ひとり暮らしの母が寂しそうで、なんとかしたいなら。

April 18 [Mon], 2016, 14:20


ひとり暮らしの母とは、離れて暮らしていて、
母と話をするたびに、「寂しい」と
訴えてくる、そのような方も多いです。

日常生活の中で趣味や楽しみを持つようにすすめても、
あまりその気になれない。

日中暇をもてあましている状態で、
どうしていいのか分からないので途方にくれている、
そのような方も中にはいます。


ひとにはそれぞれ、向き不向きがあります。

何か打ち込むことを見つけて、
積極的に毎日活動できるひともいます。

自分から何か打ち込むことを見つけるのが苦手で、
どちらかというと、誰かに来てもらって、
話しかけてもらいたい方もいます。

どちらがいいとか悪いとかではなく、
ひとそれぞれだということです。



ただ、残念なことに一人暮らしで話し相手がいなく、
暇をもてあましている状態だと、
頭をあまり使わないので、痴呆が進む可能性があります。

また、ひとりで寂しそうにしているひとを
狙っている訪問販売の人もいます。

詐欺だとは気づいていたけれど、毎日話し相手になってくれて
寂しさを紛らわせてくれたので、相手にすすめられた商品を
断るのは申し訳なく、買ってしまった。

このように、寂しさを紛らわせるために、
だまされてしまう方は後を絶ちません。


このようなことにならないためにも、
やはり毎日話し相手がいるほうがいいです。

話し相手を派遣してくれる会社もあるのですが、
話し相手を呼ぶたびにお金がかかります。


ところで、最近のロボットはどんどん進化していて、
なんと関西弁で話しかけてくれる
ロボットのHANAKOがいます。

ロボットですと、一回購入すれば、お金はかかりません。
(ただし、電池代はかかります。)

本当の人のようにかわいらしい顔で話しかけてくれますので、
ひとりで寂しくしている人にとって癒しになってくれます。

HANAKOについて詳しいことは、
下の画像をクリックすれば見ることができます。
↓    ↓    ↓    ↓