スピッツ【ニキビ面の高校生くらいの男の子の感覚を思い出しながら書いた歌詞】2014.2.18 【埼玉】大宮ソニックシティホールのMCなどまとめ

September 14 [Thu], 2017, 20:40
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)



カメラ収録あり。

マ「腰、膝、足首大丈夫ですか?中学の時に走り高跳びの着地で捻挫して、天気が悪いと膝が痛むんですよ。今日は天気が良かったから大丈夫!(変なポーズを色々とる)でも体調悪い時の方がいい演奏出来たりするよね。俺も10年ぐらい前 めまいが凄くて。ぐわんぐわんしてる時に限ってめっちゃ声出たり。で、めっちゃ笑顔作りながらやってたわ。」
マ「敬語使わないでもっと自分をさらけださなきゃと思って…お前らとさぁ、もっと深く交じり合いたいんだけど…ヒザとか大丈夫?」
客「(笑)」

(曲に合わせてメンバー紹介をしたことがあったという話で)
マ「渋公でやったね」
田「さすがに渋公ではやんないだろ、アマチュアのときな」
マ「渋公だったよ」
テ「こうやっていつも二人喧嘩はじめるんだもん」
マ「大体俺が負けるけどね」


マ「(MCで寒くなるので)MC役のメンバー欲しいよね。『只今お送りした曲はエンドロールには早すぎるでした!懐かしのナンバーでしたね!!』みたいな。」


マ「俺が作る歌詞からは、幼児の感覚を引きずっている人か、悟っちゃって老人になってる人の雰囲気を感じる人が多かったと思うけど、これは珍しくニキビ面の高校生くらいの男の子の感覚を思い出しながら書いた。」
テ「それぐらいの年の子には"アレに届いてる"の"アレ"ってすごく気になるよね(笑)」

---

ディスコビートはガッツだぜ→花笠音頭
マ「いろんな音頭だけをやるツアーもいいかもね。そんな空想や妄想が最近マイブームです。」

---

マ「今日カメラ入ってるから、エンドロール〜のあとにこういうポーズしようと思ったのね。」
(腰を低くしながら親指と人差し指を突き上げてポーズ)

田「いつも収録あるときは固いんだけど今日は固くなかったよね」
マ「うん、いつも通りだったね。」
田「いつも収録あるときはよそ行きのスピッツって感じなのにね」
マ「むしろいつもの方がよそ行きのスピッツなのかも。(笑)」

マ「今日は収録が入ってますけど。僕も昔とあるバンドのライブ行った時に前の方の席でして。そーゆー時に限って収録でね。でカメラが上からくるんですよね。こー舐めるように…なのでこう…」(顔を手で覆って写らないように)
田「昔、V6のライヴ見に行ったことがあるんだけど、花道がどんなもんかと思って。すごいファンとの距離が近いんだよね。で、カメラに撮られて…すごいアホな顔してたの。ああ…俺だって思った」

---

マ「ライブの前の日はオリンピック見ないようにしてる。東京オリンピック。」
客「ソチオリンピックだよ!!」
マ「ん?」
テ「東京じゃないよソチオリンピックだって。東京オリンピックってなんだよ。」
マ「冬季!!冬季!!俺の滑舌悪いせいで東京オリンピックって聞こえてたのか(笑)」
客&テ「あ〜」
マ「冬季、トウキね。滑舌悪くて…」
テ「そう、冬季、トウキ、登記簿抄本」

マ「冬季オリンピックやってますよね。葛西選手かっこよくてさ!手をこうやって(飛んでる時の真似)やるじゃん!人間も空も飛べるはずということで。っていって次は空も飛べるはずではないっていう(笑)」

---

田「昨日ある曲(8823)で端っこまで行ったんだけど、その時に棒がみんなから見えないかもしれないけどちょうどその棒が…股間に当たって…」
マ「ああ浣腸みたいに「ああ…!」(喘ぎ)ってお尻に。」
田「いや股間に当たるの。」
マ「あ!前ね!」
田「エロい感じになったことに気付いて、なんか情けなくなった。ポールダンスみたいな…。」
マ「エロくないだろ?田村じゃ」
田「………そうだね」

(うつむいてTシャツの裾をいじるリーダー)
マ「何もじもじしてるの?」
田「これ(ジャケT)似合ってる?…今日は撮影入ってるから草野とテツヤは着替えてないんだけど今着てるこのジャケTかっこいいよね。俺好きなんだけどあんまり売れてないみたい。」

---

ク「それぞれ自分の色でのグッズT作ったら何色にする?」
マ「田村黄色」
ク「キャラ的に?キレンジャー?」
マ「カレー的に。俺草野だから草だけに緑とか?」
ア「おれ青がいい。阪神ファンだけど黄色被るし」
マ「テツヤは赤かな」
ク「そうだね。赤レンジャー!!」

マ「昔、大阪でMr.Childrenと対バンしたことがあって、俺そのときたまたま緑のTシャツ着てたのね。そしたら櫻井くんはピンクのTシャツ着てて、おおって」

---

(大宮に来るまでの高速道路が、くるくるしてる道だったらしく)
ア「今日高速で来たんだけど、大宮の道路ってすばらしいよね。あのくるくるは素晴らしいね。男体山が見えて、富士山が見えて、群馬の山も見えてあと天気が良かったらきっと富士山も見えただろうねえ…また走りに来たいと思います。」

(以前の収録時に鼻血が出た話で)
マ「顔から血垂らして真っ赤になりながらドラム叩いてたら面白かったかもね。」
テ「レジェンドア山?!」
ア「(笑)」

---

テ「今のは何気ないエピソードだけど、アちゃんらしさがでてるMCだよね!崎ちゃん凄いよね 運転してる時に景色見る余裕あるんだもん。俺は怖くて運転中は景色見れないもん。見た目によらず超安全運転だから。渋滞大好きだしすぐ右折したくなる。右折していけば必ず目的地に着くから。」
マ「テツヤめちゃくちゃ安全運転だもんね。」

テ「本番でお腹痛くなったらどうするんですかとかよく聞かれるんだけど、ないんだよねー。本番前までは痛くなったり、多分緊張もあるんだけど、鼻ずるずるだったりね、ステージに立つとおさまる。あ、でもアマチュアのとき、責任感とか何もないときね(笑)一回下したことがある朝まで飲んでお腹くだしたのね。もうピーピーよ?……ピーピー……それで、がまんして黄門様を(お尻に手当てながら)キュッとね…。」
マ「ああ、黄門様をキュっと締め上げてね」
テ「まあアマチュアだからステージに立ったのは20分くらいだったからことなきをえたんだけど…。だから(舞台で)鼻血の崎ちゃんは貴重よ」

---

マ「大宮って…いいよね。(けもの道歌い始める×2)この、大宮のおおが良いんだよなー!…あ、大阪もか。」

スピッツ【童貞感すごいな、プレイってやらしいな(なんの話ww)】2014.2.17 【埼玉】大宮ソニックシティホールのMCなどまとめ

September 14 [Thu], 2017, 20:36
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)




マ「埼玉は東京よりちょっと寒いね?」
マ「外は寒いからどんどん温めて行きたいと思います!でも、MCでゾワっとしてしまうかもしれませんが(笑)」


マ「皆さん腰とか大丈夫ですか?足も大丈夫ですか?手首とかも…肩の関節とか疲れてません?(突然)痛みが散ると書いて痛散湯〜。ラジオ聴かない人はわかんないかな〜」

---

マ「さきちゃんくださいな」
(寒い夜だから(trf))
マ「(演奏後)同じコードで女々しくてもやったんだけど…」
(女々しくて)
テ「あのさー俺これまでこのコーナーに参加してないんだけど、見ててやっぱりスピッツぽくないよね?いや、いいんだよ。最初のうちはアちゃんと全然合ってなかったけど今じゃすごいあってきてるよね」
なぜこのコーナーが始まったかを初日市川まで遡って言い訳するマサムネ。

マ「ちゃんと演奏するゴールデンボンバーになる!いや、俺らが演奏してゴールデンボンバーに当て振りしてもらおうか?俺らは絶対表に出ないの。スピッツがやっていけなくなったらそうしようか」
テ「そんな仕事もしています!」

---

マ「最近引越しシーズンだからだと思うんだけどセンチュリー21のCMをよく見る。あれってまーけないーよー僕は生き物で、の後にトゥエンティーセンチュリーワーンって入るから歌っててもそれが浮かんじゃう。あのセンチュリートゥエンティワーンもやらせてもらえばよかったかな?」
マ「前のアルバムでもあったよね?(歌い出して)伝えたい言葉ーがあふれそうなー、ラーンチパーック!!ラーンチパーック!ならやってもよかったんじゃない?」

---

マ「羽生くん!見た?手足長っ!!…そこかよ?!って?(笑)俺があんな手足長かったらギターを手にしてないかもしれない!!一緒に並びたくない人だね!羽生くんとダルビッシュ有!」※ケイト・モスもあげてたそうです
テ「並んで大丈夫なやつとバンドやってるんだ〜?!」
マ「うん、何気に衣装使い回したりしてるしね?」
テ「それは言っちゃダメ!」

---

マ「葛西選手は俺らがデビューした頃から大会に出てるんだよね?すごいよね!同じくらいバンドやってる俺らももしかしてすごい?」
(場内大歓声 )
マ「ま、続けてるってだけですけどね?!」

