石神井公園 パークロード 中華と洋食 辰巳軒

January 24 [Tue], 2017, 0:00
石神井公園 パークロード 中華と洋食 辰巳軒
 ポークソテーを求めて、やはり忘れてはならない、巨匠や有名どころを訪ね歩いてます。石神井公園駅南口から石神井池へと向かう商店街=公園通り(パークロード)沿いにある、大衆食堂の巨人=創業78年、辰巳軒。その先には、もうひとつのツートップ、ほかり食堂も見えます。

* 練馬区石神井町3−17−20 木曜定休
11:00〜22:00
 ポークソティー(上)(単品) : 1300円(税込)
☆☆☆☆  絶品也!

 さすが、これぞ王者の風格、、、見紛うことなき洋食の王道、ポークチャップであります。こちらは古びた町の食堂。ハムカツ、目玉焼き、オムライス、チャーハン、野菜スープ、あじフライ、ナポリタン、天津飯。さながら大人のお子様ランチよろしく、際限のない揚げ物の盛り合わせがセットものとしてメニューに並びます。

 ポークソテー並で1100円。ライスは別でプラス200円。上ポークは、分厚さ1.5センチ弱。肉質も良く食べ出があります。付け合わせには、ぐうウマなポテトサラダ、キャベツ、レタス、キュウリにマヨネーズ添え。皮剥いたトマト、うさぎにむかれた林檎も付いて素敵です。ケチャップとウスターソース等を甘めに調整し上手に合わせたソースですがニュアンスは上品なポークチヤップ。


CP=100 味=85

築地フレンチ メゾン・ミッシェル

January 23 [Mon], 2017, 0:00
築地フレンチ メゾン・ミッシェル
2016年4月オープンした新店

 入船橋渡ってすぐのところ、新大橋通沿いに昨年春にオープンした、若きシェフによるフレンチの新店。大通りに面した雑居ビル二階です。

 平日限定ランチプレート(1500円)が決め打ちで選べないかわり、デセールなしではありますがCP良しです。メゾンコースは前菜が決め打ち、メインは肉か魚か選択可能でデセール付き。プリフィックスコース(3500円)から本領発揮でしょうか、前菜、メイン、デザートが黒板表記された、その日のおススメを選べますが、それなりに選ぶ素材に因り値段は追加されます。

* 中央区入船3−1−13 センタービレッジ2階 
月曜&第4火曜定休
11:45〜13:15(ランチ)
18:00〜21:00
 前菜 : 寒ブリのマリネ、ルッコラサラダ。
☆☆☆

 築地市場が近いので魚介がウリ、寒ブリは旬でしょう。パンは自家製、これが美味。ランチプレートのパンとは質が違いました。サラダはルッコラと謳われていましたが、より苦味が強めなセルバチコと細かな葉っぱのアネット(ディル)でしょうね。三浦野菜の鮮度よしです。
 メイン : 豚肉の香ばしいグリル
☆☆☆☆
 
 国産ではなくカナダ産の豚ロース使用でしたが、ボリュームもあり、かなり旨味もあって美味しいです。なによりマスタード系ソースがバツグンです。網跡が付くのでグリルみたいです。野菜の数々も調理も、素材もバツグンです。
 バニラのパンナコッタ : ☆☆☆

 ル・パルフェ?テリーヌ・ガラスジャーでしょうか、洒落たガラス容器、パンナコッタに、ベリーのソースが乗ってます。食後はエスプレッソ。

* 補完 :
こちらの本領は、やはりディナーではないでしょうか。
手軽にランチなら入船橋南詰にある銀座キャピタルホテル別館・アイリスが
新装して、サラダ&ドリンクバー付きで日替わりフレンチがCP良しです。

デリー 銀座店

January 22 [Sun], 2017, 0:00
デリー 銀座店
 日式インドカレーの老舗、デリー。上野本店が有名ですが、2015年にリニューアルした銀座店、六本木ミッドタウン店の3店舗が直営となります。銀座店は数寄屋通りを抜けて山手線方向へと曲がったところにある商業ビル3階です。

* 中央区銀座6−3−11 西銀座ビル三階 無休
11:30〜21:30
 マンスリーカレー(1月) : 1100円(税込)
☆☆☆☆ プレミアム サグパニール(サフランライス別注で)

