仕事用(処理)

October 10 [Mon], 2016, 22:06
A1は空白
A2はタイトル(仮に:ファイル)
A3以下ファイルパス+ファイル名まで

===================================
Option Explicit

Sub FileKiller()

Dim i As Variant
On Error Resume Next

i = 3
Do Until Cells(i, 1) = ""
Range("A" & i).Select
Kill ActiveCell

i = i + 1
Loop


MsgBox "終了"

End Sub
===================================


===================================
Option Explicit

Sub test() ' テストプログラム

DeleteFolders "C:\Users\琳子_naomi\Desktop\aaa"

End Sub

' フォルダー削除関数
' 指定フォルダー内の空フォルダーを削除する
' 指定フォルダー内にファイルフォルダーが一個も無くなったら True を返す
Private Function DeleteFolders(Path As String) As Boolean
Dim FilesCnt As Long ' このフォルダー内のファイルの数
Dim Folders() As String ' このフォルダー内のフォルダー一覧
Dim FoldersCnt As Long ' このフォルダー内のフォルダーの数
Dim FileName As String
Dim NewPath As String
Dim i As Long


FilesCnt = 0 ' このフォルダー内のファイルの数を0に

FoldersCnt = 0 ' このフォルダー内のフォルダーの数を0に
ReDim Folders(0 To 0) ' このフォルダー内のフォルダー一覧をクリア

FileName = Dir(Path & "\*.*", vbDirectory) ' ファイル/フォルダーの初期検索

While FileName <> "" ' ファイル/フォルダーが無くなるまで繰り返す
If FileName <> "." And FileName <> ".." Then
NewPath = Path & "\" & FileName
If (GetAttr(NewPath) And vbDirectory) = vbDirectory Then
' 検索したのがフォルダーならフォルダー一覧の登録とフォルダー数のカウントアップ
FoldersCnt = FoldersCnt + 1
ReDim Preserve Folders(0 To FoldersCnt)
Folders(FoldersCnt) = NewPath
Else
' 検索したのがファイルならファイル数のカウントアップ
FilesCnt = FilesCnt + 1
End If
End If
FileName = Dir ' 次のファイル/フォルダーの検索
Wend

' 下位の各フォルダーでの削除処理を行う
For i = 1 To UBound(Folders)
' 自身を呼び出して下位フォルダーの削除を行う
If DeleteFolders(Folders(i)) = True Then
' Trueでリターンしたらフォルダーの削除とフォルダー個数 -1 する
RmDir Folders(i)
FoldersCnt = FoldersCnt - 1
End If
Next i

' フォルダーもファイルも無くなったら True
' 一方でも残っていたら False を返す
If FoldersCnt <= 0 And FilesCnt <= 0 Then
DeleteFolders = True
Else
DeleteFolders = False
End If

End Function


===================================
Option Explicit

Sub filehenkan()


Dim i As Variant
On Error Resume Next

i = 3
Do Until Cells(i, 1) = ""
Range("A" & i).Select
Workbooks.Open ActiveCell


If Right(ActiveWorkbook.Name, 4) = ".xls" Then
Dim book1 As Workbook

ActiveWorkbook.SaveAs FileName:=ActiveWorkbook.Path & "\" & ActiveWorkbook.Name & ".xlsx", _
FileFormat:=xlWorkbookDefault

Workbooks(ActiveWorkbook.Name).Close


' ElseIf Right(ActiveWorkbook.Name, 4) = ".doc" Then
' Dim book2 As Workbook
'
' Set book2 = Workbooks(ActiveWorkbook.Name & ".docx")
' book1.SaveAs FileName:=ActiveWorkbook.Path & "\" & ActiveWorkbook.Name & ".docx", _
' FileFormat:=wdFormatDocument
'
'
'
' ElseIf Right(ActiveWorkbook.Name, 4) = ".ppt" Then
' Dim book3 As Workbook
'
' Set book3 = Workbooks(ActiveWorkbook.Name & ".pptx")
' book1.SaveAs FileName:=ActiveWorkbook.Path & "\" & ActiveWorkbook.Name & ".pptx", _
' FileFormat:=ppSaveAsDefault