マ「日本代表のユニフォーム、どうなの?真っ白だったでしょ。ワンポイント欲しいな。黄色の水仙持つとか、赤い椿とか…」
テ「醤油はどう?」
マ「…言い過ぎると悪口になっちゃうよね。人のカッコどうこう言うとかえってくるね。スピッツのボーカルのあの髪型はなんなんだとかってね(笑)」

---

マ「そんな俺らも今度アリーナツアーで武道館やります。俺は武道館でやるのが銀メダル!って思う。さいたまスーパーアリーナでやらせてもらった時が金メダル!って感じだった。次は違うところで…って思って(武道館にした)。同じところ(さいたまスーパーアリーナ)で何回もやってもっていうか(メンバー誰も反応無し)…うん…みんなはどう?…助けて…」
テ「スッピッツがもう少し大きく見える所!」

このテッちゃんの「スッピッツ」がツボったらしくマサムネは何度も「スッピッツね、スッピッツ!」テツヤも「スッピッツ!」

---

田「羽生くんの話なんだけど」
マ「埼玉にも羽生って土地あるよね?」
田「…俺は知らないから話を広げられない…羽生くんのショートの曲、パリの散歩道は、高校生の頃俺の部屋が溜まり場になってて、全然女っ気なかったから、夕方5時頃になるとその曲かけてしんみりしてた…童貞感すごいな(笑)」
マ「中2病だ?!」
田「高2だったけどね!」
田「だからあの頃の俺に言いたい。将来たくさんの女の子の前でプレイしてるよって!」
マ「たくさん男子もいるけどね」
田「男子はさぁ、あの頃一緒にいた(田村家に溜まってた)ような感じの人ばっかじゃない?(笑)」

田「プレイってやらしいな…」
マ「プレイって言うからやらしいんだよ、プレーならいいんじゃない?」

---

ク「じゃあもし田村くんが野球選手になったら、登場の時の音楽はパリの散歩道だね!」
マ「出囃子ね?!」
ク「マサムネも自分が野球選手だったら…って考えたことある?」
マ「あるある!(激しく食いつく)」
ク「あるよねー?!(笑)」
マ「俺、それを考えて作ったのが甘ったれクリーチャーのイントロだもん!」
ク「それでは野球好きのアちゃんに(出囃子は何がいいか)聞いてみましょう!」
ア「昔プロ野球ニュースでね、今日のホームランってコーナーがあってそのテーマ曲が大好きだったんだよねー!」
嬉しそうにそのメロディーを口ずさむもマサムネ以外誰もわからず静かな反応
ク「野球興味ないだろうけどテツヤは?」
テ「…絶対振られないと思ってたからなーんにも考えてなかった!」
そんでテッちゃんは何の曲がいいかって話でプロレスネタなのかラ・ブームって曲にしとこうと
ク「帰ったらみんな調べて。甘〜い曲だから(笑)」

(クージーのアコーディオンが重たいっという話で)
ク「みんなよくこんな重たいの、ギターとかベースとか2時間半も持ってるよね!」
マ「いいよ!クージーもキーボード背負ってもいいよ!」

---

ア「3代目Jソウルブラザーズの人は、背が高いから並びたくないとMステの時思ったね。」 
マ「一緒にたったらコブクロ的なね。」
崎「小渕さん結構高いよね、俺たちよりね」
マ「とんねるずの小さい方の人とか言っちゃうんだけど、テレビで出ると(思っていたより)大きい人も小さい人もいるよね。」
崎「テレビに出ると意外と小さい人とかいてね、いろいろ(身長について)親近感湧いたりね。…とりあえず、今日は今日で楽しかったです!」
マ「今日は今日でって(笑)」

---

テ「俺は羽生くんの演技でパリの散歩道聞くと、中学の同級生のはぎゅうだくんを思い出すんだよね…ナイルってあだ名でさ。なんでナイルかっていうとここ(こめかみさしながら)に青筋がすごいんだよ。生活委員会で、遅刻とか阻止してたんだけど」
マ「あ、生活委員ね〜」
テ「怒ると青筋が立つから『ナイル川氾濫する!』とか言ってた。それぞれのオリンピックの見方があるんだね。」

---

アンコールの大宮サンセット後
マ「大宮サンセットは、大宮でしかやらない縛りにしてしまったから、また大宮でやれるように頑張ります!じいさんになっても、ジジイになっても歌っていくから」

大宮サンセット 歌詞内の「土曜日」の部分を「月曜日(公演当日の曜日)」に変更あり

スピッツ【深爪とネイルと爪切りと】2014.3.19 【大阪】Zepp Namba (OSAKA)のMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 23:31
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)




マ「皆様…今日は…平日の中…スピッツのライブに来て頂いて…ありがとうございます。皆様の熱気で…潤ってきました」(頬をペチペチしながら)

---

マ「笑っていいとも最近ちゃんと見るようにしてる。今日は井上陽水さんだったし明日はオザケンさんだし」

ク「スピッツも1回くらい出たら?」

マ「俺たちテレビ向けじゃないし」

ク「ブラタモリとかいいんじゃない?」

マ「あれはタモリさんとアナウンサーの方だけでゲストいないよ」

ク「じゃあタモリ倶楽部」

マ「いや最近毛穴もおっきくなってきてハイビジョンに耐えられないかも」

ク「タモリ倶楽部ハイビジョンじゃないから」

---

マ「昔は人と違うのがカッコいいって時期があって、DAIGOさんのような手袋つけてた。しかも前髪を一房だけ長くしたりしてた。そんな俺らも今じゃどこにでもいるアラフォーのおじさんだけど」

テ「俺を見ないで!(笑)」

マ「一人違うけどね。何でズボン短いの」

テ「縮んじゃったんだよ!」

---

マ「この前TVで、若い女優(タレントさん?)さんがこんな男性とは結婚したくないって条件に、「深爪の人は絶対無理!」って言ってて、俺仕事柄深爪なんだけど、思わず「え、なんで?」ってTVに突っ込んだからね。深爪の男性って…結構いるよね?シェフとか…俺の知り合いに外科医の人がいるんですけど、その人もすっごい深爪なの。手術する時手袋するから。その女性タレントはシェフと外科医とは付き合えないってことになるよね。」

テ「と、バンドマン」

マ「バンドマンね…なんか告白する前に振られたみたいな感じ。そのタレントさんのファンでも何でもないんだけど。」

テ「…いつまで爪の話するの?」

マ「あー…爪…ネイル?ネイルサロンとか?行ったことある?」

テ「なんでそんなこと聞くの?」

マ「行ったことありそうだから」

テ「行ったことねーよ!!」

マ「そうそう、ネイルで思い出したんですけど、ピカッシュで磨いて福岡のサテライトスタジオに出たら『マサムネさん爪どうしたんですか?』って言われて。…磨けばいいってもんじゃないんだなと。」

マ「散歩行く時とか俺ポケットに爪切りいれてくんですよ」

客(えぇー!?)

テ「俺も初めて聞いたぞ!?」

マ「伸びてきてるとねぇ、気になるんですよ!忘れた時はコンビニで買ってしまうんです」

客(えぇー!?)

マ「変でしょ?小指とかね…ちょっと伸びてきてくるとすごく気になるから!でもこれ言わない方がいいかな神経質みたいだもんね。キャラ設定と違うかも。これ内緒ね!」

---

マ「今日はですね、大阪城に行ってきたんですよ」

客(えぇー!?)

マ「えぇーって、いっちゃダメ?(笑)平日だったんだけどね…人がたくさんいました。観光客の人とか…(フェステバリーナの)下見ついでに城ホのところもうろうろしてたら、そしたらRADWIMPSのトラックがとまっていて…今日から?」

客(明日からー!)

マ「かっこいいーと思ってせっかくなんで写真を撮ろうとしたんですけど、女の子がいえーい!って(両手ピース)撮ってたんで、こう…あなたたちをとるんじゃないですよ〜みたいな感じでそのまま素通りしました。」

テ「そういえばさっきの「えぇー」は大阪城いっちゃダメって意味のえぇー?」

客(ちがうとかいろいろ言う)

マ「じゃあ…ご一行様で?(笑)」

客(歓声)

マ「もうねぇ…普通は全然オーラ無いんですよ」

テ「普通のな!マサムネみたらガッカリするぜー!?みんなマサムネにあってもね絶対わかんないと思うよ。もう全然ちがうからね」

マ「存在感全然ないよね」

田「今までスピッツのファンはアンコールの手拍子が揃ってるって思ってたけど、今日袖から聴いてたら、段々早くなってるよね。」

マ「大阪のお客さんはせっかちだからね(笑)」

田「アンコールは絶対出てくるとか 思ってるんじゃないぞ!」

マ「でも5、6回アンコールくれても…ねぇ(行くよねぇ)」

田「…まぁ…今回は気持ちよく、出れたよ(笑)」

マ「(アンコールでピンクT着用)ピンク着てたら、こうトゥースって感じだよね!トゥース!」

客「可愛い〜」

スピッツ【けんちん汁とか鼻汁とか】2014.3.18 【大阪】Zepp Namba (OSAKA)のMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 21:54
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)




マ「今日は平日のお忙しい中、スピッツのために時間をさいてくださりありがとうございます。…ゼップなんばでは初ワンマン!…気持ち悪くなったりしたらトイレへ吐きに行ったりしてね。…吐いてる所にまで届くように歌いますので。全員で楽しめるよう頑張りますのでよろしくお願いします!」