 デリーと言えども、各店で、メニューも少しづつ異なり、味も雰囲気も、上野と銀座では違うし、新川店はもっと違います。 : 上野店にはない、サフランライスを別注しますと、プラス110円ですが、硬めに炊かれた抜群なバスマティライスが喰えますので裏ワザとして知っておくと満足度が倍加します。こちらはターメリックではなく本物のサフランだけ使用、たぶんバターっぽさも加味して極ウマです。

 月替わりの1月メニューは、好物な、サグパニール。ほうれん草カレーにチーズが入ったヤツです。チキンカレーベースで辛さはデリーレベルからすると甘目、インドのチーズ(パニール)が入って、ほうれん草が完全なピューレ状ではなく形が分かるぐらいに煮込まれて入ってます。


CP=100 味=80

笹塚 オーペシェグルマン

January 21 [Sat], 2017, 0:00
笹塚 オーペシェグルマン
 笹塚駅から甲州街道へと出て渡り、新宿方面へと道沿いに歩き、中野通りを超えた先にある、女性シェフのイカしたフレンチ オーペシェ・グルマンさん。日曜日限定のお得なランチタイムに再び訪問。

* 渋谷区幡ヶ谷2−24−2 木曜&第3水定休
18:00〜23:00(月〜土曜)
12:00〜16:00(日曜のみランチ営業)
18:00〜22:00(日曜日)
イワシのマリネ : 300円
 キャロットラぺが甘くって美味しい。

 前菜は紫大根のポタージュ : 少々辛みがある大根、擦った感じでピンク色しています。
 静岡産・美桜鶏もも肉コンフィ&サラダ仕立 : 1600円
☆☆☆★

 目にも鮮やかな盛り付け、、、メインはコンフィ、ビストロの定番、鶏肉のオイル煮。ワンプレートランチで、サラダ仕立て、赤カブなど新鮮な野菜も盛りだくさんで、骨離れの良いホロホロ〜になるまで柔らかな鶏肉と野菜のシャキシャキ感の対比が面白い。クスクスとリエットのジュレ添えなどアミューズ2種盛り合わせ付き。
 プチデザート=フロマージュブラン : 300円
☆☆☆★

 なかなか濃厚、トッピングは洋ナシの赤ワイン煮コンポート。

市ヶ谷・麹町郵便局隣 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン市ヶ谷店

January 20 [Fri], 2017, 0:00
市ヶ谷・麹町郵便局隣 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン市ヶ谷店
 ある意味、やったもん勝ちという、摩訶不思議なイタリアン風ラーメン、黄金の塩らぁ麺こと、ドゥエイタリアン市ヶ谷店。市ヶ谷駅から靖国通り歩き、麹町郵便局隣り、一口坂上の角を曲がる手前にある。青葉台店はオープンするも汐留店は閉店し、昼間に訪れても、以前は凄かった店先の行列は消えてました。

 オーナーシェフの石塚さんは元イタリアンシェフで事業撤退後、あの佐野実さんの門を叩き、以後、創作ラーメンを模索展開する経緯に至る。ドゥエとは意味合いとして”第二の人生”としての含みを持たせているんでしょう。2009年からは、こちら市ヶ谷で営業、近年は連続してミシュランガイドでビブグルマンに認定される。石塚さんは10数年前、下高井戸で、らーめん道・葉月という(当時としては)冴えない支店を営んでおりました。今となっては、なんだか懐かしい思い出です。

* 千代田区九段南4−5−11 無休
11:00〜15:30
17:00〜21:30(土日は通し営業)
 らぁ麺フロマージュ : 980円(税込)
☆☆☆★

 生ハム添えもあるなか、クリームチーズとラーメン、この組み合わせが、ほんとうに好いのかわからない(笑)。イタリアンっぽい店内の設え、オーダーの口調もイタリア語、水もグリーンボトルで出されるも炭酸水ではない。ゴルゴンゾーラ入りクリームチーズがどっさりと麺に掛かっている。

 濃厚なチーズはスープに溶け込ませず、まずは麺だけに絡めて味わえと、、但し書きにある。北海道産小麦=春よ恋を使用した細麺を味わったのち、水菜と発芽玄米が別皿にて提供され、それらを残ったスープに入れて雑炊(リゾット?ではない)風に味わう。幸せの黄色い胡椒っていう調味料が卓上に用意されているがこれはオリジナルらしく、柑橘系プラス胡椒で、こちらのラーメンやリゾットには味変として活用すると、よく合う。濃い味とビジュアル演出に騙される系で、アブラ多めにして、スープの塩分濃度も、かなり高め過ぎる。


