何千年もの時代を生きのびてきた植物

March 01 [Sun], 2015, 16:43
世界に約375属・3200種が分布しているアブラナ科。

ちなみにかつて使われていた和名は「ジュウジバナ科」。

英名のCrucifereは、「十字を担うものたち」という意味だ。

4枚の花弁を持っ十字型の花が共通点であることから、この名が付いたとされる。

アブラナ科の植物がタフなのは、「他家受粉」を行うためだ。

1つの花の中でめしべがおしべから受粉するのでなく、虫などによって別の株の花の花粉を受粉する。

常に違う遺伝子と遺伝子が結び付くことで、雑種化が進み、よりたくましくなるのだ。



2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R