自作の器で美味しい食事! 

August 08 [Wed], 2007, 15:34


 今から40年も前、当時の教育長さんの家で、陶芸塾が開かれました。
 僕は妻と2人で参加しました。自由参加で何時でも自由に出入り出来ます。
 2人は暇があればすぐに駆けつけました。
 土練りは菊揉みと言って練っていくと菊の花びらのような練り上がりが出来ます。
 電動ろくろで、土を押し上げ両手の親指で中心部に穴を明けながら形を整えていきます。
 この写真はその時作った作品です。この器で毎日の食事を楽しんでいます。
 右の上から2番目の丸い花差しが最初の作品です。
 左上の大きなどんぶりは我ながら良くできたと思います。

藍ちゃん愛用の球 

July 06 [Fri], 2007, 16:40


近頃のゴルフ界は若者ブームである。はにかみ王子は残念ながら予選落ちしてしまったが次回のプレーを期待しよう。女子も宮里藍、さくら、などの活躍で盛り上がっている。
 僕がゴルフを始めたのは今から45年も前である。先輩からマックレガーのセットを譲ってもらって、初打ちは山中ゴルフクラブであった。男のキャデイが付いた。初打ちなので
ミスばかりするのを見て、キャデイが「マックレガーを持って居るのに下手っぴだな」と呟いているのが耳に入った。 あれから45年経っても未だに100を切れないでいる。
 プライベイトコンペではいつもメーカーかブービー候補である。
このボールは藍ちゃんの愛用の球である。ゴルファーなら垂涎の球である。何故これが僕の手に入ったかは不明であるが、これで我が家の宝物が一つ増えた事になる。

キジバト有り難う 

June 27 [Wed], 2007, 19:34




 今住んでいる団地は、一つの敷地エリアに9棟、住戸数500戸を超える大団地です。
それでも或る私鉄の駅から5分も掛からない近い場所です。通りには欅の並木が新緑に萌えている。その上この団地の隣には松林の広大な公園がある。ここの住民の駐車場はすべてこの敷地内で分散駐車出来る。
 さて、僕はしばしばバルコニーに出て外を眺めるのが好きだ。雀、カラス、は余り見かけないが、尾の長い30センチほどの鳥を良く見かける。
 ある日居間でぽつねんとしていたら、写真の鳥が突然バルコニーの手摺りに止まった。
大急ぎにカメラを取り出しシャッターを切った。これはどうも普通の鳩ではない。神社などに居る普通の鳩にはこんな模様はない。それにしても500ものバルコニーのある中でよくも僕のバルコニーを選んで来てくれたと、このキジバトに有難うと、言いたい。

http://www3.ocn.ne.jp/~ohro/
http://blog.so-net.ne.jp/minkasosei/

面白くも何ともないか!!! 

June 11 [Mon], 2007, 15:47


コンビニの全盛の世の中である。僕の団地のそばには24時間営業のコンビニがある。
夜中中煌々と照明が点っていていつも不思議に思うのは、何時納品するのかとか、蛍光灯が切れたら何時取り替えるのとか、従業員は何時休むのかとか、要らない心配をしてしまう。 ある日昼間行ってみたら品物の搬入をしていた。常時搬入をしているらしい。
 100円ショップと言うのもある。99ストアーと言うのもある。100円ショップを見ていたら、面白い物を見つけた。写真のデジタルの温度計と時計である。
 その時計と温度計をテーブルの上に並べて何気なく眺めていたら、面白い事に気が付いた。温度計が25.7度を指している。時間は2時半頃。そこで待った。2時57分まで待った。この写真は数字が揃った瞬間を撮ったものである。
 面白くも何ともないか。!!!

古い町並みの景観を保全 

May 29 [Tue], 2007, 12:07
           

 この写真もスペインの街、ムルシアで見た物である。
 日本では、前のブログでも書いたように、隣が赤だからうちは青にしよう、と云う具合で、街にも統一性がない。日本の街作りの歴史が浅いのだから仕方がないけれど、外国の街作りの原点がこの写真である。写真の左側の薄暗い処が道路。右側の更地が今度新築される建物の敷地、中央のレンガの白い壁は古い外壁で、パイプ足場で頑丈にサポートされている。これにはとても感激した。この様にして古い町並みの景観を保全しているのだ。
右側には全く新しい建物が出来る筈である。そしてその中身も現代風のインテリアで埋まってくるのである。しかし町並みは昔のまま保存されていく。
 国民性の違いとはいえ、本当に羨ましい限りである。
 

絵にならない無秩序の景観! 