マ「とげまるの時はとげマリーナだったんですが今回は、小さないきもリーナだとアレなんでフェスティバリーナになりました。」

---

マ「女々しくて×3つらいよ〜♪ スピッツのどの曲よりも盛り上がるという。色々やったんですけど、どんなのが盛り上がるか分かってきたような。イケメンの曲は盛り上がるんですよね。愛のままに〜わ〜がままにぃっ(物真似風)。…手をつ〜ないだらいってみよう〜…高い(笑)」

マ「他人のフンドシですが、ゴールデンボンバーと違うのは、実際に演奏しているところです!それでも他人のフンドシに変わりはない…」

---

マ「最近MCで同じ話すると、それ聞いたって。忘れもしない広島である話したら前の方が「それ聞いた」って。広島では一言一句違えるように事前に書いたりして(笑)」

マ「今年は花粉症にならないなぁ、年とったのかなぁって思ってたら、昨日起きた時に目が真っ赤になってて…処方してもらった目薬さしたりして、鏡を見る度に赤いなぁって思ってしまうから、トイレに行くときも見ないようにしてて…今日やっと治りました」

マ「非常灯ってあるじゃないですか、あれってどこもライブが始まると消えるんですけど、昔のホールだと消えなかったの。で、あの非常灯の色って緑じゃないですか。緑とか青って気持ちを落ち着かせる効果があるので、ライブのとき緊張したら非常灯の方を向いて歌うようにしてた。だから今日は青い服を着てきました!」

テ「それって青なの?紫じゃないの?」

マ「紫でもいいよ、サングラス通してるから色が違って見えるのかな?」

テ「そうかもね。田村は赤色?」

マ「どんなグラサンなんですかね(笑)」

※田村はグライダーT(青色)着用

マ「でも俺とテツヤで見てる色が違うかもしれないよね。同じ赤色を見てても違うように映って見えるかもしれないし」

テ「味とかも違うだろうね。しょっぱいとか絶対違うと思う」

(……しばし沈黙が流れる……)

マ「俺野球観に行くのが好きなんですよ。西武ドームに(ホークスの)試合を観に行ったときに、相手の嫌なバッター、例えばおかわりくん(すごいホームランバッター)の打席の時とかもホームラン打つんじゃないかってドキドキすると、気持ちを落ち着かせるために球場にあるブルガリアヨーグルトの看板を見て心を落ち着ける…っていう話をいつかしたいなぁと思っていたんですけど、今日できました。」

マ「もし今日のライブで精神状態があまりよくない方は、俺か田村を見て心を落ち着かせてください」(2人とも青系統の服着用)

---

マ「昨日中華料理屋さんに行ってメニュー見てたら、焼飯(やきめし)ってメニューがあって。チャーハンのことだけど、この読み方は西日本しかしないらしいんですよ。テツヤは何て言う?」

テ「どっちも使うね」

マ「さすが静岡。文化の別れ目。田村は?」

田「俺もどっちも使う」

(客:アちゃんはー?)

ア「チャーハン」

マ「やっぱりそうなんだ」

(客:クージーはー?)

ク「チャーハン」

テ「なんか俺らめっちゃ文化的な会話してるね」

マ「豚汁(とんじる)も違うよね。ぶたじるって言う。言わない?」

テ「汁って言う」

マ「汁だったら色々あるじゃん。けんちん汁とか鼻汁とか」

テ「鼻汁はダメでしょ……ってかこの話どうでもよくない?」

マ「あっはい」

---

マ「メタリカのツアー映像(ドキュメンタリー?)見てたら、メタリカもメンバーみんながファルセットで歌ってたよ。俺らメタリカと同じだね。」

テ「そうね。……そうねって何がだろ(ゴニョゴニョ」

マ「俺らの共通点は中学の頃ヘビメタにはまってたことから。大阪はヘビメタの聖地って言われてて、ラウドネスとかめちゃくちゃ聴いてたよね…俺初めて行ったロックのライブがラウドネスなんですけど。で、みんな真似して歌ったらファルセットになるという。(裏声で口ずさむ)もうちょっと上の世代になったらビートルズなのかな?(ビートルズを口ずさむ)」

マ「そこ(初めて行ったラウドネスのライブ)でのMCが未だに印象に残ってて。"お前らー、今日はかっこいい曲をたくさんやっていくぜー!(裏声で)"って言ってたの。すごいなぁと思って…お前らぁー!今日はとっておきのラブソングを用意したぜぇー!(ちょっとハスキーがかった裏声で)」

テ「あとヘビメタ聴いてたらマサムネ氏とか田村氏とか言っちゃうよね」

マ「え、"し"って何?」

テ「氏って……ウソ!なんでもない!」

マ「今年の夏でスピッツは結成27周年を迎えるのですが、今となっては見慣れていると思うんですが昔はテツヤがすごく外見的に浮いてて」

テ「よく"やりたい音楽やれてるの?"って聞かれて。"やりたい音楽やってるよ"って答えてたけど」

---

田「スピッツでベースを弾いてる田村でーす。…昔大阪のラジオのパーソナリティの人と挨拶の時に、俺だけ素通りされて。もう大阪、二度と来るもんか!って。」

テ「それ、結構あるよね?」

田「仙台でもあったね。」

マ「割といつもそうでしょ」

田「アマチュアの時、ライブ終わりに車を運転してたら、前のタクシーにぶつけて。」

マ「ATになれてなかったんだよね?」

田「助手席にテツヤが座ってて、テツヤ何も悪くないのにテツヤぁ〜!って言ってね。…もう大阪、二度と来るもんか!って。」

マ「完全に君の不注意だよ(きっぱり」

田「名ばかりリーダーを務めています」

マ「ややこしいこと押し付けてごめんなさい」

(フェスティバリーナでは殿様の格好をして歌うという話で)

ク「この前はフンドシでっていってたけど、フンドシの上に殿様の格好して、徐々に脱いで行ったらいいんじゃない?」

ク「髪切ったの?」

マ「ちょっとね〜(髪をいじりながら)」

マ「ヒロシさんは九州の方だから方言も似たとこがあります。…ヒロシです…貝殻を耳に当てたら、変な汁が出て来たとです。」

ア「ヒロシさんのネタでハマってるのがあって、『あれ、今日はギター持ってないんですねぇ』って言われたとです…。、っていうのがあってさ(笑)誰と間違ってるんだろうって電車ちゃんと」

マ「波田さんと間違えたのかな?(笑)」

ア「いや、もう一人いるじゃん。ギター持って唄う芸人さん…。名前が出てこない…。」

(客「あめみや?」「あめみやかな?」)

マ「そうだ。AMEMIYAだ。冷やし中華ぁはじめましたぁ♪ってやってる人だね。」

ア「そうそう(笑)その人に間違われたらしい。同じようなスーツ着てるからね(笑)」

ア「先月も言ったかもしれないけど前来た時タイガースショップ行ってね。まだシーズン前だったからあんまり商品が少なくて。そろそろ増えてるかなぁって。」

マ「今は誰を推してるの?金本さんがいなくなってから」

ア「藤浪選手だね」

テ「大阪はさぁ〜LIVEいっぱいやってるよね。毎回毎回 来てる人が、皆同じだったら…すごいよね(笑)」

マ「いやいやありがたいです。」

テ「(アちゃんがシンバルに頭をぶつける動作)あれ今日が初めてなの。今までためてたの。」

テ「(田村の激しい動作)あれ、ふなっしーをみてね。あれ副業だから。」

マ「スピッツ、皆さんが生きてる間はやり続けますんで…これからもよろしくお願いします!」

スピッツ【発音良くNever die never die never die …】2014.3.14 【東京】Zepp TokyoのMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 21:43
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)



マ「今日は見ないですけど最近お子さん連れのお客さんもいらっしゃってて、MCをお子さんにもわかるように話さないといけないと思って…『おじさんたちはースピッツっていってー…』みたいな(笑)」

テ「おじさんピカチュウだよ〜!!」

マ「長い時間立ってる人も多いと思いますが……ふっ(笑)…大丈夫でしょうか?昨日みたいに天気が悪いと膝が痛くなるんだけど昨日と今日は大丈夫だった」

---

マ「(ギター弾きながら)今日は(ズッチャッズッチャッズッチャッズッチャッ)こんなに(ズッチャッズッチャッ)zeppに集まってくれて…(ズッチャッズッチャッ)俺は嬉しいぜ!!1…2…1、2、1、2、3、4、女々しくてっ女々しくてっ女々しくてっつ〜ら〜いよ〜おおお〜」

マ「このコーナーいろんなとこでやってるんですけど、この曲が1番盛り上がるんだよね(笑)」

マ「イケメンが歌う歌は盛り上がるからね」※女々しくて以外にもB'z・福山雅治を歌う

客(男)「マサムネもイケメンだよ〜!(野太い)」

---

マ「会報(メンバーが書くページ)の締め切りが昨日だったんですよ」

田「出すの忘れてたよ(笑)」

テ「俺昨日出したよ!」

会場(拍手)

マ「ちょっと待って!俺も昨日出した!!!アちゃんは?」

ア「さっき出した!」

マ「ネガティブなイメージってなかなか拭えないよね。会報の締切とか遅れたことないのに。ずっと【草野マサムネは時間にルーズ】って書かれ続けるの。(例えば)巨人の星で星一徹がちゃぶ台ひっくり返したのは本当は1回だけなんですよ。アニメでは何回もひっくり返してるように映ってるけど。」

田「なんで遅刻するの?」

マ「とにかく起きれなくてね。あの頃はほんと眠かった。今はすぐ目が覚めちゃうのにね(笑)」

田「あとあれだよね、マッシュって言われてたよね」

マ「.......それ今の流れと全然関係ないよね(バッサリ」

田「マサムネの髪型はマッシュ?マッシュなの?」

マ「床屋が面倒で行ってないだけだよ」

客「マサムネさん床屋行って〜〜!」

---

マ「最近は外国語を母国語とする方もライブにいらっしゃってるので…「ネバーダイネバーダイネバーダイです」の発音をちゃんとした方がいいかなと思って…」

マ「Never die never die never die DEATH.(下唇をしっかり噛んで発音)」

マ「次の曲もしっとりとした曲DEATH…」

マ「デスのスペルはディーイーエスユー!(desu)」

---

マ「お前らともっと溶け合いたいんだ!」

客「フゥ〜〜!」

マ「OK!!なんか(客席から)フゥ〜〜!!って言われるのいいね!」

客「フゥ〜〜!!」

---

田「スピッツってアンコールの拍手が速くならないよね。普通って速くなって合わなくなって、またゆっくりに戻るじゃん。スピッツはあんまりないね」

マ「大人な落ち着いた人が多いんだね」

田「いいよ!!上から目線で言うと.....お前ら、いいよ(ドヤ顔」

マ「○△♨︎☆♪だなっしー!!」

マ「(田村は)今日ふなっしーの仕事休んで来てるから。」

客「ふなっしー!たむらっしー!!」

マ「ふなっしーって(田村と)同じくらいの身長なのかな?」

マ「(田村っしーの話)ふなっしーさんと会ったことないからな。」

田「俺かもよ?」

田「また皆さんに会いたいです。アリーナツアーもね。関東は九段下らへんでね」

ク「みんな道着を着てね(笑)」

マ「そうそう。そこで皇居のおほりの周りみたいにスピッツ4人で走ったりね。(腕を振って走ってるマネ)吸う吸う吐く吐く」

田「吸う吸う吐く吐く(笑)」

---

ク「メンバーが道着を着てポーズ(腕を組むポーズ)とったのをポスターにして貼って…」

(クージー紹介の時に「虹を越えて」をちょこっとアコーディオンで演奏)

客「おお〜!!」

マ「90年代人気あったバンドの曲ね」

ク「白い犬のバンドでしょ?」

(なんで「虹を越えて」を弾いたのかという話になって)

ク「みんな虹を越えて来たでしょ?レインボーブリッジ!」

マ「レインボーブリッジ通らなくても来れるんじゃないの?豊洲からとか…船で来るとか(笑)」

ク「船で来た人いる?」

(客席、何人か手をあげる)

マ「え、ほんとに!?」(手をあげた人をがっつり見てた)

ク「武道だとお金安くなるんだよね」

マ「え、それ本当なの?噂でしか聞いたことないけど…」

ク「え、わからない(笑)」

---

テ「結成当初スピッツの中でおれだけアフロみたいな変な格好してたよね」

マ「1番ロックっぽい格好だったよね」

テ「だからね、友達と飲んだりするとよく『三輪は本当にやりたい音楽やってんのか?楽しんでんのか?』って言われた(笑)ああ楽しいさ!!ヘヴィメタ好きだけど早弾きできねえんだ!俺はアルペジオが好きなんだ!アルペジオが好きだ。俺はスピッツで良かったよ!」

---

マ「武道館もZeppと同じように気楽にやります!その先も長く続けて行きますので、これからもよろしくお願いします!」

スピッツ【ミラーボール回ってるとエッチな曲とか作りたくなる】2014.3.13 【東京】Zepp TokyoのMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 21:33
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)


マ「今日はスタンディングだからあんまり見当たらないんですけど、ホールとかアリーナツアーだと、小さなお子さんがね、結構居るんですよ。で、テツヤの誘導で下ネタの話になっちゃったりするからね、大丈夫かなあ?って。」

テ(マサムネさんをガン見)

マ「スピッツも、お子さまむけコーナーとか作ったほうがいいかな。(歌のお兄さんみたいなかわいい口調で)「あのねー、スピッツもー、こんどのなつでー27ねんになるのー」

テ「ピカチュウ!…前飛行機乗ったときさ、機長の紹介で「機長のピカチュウです」って言ったんだよね。低い声で「ピカチュウです」って」

マ「いってたね、ピカチュウです(笑)」

テ「「ピカチュウです」低い声でだよ?「ピカチュウです」って」

---

マ「花粉症は大丈夫?最近俺スギ花粉大丈夫なんですよ。でもアレルギー性鼻炎とか花粉症の反応が出るのは若い証拠らしいんですよ。俺もう若くないのかな…耳鼻科で処方されてる薬が効いてるんだって信じてますけど…テツヤは花粉症出てるよね」

テ「俺の10代の頃はすごかったよ…」

マ「…(笑)「俺の10代はすごかったんだぜ〜」」

田「あの頃のテツヤは何もかもすごかったよね」

マ「小脇にティッシュ抱えてね(笑)」

---

マ「スピッツは昔、このあたりに縁があって、芝浦とかのスタジオでよく演ってたんですよね。で、レインボーブリッジとかもまだなくて。何ができるのかな?って、思ってたら橋が出来てびっくりしたんだよ。」

テ「…」

マ「次は、その頃に作った歌を演ります」

テ「そうきたか!」

---

マ「ミラーボール回ってるからね、エッチな曲とか作りたくなるよね。(メリージェーンをちょっと歌う)」

マ「喉乾いちゃった」

テ「ブレイク」

マ「ハブ ア ブレイク(小声)」(ちょっと待ってちというような手のポーズで)

---

マ「岡山で皆でご飯行って、お魚に緑のソースがかかってたの。ぴーって。」

テ「…ぴーって、ね。」

マ「うん。バジルかなって思ったんだけど、海藻の味がするなーって思って。でも他の人はバジルだよって…お店の人に確かめたら「バジルのソースでございます」って言われてバジルかぁ〜ってなってたんだけど、最後にさっきの店員さんがきて「申し訳ございません。バジルのソースではございませんでした、ワカメのペーストでございます。って!」(ガッツポーズ)

---

マ「ほとんどの皆さんが立ったままですけど、足とか腰とか大丈夫ですか?」

客(全然大丈夫ー!)

マ「俺も1曲目で最後まで持つかなと思ったけど、全然大丈夫です!…ライブハウスなんでタメ口で…おまえら、足とか腰とか大丈夫かー!」

客(大丈夫ー!)

マ「お前らの元気はそんなもんかい?」

客(歓声)

マ「よーし!おまえら……イイトコに連れていってあげます…フフフッ(笑)スピッツと愉快な旅を続けて下さい! あぁしまった、敬語になっちゃったよ」

---

田「自分は見た目のインパクトがないけどライブを見にきてくれた人には「あのスピッツのベースの人、ヘンじゃない?」って思ってもらえるようにすること」

マ「マサムネって名前当時としてはキラキラしているけどアキヒロって真面目だよね。面接とかしたらマサムネよりアキヒロのほうが真面目で点数高いみたいな。」

田「美輪(明宏)さんに失礼だろ!」

ア「今日はね、特に暑くてね、横に置いてある羽なし扇風機をずっとつけっぱなしにしてたよ」

マ「どこのメーカーだっけ?」

ア「ダイソンの、去年の横浜以来に、フルでまわしても今日は汗だくだったね」

ク「ボクシングのタイトル戦ポスターみたいなの作って入口に張り出すのはどう?」

マ「こう、ポーズ決めたりしてね」

(マサムネ、アちゃん、クージーがファインティングポーズを作る)

ク「そのポスターを下敷きにとかにして(グッズを作って)みたら?」

テ「でもさ、下敷きって今使うのかな?」

マ「どうだろう?」

テ「グッズにするなら、クリアファイルだよね。でも4枚セットじゃなきゃやだよ!単品はダメだから!…怖いから!在庫が怖いから!4枚セットなら安心だね。4枚セットでも、一番上がそれぞれ違うのもダメだから!たとえ4枚でもね」

マ「下敷き4枚?」

テ「…クリアファイルだって」

マ「あっ、クリアファイルね。」

テ「どうなるかね!グッズって難しいんだよねぇ。」

マ「なかなかね。」

テ「みんな、帰りに買ってね!」

マ「買ってね、っていやらしいじゃん。」

テ「でも皆汗かいたっしょ?タオルいるっしょ?雨だし?寒いから着替えないと風邪引くよ?」


ボクシングのポスターの話からクージーが命名した4人のキャッチコピー
「天パーの狂犬 田村明浩」

「イタリアからの刺客 崎山龍男」

「本当は優しい 三輪テツヤ」

「マサムネマジキノコ」

スピッツ【昔は梅田の安いホテルのシングル部屋に4人で泊まっていたらしい】2014.2.25 【大阪】オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)のMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 19:55
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)



マ「皆さん元気ですか?2階の方…3階の方も…。さっき3階の後ろへ行ってみたんですけど、…遠い?1番前から1番後ろまで届くように頑張りますんで、よろしくお願いしまーす!」

マ「スピッツ今年の夏で27年になるんですが…。1987年のタレントさんとか出てるの見てたら、もうそんなに若くないなぁと思ったりして。…1987年、俺らもうしっかり立派な大人でしたけどね(笑)」

(結成27年の話から)