End If

i = i + 1
Loop


MsgBox "変換終了"



End Sub


ファイル解析(更新日時追加ver)

August 13 [Sat], 2016, 21:57
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se499921.html



Option Explicit


'FileSystemObjectを使用しているため、
'VBA Project で Microsoft Scripting Runtime の参照設定が必要

'Folder オブジェクトの Size プロパティでもフォルダのサイズは取得できるが
'FileSystemObject内部で最下位までのスキャンが実行され反応が停止するため
'FolderオブジェクトのSize プロパティは使用していない。


Dim csListBaseCell As Range '結果リストの左角起点セル(見出し行は含まない)
Dim Y As Long '結果リストの現在表示行位置(起点0)

'---- オプションパラメータ
Dim mMaxDirLevel As Long '階層表示の階層限度
Dim mIsDataList As Boolean '階層情報セルに親階層を併記するかどうか
Dim mIsFolderOnly As Boolean 'フォルダのみ列挙かどうか
Dim mIsFullScan As Boolean '最下層まで集計するかどうか

Dim mColorRoot As Long '前景色 開始フォルダ
Dim mColorFolder As Long '前景色 Type=フォルダ
Dim mColorFile As Long '前景色 Type=ファイル

'---- 集計
Dim mCountOfFolder As Long 'ステータスバーに表示する処理経過件数用(フォルダ個数)
Dim mCountOfFile As Long 'ステータスバーに表示する処理経過件数用(ファイル個数)
Dim mLastLevel As Long '探索した階層の最大


'---- 結果表の列位置
Private Enum ColumnPosEnum
ObjectName = 0 '名称(フォルダまたはファイルの)
FullPath = 1 'フルパス
ObjectTypeName = 2 '形式(フォルダ/ファイル)
TotalSize = 3 'サイズ (フォルダは内容のサイズ)

'追加1
LastModified = 4 ' **追加**(以降の数字を+1すること)
'

CountOfFolder = 5 '下位フォルダ(サブフォルダ含む)の個数。
CountOfFile = 6 '下位ファイル(サブフォルダ内を含む)の個数。
HierarchyLevel = 7 '開始フォルダを0とした階層レベル
HierarchyInfo = 8 '階層形式の表示
End Enum

'---- オブジェクトの形式表示名
Private Const csObjectTypeName_Folder As String = "フォルダ"
Private Const csObjectTypeName_File As String = "ファイル"


Private Sub ctrCmdRun_Click()
'======================================================================
' 開始ボタン OnClick
'======================================================================

'---- 開始フォルダの入力有無
If ActiveSheet.Range("B3") = "" Then
MsgBox "開始フォルダを入力してください。"
Exit Sub
End If

'---- オプション値(詳細な値検査は省略)
On Error GoTo lbl_err_params
mMaxDirLevel = CInt(ActiveSheet.Range("D3").Value)
mIsDataList = (ActiveSheet.Range("D6").Value = 1)
mIsFolderOnly = (ActiveSheet.Range("D9").Value = 0)
mIsFullScan = (ActiveSheet.Range("D12").Value = 1)
mColorRoot = ActiveSheet.Range("D15").Font.Color
mColorFolder = ActiveSheet.Range("D16").Font.Color
mColorFile = ActiveSheet.Range("D17").Font.Color
On Error GoTo 0

Dim fso As FileSystemObject

'---- 開始フォルダの有無
Set fso = New FileSystemObject
If Not fso.FolderExists(ActiveSheet.Range("B3").Text) Then
Set fso = Nothing
MsgBox "開始フォルダがありません。"
Exit Sub
End If

'---- 開始確認
If MsgBox("開始しますか?", vbYesNo + vbDefaultButton2 + vbQuestion) <> vbYes Then
Set fso = Nothing
Exit Sub
End If

'---- 処理実行
Dim wRetOK As Boolean
wRetOK = DoWork(fso.GetFolder(ActiveSheet.Range("B3").Text))
Set fso = Nothing

'---- 結果メッセージ
If Not wRetOK Then
MsgBox "エラーにより中止しました。", vbCritical
Else
MsgBox "終了", vbInformation
End If


Exit Sub

lbl_err_params:
MsgBox "最大階層・階層形式・内容 の指定が正しくありません。" & vbCrLf & Err.Description, vbCritical
Exit Sub
End Sub

Private Function DoWork(ByRef pStartFolder As Scripting.Folder) As Boolean

On Error GoTo lbl_err
DoWork = False

'結果表示用のワークシートを追加
Dim ws As Excel.Worksheet
Set ws = ThisWorkbook.Worksheets.Add

'表内容の左上角セル
Set csListBaseCell = ws.Range("A2")
Set ws = Nothing

'列見出し
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.ObjectName).Value = "名称"
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.FullPath).Value = "フルパス"
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.ObjectTypeName).Value = "形式"
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.TotalSize).Value = "サイズ"

'追加2
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.LastModified).Value = "最終更新日時" ' **追加**
'

csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Value = "フォルダ数"
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.CountOfFile).Value = "ファイル数"
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.HierarchyLevel).Value = "階層番号"

'フォルダ・ファイル件数カウンタ初期化(ステータスバーに表示する)
mCountOfFolder = 0
mCountOfFile = 0

'実際に探索した階層レベル
mLastLevel = 0

'開始フォルダの情報とその下位オブジェクトの列挙処理
Dim wCountOfFolder As Long
Dim wCountOfFile As Long
Dim wTotalSize As Variant
wCountOfFolder = 0
wCountOfFile = 0
wTotalSize = 0
Y = -1
Call PrintObjectInfo(csObjectTypeName_Folder, pStartFolder, 0, wCountOfFolder, wCountOfFile, wTotalSize)

'列見出し(階層1、階層2、階層…、の見出し)
Dim j As Long
For j = 0 To mLastLevel
If mMaxDirLevel <> -1 And j > mMaxDirLevel Then
Exit For
End If
csListBaseCell.Offset(-1, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + j).Value = "階層" & CStr(j)
Next

'終了
DoWork = True
Exit Function

lbl_err:
Set ws = Nothing
MsgBox Err.Description
DoWork = False
Exit Function
End Function

Private Sub PrintObjectInfo( _
ByVal pObjectTypeName As String, _
ByRef pObject As Object, _
ByVal pLevel As Long, _
ByRef outCountOfFolder As Long, _
ByRef outCountOfFile As Long, _
ByRef outTotalSize As Variant _
)
'======================================================================
' オブジェクトの情報表示とその下位オブジェクト列挙
' pObject : 処理対象オブジェクト(ファイルまたはフォルダ)
' pObjectTypeName : ファイル/フォルダのどちらであるか
' pLevel : 開始フォルダを0とした階層レベル
' outCountOfFolder : 結果通知 下位フォルダ個数(自身は含まない)
' outCountOfFile : 結果通知 下位ファイル個数
' outTotalSize : 結果通知 下位ファイルサイズ合計
'======================================================================


'オブジェクトの情報表示
Call PrintObjectInfoCurrent(pObjectTypeName, pObject, pLevel)


'ステータスバーに経過件数表示
Select Case pObjectTypeName
Case csObjectTypeName_Folder
mCountOfFolder = mCountOfFolder + 1
Case csObjectTypeName_File
mCountOfFile = mCountOfFile + 1
End Select
Application.StatusBar = _
"フォルダ " & Format(mCountOfFolder, "#,##0") & "個 " & _
"ファイル " & Format(mCountOfFile, "#,##0") & "個 "

DoEvents


'下位オブジェクトの列挙

'ファイルのときは下位がないので終了
If pObjectTypeName = csObjectTypeName_File Then
outCountOfFolder = 0
outCountOfFile = 0
outTotalSize = pObject.Size
Exit Sub
End If

'フルスキャン不要であれば指定最大階層に到達しているとき下位処理は不要
If (Not mIsFullScan) And (mMaxDirLevel <> -1) And (pLevel >= mMaxDirLevel) Then
Exit Sub
End If

'以降はフォルダの場合
Dim wDir As Scripting.Folder
Set wDir = pObject

'現在行位置を保存
'(*) 後で下位の個数・サイズ集計値をセルにセットするため
'(*) y は下位オブジェクトの再帰処理過程で変化する
Dim thisY As Long
thisY = Y

'戻値初期化
outCountOfFolder = wDir.SubFolders.Count
outCountOfFile = wDir.Files.Count
outTotalSize = 0

'下位オブジェクト(フォルダとファイル)について再帰処理
'フォルダとファイルとで行う処理は同じなので、
'wObjectTypeIdを、0:フォルダ, 1:ファイル と変化させて For-Next Loop
Dim wObjectTypeId As Long
Dim wObjectTypeName As String
Dim wObjectCollection As Object
Dim wObjectItem As Object
'下位オブジェクトごとの集計用
Dim wCountOfFolder As Long
Dim wCountOfFile As Long
Dim wTotalSize As Variant

'(*)フルスキャンが不要でファイル情報を表示しないときは下位ファイルの処理不要
Dim wObjectTypeIdEnd As Long
If (Not mIsFullScan) And mIsFolderOnly Then
wObjectTypeIdEnd = 0
Else
wObjectTypeIdEnd = 1
End If

For wObjectTypeId = 0 To wObjectTypeIdEnd
Select Case wObjectTypeId
Case 0 'フォルダ
wObjectTypeName = csObjectTypeName_Folder
Set wObjectCollection = wDir.SubFolders
Case 1 'ファイル
wObjectTypeName = csObjectTypeName_File
Set wObjectCollection = wDir.Files
End Select

'直下フォルダ/ファイル
For Each wObjectItem In wObjectCollection
DoEvents

'実階層レベル
If pLevel + 1 > mLastLevel Then
mLastLevel = pLevel + 1
End If


'下位の集計要変数を初期化
wCountOfFolder = 0
wCountOfFile = 0
wTotalSize = 0

'オブジェクト情報とその下位列挙(再帰処理)
Call PrintObjectInfo(wObjectTypeName, wObjectItem, pLevel + 1, wCountOfFolder, wCountOfFile, wTotalSize)

'(フルスキャンの場合)
'集計結果を戻し値に累計
If mIsFullScan Then
outCountOfFolder = outCountOfFolder + wCountOfFolder
outCountOfFile = outCountOfFile + wCountOfFile
outTotalSize = outTotalSize + wTotalSize
End If
Next
Next

'(フルスキャンの場合)
'下位の集計結果を自身の情報行(thisY)のセルに記入
If mIsFullScan Then
If (mMaxDirLevel = -1) Or (pLevel <= mMaxDirLevel) Then
csListBaseCell.Offset(thisY, ColumnPosEnum.TotalSize).Value = outTotalSize
csListBaseCell.Offset(thisY, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Value = outCountOfFolder
csListBaseCell.Offset(thisY, ColumnPosEnum.CountOfFile).Value = outCountOfFile
End If
End If

Exit Sub
End Sub

Private Sub PrintObjectInfoCurrent( _
ByVal pObjectTypeName As String, _
ByRef pObject As Object, _
ByVal pLevel As Long _
)
'======================================================================
' オブジェクトの情報表示
'======================================================================

'フォルダのみのときはファイル情報を表示しない
If mIsFolderOnly And pObjectTypeName = csObjectTypeName_File Then
Exit Sub
End If

'最大階層を超えるときは表示しない
If mMaxDirLevel <> -1 And pLevel > mMaxDirLevel Then
Exit Sub
End If

'表示セル行を次行に
Y = Y + 1

Dim wDir As Scripting.Folder
Dim wFile As Scripting.File

'オブジェクトの情報表示
'(*) フォルダのみ列挙のときはファイル情報行は表示せず集計処理のみ

'名称・形式・フルパス
'(*) pObjectの型は Folder/File プロパティ "Name", "Path" はどちらにもあるので型キャスト省略
'(*) ファイル名やフォルダ名をセルに入れたとき日付や数値と解釈されないよう
' 名称セルの表示形式(NumberFormatLocal)は文字列(@)にしている。

csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectName).NumberFormatLocal = "@"
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectName).Value = pObject.Name
If pLevel = 0 Then
'(*) 開始フォルダだけはフルパスを名称に表示
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectName).Value = pObject.Path
End If
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.FullPath).Value = pObject.Path
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectTypeName).Value = pObjectTypeName

'サイズ・個数
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.TotalSize).Style = "Comma [0]"
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Style = "Comma [0]"
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFile).Style = "Comma [0]"
'(*) ファイルのとき、個数欄は空のセルにする
'(*) フォルダのとき、全個数集計時 … 後で集計値を上書きするので仮に0をセルに記入
'(*) フォルダのとき、直下個数のみ表示 … 直下個数を表示、サイズは省略
Select Case pObjectTypeName
Case csObjectTypeName_Folder
Set wDir = pObject
If mIsFullScan Then
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.TotalSize).Value = 0
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Value = 0
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFile).Value = 0
'追加3
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.LastModified).Value = 0 ' **追加**
'
Else
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.TotalSize).Value = ""
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Value = wDir.SubFolders.Count
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFile).Value = wDir.Files.Count
'追加4
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.LastModified).Value = wDir.DateLastModified ' **追加**
'
End If

Case csObjectTypeName_File
Set wFile = pObject
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.TotalSize).Value = wFile.Size
'追加5
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.LastModified).Value = wFile.DateLastModified ' **追加**
'
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Value = ""
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFile).Value = ""

End Select

'階層情報
'(*) 階層に応じて表示する列を変えて階層を表現
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyLevel).Value = pLevel
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + pLevel).NumberFormatLocal = "@"
If pLevel <> 0 Then
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + pLevel).Value = csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectName).Value
Else
'(*)開始フォルダだけはフルパスを表示
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + pLevel).Value = csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.FullPath).Value
End If

'データ形式の場合は、親フォルダ階層を同じ行に表示(一つ前の親階層情報をコピー)
If mIsDataList And pLevel <> 0 Then
With csListBaseCell
Call .Range(.Cells(Y - 1, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + 1), .Cells(Y - 1, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + pLevel)) _
.Copy(.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyInfo))
End With
End If


'着色
Dim wColor As Long
If pLevel = 0 Then
wColor = mColorRoot
Else
Select Case pObjectTypeName
Case csObjectTypeName_Folder
wColor = mColorFolder
Case csObjectTypeName_File
wColor = mColorFile
Case Else
wColor = 0
End Select
End If
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectName).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.FullPath).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.ObjectTypeName).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFolder).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.CountOfFile).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.TotalSize).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyLevel).Font.Color = wColor
csListBaseCell.Offset(Y, ColumnPosEnum.HierarchyInfo + pLevel).Font.Color = wColor

Exit Sub
End Sub


【DVDラベル】MAN WITH A MISSION -狼大全集W-

July 15 [Fri], 2016, 22:46



狼大全集W発売おめでとうございますー!!!

やっと会社の試験が昨日終わりまして、作ることができました◎
結果はまだまだ出ませんが、とりあえず一段落♪

位置取り的に曲がっていて微妙ですね…。。。
こんなもので狼たちに申し訳ない…。。。

【CDラベル】MAN WITH A MISSION -The World's On Fire-

February 13 [Sat], 2016, 15:49
MAN WITH A MISSION「The World's On Fire」のラベルになります◎
アルバム発売おめでとう!!!
Mステにも定期的に出演させてもらえてるし、人気が出るのはうれしいけども…チケット取りづらくなるのは嫌だなぁ…。。。
※フォントは正規版に似ているもので作成しています。


上のだと「読めないわ!」って人のために…←


01:Survivor
02:Waiting for the Moment
03:Dive
04:Raise your flag
05:followers
06:The World's On Fire
07:Give it Away
08:Seven Deadly Sins
09:Mirror Mirror
10:Memories
11:Far
12:Out of Control
13:ワンダーランド

春の狼のツアー参加決定しました!!
ありがとう!!来てくれてありがとう!!
このアルバム覚えていっぱい楽しみますっ!!!

