初めて尽くし 

2009年07月04日(土) 1時27分
パートでもと・・・ハローワークに行ってきました。
受付でPCの番号カードを貰い一心に検索するのです。
慣れないと条件が絞り込めず仕事が探せないんです・・・トホホ・・・
いくつかよさそうな仕事を見つけてプリントアウト、それを持って登録を行い紹介状を出してもらい
履歴書と職務経歴書と共に郵送して面接・・・
[派遣]の面接にも行って来ましたよ![派遣]なんて初めてなので一般常識のテストやったらどうしよう!
思わず派遣の面接や試験を調べてみちゃいました。
実際は適性検査とグループ面談。
グループ面談も初めて・・・何もかも始めての経験で・・・いい年して恥ずかしいね!
結果は・・・・・

花梨獲得 

2009年05月21日(木) 15時53分
昨年の11月近所の公園に黄色い実がたわわに実った木がありました
「みかん」ではないのです・・・???「梨」でもないのです・・・?
通るたびに「何の実?」と不思議に思っていました。
母も何の実か分からなかったようで・・・、(なんたって東京育ちですから!)
父はなんなく「かりんだよ!」だって。因みに父は秩父の山育ちで詳しいんです!
山菜や木の実、木の種類など嬉々として語ります。
「何だ〜、知っていたら早く言ってよ・・・。」と母。
「花梨」って洋ナシのような形していない・・・?でもそれは梨のように丸いのです。

 花梨と分かった母は早速「かりん酒漬けよう」と父をそそのかし、花梨獲得に早速出かけて行きました。
低い位置の花梨はすでに「かりん」と認識した人たちに採られてしまったようで、数個の花梨を持ち帰った母は
不満げです。
そして、翌日再び友人と「かりん」獲得に出かけた母!かりん酒に必要な数を獲得してきました。
ご立派!

そのかりん酒の試飲会が開かれたのですが、香りはすごくいのです。
「味」は渋いのです。すごく!!でもさっぱりして美味しいんですよ。
はははちょとがっかり・・・

再びやみつき 

2009年05月21日(木) 15時23分
4月からマンマミアに始まってスラムドッグミリオネアまで計7本ほどの映画観ました
久しく映画も観ない引きこもり生活を送っていましたが、観始めるとやはり面白い!!

初めて新宿のバルト9は座席の前に荷物掛けがあってゆっくり映画を楽しめました

「マンマミア」のメリルストリープはすごい!
演技や歌唱力もさることながら「スッピン?」でも魅力的なんですよね
観ているうちに体の中から元気になる映画でした!
再び映画の止みつきになってしました。

ブラピの「ベンジャミンバトン数奇な人生」やっぱりブラッドピットはかっこいいね

アンジェリーナ・ジョリー「チェンジリング」予告編ではあまり期待できなかったのですが
今回観た映画では1番かも!

デヴ・パテル「スラムドッグ$ミリオネア」内容より強烈なエネルギーを感じる映画でした。
「マンマミア」以上のエネルギー・・・アカデミー賞もその結果かな・・・
最後のお決まり?踊るマハラジャ???にあっけに取られた私です(笑)

お久しぶり 

2009年05月21日(木) 14時17分
あ〜3年も寝かせてしまいました。
お久しぶりのブログです。
むらっ気な私・・・反省です。

もももチョット年を取り、父の可愛子ちゃんから・・・
70のばあさんだって・・・いたわりの心境でしょうか
そういえばそのももこが店長のshopができたんです
天然素材の木を使った小物のお店です
店名はForest_cat!

shopアドレス  http://store.shopping.yahoo.co.jp/forest-cat/

映画好き 

2006年03月29日(水) 20時05分
母は映画大好き人間です。
毎週末には6本のビデオを借りて観ていました。
私は布団に入りながらその映画から目を離せなくなってしまったのです。
眠いのに観たいい!むむむ!!!
毎週末眠い目を凝らしながら必死に観ているのでうす。
 母の好みは「メロドラマ」む〜!
小学4年生の私にはどこがいいのか分からない!!
しかし、私の人生観には大いに影響を及ぼしました。
なぜって?
自分の思っていることを素直に言わないのはなぜ!
あの通りをすれ違っているのはなぜ?私には不思議でならなかったのです。
非常に現実主義者になってしまった私は、母のあのメロドラマのせいかも知れない!!
ドラマであれ、あんな人生は絶対送らない!と、10歳の私は自分に誓ったのです。
必ず自分に正直に生きようて!!


「プロデューサーズ」の試写会に行きました。 

2006年03月29日(水) 0時28分
試写会会場に着いたのが6時10分。会場への入り口はまだ列を成していた。
昨年の夏らか毎月1本のペースで試写会に行っている私。九段会館の試写は今回で3回目。
会場はほぼ満員の状態。通常2階席の真ん中に陣取ることの出来るのに今回は3階席の真ん中にやっと席を見つけることが出来た。
今回の試写は大盛況とことか?
 初めはミュージカルに慣れていないせいか不自然な感じがあったが、慣れてくると映画と舞台を重複して観ている感じが不思議
と一体感をなし、大声で笑っていた。
 2時間10分?の上映時間を感じさせない、久しぶりに楽しい映画でした。
 「キル・ビル」のユマ・サーマンがミュージカル?てびっくり!!でもよかったです。
「マシュー・ブロデリック」がミュージカル俳優にもびっくり!!線の細お坊ちゃんタイプの彼がミュージカル?とびっくり
でもなかなか面白いキャラでした。


監督 : スーザン・ストローマン

出演 : ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン
     ゲイリー・ビーチ、ウィル・フェレル

