ひとやすみ・・・。 

2007年06月07日(木) 11時32分
2ヶ月程、放置してました。すみません。
体調不調の為、安静にしてました。


今日は少し脱線して、今のお話を・・・。


「愛さえあればお金なんて」という言葉、ありますね。
前はそんなのきれい事って思っていたけど、
実際、最低限のお金があったらいいと思うんです。

(・・・いや、お金も愛もあれば、それが一番なんだろうけど(笑))



私は今、2度目の結婚をしています。
今の生活は、金銭的には、正直きついです。

お洋服だって、安いものばかり着ています。
美容室にも、もうかれこれ半年ぐらい行ってないし、コスメもチープコスメ愛用。
結婚してからあんなに大好きだったエステにもネイルサロンにも一度も通っていないし、
ほぼ毎週通っていたデパートに行くのもなんだか正直億劫です(笑)


でも、生活は苦しくても、
毎日しあわせだなぁ。と感じない日はないし、

前の結婚していた頃にもどりたいと思う事は一切ありません。



お金じゃないんだなぁ。と。 本当に思います。


彼と結婚して、今年で6年目になります。
今でも、「大好きだよ」とほぼ毎日言ってくれる彼。


多分、今の生活費が半分になって、極貧生活になっても
あたしは彼と結婚してよかったと、思う気がするのです。

今までのこと。8 

2007年04月10日(火) 14時40分
彼も私を一人にしていると、だめだと思ったのか、
仕事を家に持ち帰って、出来るだけ私と一緒にいてくれるようになった。

気分転換に。といろんな場所に出かけた。旅行にも行った。
今まで体験したことがないような事もたくさんした。
(といっても、旦那と付き合っている間も、ファーストフードと映画くらいの
デートばかりしていた私にとって、普通のデートもとても新鮮に思えた)

なにもかも、全て忘れたかった。
楽しいことばかりしていたかった。
時間が空くと、子供の事を考えてしまう自分が辛かった。
自業自得なのに、誰かのせいにしたかった。


1ヶ月後ぐらいに、旦那から50万円慰謝料としてもらえる事になった。
姑は支払うことに反対していたようだったが、旦那がうまく言ってくれたらしかった。

なんでも我慢して溜め込んでしまう私に、彼はこれから我慢しないで、なんでも話し合っていこう。
と言ってくれた。

それでも、私は自分の気持ちがうまく表現する事が出来なくて、いろんな気持ちを彼に伝えられないでいた。

そんな日々を送っていた時、ある出来事が私に起こった。

今までのこと。7 

2007年04月09日(月) 12時05分
居候状態からそのまま結婚生活へと以降していったので、
驚く程、私の荷物は少なかった。
引越しの日が近づいても、なんだか現実離れしていて、
子供と離れ離れになる事にも心がついていかなくて、
どうすればいいのか分からなかった。

姑が娘を2人、散歩に連れて行っている間に、
あたしは家を出て行った。


そのまま彼の家に転がり込んだ。


情緒不安定になっていた私は躁鬱状態だった。

彼と出かけても、子供ばかり目についた。
今、娘はなにをしているんだろう。
TVを見ても、娘を思い出して突然泣いたりしていた。

今までのこと。6 

2007年03月22日(木) 14時01分
旦那と子供の親権について話し合ったが、堂々巡りだった。

旦那や姑は、私に親権を渡す気はさらさらないようだった。
ましてや彼女までが出てきて、子供は自分に任せて欲しいと言われた。


私はずっと旦那が家に帰ってこなくてもずっと耐えてきたのに、
こんなに責められてるのは何故なんだろう。彼女が子供を育てるって、どういう事だろう。
私はもう必要ないの?もう私の居場所はないのかな・・・・。

もう、自分で物事をうまく考えられなくなっていた。


精神的に追い詰められた私は一人で家を出る事にした。

今までのこと。5 

2007年03月16日(金) 11時36分
彼の事を好きになるのに、時間はそんなにかからなかった。
某大学院卒で、遺伝子の研究のお仕事をしている彼は今までつきあってきた人の中にはいないタイプで、とても新鮮で魅力的だった。