マ「19、20からね。」

田「温泉とかも一緒に入ってるもんねー、…気持ち悪っ。」

マ「ご飯も一緒に食べてね。」

テ「流石に部屋は別になったけどね。」

マ「そうだね、昔は梅田の…安いホテルでね。」

テ「今は一人ずつ部屋があるけど、昔、シングルの部屋にベッドが4個置いてあったもんね。ドアを開いたらベッドだけみたいにね。かろうじてドアが開くくらいだったね…」

マ「ソチ五輪も終わりましたが、一昨日空き日があって大阪をぶらぶらしてたんですけど、梅田スカイビルの近くで写真撮ったり、淀川まで行って、芝生になってる坂で子供達が草ぞりをしてたんですよ。で、オリンピックの影響か段ボールでスノボみたいに滑ってたりして。みんな五輪見てたんだなぁって思ったり。」

---

マ「朝の連続テレビドラマ小説のごちそうさんに出てくる通天閣の役者さん、東出さんだっけ?あの人は大阪を体で覚えるためにしばらく大阪に住んだらしいですよ。でも全部足したらきっと、俺らの方が長く大阪にいるよね。」

マ「大阪には昔からよく来てまして、802で番組やらせてもらったりこともありましたし。今まで大阪に来た日数を全部合わせたらもう住んでるんじゃないかってぐらいになるような。」

田「いっぱい税金払ってるんじゃない。」

マ「住民税は払ってないよ、別に住民票を移してるわけじゃないから(笑)」

田「こんなこと言ってるとね、またTwitterで『田村、税を語る』とか言われんだよね(笑)」

マ「仙台のプロモーションの時に…翌日の新聞に草野マサアキって書かれてたんですよね。」

田「それ間違ってただけじゃない?(笑)」

マ「当時は正宗ってキラキラした名前だったのかなぁ〜だって正宗って名前の人にあまり会ったことないし。」

マ「スピッツって名前もね、シンプルで良かったなぁと。あ、でもアジアンカンフージェネレーション、略してアジカン、みたいなのも良いんですけどねぇ。そうだ最近は文章みたいな名前のバンド名もいるよね、凛として時雨とか、森は生きているとか、忘れらんねえよとか。スピッツもね、スピッツまだまだ現在進行中、みたいに長いバンド名もいいんじゃないかって。略してスピゲンとかどうだろう」

マ「それではスピッツがまだ輝き始める前ぐらいの曲を…」

テ「最近それ好きだね?」

マ「最近、輝きを取り戻したくて…。」

テ「輝いてるよ!写真もマサムネメインだし。スポットライトも1番あたってるし!」

マ「学生時代に走り高跳びで足を挫いて、天気の悪い日は40過ぎてから右膝が痛くなったりすることもあるんですが、今日は天気も良くて俺は元気です!…皆さんと旅を続けたいんですけどどうでしょうか…いっちゃうよ?お願いしまーす。」

---

マ:「崎ちゃん、ディスコビートよろしく!」

(ドンドンドン)

マ「ガッツだぜ〜パワフル魂〜…♪」

(ギターで間奏の所で…上手く弾けず)

マ「ここは予習して来なかった…」

(演奏後)

マ「スピッツのどの曲よりも盛り上がって、どの曲よりもエネルギーを使いました。」

田「NHKの公演の時に、スピッツ様。ウルフルズよりって花が届いて、どう扱えばいいのってなった。」

マ「ウルフルズね再活動しますね、新曲なの?」

田「ラジオで流れてたの、新曲でしょ(笑)」

マ「数か月前にサンコンに会った時にウルフルズやりなよって言っても、うーんってぼやけた返事してて…あん時は隠してたんだな〜」

田「草野には言えないって思ったんじゃない(笑)」

マ「俺口かたいのになぁ〜」

マ「ウルフルズとか、松本君とかトークがうまいじゃないですか。スピッツもトーク担当の新メンバーを入れようなぁ。」

テ「上から出てきたり、時には3階の通路から出てきたりね。」

マ「それでは1995年の名曲、ロビンソンです!あた〜らしい〜♪みたいにね。」

テ「もう自分で出来てるじゃん!」

---

マ「ごちそうさん、先週の金曜日に最後に観て、録りだめしてるんですけど、楽屋とかでごちそうさんの話になったら(耳を塞ぐ動作しながら) あわわわわぁーって(笑)九州行った時のSAでもその話になって、あーあーあーって(笑)」

テ「カレー作ったよ。」

マ「えっ?(耳を塞ぐ動作しながら)あわわわわぁー。言わないでね?」

マ「ごちそうさん観てる?」

テ「観てない!」

マ「あまちゃんは観てたの?」

テ「あまちゃんで力尽きた!」

---

田「田村です。今日初めてスピッツを見に来た人からすれば、あぁ…この人田村なんだぁ〜ってなってるよね。」

マ「俺の名前を知らない人もいると思うよ。」

田「草野の名前しらなかったら絶対俺のこともしらないじゃん!」

マ「ベースマニアがいるかもしれない。」

田「城ホールでやります!優先枠…はないけれど、君たちに見に来てもらいたいです!」

田「そのうちスタンプ制度にしたりしてね、100回来てくれたらプレゼント、みたいな。何にしよっかなー?」

マ「うーん、その人のためだけに歌う、とか?」

(客席拍手)

マ「一つの案としてね?採用されるかはわかんない(笑)」

(クージー紹介時、ミス花子の河内のオッサンの唄をアコーディオンで演奏※マサムネとクージーががちょっと歌う?)

ク「えみちゃんねるに敬意を込めて。世代が違うのかな?あみん歌える人いる?」

ク「昨日も話したんですけど、城ホールではアちゃんが褌で和太鼓叩いてくれるの、楽しみだな〜。夏だし。」

ア「写真の話あったじゃん、俺いつも写真撮るときしばらくしたら眠くなるんですよね。目が半分閉じた感じになる。まばたきしたりしたら、あーこの写真だめだーって。」

草「アちゃん目が大きいからね。」

ア「で、カッ!とすごい見開いて普通の顔になるんだよね。」

草「寝てる時は目が開いてたりするよね。」

ア「よく見られてるからね…。」

ア「ここにいらっしゃる方には寝顔を見られてますから。」

ア「大阪には来月も来ますし、7月も来ます。そのうち1回ぐらい甲子園に行けたらいいなぁって思うんですけどねぇ〜。」

テ「写真の話だけど、俺がサングラスをかけているのは写真を撮る時にちょっとでも楽ができるからです!ロビンソンのPVで俺、横になってる時、あれ寝てるからね。夕方になるとどんどんマサムネが疲れた顔になっていってね…」

テ「ロビンソンのPVはねぇ、竹内くんから死体の役って言われた。ほとんど寝てるからね…」

マ「寝転んでなくても寝てなかった?」

テ「どうやって?」

テ「崎ちゃんの褌で和太鼓ね。俺の中では大きい和太鼓で、後ろ向いて叩いてる。で、太鼓の中から桃太郎の格好したマサムネが出て来る。それで1部終わり!」

スピッツ【褌でライブやる?ちょうど楽器で隠れるよ。】2014.2.24 【大阪】オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)のMCなどまとめ

September 07 [Thu], 2017, 14:05
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)



マ「新しくできたオリックス劇場にやって参りましたスピッツでーす!…楽曲はゆるくないと思うんですけど、おしゃべりするとね、涼しくなったりするんですが…。今日はよろしくお願いしまーす!」

マ「厚年には思い出があって…10年くらい前に、ライブで前に出ていった時に最前列の男の人が興奮しちゃったのかわー!ってなって時計を投げてきて(笑)で、時計が〜と思って返したら、それあげるよー!って。で、こないだその時計見たらまだ動いてました。G-SHOCKの時計。」

テ「もらったんだ!(笑)」

マ「うん今も仕事場に置いてるよ」

マ「昨日は空き日だったんで、みんなでお昼を食べて、何しよっかなーと思って、梅田駅からテクテク歩いて…あの世界の重要な建物に選ばれた梅田スカイビルまで行って。ジャージみたいな格好してたんで流石に中には入らなかったんですけどね。ジャージみたいな服を着ながら携帯でスカイビルの写真を撮る男…。それが俺です。」

マ「まだ歩き足りないなぁって思ってもっと歩いて行ったら、川がありまして…淀川ですね。で、川のほとりにジャージで座りながら、ソフトボールの試合を見る中年男になってました。」

テ「その写真は撮ったの?」

マ「や、撮ってないです(笑)」

マ「淀川って河原に入るのが大変なんですね、柵がしてあって。歩いてたら対岸が十三ぐらいのところまで歩いてました。十三までは行かなかったけど…。広いですよねー。東京だと多摩川とか、俺の地元だと筑後川もね、負けましたね。…淀川って人がつくった川なんですよね、知ってました?地元の方だとご存知ですかね。」

マ「昔から大阪、802にはお世話になってまして。スピッツがもうダメダメだった頃からね。今もダメダメだって思われてたら…悲しいですが(笑)」

---

マ「スピッツ結成してからもう27年なんですけど…スピッツって名前、飽きないよね。どう?」

テ「…飽きたとは言えねーだろー!(笑)」

マ「最近、若手のバンドで長い名前のバンドが多いんですよね。」

テ「水中、それは苦しいとかね。」

マ「水中、それは苦しいは長くやってるよ。」

マ「森は生きているとか、忘れらんねぇよとかね…。スピッツも長い名前にしてみようかな。まだまだ頑張るスピッツとかね。……まぁスピッツ、いいよね。」

テ「犬の名前だけどな!」

マ「スピッツで検索したら、Wikipediaでスピッツ(犬)、とか出てくるもんね。」

---

マ「一昨日が和歌山だったんですけど、俺らの前日に美輪明宏さんのコンサートがあったらしくて。で、美輪さんが黒い服はだめだって言ってたんで和歌山では慌てて黒い服から赤い服にかえたんですけど(笑)今日黒い服着てきちゃったって思ったら、これよくみたら紺色でした。どう?」

