小説

July 07 [Sun], 2013, 19:26
こんにちは。

初投稿ですが小説書かさして頂きます。

ちょっとだけですけどね(笑)

for you あなたのために 第一話



「派手に記事にするわよ!」

編集長の私は叫んだ。

わっとその場が忙しくなる。

出かけるもの、あるいは割付を考えるもの。

様々な動きが始まった。



昔私はず〜っと新聞記者になりたかったのだ。

私の名は、篠崎 海南斗

これでも性別は女ですよ。

今は for you新聞社の編集長=社長をやっている。

なぜ社長かというと、for you新聞社は規模が小さく、

編集長が一番偉いから社長もやったれ〜

的な曖昧な感じで決まってしまった。

ま、苦労もあるわけよ。でもそれは後々わかるとして・・・。



「少しお話を聞かせてください!」

私の出かけた先は、超有名政治家の元だ。

なんとこの政治家は闇の権力などを使い、遊びに明け暮れていたらしい。

もちろん政治家の仕事をすっぽかしてね。

なんとも非常識。

「裏で手を引いていたのは本当ですかっ?」

男性記者が叫んだ。すると、

「うるさいっ!そんなことするわけないだろう!」

力任せに政治家は男性記者を腕で押しのけた。

もちろんあたりは騒然。

テレビにもばっちり写っちゃったしね。


あぁ残念自白けってぇ〜♥


私に捕まった獲物は決して逃がしはしない。



          第二話へ続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanon
読者になる
よろしくね!

小説は地味だけど(笑)
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mokopurinarisu/index1_0.rdf