数週間後、彼に「好きになってしまったかも知れない」と伝えると、
結婚したままでは付き合えない。と当たり前の答えが返ってきた。
子連れだと、将来の事を考えると、経済的な理由で、2人を養うのは自分には無理だから、せめて長女1人だけにして欲しいとも言われた。


私には貯金もなかったし、実家は借金があるので一切頼れなかった。
慰謝料と言っても、理由はどうであれ、私も実際に浮気をしてしまった事には変わりないので、請求できなかった。

実家が借金を抱えるまでは、お金の不自由を一度もした事がなかった私は、
自分が一人で娘達を支えて生活するというのは、とてもじゃないけれど無理な気がした。


彼は年齢的な事を考えても長女だけは連れてきた方がいいと言ってくれたが、彼が私と結婚してくれる保障はないし、万が一、彼と別れて、一人で養わなければいけなくなった時、いつか娘の事を煩わしく思う日がくるような気がした。

お金に不自由をする生活というのは、父や母を見てきて本当に辛いものだと分かっていた。
父は銀行員で、恐らく中流の上の方の生活をしていたと思うのだが、叔父の借金を肩代わりしなくてはいけなくなってから、生活が一転した。
数年単位で買い換えていた高級車も、中古の軽自動車になり、お洒落が大好きだった母もパートに勤め始め、洋服もスーパーなどで売っている安い服を買うようになっていた。
数十年働いた退職金も全部借金の返済にあてられた。それでもまだ借金は残っていた。

お金はとても大事なもの。
なんの保障もないまま、安易に娘を連れて出て行く事は、私には出来なかった。


いつまでも、離婚もしないで旦那の家で生活を続ける私に、彼はもう限界だと言った。
このままの状態で、私の事はもう待てない。と。

今までのこと。4 

2007年03月13日(火) 12時50分
その頃のあたしはとても不安定で、とてもこころもとなくて、本当にどうしようもなかった。



その頃相談に乗ってくれていた人も、ネットで知り合った人だった。
特に恋愛感情も絡まずに色々と相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたり、
お酒を飲みすぎてしまうどうしようもない私の事を心配してくれたりした。

あまりに家に閉じこもってばかりの私を心配して、ある日私を公園に誘ってくれた。
下心があるんじゃないか。と警戒する私に、
自分は子供がとても好きだから、子連れでも大歓迎と言ってくれたので、
私は娘を2人連れて、待ち合わせ場所の公園に行くことにした。

優しい人で、娘達ともいっぱい遊んでくれた。
私は旦那とこんな風に、休日を過ごした事がなかったので、
なんだかとても新鮮に思えた。
こんな人がお父さんなら、しあわせになれるんじゃないか。と、ぼんやり想った。

娘達も、彼の事を気に入って、「おにいちゃん」と懐いていた。
それから、彼と娘達と私の4人は、いろんな所に出かけるようになった。


*****
なんだか思い出すのが辛くて、更新が滞ってます。

自分がしてきた行動なのに、どうしてそんな事をしていたのか。
今となってはよく分からない事が多いのです。

今までのこと。3 

2007年03月06日(火) 12時45分
今までの人生、ずっと誰かに依存してきたあたしは、
娘を2人引き取って、一人で育てていく自信がなかった。

旦那の家は、地主で財産はあったので、娘もあたしと一緒に家を出て行くよりも、旦那に親権を渡したほうが、貧乏生活をするより、幸せになれるような気がした。


そして、本当にいやらしい考え方だけれど、
娘と私が家を出て行って、旦那は今の浮気相手と再婚して、
何事もなかったように幸せに生活していくのに、
私は子供を2人抱えて、なんのキャリアもないので、パート等で働きづめで
一人で苦労して子供を育てるのは、とても不公平な気がした。

