バイト。 

2006年03月08日(水) 2時43分
以前はバイトに行っていた。
今は、こんな状態なので行っていない。

…だが、春休みに入ろうとしており、忙しい時期を向かえたバイト先。
仲良かった友達を通じて、バイト復帰してくれと連絡があった。
バイトには戻りたくないが、友達の面目も潰せない。
まさに板ばさみの状況下。
自分で決めたバイトの事だから、親に言うわけにも行かず・・・。

また自分を苦しめている、とは分かってるんだが…。



お願いだから、放っといて欲しい。

電車が嫌い。 

2006年03月08日(水) 2時26分
この前、電車に乗って唯一の趣味のテーマパークに遊びに行った。
遊びに行ったと言っても、友達から電話がかかってきて
「おいでよ」
と言われ、断れなかったから行っただけの事だ。

久しぶりに行き、流石のテーマパークなだけあり、ショーを見ている合間は現実を忘れ楽しかった。
来て良かった。
今日は来て良かった。
と、久しぶりに思えた。



その帰り、電車に乗って初めて気分が悪くなった。
満員電車に揺られていると、10分もしない内に貧血の様な血の気がひいてる感覚に襲われ
今にも吐きそうだった。
昼ご飯も大して食べていないのに、出る物も無いのだが吐きそうだった。
私の最寄駅は普通車しか止まらない。
だが、普通車だと膨大な時間がかかる距離になる。
極限まで、我慢していた。
自分の意志で立っていれるまで…。
しかし「気持ち悪い」と感じてから1駅も持たなかった。
その駅に着くまでに何度意識が遠のいていたか。…解らない。
最後の理性と言うか自尊心と言うか
「ここで倒れるわけにはいかない」
という意識の中で戦っていた。
駅に着いた瞬間に飛び降り、運良く目の前にあったベンチに座りこんだ。
胃からは何も出ないのにオエオエしながら約10分くらいだろうか?
普通車を1本と、快速を1本見送って、ガラガラだった普通車に乗りこんだ。
「…ここで居てても仕方ない」
同じ車両には私を含め3人の女性だけだった。
のが、有難かったのかも知れない。
何度か「…無理!!!」と思いつつも、地元の駅まで乗っていき、迎えに来てもらっいた車へと乗り換えた。
だが、迎えに来てもらうまでも無かったかも知れないな。
何故なら、地元の駅に着いた瞬間にスッキリしたからだ。
安心感なのか何なのかは解らないが。


それからは電車が嫌いだ。
人ごみが嫌いなのかも知れないが、テーマパークでは元気だった事を思うと電車であろう。

毒吐き壷。 

2006年03月08日(水) 2時15分
今までの記事を全部削除してやった。
何か…全てが面倒臭くなったきてね。
でも、とりあえず自分の生きてる証は残そうと思う。
誰と仲良くしたい訳でもないし、共感を得たい訳でもない。



ただの独り言。








ここ1ヶ月半以上(でも2ヶ月にはならないだろう)鬱っぽい。
病院に行ってるわけでも無いので、鬱の人からすれば「はぁ?」だろう。
私からすれば、病院行くのも嫌なくらいに家を出たくない。
病院に行った所で話すこともないし。
「どうしましたか?」 「いや別に…」
で終わるよ、きっと。

でも久しぶりに今日は「辛い」波が来たね。
新しく買ったノーパソが、こないだネット接続されたのに今日は接続されない。
どんなに調べても接続されない。
CD-Rを利用してセットアップ出来るんだがCD-Rなんて我が家にない。
…記憶に無い。
それを延々探し続けた。
無いものは無いんだが最初に配布されているべき物が無い訳ないだろ?
ドコかに有るハズだ、と探し続けた。
やはり無かったのだが。
父親に声をかけられ我に戻った。
そこで、ようやく諦めるしかないという選択肢が出て来た。
カタチ上は諦めたが、未だ私は諦めちゃいない。
必ずコイツを接続させなきゃ気が済まない。
でも、こんなことも接続できない自分に腹が立つ。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mokoco/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mokoco
読者になる
Yapme!一覧
読者になる