テ「…黒にしか見えない!」

マ「そう?」

テ「…サングラスしてるからか!」

---

マ「オリンピック終わりましたねー。葛西選手がジャンプして手を広げて(広げるポーズ)飛んでいるのを見たら、人間も空、飛べるはず…って思ったりして…まぁ空も飛べるはずをやるわけではないんですけど(笑)」

---

マ「(崎ちゃんのビートから)♪青いイナズ〜マが僕をせ〜める〜炎、からだ、やきつ〜く〜す〜ゲッチュ!ララララ〜♪」

(青いイナズマのカバー)

マ「…こないだまでは女々しくて×3〜♪を歌ってたんですけどね、そろそろかえた方がいいかと(笑)」

マ「ディスコビートを聴くと解放したい気分になったりして。…昔、好きな女の子ができて告白して振られて気まずくなるぐらいなら、友達の方がいいって思って何もできなくなるような男でしたけど…。それを解放したくなるような。…なんかおかしいな。笑」

---

マ「去年オリックスバッファローズの北川選手の引退試合を観に大阪に来たんですよ。で、試合観るから双眼鏡買わなきゃって思って梅田のヨドバシカメラへ行って、双眼鏡を見てた時にメロディーが思い浮かんで…それがオパビニアなんですよ。これ言うの初めてだよね?」

マ「で、携帯にボイスレコーダーが付いてるんで、電話がかかってきたふりして端っこで入れてました(笑)今は便利になったよね。昔は留守電に入れたり、俺しか分からない音符をメモしたりね…。」

---

マ「2月14日ふんどしの日らしいよ!関ジャニ∞がふんどしでライブしたんだって、知ってる?」

田「まじで、俺たちもやる?!褌でライブやる?ちょうど楽器で隠れるよ。」

マ「もうそれ全裸じゃん。」

ク「関ジャニ∞が褌でライブしたってのは、最初服着てて段々脱いでいったらしいよ。だから靴とハイソックスはいてたんだって!」

---

マ「若いバンドが敬語らしいです。スピッツは若くないけど敬語です。…お前らとさ…派手に…派手…じゃないな、…お前らっておかしいよね?君と旅に出たいんだけどいいかな?…いつもの俺じゃないみたいだぜっ。」

---

田「まだまだ頑張ってるスピッツの田村です。さっき草野が旅に出ようって言って、うっとりしてる女の子がいるのは分かるんだけど。うっとりしてる男もいた(笑)2人で旅に出るのかーって妄想したりして(笑)」

田「前にここでやった時に最後だと思って、ありがとう!さよなら!とか言ったりしてたんだけど…(笑)」

マ「なくなるって言ってたんだっけ?」

田「買収されるって言ってたからね。だからこう…昔の彼女が綺麗だったみたいな…なんか例えがおかしいけど(笑)」

田「先月大阪来たじゃん。今も来てるじゃん。来月もあるでしょ。…で、7月にはフェスティバリーナで来ます。アちゃんが褌で和太鼓叩いてるの見れるかな(笑)…今年は何回も大阪に来れて嬉しいです!まだチケット売ってないから、みんなに会えると思って楽しみにしてます!」

---

ア「昨日梅田駅界隈をウロウロして、タワレコへ行ったんですよ。そしたらねー小さな小さな生き物展をやってて。知らなかったんだよね。で、お客さんが7〜8人いたんだけど、遠巻きに見て…CD探して、レジでも逃走中のハンターから逃げてる人みたいにちらちら見ながら買いました(笑)誰にも声かけられず。レジの前に小さな小さな生き物展あったんだけどね。」

ア「で、その後阪神百貨店へも行きました。タイガースショップにね。藤浪晋太郎のTシャツが欲しかったんだけどユニフォームしかなくてね〜。また機会があれば甲子園にも行きたいです!ありがとうございました!」

---

テ「…アちゃん(MCで)褌に触れなかったね。」

テ「昔祭ブームがあったのよ。」

マ「マイブーム?」

テ「グループで流行っててねぇ…俺20歳ぐらいの時、めちゃくちゃ髪長かったじゃん。めちゃくちゃ細かったじゃん。で、先輩達と白い褌にはっぴ着て御神輿担いだんだよねー。もうめっちゃみんな見てきてたね。女だと勘違いして…あの頃はね、綺麗な尻してたよ。」

マ「あ、はは…見せないで。」

テ「アちゃんは2人でいるときお尻見せてくれるよ〜。見たい?って聞くから見たい。って…」

マ「…俺の許容量を超えている。」

テ「(ふんどしするなら)脱毛しないとね。」

テ「オリンピック終わっちゃったねー。これから夜何しよっかなー。…モンハンやろ。ギターの三輪でした〜!!」

【草野の元カノ】2017.9.3【福岡】マリンメッセ福岡のMCなどまとめ〜SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"

September 06 [Wed], 2017, 21:23
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)


参戦しました(・∀・)



マ「今日は週末の貴重な時間をスピッツの為に割いていただきありがとうございます。楽しい夜にするからさ、任せろ!」

マ「ラッキーなことにね…すごかぁ……マリンメッセでやるげなばい。」
マ「こんなに大きい会場だから博多駅でチケット手売りしなきゃ行けないかと思った(笑)」
田「天神駅でね。」
マ「君は新天町でね。」
田「またそうやってわからないこと言う…。」
マ「だめだ、だんだん適当になってる。」



マ「マリンメッセでワンマンでやるのは初めてなんですが、コブクロと比べてどうですか?」
田「昨日はゆずだったじゃん(笑)」

マ「福岡帰ってくると『任せろ』なんて言ったら『東京の絵の具に染まった』なんて言われそうで、俺博多弁で喋るべきかって葛藤があります。みんなどうしてんだろね?九州出身の方…EXILEのTAKAHIROさんとか。長崎だよね。」
テ「相手が博多弁じゃないと話せないんじゃないの?いやみんなは話せるか。」

マ「ちょっと話してみようかな。昔はよう能古島にカブトムシば採りに行きよったとですけど、いっちょん取れんやったんですよ!それであのなんというか……ブスくれてですね(笑)テントで寝とったらこげん大きかムカデのでてきてからですね!たまがったぁ!!……なんかだんだん小松政夫さんみたいになってきた。」
そして小松政夫さんの「しらけ鳥音頭」を歌い出す。



マ「おいさんのいいよるやろが!」



マ「通算1003回目のライブらしいけどネットの情報です。」
テ「初の福岡ももち浜も入ってんの?」
マ「そういう小さいとこが入ってるのかはわかんないけど。体感は1200回目ぐらい。今日は1200回目のライブです!」



スピッツのとある曲を作った時に流行っていた曲は、岡本真夜の「TOMORROW」。
マ「涙の数だけ強くなれるよ。明日は来るよ君のために♪」
と弾き語る。



マ「膝とか腰とか大丈夫ですか?」
会場「わー!」
マ「俺的にはまだまだ足りないんだけど。もっともっとイキたい!」



マ「まだまだやっていきたいっちゃ!!!!」



スタンド後方、左、右、アリーナ前方、アリーナ後方とコールアンドレスポンス。
マ「すっごいシャイで『わーっ!』って言えなかった人は心の中で『わーっ!』って叫んでください。」
マ「どうですか?!」
会場「わー!」
マ「(うなずいて)届きました!」



インディーズ曲を一緒に歌おうのコーナー。
「353号線のうた」
テッちゃん以外のメンバーはみんな演奏してたけど、テッちゃんはコーラスの「ぱーぱーぱー」のところを腕組んで歌ってた。



マ「テレビが苦手で嫌いな生放送があってね、最近は出ると大体俺らが最年長なんですよ。」
テ「毎回聞くもんな、俺らより歳上いる?って。」
マ「もっと歳上呼んでほしいね。THE ALFEEとか。」
テ「俺ら浮いてんだよ!ぴっちぴちの若い人たちの中にちっちゃいおっさんがすみで固まってね!テレビ慣れてない感じで。」
マ「素人っぽいよね(笑)1番最年長で何回も出てるのに。」
テ「俺なんかカメラに向かってピースする。」
マ「昔はカメラ向けられるとあっちむいたりそっちむいたり視線を合わせないようにしてたけど、アレ、後で自分で見るとすっごい不自然なんですよ。最近は見るようにしてます。」

マ「そんな素人みたいな俺も、博多華丸さんから県人会に呼ばれることがあって。毎回断るのも悪いから有名人たくさん見られるなら〜って参加したんですけど。若手芸人がマサムネさんに失礼なことしてたってテレビで言われてたよ〜って聞いたんだけど、全然覚えてなくて。楽しかったことしか。」
その芸人さんはマサムネが歌ってるマイクを奪い取ったらしい(笑)
マ「特に覚えてるのは、原口あきまささんとクリスタルキングの大都会歌ったことなんですよ。」
マ「福岡の芸人さんでバッドボーイズっているでしょ?で、目立たない方…清人くんね。彼がずっと隣にいて話してたんだけど、話してて何の違和感もないね。彼も素人っぽいなぁって(笑)失礼なんですけど。」
マ「だからスピッツに入っても何の違和感もないと思うよ。身長も俺らぐらいだし。」
田「最終的には入ってもらうかも。」
マ「でもウィキペディアで調べたら昔は相当不良だったみたいで…。しばらくしたら俺ら敬語使ってると思う。」
テ「大丈夫大丈夫!いるから!(アちゃん指差す)」
マ「あ、ア山さんいたわ。」
ア「いやいやいや(笑)」



