♥ 愛しさの章 ♥ 

2011年10月04日(火) 21時17分

愛しいひとよ ずっと ずっと

そばにいるよ 決して離れずに

一度でも離れたら もう永遠に

逢えない気がして 怖いから

ふたりは いつだって 一緒にいよう


愛しいひとよ 私でいいの?

そんなに綺麗でも ないし

女神みたいに やさしくもない

けれども 愛する気持ちは

きっと 私が一番 負けないよ


夜になるたび 空を見上げれば

あの一番明るい星が 光の鎖で

わたしとあなたを つないでくれる

だから悲しくないし 寂しがらないわ

あなたからの愛を いつも感じている


どんなにつらい事が 起きても大丈夫

あなたと別れるほうが つらいから

いつもあなたの笑顔を 思い出してるよ

月を見上げれば あなたの顔が見えるの

ちぎれるほど 手を振る私が 見えますか?


愛しいひとよ あなたに逢ったら

伝えたい言葉が 山ほどあるのに

きっと何も言えず 泣くだけかもしれない

それでも何も言わず 強く抱きしめて!

くっついて離れない 私を許してね


運命だと 信じてるの 必ず結ばれると

自分で避けられても 進んでしまうのが

定められた運命だと 誰かが言ってた

どんなに多くの人と 出会っても

やはりあなたを 選んでしまうのよ


愛している 愛している 愛しているわ

あなたの耳元で 今夜は朝までささやく

愛する心 はちきれそうなほど 膨らんだ

愛が重すぎて 嫌われたらどうしよう

でもやっぱり 愛してるよと 言葉にしたい 

★ 満月の光 ★ 

2011年09月12日(月) 23時47分
満月の煌びやかさに みとれていた

いつしか あなたが隣にいて

私の肩を 抱いてくれていた


夢かもしれない でも確かめたくない

このまま酔いしれて いたいから

途中で 揺り起こさないで


このままそっと 眠らせていて

なんて心が 穏やかなのかしら

もう何年ぶりかしら 夢見る想い


このまま あなたを放したくないわ

慌てて 服と服のはしっこ 結んだの

ねぇ 連れてってよ どこにでも行く


あなたなしでは 生きていられない

あなたなしでは 喜びさえも感じられない

あなたなしでは 何も 何も頑張れない


あなたなしでは 何を見ても

何を読んでも 何をやっても

感動もときめきも 何も感じないの


私の中の 生きて行く喜びは

どんな時も あなたと共にあるから

あの満月が 仲秋の名月が

私に光を 投げかけて ささやいた



「もう彼なしでは 生きられない。」と

もう この愛からは どこへいっても

逃れることなど できないのだからと

♪ My love is stopped by nobody.♪  

2010年10月17日(日) 23時05分
あの時 あなたに出逢わなければ

このまま私は 知らなかったのに

恋する苦しみ ジェラシーなんて

Why? Help me, please!


いつも何となく 恋してたから

死ぬほど好きとか 思わなかったよ

気づけば いつもあなたを感じている

Stop my love! But I need you!


ぐっと ぐっと あなたの世界に 引き込まれて行くのよ

そっと そっと 背伸びしながら 時の扉を開けていく


ライトな恋しかできずにいつも

どこか褪めた恋 もてあましてた

あなたもきっと同じと思って 軽く微笑んだのに



.あなたのクールなその横顔を

いつか崩してあげる 悪魔チックに

邪魔が入るほど 恋って燃えるわ

My love is stopped by nobody.


気のないそぶりも ポーズのうちかも

臆病 でも 時々大胆なの

恋って不思議ね 魔法にかかる

Stop my love! But I need you!


もっともっと あなたに近づいたら 誰かが傷つく?

