事件(o>(ェ)<;a アセアセ 続き 

2006年07月18日(火) 22時06分
昼食後もも太母にタイミングをみて話してみました。

私:「朝に目が見えないんだからって言ってた会話が聞こえたけど、もも太郎の事かな?」

母:「え?」

母:「あっ、外を見てね」

私:「テレビを見せていてだよね?」

母は嘘を付いた…

なぜ嘘を付くのだろう…

冷静に話をしようと思ったのに、冷静ではいられなくなった。


私:「もも太郎はまだ見えないと決まった訳じゃないよ。眼振があっても見える人が

   いない訳じゃないんだよ」

  「テレビを近くでみないといけないって言うのは、もも太郎自身が近づいて行って

  近くでしかみないとか、病院で弱視と判断されたときでいいんじゃないかな」

  「まだお座りも出来なくてテレビに興味を持って見るような時期ではないと思うし、

   無理に近づかせて見せる必要は無いと思う」

その間母は、「あ〜」とか言ってたけど、どうも真剣に聞いているようには感じられないのと、

何でまだ決まった訳じゃないのに「見えない」と決めつけてしまうのか。

なんだかすごく悔しくなってきて、涙が溢れてきました。

その場で大泣きはしたくなかったから、もも太郎を連れて部屋に籠もりました。

もも太郎を抱きしめながら泣いていると、もも太郎は私を笑顔にさせようとするかのように

笑顔を見せていました。
 
「もも太郎はきっと見える」そう信じます。

事件(o>(ェ)<;a アセアセ 

2006年07月18日(火) 20時37分
今朝私が洗面所で顔を洗っている時、リビングからもも太母ともも太祖母の

会話が聞こえてきました。

もも太母の一言…

  「見えないんだから」

その前後の会話はよく聞こえてこなかったけど、

その言葉は耳に引っ掛かりました。

もも太郎の目の事だろうなとは感じました。

その言葉がしばらく頭の中でグルグル回ってました。


お昼の準備をしていると、もも太祖母が私に聞いてきました。

やっぱり朝の会話は、もも太郎の目の話でした。

もも太祖母によると、もも太母がもも太郎を抱いてすごく近くで

テレビを見せていたそうで、それを見たもも太祖母は「あまりにも近いんじゃないか」

と言ったそうです。

それに対しての言葉が「見えないんだから」と言う言葉だったようです。

もも太祖母はその言葉にびっくりしたみたいで、私に聞いてきました。

「そう言われたけど、そんなことないんだよね?」と…

私はもも太祖母に言いました。

「まだもも太郎が見えるか見えないかも言えないし、分からないよ」と…

弱視になる可能性もあるし完全な否定も出来ないけど、

病院で正常な子でも6歳ぐらいまでは視力が成長すると言われた事、

眼振があっても弱視にならない人もいる事、

そういう望みもあるから、そう答えた。



もも太郎へ 

2006年07月07日(金) 21時36分
もも太郎へ

あなたが授かったと分かったとき、子供を望んで3年半以上経った私たち夫婦は心から喜びました。

私たち夫婦の子供としてやって来てくれたもも太郎。

本当に来てくれてありがとう。

それなのに、元気に産んであげられなくてごめんね。


あなたのこれから先の人生、きっと普通の人が経験しなくて良い苦労を強いられる事でしょう。

その度にあなたは悩み苦しみ辛い思いをするかも知れません。

辛すぎて産まれてこなければよかった…と思ってしまう事もあるかも知れません。


でもこれだけは忘れないでほしいのです。

あなたは私たち夫婦にとって掛け替えのない宝物なんです。

あなたが辛く苦しいとき、それを見守っている私たちも同じように辛く苦しいのです。

変われるものならば変わってあげたい。心からそう思います。

でもそれが出来ないのです。

私たちがあなたのためになる出来る限りの事は何でもしてあげたいと思います。

そんな事しか出ないのです。


あなたは一人じゃないんだよ。

私たち夫婦にとっても、家族みんなにとっても

大切な大切な掛け替えのない存在なのです。

どうか、強くたくましく育ってくれる事を心から望んでいます。

















こども病院へ 

2006年07月07日(金) 21時18分
今日は昨日紹介してもらったこども病院へ行きました。

もちろん私一人では不安なので、急遽もも太にも休んで一緒に行ってもらいました。


どうか、何でもありませんように…仏壇にお願いして出かけました。

こども病院、その名の通りこどもの為の病院、こども図書館や遊ぶスペース、

エレベーターはお菓子のお家風でこどもを飽きさせないよう楽しめる病院という感じでした。


初診なので問診等色々手続などをして、早めにいったものの眼科に到着するまでには予約の時間を

少し過ぎてしまいました。


まだ生後4ヶ月…視力検査をすることも出来ずに、目の動きのチェック、私たちに対する

問診、目自体に異常がないか瞳孔を開く目薬を差しての検査、などを行いました。


検査の結果は異常なし。先天性眼振ということでした。

先生曰く「こどもの視力は6歳ぐらいまで徐々に上がっていくものなので、今後定期的に