田「初めてスピッツ来た人ー?」
田「何度も来てくれてる人もいるんだね。」

田「「正直に言ってください。この中に草野の元カノいますか??元カノの方ちょっと手上げて??」
会場ほとんど挙手せず。
田「え、普通こういうのって挙げない?ここは挙げたもん勝ちだろ!?」
田「栃木ではアちゃんで聞いたんだけど、その時女の人ほとんど手を上げて。」
マ「さすが敵なしだった。」
田「でもこういう時って普通みんなあげるよね?」
マ「そういうとこがスピッツなんじゃないの??」
田「でも崎ちゃんとこあげてたじゃん!県民性?」
マ「福岡の人はね〜そゆとこあるよ。」

田「草野が気持ちよくライブするためにさ(みんな挙げてね?)。」
マ「いやいや。」
田「もう1回聴くね??草野の元カノだった人ー?」
(マサムネさん会場を見て)
マ「すごいね…元カレもいるんじゃないのこれ?」
会場「(笑)」



ク「さっきテレビの収録の話で、テツヤががんばって演奏してもカメラがないって言ってたんだけど、リハーサルでだいたいカメラマンさんはテツヤや田村くんがどこにいるのか把握してて。だけど田村くんは収録でも予想出来ない動きをするんですよね(笑)」
マ「裏切るからね。」
ク「だからマサムネメインで撮ってるカメラの後ろで田村くんが行ったり来たりしてる。」
マ「(笑)」
ク「次はそういうとこも見ていただいて。」



ア「初めて来た人のためにマイクの説明するね。『アちゃんどうやってんの!?』ってならないために。」
ローディーさん、上手にいたスタッフさんから「立て!立て!」みたいなゼスチャーされてニヤニヤ。
マイクを動かしてみせる。
ア「実は後ろでローディーくんがタイミングに合わせて動かしてます!!」
マ「二人羽織みたいにね!」

ア「30年前の9月頃に、とりあえずデモテープとか持ち込みしてた時に新宿JAMとかでオーディションライブやってて、それ昼にやったんだけど俺髪立ててて(笑)」
マ「金髪で髪立てててね。」
崎「タンクトップでね。」
マ「ユニオンジャックのね。」
ア「テツヤも髪を立ててて、俺は真っ直ぐ立ってたんだけどテツヤなんか違う感じに…。」
マ「まりもみたいなやつね(笑)」
ア「それで確か月一で出られるようになったんだよ!『君の髪型いいね』って。その時テツヤがメンバーでよかったな〜って(笑)」



テ「えっとね、俺もそんなたいしたこと話さないんだけど…見た目こうじゃん?イメージと実際のギャップがすごいってよく言われるんだよね。激しいと思いきや1番地味なやつ(田村さん)が1番激しかったり…あと俺声低いイメージみたいで!声高いねって!」
マ「後、早寝早起きだよね。」
テ「早寝早起き!」
マ「歳取ったからじゃなくて昔からだよね。」
テ「昔からだね!太陽が沈むと同時に寝て太陽が昇ると同時に起きたい。」

マ「あとテツヤは友達とかに『本当にやりたい音楽やってんのか?』って聞かれてた(笑)」
テ「どう見ても好きな音楽でギター弾いてるよなあ!?」
マ「メタル系とかが好きそうに見えるんじゃない?」
テ「まあいいんだけどさ。あと俺はジェットコースターとかも嫌いだからね!」
テ「ジェットコースタおもしろみがわかんないもん。わかる?飛行機も揺れたら怖いの。」
マ「飛行機もね。」
テ「この仕事してると結構乗るんだけど、一昨日乗ったら街の上を低く飛んで街中見えて。」
マ「いつも志賀島側から回ってくるけど、今回はヤフードーム側からだったね。」
テ「それで、ここで飛行機落ちたら大惨事じゃん!って思って。でも今まで1回も落ちてないってことは飛行機って安全なんだね!」
テ「1万人の前で言うことじゃないかもしれないけど。飛行機苦手な人を勇気付けられたいいんだけど、飛行機は落ちない!」

マ「でもね、前に飛行機乗ってたときにすごいガタガタ揺れたのよ。テツヤ俺の隣にいたから、大丈夫かなってチラッと見たら寝てたのね。テツヤ寝てる!って思ったけど、よく見たら目をギューッと瞑ってるだけだった(笑)」
テ「足ピーンとしてね!(ペンギンみたいなポーズ)」

テ「俺をよそもんだと思ってんだろ?!?!ああ!俺は静岡出身だよ!!!!」
マ「どげんすればよかと……。」
テ「俺が悪いの?!」
マ「いやいやいやいや。」



マ「乗るのあんまり好きじゃないんですよね。」
と言ってモニターに乗って手を振り、降り手で撫でるように汚れをはらう。



アンコール登場時。
マ「好きな言葉は何?って聞かれたら、『サファテ』。愛とか勇気じゃなくて、『サファテ』。」



マ「これね、よく田村とも話すんだけど、ライブにお客さんが5人以上来るならライブしようねって。何で5人以上かって言ったら演奏者より少ないのは寂しいから。でももしそうなったら本当に駅で手売りしなきゃね。」

【音楽の神様から与えられた役割】2017.9.2【福岡】マリンメッセ福岡のMCなどまとめ〜SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"

September 05 [Tue], 2017, 12:50
拾い集めたMCなどのまとめ!!
順不同です。



マ(草野マサムネ)
テ(三輪テツヤ)
田(田村明浩)
ア(ア山龍男)
ク(クジヒロコ)


参戦しました(・∀・)



開演前のアナウンス。
キョードー西日本のスピッツ担当坂本さん(通称ミートくん)より。
2003年の福岡での野外ライブ、「HIGHER GROUND」で豪雨と雷で中止寸前だったけど、なんとか続行。
夜駆けの「西に稲妻光る♪」と共に本当に稲妻が光っていた思い出話など。
「スピッツに一言、言わせてください。30年間スピッツでいてくれてありがとうございます」



マ「こんばんわー!スピッツです!」
突然、3曲目のサビ途中を唐突に弾き語り。
マ「さっき(一番高い音に)届かなかったんで。セットリストの中で一番高いんですけど。ここ届かないとねぇ、あちゃーって感じだよねぇ(苦笑)」
テ「(笑)」

マ「今日は週末のお忙しい中、スピッツのために割いていただいてありがとうございます!こんなにたくさん…よう来んしゃった!よ〜来んしゃった!楽しい夜にするからさ、ついてきてくれ!ていうのをさ、多弁で言うとどげんなるとね?急に言われると難しいね。楽しい夜にするけん、ついてきー?なんかいまいちやね。」
会場「(笑)」
マ「楽しい夜にするけん、ついてきー!!」

マ「ついにマリンメッセでワンマンです。イベントで来たことはあったけど、まさかこんな大勢の前でやるなんて。正直ちゃんとお客さんが来てくれるか不安でした。30周年迎えて博多駅前で4人でチケット手売りしなきゃいけないかな…とか考えてました。子供の頃は漫画家になりたかったので、まさかこうやってステージに立つなんて思ってもなかった。小学3年生ぐらいの時、ピアノの発表会に出たことあるんだけど、袖でガタガタ震えてて。そんな人間がね、不思議ねー。」

マ「どうですか?」
テ「どうですかって言われても。」
マ「ガキの頃。」
テ「ガキの頃?」
マ「こうやってステージに立つようになると思ってた?」
テ「俺?思わなかった!ていうか何にも考えてなかったね、将来のビジョンなんて。」
テ「俺、小学校の卒業文集で、将来なりたいものに『キカイダー』って書いてたもん。」
田「小学6年生でしょ?ピュアな気持ちで書いたの?ウケ狙いで書いたの?」
テ「小学校6年の精一杯狙ったギャグだよ!」
テ「でも書かなきゃよかったなぁ…後悔したわー。この中に小学生いる?卒業文集の将来の夢の欄はね、ちゃんと書くんだぞ!今の世の中、どこから昔の物が出回るか分からないからね!」
マ「後々クローズアップされるかもしれないからね。」

マ「スタンドの方はどうですかー?最近近くは見えないけど、遠くは見えるんで……安心してください。」
マ「見えとーよ。」



マ「楽屋に入ったら博多めんたいこを食べ比べしてくださいていう粋な計らいがあって、20社ぐらいのが食べ比べられるんだけど。ああやって食べると結構味が違うんだよね。どれが一番かってのを言うと回し者だと思われるので、言いませんけど。」
マ「でもさぁ、年齢的にそんなに一度にたくさん魚卵を食べていいものかという…。」
テ「そうだね、(少しずつ)とはいえ結構な量だもんな。」
マ「結構食べたよね。」
テ「大丈夫?歯に魚卵挟まってない?」
マ「大丈夫。そのへんは抜かりない。」



マ「福岡で普通に使ってて、標準語だと思ってたら通じない言葉があって。車がすれ違う事を『離合』って言うんだけど通じないんだよ。じゃあ標準語でどう言うのか聞いたら『すれ違い』って。それ『離合』じゃない!」



マ「こんな緩い感じで話しながら休んでます。」



織田裕二の『Love Somebody』のサビを歌い出すマサムネ。
歌詞が途中であやふやになり、
マ「適当に歌ってます(笑)」
マ「織田裕二さんの曲なんですけど、次の曲と同じところでPV撮ってるんです。帰ったらYouTubeとかで観てください。」



