初夢小説でーす。

August 03 [Fri], 2012, 16:58

リボーンフラン中心夢小説長編ですー。
お手柔らかにお願いしまーす

*ヴァリアーの妹。*

設定
主人公 亡燐 涙 (ボウリン ルイ)
年 14 髪の色 真っ黒 目の色 エメラルドグリイーン
10才からの殺し屋 通り名 消された死神 一人称 俺
武器 鎌&銃 性格 男まさり キレやすい 嗅覚・視覚・触覚が優れる
本編

涙「うお・・・でけぇ、城でっけぇ!!!」
始まりはさっきの事
リ「おい、涙。」
涙「あーい何よりボーンさぁん?」
リ「お前これから出れるか?」
涙「いつでもオッケ、任務?」
リ「いや、ヴァリアーに行ってほしい。」
涙「んー、いってきまぁす。」
リ「コレ地図。」
涙「はいはい」
みたいな軽い移動を命じられた
涙「はぁ、この前の任務で逃がしたからなぁ・・・。」
子供だし仕方ないと思っていたらスゴイ怒られた
?「・・・誰ですかー?」
涙「ん、蛙君・・・君はヴァリアーの子?」
フ「ミーは蛙じゃありませーん、フランですー。」
涙「へぇ、じゃあ紛らわしいから蛙取れば?」
フ「取れないんですー・・・(この人単純そうですー)」
フランはウルウル攻撃を使った!
涙「取ってあげようか。」
フ「はいー。」
 スポッ
涙「はいどーぞっ。」
フ「・・・ありがとうですー、それと誰ですかー?」
涙「え?あぁ俺は涙、フランはヴァリアーの子?」
フ「はいー、何の用ですかー?」
涙「移動。リボーンから・・・・。」
フ「あー、この前ボスが言ってた新人幹部ですかー。」
涙「ボス?」
?「ししっ、蛙が蛙じゃなくなってる〜♪(怒」
フ「ベルセンパーイ、勘弁してくださ グサッ ゲロッ」
涙「変な人・・・・・・。」

さてさて次回はついに中に!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:真
読者になる

はいー、真でーす。
たまに夢小説+日記という事でー
自由にやって行きたいと思っていますー、はいー。
宜しくお願いしますー。

2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/momokonomeado/index1_0.rdf