「オリバー・ツイスト」の試写会に行きました。 

2006年01月26日(木) 21時53分
 「オリバー・ツイスト」の試写会会場に着いたのが上映5分前、会場はほぼ満員の状態。
前から4列目の右側、見るには非常に不都合。
なぜって画面全体が見えないのだ!
カメラが移動するスピードに目が付いていけず、軽いめまいを感じた。
これは、劇場の環境が悪いのか、私の視力が悪いのか…?
しかしぎりぎりの到着とあってはどうしようもないが!
上映すぐに前列に背の高いカップルが陣取っては、最悪としか言いようがない。
字幕も私が頭を左右に振って見るしかなく、なんとも今回の試写は不都合なことこの上なかった。

 上映時間130分は長くは感じなかったものの、いまひとつピンとこないものだった。
以前観た、マークレスターの「オリバー」の印象が強く残っている私には、試写の2日前にwowowで放映していた「オリバー」を見逃したのが悔やまれた。
 「オリバー」はこんなストーリーだったっけ?と自分の無知を棚に上げなんともそこに固執してしまったからだ。
 また、救貧院での夕食の席でどう見ても演技者以外の食器に食事が盛られていないのが気になったり、オリバーを取り囲む周りの人物の個性がはっきりしなかったりが気になってしまい、映画に没頭できなかった。

 主演のバーニー・クラークはなかなかの演技者だったが、マークレスターの「オリバー」の脇役俳優が個性的だったのが印象に強く
残っている私には今回の脇役俳優が何となく物足りない感じがしてならなかった。


監督:ロマン・ポランスキー
製作:ロベール・ベンムッサ
   アラン・サルド
脚本:ロナルド・ハーウッド
撮影監督:パヴェル・エデルマン
衣装デザイナー:アンナ・シェパード
プロダクション・デザイナー:アラン・スタルスキ
編集:エルヴェ・ド・ルーズ
音楽:レイチェル・ポートマン

キャスト
バーニー・クラーク(オリバー・ツイスト)
サー・ベン・キングスレー(フェイギン)
ハリー・イーデン(アートフル・ドジャー)
ジェイミー・フォアマン(ビル・サイクス)
エドワード・ハードウィック(ブラウンロー氏)
マーク・ストロング(トビー・クラキット)
リアン・ロウ(ナンシー)

今のお気に入り! 

2005年11月25日(金) 9時55分
近頃午前11時頃になるとやたらお腹がすく。
この時間に食べたくなるのはインスタントラーメン。
無性に食べたい!
さすがに毎回同じ味のラーメンに飽きてしまい、キムチを入れてみた。
韓国のインスタントラーメン「真ラーメン」が好きなのと味の変化が欲しかったから。
これが実に美味しい。「真ラーメンより数段うまい!」
この頃は、インスタントラーメンにキムチを入れて食べる「キムチラーメン」
私は「しょうゆ味」のラーメンに入れるが、友人は「みそ味がお勧め」とのたまう。
そういえば、ちげ鍋は味噌だったっけ?
次回は「みそ味にチャレンジしようかな?

MUSA −武士−素敵! 

2005年10月28日(金) 9時57分
何度か観たいと思っていた「MUSA −武士−」やっと見ることができた。

監督 / 脚本:キム・ソンス 製作:チャ・スンジェ
撮影:キム・ヒョング 美術:フォ・ティンシャオ
音楽: 鷺巣詩郎
出演: チョン・ウソン、チュ・ジンモ、アン・ソンギ、チャン・ツィイー
2001年 / 韓国・中国

「チョン・ウソン」がかっこいい!!友人に教えたら「ん〜!私あの手の男好き!」だて。
大感激!していた。
今上映中の『私の頭の中の消しゴム』を見に行く約束までしてしまった。
映画は「ただ観!」の私としてはなかなかないこと!

原作はテレビドラマ「Pure Soul 〜君が僕を忘れても〜」
主演:永作博美・緒形直人
2001年読売テレビ制作とか。

「ムム!」残念ながら日本のドラマより韓国映画のほうが数段いいわ!
HPも素敵なのが見つかったので友人にも紹介。

原案者 木村元子さんのblog   http://blog.duogate.jp/keshigomu/
STORY MOVIE          http://www.keshigomu.jp/index2.html
映画 『私の頭の中の消しゴム』 特集 ・ミュージックビデオ映像
             http://movie.goo.ne.jp/special/keshigomu/movie.html

「IN HER SHOES]観ました。 

2005年10月21日(金) 13時27分
「IN HER SHOES]の試写会に行きました。

監督 : カーティス・ハンソン
出演 : キャメロン・ディアス
     トニ・コレット
     シャーリー・マクレーン
     マーク・フォイアスタイン

 上映中、行儀の悪い高校生風の携帯は鳴るは!、OLらしき携帯バイブは響くは!。『携帯は切るのが常識でしょう!』
さらに、後ろの席のおばさんはクローゼットにギッシリ並ぶ靴を見て(まるでイメルダ婦人のクローゼットの様)「あら!」と。思わぬ展開になると「あら!」の連発。『我が家でTVを見てるんじゃないんだから!相槌はうたないで!』
横で見ていた友人もさすがに「注意しようかと思った!」とのこと。
とどめは震度4ほどもありそうな「地震!」会場は騒然!友人は「ここであんたと死ぬかと思った!」だって。そんな簡単に死にませんよ!

 キュートでセクシーなキャメロン・ディアスと堅物の姉トニ・コレットの姉妹愛。
こんな絆の強い兄妹関係じゃないから…ね!
 ふと、友人が「うちの姉ね。たった4人の姉妹なんだから。が口癖なの。笑っちゃうよね!4人もいれば十分!」を思い出した。長女てそんなものかな…?

 「ま!」いろんなハプニングの試写会でしたが、笑いあり、涙ありの後味のいい映画でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momoakubi2005
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる