石山で藤倉

May 16 [Mon], 2016, 11:15
ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌の黒ずみといったトラブルです。
クレーターを治すには専門知識をもった皮膚科で治療を受けないと解決しませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品で時間をかけて薄くする事ができるのです。


世間ではニキビにヨーグルトはあまり良くはないとされたり、その逆で良いと言われたりしますが、こういった情報の真偽は定かではございません。


実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけてさえいれば、ニキビ予防へと繋がると思うのです。

角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。気になり、つい角栓を指で押しつぶして出しちゃったりすると、それが原因でニキビ跡となってしまいます。

角栓を詰まらせないように、そして、悪化させない為には、きちんとお肌の保湿をすること、毛穴にあまり皮脂が溜まらないようにすることが、大事です。ニキビは一度治ってもまたできやすい肌のトラブルとなっています。

症状が治まったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐ再発をしてしまいます。


繰り返しニキビができないようにするためには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、十分な睡眠を取ることが大切なことだと思います。ニキビがおでこの目立つ場所にできると、何が何でも前髪で隠そうとしてしまいます。

ですが、その様な行為はニキビの悪化を招くことにもなるので、できる限り前髪で隠さずに髪がニキビに触れないように刺激を与えずにいることが大切なのです。

吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改善に取り組む事を推奨します。ニキビのきっかけとしては甘い物や油分の多い食べ物を口に入れることが挙げられます。それらを少しも摂取しないというのは辛いですが、野菜や発酵食品などをふんだんに体に取り入れる事によって消化能力がアップし、体質改革にも繋がります。10代の時、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビが発生していました。



食べ物がてき面に影響するんだ、と体感したものです。それから、年齢を重ねるとともに食べ物にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。

そのせいかニキビもすっかりなくなりました。


ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。
ニキビぐらいで皮膚科の診察を受けるのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科を受診すると早くよくなりますし、ニキビ跡も目立ちにくいです。それに、自分で薬局などでニキビ治療薬を買うよりも安価で済みます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉緒
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/molelidlihl0ni/index1_0.rdf