ!」(郭嘉)

次に客数は雑踏、5万人ってなんの冗談ですか?
東京ドームの箱は渋谷公会堂の何倍なんだよ…。
2階席から俯瞰するとそれはもう人間に酔いました。
ええい「全てを灰燼と帰さしめよ!」(虞翻)

最後にそのノリに葛藤、いや無理ですから…。
みんな揺れる揺れる♪
自分は歌を知らないのでどうしたものかと。
ええい「ちょぉぉぉりゃぁぁ!」(許楮)

ライブで気づいたことを1つ2つ。
1、ライブの終盤で投げ入れられたボールは後方へは行かなかった。
2、2階席は意外と座ってる。
3、一階通路を挟んで手の振りが真逆。←コレオモロイ
以上。

…で、その後軽く飲んでカラオケでオール。
友人は開始2時間でダウンし、ヒトカラモード全開!
ライブの鬱憤を晴らすかのごとく、ひたすらコブクロを歌ってました♪


HUMMING LIFE
宝島
潮騒ドライブ
遠まわり
2人
blue blue
光の誓いが聴こえた日
ゆらゆら
YOU
朝顔
The Big Man Blues
新しい場所
雪の降らない街
miss you
願いの詩
まーだだよ
忘れてはいけないもの
愛する人よ
海に降る雪
ここから
ボーイズオンザラン(馬場ver)
memory
INVISIBLE MAN
エピローグ
Million Films
アンブレラ
over flow
Rising
小淵君の犬の歌
昨日の日のワルツ
彼女
grapefruit days
この指とまれ!
ストレート
コンパス
そばにおいで
そしてまた恋をする
真実の口
太陽
永遠にともに

YELL
Bell
東京の冬
ここにしか咲かない花

DOOR

歌いに歌った48曲♪
歌本で残り5曲まで迫ったけれど時間切れと喉の痛みでアウト。
なんていうか、こっちの方が楽しかったような…。

今日は休みか 

2005年09月23日(金) 20時57分
休日だってコトを知らんかった。

一日中寝てて、起きたらスパロボって人間的にマズイよな。

 

2005年09月22日(木) 0時20分
セブンアンドワイに予約完了で一安心。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momonga-kiss
読者になる
Yapme!一覧
読者になる