May 25 [Fri], 2007, 15:04


 我がNPOは日本の伝統的工法である木造の在来工法を絶やさない為に4年前に設立した。その仕事に従事している棟梁、鳶職、大工、左官、錺職、塗装、畳職などの地位の向上、後継者の育成を今からじっくりと取り組まないと、10年後には在来工法の出来る大工さんが居なくなると言う危惧から已むにやまれぬ想いで設立しました。
 それと同時に、日本の原風景である里山の景色が消えていく現状に苛立ちおも感じている。古い民家に暮らしている人々が冬は寒いし、部屋数は沢山あるのに使いにくい、設備が古くて不便だ。等々。そこで住宅産業の担当者に相談すると、民家を取り壊して新築を勧められる。そのような経過を経て里山の風景が、無国籍の住宅に成ってしまうのだ。
 その上日本人の悪いことに、隣の家の屋根が青いから家の屋根は赤くしよう、隣の外壁がベージュだから家の壁は白くしようなどと、町や村全体が無秩序の景観になる。
 この写真はスペインの田舎の集落のもので、全体に壁は白、屋根はオレンジ色で統一されている。その上各戸には色とりどりの花々で囲まれている。山の中腹にまとまった集落全体が一つの統一された色でひっそりと収まっている。

走り幅跳び5メートル26 

May 14 [Mon], 2007, 12:43


 夏でも冬の厚い靴下を履く理由
 通信販売のカタログを見ていたら履きたい靴が見つかった。データを調べたら男物は小さいのが24.5センチからであった。僕の身長は168センチで体重は58キロ。足の文数は23.5でも履ける。24センチでは少々緩い。デザインが気に入ったので、注文してしまった。それがこの写真の靴である。因みに2人の息子の足は2人とも26.5の大きさで親の僕がなんで24なのだ。足の面積が小さいので、徒競走は速かった。高校の時の体力検定で100メートルは12秒6であった。走り幅跳びは5m26の記録をもつ。
注文した靴が届いた。履いて見たらやはりブカブカ。靴底にひくゴム製の物を入れたが未だブカブカ。と言う訳で夏でも冬用の厚い靴下を履かないと歩けないのである。

冷やしラーメンの作り方 

May 11 [Fri], 2007, 16:42

 女房を亡くして早2年、三食の食事は僕が作っている。料理をするのは、絵を描くのと同じで、段取りを考えてやっていけば楽しい物である。女房は生前から整理魔で、衣類などは抽斗(ひきだし)の前板にパンツ、シャツ、ズボン、等と名札を貼って整理してあった。
 そんな具合に料理に関しても整理魔で、色々なレシピも揃えて置いて呉れた。魚、肉、玉子、野菜等区分してある。その上天つゆ、ドレッシング、などの成分比率、例えば
醤油・4  油・2 酢・1 などと細かに表示した一覧表までも残して呉れてあった。
その中の冷やし中華の項を参考に作ったのがこの作品である。
キュウリの千切り、ロースハムの千切り、薄焼き玉子の千切り、を乗せ、指示された通りのタレをかけるとできあがり。下手なお店の物よりも旨い冷やし中華が出来るのだ。

結婚25周年 

April 23 [Mon], 2007, 14:17

 
 結婚25周年を記念して、懇意にしている米国生まれの日本人であるジム・ウイルソンご夫妻と僕ら夫婦と4人でスペイン旅行に行った。日本でレンタカーを予約して勇躍バルセロナの空港に降り立った。レンタカーに乗り込みいざバックしようとしてシフトレバーを動かすがなかなかバックギヤに入らない。妻が見かねて「私がやってみる」と交代したがやはり駄目。仕方なく係員を呼んできてやってもらったらなんなくバックした。質問をしたら、「レバーを持ち上げてバックに入れるのであった。
 スペインは日本とは逆で左ハンドルの右側通行で最初の10分程は戸惑ったが直ぐに馴れた。
 この写真は旅の中頃の「グルタサンホセ」という秋芳洞の様な鍾乳洞で中に川が流れていて舟に乗って見学する。左側の最前列が紀子。僕は右側で顔半分が隠れて額しか写っていない。残念至極なり。


なんだ!この家具は張り物ではないか! 

April 08 [Sun], 2007, 18:08
町田邸は紀デザインで最初に手掛けた民家改修の作品である。僕は図面も手伝ったが、家具の図面は僕の独壇場である。高島屋時代と久米建時代の実績で自信がある。箱物はveneerに突き板と言う化粧板を貼るのが常識である。いよいよ家具が搬入されて来た。家具は日本一の工場である当時の内外木材で製作した1級品である。トラックから荷物が下りてくるのを見た町田さんのご隠居が大声をだした。「なんだ!この家具は張り物ではないか!!
持って帰れ!」と云っている。さて困った。内外木材の担当者と僕とで懇々と説明して何とか納得してもらうのに小1時間を要した。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中善寺 多加敏
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1936年3月2日
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
読者になる
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる