新富町 沖縄居酒屋 仲宮里

July 20 [Thu], 2017, 0:00
新富町 沖縄居酒屋 仲宮里
〜沖縄そばがワンコインで!

 新富町駅からだと躍金楼がある通りのいちばん奥、更科丸屋さん手前に位置した仲宮里(なかみやざと)。開業は2002年8月、昼は沖縄食堂、夜は居酒屋稼業。定食各種あり、近隣からのランチ難民の受け皿として賑わう。なにしろ沖縄そばがワンコインで、しかも注文と同時ぐらいに、すぐに提供されるという有り難いお店。相席となるテーブル席と奥には小上がりの座敷もあり。

* 中央区新富1−11−3 日祝休
11:30〜14:00(ランチ)
17:30〜22:30
 沖縄そば(単品) : 500円(税込)
☆☆☆☆

 提供時に端っから紅ショウガ入りなのが味的ニュアンスで気になるところですが、スープは節粉でしょうか、かつお風味も良く効いて、しかも濃い味仕様。麺もウマい。かまぼこ2枚、分厚いラフテーが入って、このお値段なら正直、都内最強の呼び声もあり。

* 沖縄そば :
CP=100 味=90

新富町 フレンチレストラン プレニチュード

July 19 [Wed], 2017, 0:00
新富町 フレンチレストラン プレニチュード
2016年末にオープンしたばかりの新鋭

 新富町駅から築地橋を渡って、最奥に煉瓦亭や青葉がある小路を歩いていくと、ちょうど中間点ぐらい、足袋・大野屋総本店の斜め前に、昨年末オープンしたばかりだというフレンチレストラン プレニチュードがあります。雰囲気が良さげだったので前情報なしに飛び込んでみました。伺えば、神楽坂・本多横丁入り口の人気店”ルグドゥノム・ブション・リヨネ”で料理長を務めた方がオーナーシェフとして独立された店とのこと。落ち着いたエレガントな店内、サービスは若さ溢れたフレンドリーなお店です。

* 中央区新富1−6−11 日・祝休
11:30〜13:00(ランチ)
18:00〜21:00
 ビジネスランチ(平日限定) : 2041円(税込)
☆☆☆★ 消費税&サービス料5%

 基本ランチコースは、アミューズ・ブーシュ、前菜、スープ、メイン、デザート&カフェで4300円です。平日限定でクイックランチとして、有機野菜のサラダ、メイン、プチデザートとカフェがお試しコースとして設けらえています。

 パンは、東陽町にあります=エクラデジュールパティスリーのバゲット。サラダの野菜は能登の有機野菜だそうで、ミミガーを入れたパンケーキ(大根餅風)が付け合わせられていました。
 メイン : 魚はイサキポワレでラタトゥイユ添え。選んだ肉メニューはシェフの故郷である岡山県産。美星豚ロース(熟成肉)のロティで、ピクルスっぽい酸味を利かせたソースシャルキティエール。プチデザートにはマドレーヌほか、ハチミツのアイス。エスプレッソも美味しい。

* 平日ランチ : 
CP=90 味=85
メモ : 志向性が自然派なので厳選された有機無農薬素材にコダワリ、
味付け的には、濃厚よりも、柔らか、あっさり目です。

幡ヶ谷ゴールデンセンター 龍口酒家本店

July 18 [Tue], 2017, 0:00
幡ヶ谷ゴールデンセンター 龍口酒家本店
 幡ヶ谷駅直結となる、地下にあって昭和な匂いがプンプンする飲食店街=ゴールデンセンタービル内、マクドナルドの隣に位置した、中華 龍口酒家。皇膳料理という薬膳を得意とする日本人オーナーシェフが鍋を振るう。ディナーは予算に応じて見繕ってくれる、お昼時はカジュアルだが、ディナーメニューまで含めると、いわゆる日式中華とは違って、本格中華を換骨奪胎したオリジナル性あり。

* 渋谷区幡ヶ谷1−3−1 地下一階 月曜定休
11:30〜14:15(ランチ)
17:30〜21:40
 冷し醤油タレ野菜のせ麺 : 980円(税込)
☆☆☆

 こちらのウリはクロレラが練り込んである翡翠麺を使った和え麺=里麺(リーメン)が定番。夏場は食欲も落ちるが、そういうときは、こちらで数種ある麺類が食べたくなる。日替わりメニューが小皿で付いてきます。麻辣マーボー豆腐、干豆腐とゴボウ煮、八宝湯(薬膳スープ)、ザーサイ、アイスジャスミンティー、杏仁豆腐付き。全体的にあっさり目、美味しい。


CP=90 味=80
シェフがフロアまで巡回していて細かなところまで目配りしている。
サービスもよく、料理含め、庶民派的スタンスでありながらも要所要所は、
この店独自の方向性で打ち出している。

幡ヶ谷 7号通り 三勇鮨

July 17 [Mon], 2017, 0:00
幡ヶ谷 7号通り 三勇鮨
 幡ヶ谷駅から甲州街道を渡って、水道道路へと歩き、幡ヶ谷三丁目信号先から小道入ったところに暖簾を構えた、開業48年、ご夫婦で営む、気さくな、まちばのお寿司屋さん。幡ヶ谷駅前にある6号通り商店街が今では賑わっていますが、かつては、このあたりが7号通りとして商店街も形成されていて賑わっていたそうなのです。

* 渋谷区幡ヶ谷3−21−3 水曜定休
11:00〜13:30(ランチメニューあり)
17:00〜21:00
 ランチ・竹ちらし : 1100円(税込)
☆☆☆

 昼・夜で鮨タネは同じなので、ランチはかなりお得かと思われます。松は750円。推奨は1.5人前の竹ランチ。メバチ(赤身・中トロ)、海老、煮タコ、煮椎茸、かんぴょう、かまぼこ、煮穴子、いか、タイラ貝、こはだ、明太子、きゅうり、玉子焼き。味噌椀付きます。程よい酢飯の分量に、手もみ海苔敷いて、刺身の切り付け方は大振りで食べ応えあります。


CP=90 味=80
メモ : ご近所さんに愛されたお寿司屋さん。
ネタケースに豊富なラインナップ。

新宿西口 ル・クープ・シュー

July 16 [Sun], 2017, 0:00
新宿西口 ル・クープ・シュー
 まちの新陳代謝、移り変わりが早い西新宿界隈で大資本系でなくとも長らく生き残るのは容易ではない。新宿駅西口界隈、ヨドバシカメラビル群の裏手にあたり、甲州街道側に広がる飲食店街の一角にある、ビストロ、ル・クープ・シュー。1977年開業という知られざる老舗店のひとつに数えられる。なお小田急ハルク裏手にあった人気の姉妹店(ギャラリー・クープシュー)も2016年春、ついに閉店となった。

* 新宿区西新宿1−15−7 一階と地階 
第3月曜定休日
11:30〜14:00(日・祭関係なくランチ)
17:30〜22:00
メモ : 入り口は店正面ではなく右手通路奥から入る。
 クイックランチ : 1260円(税込)
☆☆☆★

 フルランチは、前菜、スープにメイン(魚か肉)、パン、デザートにコーヒ付き(1700円)。クイックはスープは除かれる。サーモンを使ったブランダード風とサラダ。スズキのソテー、アンチョビソース。ココナッツミルク風味、フロマージュブラン。ランチメニューは、ほぼ固定。


CP=90 味=80
メモ : 家庭的なサービス、座席やスペースが激セマ

三軒茶屋 ぱんやのパングワン

July 15 [Sat], 2017, 0:00
三軒茶屋 ぱんやのパングワン
 三軒茶屋駅から246沿いへと出て、コメダ珈琲がある角の小路を入って行った住宅街の一角にあるのが、ぱんやのパングワン。古くは青山で牛乳屋として明治43年開業したのち、大正14年パン屋・精養堂として世田谷へ移って営業を続け、2013年、現在の形態に生まれ変わってリニューアルされました。店頭販売のほか、店奥にイートインスペースもあって、パン主体のランチで賑わいます。

* 世田谷区三軒茶屋1−36−15 月&火曜定休
11:00〜15:00(カフェでのランチ)
販売 : 7:30〜19:00
パン&スープセット : 700円(税込)
☆☆☆

 ランチメニューはBLTサンドイッチ、パニーニ、タルト、ライ麦サンドなど、意外と充実しています。食事パン4種盛り合わせに日替わりスープ(豚・野菜・はるさめ等で塩味スープ)それにサラダ。飲み物は、プラス100円。世田谷マダムや子連れで賑わうランチ時ですが、テラスもあって休憩所として、なかなか重宝されています。

*  パン&ランチ :
CP=100 味=80
* 夏場は、かき氷も数種食べられます。
 店主がペンギン好きらしく、ペンギンモチ―フとなったパンやクッキー等が売られています。

長崎ちゃんぽん リンガーハット 西新宿店

July 14 [Fri], 2017, 0:00
長崎ちゃんぽん リンガーハット 西新宿店
 感情電車に乗っかって 駆け出してよ、皿うどん、どんどん行っちゃって。 :  なにがホンモノで、どれもニセモノという話ではない。長崎市内で喰ったことが有ろうが無かろうが、とりあえずリンガーハットが最適解とされる。地方発祥となる郷土食も、普及して全国区にまでなれば、けっして比較するような次元のものではなくなる。ともかくも、手短に、リンガーハットがウマいだろうという結論。それは、まごうことなき真実。日本国産食材仕様、24時間、いつでもスタンバイ、長崎中華街でなくともリンガーハットで中国系スタッフが迎えてくれる。

* 新宿区西新宿1−16−4 無休
24時間営業。
 スナック皿うどん : 490円(税込)
☆☆☆☆

 皿うどんに関しては、揚げたパリパリ極細麺なのか、ちゃんぽん太麺2タイプ。現地(長崎)では具材に高級食材を加えて値段に大幅転嫁されるが、大方は大衆が求むるボリュームの大小である。ちゃんぽんはひとり飯。皿うどんは本来的には、来客用の大皿料理、つまりは卓袱料理に行きつく。しかし、ボリューム少な目も存在する、それが小腹空いた、スナック皿うどんというわけである。


CP=100 味=85
感情電車に乗っかって エビ中のメロディーに乗せて。

南新宿 果実園 リーベル 新宿店

July 13 [Thu], 2017, 0:00
南新宿 果実園 リーベル 新宿店
国内最大級なフルーツパーラー新店!

 150席近い店内、おそらくは東京で一番大きなフルーツパーラー、果実園 リーベル新宿店。ショーケースの中を眺めているだけで目移りすること請け合い、どうにもワクワク感が止まらない。JR新宿駅南口または大江戸線新宿駅からも至近。果実園といえば目黒駅前が本店格で有名ですが、新宿店は2016年夏にオープンしてちょうど1年、日によっては行列する人気店です。

* 渋谷区代々木2−7−7 南新宿277ビル地下一階 無休
朝7:30〜22:30
モーニング、ランチ、アイドルタイムそれぞれにサービス品あり。
メモ : 地下への急階段以外にも右手ビル内に
地下へのエレベーター右手に1基あります。
ベビーカーでも可能。女子率99.9%だが店内広いので男子も潜入可能。
 マンゴーズコット(単品) : 1058円(税込)
☆☆☆☆★

 夏の旬と言えば、、、マンゴーをふんだんに使ったズコット(ドーム型ケーキ)。国産マンゴー仕様だと値段がかなり張りますが、こちらの外国産マンゴーでも十分な甘味とボリュームで大満足。イチゴのズコットは夏でもショーケースに並びますが、季節終わりということで使用されている輸入イチゴは、酸味が強め。狙い目はやはり季節ごとに展開されたズコット。フルーツサンド等もありますが、他店と比べるとイマイチ。


CP=90 味=90
メモ : とにかく広い、メニューが多く迷う。
すべてが食べたくなる。一度にいくつも狙おうと欲張ると
いきおい値段が嵩む。

新宿中村屋 レストラン・カフェ マンナ

July 12 [Wed], 2017, 0:00
新宿中村屋 レストラン・カフェ マンナ
 新宿でカレーと言えば、言わずと知れた中村屋である。新装されて、なおさら使い勝手が良くなった。地下二階はレストラン兼カフェになっており、通し営業なので待ち合わせや、フラッと立ち寄っても、カレー以外なら、ピザ、オムライス、ボルシチ、冷やし中華、ハンバーグ等あり、もちろんデザートだけで気軽に利用できてのんびりできる。

* 新宿区新宿3−26−13 地下2階 不定休
11:00〜22:00
 ナポリターノ : 1296円(税込)
☆☆☆ かなりのB級テイスト!

 以前は、伊府麺(イーフー麺)を紹介しましたが、こちら中村屋ショップでも購入可能な、オリジナル製麺=八鳳麺(卵入り)を使った創作料理=3変化となります。伊府麺は、あっさり味、塩味つゆそば。あんかけ五目焼きそばに麺を転用した鳳糸麺(ホンスー麺)もあります。

 さて、こちらは思うより安直な内容。販売されていますボルシチ風トマトスープを使い八鳳麺を入れ、土鍋でグツグツと煮込んだだけのようなシロモノ。汁だくなのでナポリタンを想像するに、ほぼトマトジュースみたいで水っぽい感じ、やや辛味あり、ごく少量のミートソース風挽肉、水煮のマッシュルーム、アサリの剥き身を乗せただけ。料理として、もう少し工夫があってもイイかな。


CP=80 味=75

新宿三丁目 レストラン はやしや(三平食堂)

July 11 [Tue], 2017, 0:00
新宿三丁目 レストラン はやしや(三平食堂)
 新宿三丁目駅上、スタジオアルタ裏手となる靖国通り沿いに建つ自社ビル、スーパー・三平ストア新宿店、その5階にあるのは、レストラン はやしや。昭和24年、三平食堂として開業。屋号は創業者である平三を逆にもじり、さらに高度成長期に勢いがあった”落語家=林家三平”人気にあやかったもの。新宿一等地に残る昭和の遺風。閑散としてだだっ広い店内の雰囲気は不忍池畔の”北京料理・蓬莱閣”にも似て、地方の観光地に有り勝ちな昭和なドライブインの様相を映し出す。

* 新宿区新宿3−22−12 5階 無休
10:30〜17:00(ランチ)
〜22:15
 ポークソテーと唐揚げ定食 : 960円(税込)
☆☆☆

 ここでは圧倒的にランチ専用メニューが和洋食ともに充実していて、値段もお手頃に抑えられており、飲み物がフリーとなっています。復刻メニューとして掲げられていたのは、昭和のプレートセット(1280円)。ハンバーグ、ポークソテー、海老フライ、サーモンムニエルにカレーライスがワンプレートで供されるもの。ポークソテーは単品扱いだと、2枚仕様となります。

 一方、ランチ時間外でも使えるセットメニューが豊富で、ポークソテーの合わせ技として目玉焼き、唐揚げ、魚フライ、海老フライなどと組み合わせが可能。ポークソテー自体は、厚さ3mm強、かなり薄っぺらいものだが、肉質自体は悪くなく、柔らかな仕上がり。デミグラスソースと言おうか=ご自慢となる”シチューそのもの”が掛けられたようなソースが決め手です。付け合わせには和風な春雨サラダ。黒焦げ気味な唐揚げ(鶏肉は柔らか)、コンソメスープにパンかライスが付きます。


CP=90 味=75
メモ : 新宿サブナードを経由して延々と歩けば、そのまま三平ストア地下売り場まで行ける。雨や暑い時などはいいかもしれない。

2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
コメントありがとう!
アイコン画像シジュウカラ
» ブルー・トパーズ (2017年07月18日)
アイコン画像桃猫
» ブルー・トパーズ (2017年07月17日)
アイコン画像シジュウカラ
» ブルー・トパーズ (2017年07月17日)
アイコン画像桃猫
» 竹橋パレスサイドビル タカサゴ (2017年07月06日)
アイコン画像グヤ
» 竹橋パレスサイドビル タカサゴ (2017年07月06日)
アイコン画像桃猫
» 水道橋 神田三崎町 量平寿司 (2017年06月24日)
アイコン画像つちころり
» 水道橋 神田三崎町 量平寿司 (2017年06月24日)
アイコン画像桃猫
» 反町 上海菜館 (2017年06月10日)
アイコン画像puzz
» 反町 上海菜館 (2017年06月10日)
アイコン画像mariko.mw17
» 浅草千束 小松橋通り 割烹 魚昇 (2017年06月10日)
ブログランキング・にほんブログ村へ
監修者
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桃猫
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月25日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉-都内近郊日帰り温泉&銭湯
    ・グルメ-うどん・うなぎ・とんかつ
読者になる
ヤプログ!PR
カテゴリー&ジャンル
http://yaplog.jp/momo-kimock/index1_0.rdf

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索