悪性のホクロ

November 15 [Fri], 2013, 11:55
ホクロには悪性のものがあります。

それは、「悪性黒色腫」または「メラノーマ」と呼ばれるホクロのガンです。

ガンに移行しやすい悪性のホクロは、どちら-かというと、日光の当たる場所にできやすいのですが、日光の当たらない毛嚢や頭皮、眼球、鼻、口などにも発生します。

最も発生しやすいのは男女ともに足の裏で、日本人の場合は爪の問などから出てくることもあります。

また、初めは普通のホクロだったものが悪性のものに変化したのか、それとも最初から悪性のものだったのかを区別するのは非常に難しい問題です。

ホクロができるのは、だいたい20代までとされていますから、30代になってから黒いホクロができた時などは、要注意です。

ただし、老人性色素斑、基底細胞上皮腫、出血斑などと間違えられるケースもありますから慎重に診断すべきでしょう。

とはいっても、ガンに移行する危険性をはらんでいるホクロは非常に少なく、一般的なホクロは良性ですので、ご安心ください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芯太郎
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mokokokoco/index1_0.rdf