タバコと病気

August 11 [Tue], 2009, 15:03
タバコが原因で起きる疾患にはつぎのようなものが挙げられます
1)肺がん
タバコが原因で起きる疾患で一番多いのは肺癌です。
タバコは肺癌の一番の誘因で、年齢の低い頃からのタバコほど、吸うタバコの数が多ければ多いほど、タバコを吸った年数が多いほど肺癌の確率は騰がります。
タバコは肺癌になってから止めても相当の効き目は認められるそうです。(普通の患者は禁煙しますが肺がんになってもタバコを吸う人も居るそうです・・・)

2)喉頭癌
 タバコが原因で起きる疾患で喉に癌が出る病です、人数的には肺癌と同じくらいです。
 ビートルズのジョージ・ハリソンや日本んも俳優勝新太郎も残念ながらこの病気で亡くなっています。
喉頭癌を取り除くには声帯と喉頭部位全てを切取りますので、仮に治っても声が出せません、匂いを感じる鼻も駄目になってしまうそうです。
しかも息をするのに喉に穴を開けそこから空気を吸ったり吐いたりしなければならなくな手仕舞います。

3)脳卒中
非喫煙者でも脳卒中にはなるのですがタバコ吸いのひとは脳梗塞になる可能性が倍以上になります。
5年間タバコを吸わなければ脳卒中の危険は半分以下に下がるそうです。

禁煙を始めた時、どうしてもタバコが吸いたくなったら「オナニー」でもして気を紛らわせるのも良い方法かも知れません
  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mokumoku
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mokumoku/index1_0.rdf