CP=90 味=85
 

京橋築地小学校前 割烹 らく万

January 19 [Thu], 2017, 0:00
京橋築地小学校前 割烹 らく万
〜築地で憩う、あら煮と赤飯

  築地駅から市場とは逆方向、”つきぢ 田村”がある通り沿い、区立京橋築地小学校前にあるのが、らく万さん。今は自社ビルの一階に、悠々自適、こじんまりと収まっていますが、その昔は粋な黒塀ってやつで、創業90余年にならんとする料亭でした。現在は親子で営む家庭的な大衆割烹です。地元の方々が時折訪れるであろう、こういったシブい、通好みのお店もあって築地もほんとうに懐が深い。

* 中央区築地2−12−15 土日祝休
11:30〜14:00(ランチ)
17:30〜21:30
 ひょうたん弁当(赤飯) : 1000円(税込)
☆☆☆★

 ときたま赤飯が無性に喰いたくなることってありませんか?そんな折に、ここでの定番は、弁当でしょう。赤飯は自家製で、こちらで炊いてます。さいきん、”ささげ”ではなく小豆で炊いたニセ赤飯も多いので、こういう温かいまま頂けるのは希少です。また、こちらでの名物と言えばファンも多いであろう、煮魚の甘たるいバージョンである=あら煮定食でしょう。

 弁当には野菜煮物ほか、玉子焼き、カボチャの煮付け、あら煮、ポテトサラダなどが詰めてあります。味噌椀は赤出汁。赤飯のほか白米だけ、紅白なんていうのも注文可能です。なお刺身定食(3点盛り)を赤飯にすることも、プラス300円で可能です。浅漬け=旨い。酢のものは生姜ベースで個性的ですが、これもウマい。赤飯は多めでお腹にもたれるので、女性客は軽めコールが吉です。


CP=90 味=85
補完 : 豚ソテー定食は、ポークチャップ風ですが肉はバラ肉で、
薄っぺらいやつです。

市ヶ谷・東郷通り入る 九段 割烹 うお多

January 18 [Wed], 2017, 0:00
市ヶ谷・東郷通り入る 九段 割烹 うお多
 市ヶ谷駅から靖国通りを上がって、東郷通りを入ってすぐのところにある、割烹 うお多(魚多)。創業30年以上となる老舗、お魚系の大衆割烹。二階もあって結構な広さのように思えますが、お昼時は客が大挙押し寄せ、相席やカウンターのため、狭くって落ち着かないからという感想は誰しもが抱くでしょう。ランチ時は提供ペースも速いため、ササッと喰ってサッと出るタイプの店です。

* 千代田区九段南4−6−6 日・祝休
11:30〜15:00(ランチ)
17:00〜22:00(月〜金)
  穴子丼定食(限定) : 1200円(税込)
☆☆☆
 
 こちらでは注文コールのうち8割が定番となっている、”中おち丼(750円)”ですね。穴子丼は提供が限定数で興味がかきたてられますが実際のところ、値が張るため注文するひとは意外と少ない。

 申し訳程度に玉子焼きが乗って、炊き立てアツアツなままの穴子煮付けが1尾分、ツユだくで鎮座して重箱に入ってきます。穴子の身もホロホロ〜っと柔らかなのですが、ご飯もツユだくでべちゃべちゃ状態、いささか興ざめしますが味的には、まぁ美味しいです。小鉢(マカロニサラダ)、お新香(京みぶな漬)。味噌汁から、あさり汁へのチェンジはプラス200円ですが満足感が増します。


CP=85 味=80
補完メモ : 同じような選択肢なら、靖国通り沿い、手前にある”勤寿司(きんすし)”で酢飯ではありますが穴子丼(900円)のほうがCP高いと思われます。ボリューム等考えると、うお多なら、黙って、中おち丼、ご飯軽めコールでしょう。

築地 洋食ながおか

January 17 [Tue], 2017, 0:00
築地 洋食ながおか
 日比谷線築地駅から聖ルカ通りを歩き、路地へと入ったところにある、洋食ながおか。勝手知ったる地元民御用達のこじんまりとした良店。

* 中央区築地3−4−6 日・祝休
11:30〜15:00(平日ランチメニュー)
17:00〜20:30(平日グランドメニュー)
11:30〜15:00(土曜)
 ポークソテーライス : 1350円(税込)
☆☆☆