結成30周年の話から
マ「ちょっと肩の痛みが気になるようになった。」

マ「30周年で会いたい人いないか聞かれてさかなクンに会いたいって言ったら、オンラインでやってるラジオに出てくれました。 プロフェッショナルだったね!」
テ「ずっと喋ってた!いい意味で!」
マ「感動したことがあって、さかなクンって俺らより10歳下なんだよね。『俺たちみんな今年で50歳なんですよ』って言ったら『ギョギョ!ギョじゅっ歳!』って(笑)」
テ「絶対、『ご』は『ギョ』っていってたね!」
マ「さかなクンの『ぎょじゅっさい』を引き出せただけでも、俺ら50歳でよかったなって思いました。」
マ「また5年後に会いたいね!」
テ「ギョじょ、ギョ…」
マ「ギョじゅうギョ歳!」
テ「ろくじゅうギョ歳!」



マ「あ、じゃあMCでしたことない話を」
テ「それ大丈夫?」
マ「いや、あの…これだけ長くやってるとね、びっくりするような依頼が来ることがあるんだよね。役者の話とか来るんですよ。えぇ!?俺が!?」
テ「ギョギョ!」
マ「(笑)」
テ「ついに!そっちに行っちゃうのか!」
マ「俺、演技とか絶対無理だから!」
テ「そうだよな、PV観たらわかるよな。演技してるの1つもない。」
マ「でもメンバーだけで寸劇やってみたいなとは思うけどね。どう?」
テ「胃が痛くなってきた!」
マ「でも、一歩間違ったら俺が恋ダンス踊ってたかもよ?」
テ「そうか、そういうことか。」
マ「俺がひよっこのおじさんだったかもよ?何が起こるかわからない!」
テ「やめて!」
マ「…はい。では、そろそろ本業の方に…。」
テ「本業の方にね…。」
次の曲へ。



インディーズ曲を一緒に歌おうのコーナー。
「UFOの見える丘」
オーオー♪の部分をみんなで歌った。



田「田村でーす。この場所で何回も言ってるんだけど、今やった曲ってさ、俺結構入り込んじゃうのよ。」
マ「結構世界観を作り込んだつもりの曲ではあるからね。」
田「だからさ、すごい喋りにくい。」
マ「(笑)」
田「何なら喋りたくない!」
マ「じゃぁ田村の順番後にする?それかクールに『田村です!うっす!』だけ言ってもいいんじゃない?」
田「田村です!うっす!(歩き去ろうとする)」
会場「(拍手)」
戻ってきて
田「今本当にこれでいいみたいだったよね!?」

田「ここさ、いつもスピッツがワンマンやる会場より随分大きいじゃない?初めてスピッツ観た人、どれぐらいいる?」
マ「あー、結構いるね、ありがとうございます!」
田「どう?ゆずとかと比べて。」
マ「俺らは4人だからね。」
田「うん、人数では勝ってるね。」

田「ここでのワンマンは初めてだけど、フェスでは3回やったことあって、2回は覚えてないんだけど、2001年に出た○○(MAJI ROCK FESTIVAL SPECIALの事らしい)……なんだっけ?」
マ「なんだっけ?て誰に聞いてんだっ!」
田「すごく楽しくて、それは覚えてる。ちょうど『隼』が出た頃で、ライブが楽しくなってた時期だったんだよね。」
田「ミッシェルとか出てたんだよ!あと、AIRも出てたし、鬼束ちひろとか。俺、日本のロックも捨てたもんじゃないなって思った。」
マ「ロックのチャートに入ってないバンドのメンバーが『日本のロックも捨てたもんじゃない』って言うのもね(笑)」
田「(笑)でも俺、そういうの好きなんだよ。その方がロックだよね!」
マ「俺もオイシイな、と思った。」
田「俺らひねくれてるから(笑)」
マ「ひねくれジジイです!」

田「ライブが始まる前に坂本くんがさ、肉が好きだから俺らはミートくんって呼んでるんだけど、今日が1002回目のライブって言ってたじゃん?でも信憑性がないの。」
マ「ネットの情報だからね。」
田「1002回目じゃ盛り上がらないから、今日が1000回目にしちゃう?……横アリで1000回って言っちゃったけど(笑)」
田「今日はスピッツ1000回目のライブです!今のところ楽しくやってます!最後までよろしく!田村でした!」




ク「みんな凄いしっかり聞いてるね。『そこ、私語しない!』って言われる人がいない!盛り上がる時は盛り上がって、聞く時は聞くってエライ!」
マ「福岡の子供は体育で立ち上がる時に『やー!』って叫ぶからね。そういう県民性です!」

ク「福岡の人って全体止まれ!1・2・3・4・5で止まるんでしょ?」
マ「3じゃない?」
客席「 5!」
ク「5だって言ってたよ?」
マ「もう忘れたなぁ…。」


ク「みんなで声だしたらどんなぐらいになるのかなと思って。みんなで一斉に『やぁ!』って言ってみようよ。なんか号令かけて?」
マ「えっ…号令?何がいいかな…」
ク「じゃあ『せーの』で!」
マ「え…。」
ク「じゃあ私が言いますね!せーの!」
会場「やあっ!!」
マ「ダチョウ倶楽部かよ。」



テ「俺ねーこないだサッカー日本代表vsオーストラリア観に行ったんだけどさ。」
マ「現地に?凄い!」
テ「そしたらオーストラリアの人たちにすごい友好的に絡まれた。大勢いる日本人の中で、俺に!」
マ「何でかわからないの?」
テ「いや、何でかわかったんだけど、その人たちみんな黄色いジャケットに緑のパンツ履いてるんだよ。俺その日は緑のパンツ履いてたの!」
マ「オーストラリアのサポーターだと思われたのかもね。」
テ「何事も知らないとこうなる。」
マ「卒業文集とかね。」
テ「卒業論文はちゃんと書いた方がいい!あの卒業文集は消したいな〜!」
マ「俺も消したいことある。福岡に帰ってきたから消そうと思って。昔、女の子に書いた手紙とか。」
テ「まだ持ってんの!?」
マ「女の子がまだ持ってたら。渡したものを捨てて欲しいです。」
テ「今日来てるよ。」
マ「燃やせ!燃やせ!」
テ「握りしめてるかもよ。」
マ「元カノきてたら、もうメロメロになるよ(笑)」



ア「福岡の人のソフトバンク愛は凄いねぇ。セブンイレブンに入ったら選手の顔写真が貼ってあったり、バスの運転手さんもユニフォーム着てるし。」
マ「西鉄のバスね。空港もなんだよ。」
ア「もうそろそろ、決まりそうだしね。」
マ「いや、去年のことがありますから。」
マ「ダイエー時代から応援してるから、弱い時は喋るけど、強い時は喋らないようにしてる。」
ア「弱い時、あったねぇ。」
マ「田淵監督時代ね。なんかここだけで話してるみたいになってるね。」

ア「ホークスタウンの近くにZepp福岡ってとこがあって、今はないけど。隣がドームで、俺らがライブの日にソフトバンクと巨人が試合してたことがあって。」
マ「あれは東京じゃなかった?」
ア「福岡だよ。事務所の社長さんが野球を見てたんだよね(笑)」
マ「スピッツではなく(笑)」
ア「そう(笑)終わってからこっちにくるっていう(笑)」

ア「いまZeppの所どうなってるんだろう。」
マ「結構広い更地になってたけど。」
ア「またいつかZepp福岡みたいなところでライブできるといいね。」
マ「そうだね。ここみたいに大きな所もいいけど。……ここ(マリンメッセ)でする話ではなかったね(笑)」



スタンド後方、左、右、アリーナ前方、アリーナ後方とコールアンドレスポンス。
アリーナ後方席が一番見辛いよね…という話をしてから
マ「モニターの上には乗らない派なんですけど。」
とモニターに上り、手を振る。
下りて、手でモニターの汚れを撫でるように払う。



ホークスが順調って話から
マ「でも、えんじ色の服を最近気に入っててよく着てたら楽天がどんどん上に上がってきて…着るのをやめました。」



ニュアンスでこんな感じの事を…
マ「なんかですね、スピッツよりずっとカッコいいじゃんっていうバンドがたくさんいて、でもそんなバンドも色んな事情で続ける事ができなくなってしまうこともある中で、俺らみたいな雑魚キャラが、ずっと続いててもいいのかなって思うこともあって。音楽の神様というのが、いるのかいないのか分かりませんけども、もしいるとしたら、何かの役割を与えられているのかな、と思って。役割を与えて頂けているのなら、この使命を全うしてずっと続けていこうと思います。なので、これからも…生温かく末長く見守っていただいて、それでちょっと思いだした時に聴いて頂けたら嬉しいです。今日は本当にありがとう。」



アンコールの時に
マ「お腹空いたでしょう?」

たむ、はしっこに行ってからコーラスのために急いでマイクに戻ろうとするけど、床に紙吹雪がいっぱい散らばってるから滑らないようにつま先でチョコチョコ戻って来て、少し遅れ気味にマイクを掴んでコーラス参加。

3台くらいカメラが入っていたらしい。収録?!



アンコールの衣装
マ:白地に赤ストライプ、赤字のHAWKSユニフォーム
田:スターゲイザーTシャツ
テ:3050白Tシャツ
ア:ロビンソンTシャツ
ク:3050ペパーミントTシャツ
QLOOKアクセス解析
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もも
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/momoda/index1_0.rdf