経過観察しながら、必要であれば目のトレーニングなどをしていきましょう」

と言うことでした。

とりあえず、目自体には異常が無いということで少しほっとしました。

でも、今後視力がどれほどになるかは分からないとの事。

少しでも視力が上がって欲しい…それが私たち夫婦の願いです。

小児科へ 

2006年07月06日(木) 21時08分
昨日の検診で指摘された目の異常。

今日は他の病院に紹介してもらうため、小児科へ行きました。

小児科の先生曰く、

「何でもなくて眼振が起きてしまう場合と、何か原因があって起きる場合があります」と・・・。

何かあったときの対応も一括で出来るようこども病院を紹介してもらうことになりました。


こども病院…テレビなんかで視ると重い病気の子達が入院している病院

私の中ではそう言うイメージです。

やっと授かったもも太郎…

何でもなくあってほしい…心からそう思わずにはいられません。


4〜5ヶ月検診 

2006年07月05日(水) 20時40分
今日は4〜5ヶ月検診でした。

今日はぐずらないでくれるかな???

と不安ながら出かけました。

とりあえず、先日のBCGよりは出だしは良好。

でも、途中でやはり眠くなってしまってぐずりだしました。

しばし入り口付近であやしながら、何とか寝てくれました。

と思ったのもつかの間で、すぐに診察で裸にされてしまい、

大して眠らずに起きてしまいました。

診察してもらうと、目の検査のところで何度も光をあてられ、

どうしたんんだろう?と不安に思ってると、先生から目の動きが

おかしいと指摘されました。

一瞬頭が真っ白になりながら、先生に目の動きを見るように言われました。

確かに左右端の方へ行くと少し戻ってしまう。。。

「お母さん気づきませんでしたか?」と聞かれたけど、私は単に赤ちゃんは

落ち着きが無くてキョロキョロしてたり、まだ赤ちゃんだから目がよく見えてないから

そういう動きをするものかと思ってました。

それがどういう病気なのかわからないながら、とっさに「目が見えない訳じゃないですよね」

と聞いた。

先生曰く「詳しく調べないと分かりません」と。。。

「病院で診て貰ってください」と言われました。



もも太郎の目の異常で落ち込み、母親として今までずっと一緒に居て

何も気づいてあげられなかった事に落ち込みました。


家に帰って、私一人では不安でどうしようもなくなり、仕事中のもも太に電話しました。

今日の検診で言われたことと、小児科に行って他の病院の紹介状をもらうよう

言われた事をを伝えました。


後になって冷静に考えると、もも太郎がまだ1ヶ月にも満たない頃、

夜に部屋の電気を消すと、すごく目が左右に振れていたことを思い出しました。

その時はタダ単に目がまだよく見えて無くてそう言う動きをするのかと思っていました。

1ヶ月検診、2ヶ月検診違う病院それぞれで診察したときには異常を指摘されませんでした。



笑い声 

2006年05月20日(土) 21時51分
今日は記念になる一日です。

もも太ともも太郎をお風呂に入れているとき、突然もも太郎が

声を立てて笑い出したのです

何が面白くて笑い出したのか、しばらく笑っていました。

あまりにも笑いが続いていたので、見ていた私たちも

喧嘩していたことも忘れてつられて笑っちゃいました

もも太郎…君の笑顔は喧嘩しているのも忘れさせてしまうほど、

幸せな気分にしてくれるね





チャイルドシート 

2006年05月17日(水) 21時43分


 今日はベビーシートを卒業し、始めてチャイルドシートに乗せました。

 首はまだ完全には座ってないのですが、大部しっかりしてきたので、

 チャイルドシートでも何とかなりそうです。

 かなり窮屈そうですが…。

輪ゴムはしていません(o>(ェ)<;a アセアセ 

2006年05月09日(火) 22時01分

  今日もも太祖父にまじめに言われた一言。

  「もも太郎輪ゴムしてるんじゃないよな

  ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(ェ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;) 

  …そんな訳無いじゃないか

  確かにそう見えるかも知れないが…。







 そしてもも太郎、完璧な指しゃぶりをマスターしました。

 親指ふやけそうなくらい吸っています…。

指(?)しゃぶり 

2006年05月01日(月) 21時55分
最近のもも太郎は、手をしゃぶり出しました。

かなり美味しそうにしゃぶってます

おかげで顔の周りがべたべたです

P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■プロフィール■
☆家族構成☆ もも、もも太(夫)、もも太郎(息子)、もも太父、もも太母、もも太祖父、もも太祖母、猫(♀)

*script by KT*
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momofamily
読者になる
Yapme!一覧
読者になる