そっとそっと でもあなたの心に 接近したくなる


いらいらするけど 愛しくもある

大人過ぎて 時々つまずくけど

さりげなく こうしてそばにいるから

強く抱きしめて


ぐっと ぐっと あなたの魅力に 酔いしれながらも

そっと そっと あなたの心に ワナをしかけていく


ぐっと ぐっと あなたの世界に 引き込まれて行くのよ

そっと そっと 背伸びしながら 時の扉を開けていく


ずっと ずっと あなたのそばに 寄り添っていたいの

もっと もっと 艶やかに攻める 妖しい唇で


もう誰の目も 気になりはしないわ

素直な気持ちで ぶつかりたいだけ

無防備の私 あなたでなくちゃ 女になれないの


恋のかけひきも そろそろ終結

もうすぐあなたの胸に 飛び込む

その時私を強く抱き寄せ

「愛してる」と言って

♪ いたずらっこ ♪ 

2010年10月10日(日) 23時09分
あのね 一番好きなのは

あなたなのに おばかさんね

ヤキモチくらい 妬いてよ


なのに 何も言わないんだから

待ってるのに あなたからの声

もう私 しびれきれちゃったよ


なんて ふざけてみたけど

ごめんね やさしくなくて

好きなほど 意地悪したくなる


でもね そんなあなたを知って

前よりもっと 好きになったよ

そんなあなたが すごく愛しい


今すぐキスしたい 心にもね

あなたの後ろから 抱きしめてあげる

心がいつだって 寒くないように


おぼえていてね あなたの隣にはいも

私がいるの 私だけだからね

浮気はしても良いけど 本気は嫌よ


ヤキモチやきは なおらなくても

ずっと あなたの特別なひと

ジョークでもいいから そう言って


好きなのに 一番大好きなのに

私だって あなたの気をひこうと

あの手この手で 頑張ってるの

♪ 恋 う さ ぎ ♪ 

2010年05月23日(日) 22時21分
白いうさぎ 勇気を下さい

あなたに 伝えたいことがたくさん

昨日までは 弱虫うさぎ

でもそろそろ 鎧を脱ぎましょう


愛してるの言葉は ちょっと

言える勇気 まだないけれど

「好き」なら 2文字ですむよね

勇気2秒 持たせて下さい


いざとなると 声がでないよ

小さな虫が ささやくみたい

お耳が大きすぎる せいじゃない

毛並みまで 逆立ってきちゃったよ


寒い ふるえてる 誰か止めて

どきどき 心臓が ひっくり返る

とうとう言葉より先に 涙がでちゃった

だってお返事 聞かなくてもわかる


白いうさぎ 明日へと飛ぼう

お耳をしゃんと立て 背筋伸ばして

黒いうさぎは 怒ったりしない

やさしいうさぎ そうでしょ


白いうさぎ 勇気を出して

自分の言葉で 心伝えなきゃ

もう長い事 あたためてきた想いを

私 白いうさぎ 恋うさぎ

私 極度の照れ屋 恋うさぎ



♪ 4月の風 ♪ 

2010年04月01日(木) 8時55分
4月の風よ また君と共に迎える

変わらぬ想いは 心に刻まれ

少しずつ歩んで いるだろうか


春らしき恋模様へと 変われもせず

わずかに 言葉を変えて 微笑すれど

心に一抹の 寂しさを 抱える


自分の一途さに 途方にくれつつも

そういう自分に 酔いしれている

君の心は 今も同じひとだろうか


静かに君だけを みつめる心も

去年より 少し大人びた

ふたりの距離だけは 変わらぬまま


私ひとりの 孤独な舞台

君の知らないスクリーンだけが

臆病なほど 増えていく


愛の音譜が また踊り出す





♪風変わりな空想♪ 

2010年02月05日(金) 23時08分
もしも 私がこの世から

消える日が きたとしたなら

私の詩集 あなたにおくるわ


私の最後の おくりものだから

一度は 読んでから 捨ててね

できるなら 心のすみにでも置いて

時々 思い出して欲しいけど・・・


寒い冬の日の 昼下がり

だけど 今日は春みたい

ぼんやりと 変なこと考えてた

なぜか あなたのことばかりだけど


もうすぐ バレンタインデーだけど

あなたは また忙しいかな

私には 年で一番 寂しい日だよ

いっそ 嫌いって 言ってやろうかな


うそよ ううん 半分本気

だって 意地悪したくなる なる

だけど 今年は やめておくわ

一番 でっかいハートのケーキ


中に ひとこと メッセージを

しのばせておくから 読んでよね

だけど すぐに読めない文字

そう 暗号にしておくわ 私らしいでしょ


ラララ ラララ 楽しみにしていてね

ルルル ルルル 今から浮かれちゃう

でもね 知ってる あなたにとって

私 その他大勢のひとり ちょっと寂しい

♪ あなたに逢いたい夜 ♪ 

2010年02月04日(木) 23時54分
なぜか今夜は あなたが 恋しい

いやだわ 眠りかけてた恋心が

今夜に限って 目覚めたみたい

わざと 気づかないフリしてた心


月の中には あなたはいなくて

いつもの星座も あなたじゃない

本物の姿なんて どこにも見えない


泣いてるのに 私 

いつもより 寂しがってるのに

あなたの耳には 届かない


わなをかけてよ 今夜も

幻想だって 何だってかまわない

今すぐ 逢わせて


月からつるされた 星のぶらんこ

思いっきり こいだなら

あのひとの夢の中に 入れる?


うさぎとなって 月までとんだなら

あなたは 私をひろいあげてくれる?

そしてずっと そばにおいて欲しい


♪ あなたにいて欲しい夜 ♪ 

2009年11月18日(水) 23時17分
行かないで 私の元から

これ以上遠くに はなれないで

あなたの一番近くに いたいのに

いつも いつも 私だけ一番遠いよ


もっと もっと と欲張りになるほど

はなれていく あなたの心は 

いったい 誰をみつめているの?

聞けたなら こんなに苦しくはないはず


愛を語るには 少し 未熟過ぎて

ただ茫然と 夜空を見上げてしまう

この星をたどれば あなたがいるのに

どうして こんなにもはなれているのだろう


今すぐ逢いたい すぐ逢いたい

もしも 困らせたなら あなたは

すぐに 飛んできてくれる?

誰よりも 一番優先してくれる?


今夜は いつもより 心が泣いてるの

寒さが 追い打ちかけて 凍えそう

あなたまで 遠くに消えそうで

不安で 不安で こぼれた涙の数は・・・・


つなげ合わせれば ガラスのネックレス

今夜 気づかれぬよう あなたの首に 

そっと かけて帰ったなら

あなたの心は 手に入る?


愛しくて でもなお遠くなる あなたの心・・・・・・・

♪ 恋 信 仰 ♪ 

2009年11月02日(月) 21時08分
「愛してるの」 どうして?

理由なんか いらないでしょ

でも知りたい どこを好き?

聞かないでよ 全部だから


心と心の あやとり

もつれたり ほどけたり

愛と恋の 狂想曲

時に別の 人格にかわる


幻想でさえ 真実にかえ

心が無意識に 物語る

いつしか あなたは私の神


ずっと あなただけ信じ

ずっとあなただけ 追う

ずっとあなただけ 慕い

ずっとあなただけ 崇拝す
日替りマリーやん
by 化粧品口コミ
[高画質で再生]

lee junki [無料blog]
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momokonoyume
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ピアノ 電子オルガン MIDI
    ・インターネット
読者になる
Yapme!一覧