BASARA学園 四話 前半 

September 05 [Sun], 2010, 17:37
ちっぽけな一日のことである

伊「はぁ・・・・・・」
長「はぁ・・・・・・」
今日は政宗と元親のちっぽけなお話です。
伊「何かつまんねぇー・・・」
長「俺もだぁ・・・」
伊・長「はぁー」
何故2人はこんなにため息ついているかって?
それは、BASARA学園で体育祭があり
政宗と元親以外全員、係りの仕事でいないのだ
伊「ち・・・・だったら係りはいるんだったぜ」
長「そーだなぁー・・・」
伊「てか、お前が「めんどくさい」とか言うからだろ!!」
長「だってよぉ・・・あまっていたのって・・・・」
伊「ライン係だろ?」
長「そうそう・・」
伊「それがどうしたんだよ?」
長「ライン係の先生って松永先生じゃん・・・・」
伊「あ、忘れてた・・・」
長「あの人こえーし、無理・・・」
伊「俺は放送はいりかったけどよぉ」
長「何だよ??」
伊「放送係の先生って上杉先生だろ」
長「あぁ」
伊「だから、かすがに無理やり「代われ」って言われた」
長「だから、はえれなかったんだな・・」
伊「まぁな」
長「俺わなぁ、応援団に入る予定だったんだが」
伊「応援団の先生って武田先生だろ?」
長「だからだよぉー」
伊「あ、そっかぁ・・・・」
長「幸村に代わってくれって言われた・・・・」
伊「何かわかるぜ」
長「土下座されたら断れないぜ・・・」
伊「あー、かわいそー」
さすがに泣きたくなるなこれ、と思う政宗
伊「じゃぁ、猿飛と前田は何はいっているんだよ?」
長「猿飛は保険係だろ、慶次の野郎は誘導だっけ?」
伊「入っていないの俺たちかよ」
長「うわー、マジかよぉー」
伊「何してりゃぁいいんだよー」
長「帰ってよくね?」
伊「いいんじゃねぇ?」
ガラ!!
毛「ん?長曾我部と伊達か」
長「毛利じゃねーか?」
伊「どうしたんだよ、お前も係りの仕事はいっていないのか?」
毛「我はちゃんと入っているわ!」
長「なんだよぉー」
毛「保険だ」
伊「猿飛と同じかぁ」
毛「貴様らみたいに入らないよりかはマシだ」
それは当たり前である
さすがにこのことを言われると心にグサッとくる2人
毛「貴様ら暇だろ」
伊「まぁな」
毛「丁度良い、生徒会の所に行って来い」
長「はぁ!!」
伊「何であんなところ行かなきゃいけねーんだよ」
毛「生徒会長が暇人を探していたぞ」
伊「何かむかつく」
長「だな」
毛「入らない貴様らが悪いと思うが」
伊「ま、行こうぜ」
長「そうすっかぁ」
毛「・・・・・・ま、頑張れ」
伊・長「そんだけかよぉ!!」




てなわけで、次回は2人が生徒会の2人と対面!!
一体どうなるのかぁ!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:☆。・kiis・。★
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:三重県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・パソコン
    ・ケータイいじり
    ・寝ることー
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像いちご
» BASARA学園 一話 (2010年08月25日)
アイコン画像いちご
» 小説 BASARA学園 「登場人物」編 (2010年08月23日)
Yapme!一覧
読者になる