・・・あたしだってしあわせになりたい。

今までのこと。2 

2007年03月05日(月) 15時30分
「浮気相手と私、どっちが好きなの?」

あたしが問うと、旦那はタバコを吸いながら遠い目をした。

「・・・わかんないんだよなー。」


旦那は学生の頃から浮気癖のある人だった。
付き合い始めて1年後には、女の影があった。

それでも、私はあたしの事を一番好きなはず。
最終的に、私のところに戻ってくる。と信じていた。

「わからないって。・・・もうだめじゃん。」

その後、なにを話したのか、あまり覚えていない。
数時間、話し合った後、私は旦那に離婚しようと切り出した。
旦那は止めなかった。

もうそれが全てだと思った。


旦那の部屋を出て、自分の部屋に戻った時に、急に涙があふれた。
もう、なにもかもどうでもよい気がした。

今までのこと。1 

2007年03月01日(木) 13時33分
精神的にバランスを崩してしまったあたしは、
心のよりどころをネットの世界に求め始めた。

なんの面識もない知らない人になら、正直に辛い気持ちを吐き出せた。
この事はなんの解決にもなっていなくて、単なる現実逃避だということは
分かっていたけど、はけ口があることで随分あたしは気が楽になった。


ネットのあるグループの人達と仲良くなったあたしは
子供を義母に預けて、オフ会にも参加するようになった。
そして、あたしに好意を抱いてくれる男性が2人現れて、
複雑な関係が始まった。

・・・正直な話、誰でも良かった。
旦那に体を求められる事もなく、愛情を感じれるような出来事もなく、
寂しくて、自分に自信がなくなってしまっていた。

こんなあたしのことを好きでいてくれる。大事にしてくれる。優しくしてくれる。
あたしは居心地のよい場所に、するすると逃げ込んでしまった。

義母と同居していたので、気軽に娘達を預けれたっていうのも拍車をかけていった。
徐々に義母は娘たちと常に一緒に行動するようになっていった。
夜も娘と一緒の部屋で寝るようになった。
あたしと娘達の距離は日々、離れていった。
それでもあたしは、母親の自分よりも、女としての自分を優先してた。

姑も、あたしの変化に憤りを感じる事はもちろんあったんだと思う。
それでも、あたしは今まで旦那がしてきた事に比べれば、文句は言えないはず。と
訳の分からない理屈で、自分を正当化してた。


そんな日々が1ヶ月も続いた頃、
あたしは、彼に抱かれるのが苦痛に感じるようになってきた。
最初はあんなに嬉しかった「愛してる」の言葉も単なる重荷でしか感じなくなった。
心と体がバラバラになったような感覚だった。
・・・このままじゃ、本当にだめになってしまう。


あたしはある夜、旦那と話し合う事にした。

今までのこと。 

2007年02月28日(水) 15時47分
あたしのこと。

1回目の結婚は21歳の時。
18歳の時からつきあって、19歳から同棲してた(義母さんと同居)彼氏と出来ちゃった婚でした。

22歳で長女出産。23歳で次女出産。
2人目を妊娠中に、旦那の浮気発覚。
実家に帰ったり、大騒ぎ。
1ヵ月後、旦那が迎えに来て、とりあえず仲直り。

が、半年もしない間に、また浮気発覚。
どんどんエスカレートして、家に帰ってこない日が続いたりした。
旅行の形跡もあり。
旦那の服からも、車からも香水の匂いがしたりした。


友達にも浮気されてるなんて格好悪くて言えなかった。
親にも心配かけたくなくて言えなかった。
旦那の事を責めるのも、なんだか自分のプライドみたいなものが許せなかった。

どんどん精神的に追い詰められていって、
あたしはとうとう、ゴハンが食べられなくなった。

友達の前じゃ、幸せなふりをしてた。
旦那の悪口なんて一言も言ったことなかった。



自分の中でバランスが取れなくなって
少しづつあたしは壊れていったんだと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momomo555
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像momomo555
» 今までのこと。8 (2007年04月13日)
アイコン画像U-@-ma-rimo
» 今までのこと。8 (2007年04月10日)
アイコン画像momomo555
» 今までのこと。5 (2007年03月22日)
アイコン画像ハンドメーカー
» 今までのこと。5 (2007年03月21日)
Yapme!一覧
読者になる