 平日のお昼はランチメニューのみで土曜日にはグランドメニューが食べられる。従ってナポリタンやポークソテーは土曜昼間が狙い目。とはいうものの、こちらではウマさの軍配は生姜焼き(ヂンジャーライス)”が定番にして王道。ポークソテーはあくまで下位メニューに甘んじている。

 ケチャップがちょこんと付いては居るがポークチヤップに非ず、、、もとから味噌漬けとか塩こうじ漬け焼きとか、あらかじめ味が付いてるかのように思えるほどに下味付いて濃い味な豚ロース、フライパンで蒸し焼きしたテイスト。ボリュームも適度にあり、肉質の柔らかさはあります。


CP=85 味=80

桜台駅南口 うどん屋 どん伝

January 16 [Mon], 2017, 0:00
桜台駅南口 うどん屋 どん伝
 比較的賑やかな桜台駅北口と違って、あまり目ぼしい店が無い南口駅前の裏通りに、12月にオープンしたばかり、うどん屋 どん伝。脱サラして開業したという製麺機による機械打ち、うどん屋さん。

* 練馬区桜台1−4−2 日休
朝7:00〜15:00(月〜金)
11:00〜15:00(土)
18:00〜21:00(金)
 かけうどん : 450円(税込)
☆☆☆

 まぁ、どうってことない普通レベルだけれども、立ち喰い駅スタンドよりはウマイ。でも冷凍うどんは超えない域。客足鑑みながら打ち立て、茹で立てを心掛けているというので鮮度はよいし、適度なコシある麺、ツユは関東風ではなく塩分を絞ってあるのでちょうどいい。接客も真心が感じられる。桜台には無かった使い勝手良さげな、うどん店の登場は久松湯の行き帰りに使える。

CP=100 味=80
メモ : 朝7:00〜10:00朝メニューは稲荷=60円、
うどん自体は小玉ながら、かけ=280円、月見&きつね=320円とイイ感じ。

新富町・築地 レストラン ヤナギ

January 15 [Sun], 2017, 0:00
新富町・築地 レストラン ヤナギ
牡蠣食べシリーズ 第67話

 築地というより、新富町駅から至近。築地橋から続く大通り下って住宅街へと裏道入ったところにある、小柳さんちの一階が食堂になっている”レストラン ヤナギ”さん。はじめは茅場町で、”キッチン柳”として50年近く営業するも2008年、いったん閉店。復活を望む声多いなか、翌年、自宅で再オープンして今に至る。家族経営で手作り感溢れた和みスペースである。喫煙可能空間なので、その点は要注意。

* 中央区築地2−1−12  日・祝休
11:30〜14:00(平日ランチ&土曜昼のみ)
17:00〜21:00
 カキフライ : 950円(税込)
☆☆☆★ 11月~2月季節限定

 内容的には洋食屋というより”キッチン南海風”、揚げ物主体の定食屋。粗目に振るったパン粉で揚げ過ぎな感がある焦げ焦げバリバリな外観、しかし、中身の牡蠣身は海のウマミを封じ込め美味しさバクハツ。広島産Lサイズ4ケ仕様。値段からすると奇跡的な一品で、しかしタルタルソースではなくマヨネーズである。これはこれでアリ。牡蠣フライは単品でもライス付きでも同額。

メモ : 築地を知るものなら、牡蠣フライは、やはり、”ふじむらに軍配"と書いておこう。


CP=100 味=80
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメントありがとう!
アイコン画像桃猫
» 十条銀座商店街 うなぎ 和孝 (2017年01月14日)
アイコン画像keiむさしの
» 十条銀座商店街 うなぎ 和孝 (2017年01月14日)
アイコン画像桃猫
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2017年01月03日)
アイコン画像みちのく
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2017年01月02日)
アイコン画像桃猫
» 梅ヶ丘 フレンチ HK アッシュカー (2017年01月02日)
アイコン画像つちころり
» 梅ヶ丘 フレンチ HK アッシュカー (2017年01月02日)
アイコン画像桃猫
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2016年12月31日)
アイコン画像グヤ
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2016年12月31日)
アイコン画像桃猫
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2016年12月31日)
アイコン画像つちころり
» 上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵 (2016年12月31日)
ブログランキング・にほんブログ村へ
監修者
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桃猫
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月25日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉-都内近郊日帰り温泉&銭湯
    ・グルメ-うどん・うなぎ・とんかつ
読者になる
ヤプログ!PR
カテゴリー&ジャンル
http://yaplog.jp/momo-kimock/index1_0.rdf

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索