みんな敵 

2009年08月06日(木) 15時37分
全員敵

だから
みんな死ね

……… 

2009年07月14日(火) 18時34分
馬鹿なのか私
知ってるけど
本当に馬鹿だな
もう
世間知らずのクズだな

すべてを失う日 

2009年07月14日(火) 17時53分
そういう事?
失うものばかり。大きなものばかり失う…何が原因?
もう取り戻せないの?何も?
まだ取り戻せる?どうすれば…?

解放は死?

やめろ=死ね 

2009年07月12日(日) 12時38分
大袈裟ではないですよ
分かりますよ。
「普通」の人からは理解なんでできないことです
変わってる…おかしい…変だ…頭疑う…
すべて分かっている上での趣味ですので。
あくまでただの趣味です。
他にやることないのか…
やっていますよいろいろ。
だからあくまでただの趣味のひとつです
そんな歳でまだやってんの?…辞めてくれ。私が言っても仕方ないけど。
分かっているなら言わないでください…私だって一応人間なんです感情くらいありますので。一応人間です。
正直もう遊ばないでほしい。
…あなたが決める権利があるのか。どこが理解はしている?無理です。
異常なのは何を基準とした平常の比較ですか。
理解などしてくれているフリなんてしなくていいです。あなたハッキリ「おかしい集団だ」って否定しているじゃないですか。
怒っているわけじゃないけどね…

けど…なんですか
なんですかも何もないあなたはさっきから言っているじゃないですか
キチガイだって言いたいのでしょう?自分の子供をキチガイに巻き込まないでくれと言いたいだけなんでしょう?
…私が引き込んだわけでもないし私が引き込まれたわけでもないし
お互い共通の趣味や話題があってそれがきっかけで仲良くしてもらっていただけのこと
あなたがたが思う「普通」の趣味として知り合った友達なら許された。歓迎されたんでしょう?
そういった偏見で人を害虫のように罵るのはやめてほしいです。
だけどそういう扱いしかされない趣味であることは分かっています。
こういうことがあることも承知の上でやっています。
でも悲しい気持ちにはなるんです。キチガイでも人間なんです。
あなたには認めては頂けないだろうけど人間です。
友達をやめる気はありませんが…安心してください…二度とここへはお邪魔しませんしあなたを責めようなんて思いませんから。
もう関わらないでください。それでいいでしょう?
あなたと私は赤の他人なんだから。
ショックは大きいです

笑っちゃうくらい 

2009年07月07日(火) 19時19分
人が嫌い。嫌い嫌い大嫌い

金の為 

2009年07月06日(月) 20時25分
ええ。ええ。お給料頂いてるんですもんね嘘でも笑顔でいないとね
上手く生きてく為には嘘でも仲良くしておかないとね
嫌い嫌い殺したい
見習って嘘の笑顔でい続けなくちゃ
感情を捨てなくちゃ…
いらいらしちゃだめだ。馬鹿

害獣 

2009年06月30日(火) 20時26分
それって私のことですね解ります。
誰にも必要とされないのに生きてるとか生きてる事が罪なんだろうね。
そういう人間は沢山いると思う。私もその数多くいるクズの中の一つ。
いらないものは捨ててしまうべき。
私はいなくなっても気づかれない。気づいたところで誰も関心なんて持たないしすぐに忘れる。
忘れない人がいるとすれば私を嫌い憎んでいる人くらい。

はっ 

2009年06月26日(金) 17時59分
スカートめくれ上がってるとか馬鹿すぎんだけど私。
教えてくれたお姉さんにすごく感謝した。

隣にいんのに教えてくれない奴にイラッとした私は愚か者。
気づいてなかっただけですよねーえぇ。言えばそうゆー返事だっただろーね。
どーでもいーけど。お楽しみなんだとか。どうぞイッテラッシャイマセw

あーだりー

所詮 

2009年06月25日(木) 14時24分
一生孤独なんだな

惨め 

2009年06月25日(木) 14時16分
イラナイ人間

私ここに一番イラナイ存在
いなくていい人間
この会社にいる意味のない無能もの

苛立つ

わかっててもイライラする
殺してやりたい三人ともな
全員死んだらいいよ

辞めようかな
辞めるなら人生も辞めたい
人生辞めんならあいつら全員切り裂きたい
何も残らないくらいに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:名前なんて必要ない
  • アイコン画像 職業:
読者になる
【絶望へと辿り着く日記】

もしも私が「悪魔」だっだらこんなステータスがしっくりくる
「子供・愚か・短気・陰気」
残念な質の悪い悪魔…笑える…

私はムド系に殺される側ではなく、ハマ系に裁かれる側の腐った生き物です。
関わらない方が良い。
私に関わって、最後まで幸せだった人は居ない。これからも不幸をばらまくだけの存在。


ここを読んでしまった方は、どうぞこの日記が、長く続かない事をお祈りください。

この日記が終わる時は、私が絶望へ辿り着く時です。
裁きの日が一刻も早く、訪れますように。
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる