鈴木悠介は日本体育大学出身

June 05 [Thu], 2014, 16:49
保険業法(改正1995年)によって保険を取り扱う企業は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社のどちらかに分類され、これらは内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社を除いて販売してはいけないと規制されている。
【経済用語】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)の中でも、さらに数分の間に数ティック株価が上下したことを知ると売買、反対決済を成立させる方法を称して「スキャルピング」(scalping、「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)と言っています。
【重要】カバード・ワラントに関する知識。ゴールドマン・サックスで有名なeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)であったりポケ株ワラントなどの手に入れやすい商品があり、どれも基本的にささやかな資金から売買することができるところが魅力な商品です。
【常識】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、さらに数分、短ければ数秒の間に1,2ティック株価が上下するのを認識したら売買も反対決済も行う方法のことを称して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)というのである。
【知っておきたい】金地金の案内。積立金額が変化しないよう取扱会社から金を購入する純金積立とは根本的に異なり、金地金(インゴッド)を多彩な純金販売業者(地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)で売買できる。地金のうち500g未満の地金では加工手数料がかかってしまう。
ということは投資が欠かせないものである訳は、経済や経営主体が、自己資本にさらに、追加可能な他人資本が用立てられることで、もっと大きな機会に資産の投入が不可能でなくなるからだ。
運用のための費用は低くて0.1、高くても1%程度と設定されており、インデックスファンド(商品価格などの指数(インデックス)に連動)も含めた一般的な投信の運用コストと比べて低く設定されていて、長期投資を希望する際に申し分ない投資商品であるとされているのだ。
おしゃるとおり「重大な違反」なのか違うのかは、監督官庁である金融庁において判断することであり、一般的なケースでは、わずかな違反がたくさんあり、それによる関係で、「重大な違反」判定されてしまうことが多い。
金融取引など投資で利益をあげるには、誰でもリスクを背負うことになるが、多彩な投資の種類・投資の方法を巧みに選べば、大体は危険性の回避が可能といえる。
ということで投資信託の投資対象の中でも、投資家の間ではコストを軽減することができる販売に係る手数料無料のノーロード型や、分配金が出る分配型とか、指数(インデックス)連動ということで値動きがわかりやすいインデックス型(商品指数などの指数(インデックス)に連動)などがとても注目を集めているのです。
まとめ。金融の世界では、資産経済ではなく、生産販売や設備投資など、具体的な経済活動が伴う実体経済に向けての実体面への投資に立ち返って行くということ。実体のある長期投資で日本の経済成長を拡大させていけるはずだ。
【用語】ETF投資のリスク(危険性)について⇒概して(1)対象の価格変動リスク(2)信用リスク(リンク債やOTCデリバティブ取引などの場合)(3)その他のリスク(市場急変時の運用困難など)といったものがあります。(2)のリスクの内容は取引によっては特別な考察が必要です。
【豆知識】株の取引を例に説明すれば、個人の投資家が取引している形態は、実際に証券会社の実際の窓口とか営業を通した人間同士が顔を合わせるでの取引よりも、インターネットを利用したオンライントレードでの売買のほうが明らかに主役になっているのである。
【解説】eワラント:権利の対象になっている資産(対象原資産)を証券化(広く資金を集めることができる)して販売する先物取引などと同じ金融派生商品であります。"名門のゴールドマン・サックス(Goldman Sachs, NYSE: GS)",にて発行するの発行している0です。
【説明】金融ビッグバンの意味⇒20年近く前にわが国おいて村山内閣が退陣した1996年から中央省庁が再編された2001年の間に展開された大がかりな歴史的な金融制度の抜本的な改革を宇宙誕生に例えた経済用語です(日本版ビッグバンともいわれる)。

金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会の解説。協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券や債券など有価証券に係る取引(売買等)等を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたますますの振興を図り、投資者を守ることを協会の目的としている。
覚えておこう、スウィーブサービスって何?普通預金口座と証券の取引口座の間において、株式の購入資金や売却代金などが自動振替してくれる便利なサービスである。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略である。
簡単紹介。金融機関の格付け(信用格付け)の解説。信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、そして社債などを発行する会社などの、信用力や支払能力などをアナリストの意見をもとに評価するのだ。
つまりデリバティブとは?⇒伝統的に扱われていた金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって発生したリスクをかわすために考え出された金融商品全体のことをいい、金融派生商品とも言います。
【解説】デリバティブっていうのは古典的な金融取引、実物商品、債権取引の相場変動で生まれるリスクをかいくぐるために発売された金融商品全体のことでして、金融派生商品ともいうのだ。
ここでいう「重大な違反」になるのかならないのかは、監督官庁である金融庁が判断をすることなのだ。ほぼ全てのケースでは、他愛の無い違反がひどくあり、それによる影響で、「重大な違反」認定されてしまうことになる。
【知っておきたい】テクニカル分析は、株式と商品取引さらに為替等の扱われる市場で、これまでに出現した現実の実績の時間を追った動きから、将来の市場の価格の動きに関して予想及び分析を試みる手法ということ。
【用語】株式累積投資:株式をまるで積立貯金のように一定間隔で購入もすることができる株式累積投資指定した銘柄を、毎月、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株価の無茶な上下を抑えることができるドルコスト平均法を採用している。このように株の購入価格を平均化することによってリスクの発生を低く抑えることが可能です。
ムーディーズなどの信用格付機関による格付けを活用する理由(魅力)は、難解な財務資料を読む時間が無くても評価によって知りたい金融機関の財務状況が判断できるところにある。ランキング表を使えば健全性を比較することも可能なのである。
【常識】テレホン・マーケット(特定の場所に不特定多数の取引主体が集まって行う取引ではなく、電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかでとくに有名な市場では、まずインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。参加者は金融機関に限定。資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)で有名な外国為替市場(外為市場とも)や銀行間取引である短期金融市場であるコール市場などであるといえる。
金融の分野では「投資」という行動は所有する資本を経済あるいは経営活動を通じてリスクの存在する投資対象を選択して投じることと言えます。資本投入する対象としては多くのタイプの投資資産(金融資産)があるのだ。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんするのである。このことによって、史上初となるペイオフが発動した。これにより、全預金者の約3%ながらも数千人を超える預金者が、適用対象になったのではないだろうか。
【解説】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に中心に展開された経済学)では、投資(investment)というのは追加投資で考えられる利潤(利益となる)率(資本の限界効率)が資本家が融資を受ける利子率(金利)に届くまで続けられるとされているのだ。
【ポイント】ETF投資に伴うリスク(危険性)というのは、原則(1)投資対象の価格変動にかかわるリスク(2)信用リスク(リンク債、OTCデリバティブ取引)(3)その他のリスク(信託継続困難な場合など)といったものがある。(2)のリスクは取引内容によっては慎重な判断が必要です。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣を組織の委員長と定める新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(現、金融庁)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に3年弱位置づけされていたということ。鈴木悠介
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mole5050/index1_0.rdf