Dropboxメモリ炎上回避

May 21 [Thu], 2015, 21:19
久々にラベル以外の日記です。
よく物忘れをするのでメモメモ。

Dropboxが便利なのでよく使うものの、今知った、「Dropboxの同期とはクラウドとパソコン両方に同期するということである」と。
まぁ"同期"の意味考えたら正しいけどさ…

なので、回避策を見つけた。
まんまパクリですが。メモですよ。
======================
Dropboxは、クラウド上にファイルを置いて、各PCで共有できますが、クラウドにあるファイルは全て、ローカルのHDDにも存在する物なのです。

「dropboxに移した」と言うことは、実際には、

(1)Cドライブの マイドキュメント\Dropbox フォルダにファイルを移動した。
(2)Dropboxフォルダ内の更新ファイルを、クラウドのDropboxと同期した。

という動作をしています。
(インストール時にDropboxフォルダの位置を指定しなければ、自動的にマイドキュメントの下に作られます。)

従って、エクスプローラからそこを覗けば当該ファイルがありますし、Dropboxに移動したからと言って、HDDからファイルは削除されませんので、空き容量は減る一方というわけです。

マイドキュメントにあるDropboxフォルダから、動画ファイルを削除すれば、HDDは空きます。
でも単に削除すると、それは即座にクラウドにも同期されて、クラウド上からも無くなってしまいます。

HDDからは消すけれど、クラウド上には残しておきたい、というならば、

Dropboxの設定
 →詳細
  →[選択型同期...]のボタンを押し、
表示されているフォルダ群の中からフォルダのチェックを外すと、そのフォルダはHDDから消去され、空き容量が増えます。
(フォルダ単位でしか指定できません。また、これをやっても、クラウド上にはファイルは残っています。)

これが、「同期対象から外し、ファイルを削除する」と言うことになります。

----

あともう一つ、PCにDropboxがインストールされていると、過去のファイルも実は保持していて、何バージョンか戻れるようになっています。

でもそれは、その過去のファイルがキャッシュとしてHDDに残ってしまっていると言うことなんです。

マイドキュメントのDropboxフォルダの中には、「.dropbox.cache」という隠しフォルダがあって、この中に、過去のファイルが収められています。
その中に、削除した日付名のフォルダが出来て、過去のファイルが保存されています。

でも最新版は、現在のDropboxフォルダにあるので、まずキャッシュを消すだけでも、だいぶHDD容量が空くかもしれません。

メモ:キャッシュクリアは「%HOMEPATH%\Dropbox\.dropbox.cache」を入力。
    ※出てきたファイル全部消してok
======================

ということらしい。
実際にやったら赤く死にそうだったメモリ容量がすごくあいた。
色々消したけども、原因がDropboxだったという…orz

【CDラベル】ふなっしー-うき うき ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式アルバム梨汁ブシャー!〜-

April 05 [Sun], 2015, 16:17
ふなっしーのCDアルバムです。
うき うき ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式アルバム梨汁ブシャー!〜前に兄貴がCD借りてきてラベルがなかったので作成。

仕事は続いていて頑張っていますが、頼りにしていた上司が明後日から異動でいなくなっちゃうのがやばいです…orz

1.イントロなっしー♪
2.ふな ふな ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式テーマソング〜
3.ふなっしーの買い物わっしょい!
4.ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式テーマソング第二弾〜
5.梨空レインボー
6.ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式テーマソング第二弾〜(EDM リミックス)
7.ご当地キャラエレジー
8.ふな ふな ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式テーマソング〜(ほぼニッチPバージョン)
9.アウトロなっしー♪

【CDラベル】MAN WITH A MISSION -5 Years 5 Wolves 5 Souls-

January 26 [Mon], 2015, 23:41
Yukikoさんからのリクエスト、MWAMの5 Years 5 Wolves 5 Soulsのラベルになります◎

銀色や金色というのは出すのが難しいですよね。

また、このアルバムは中央に狼ロゴがガッツリ入っているのでどうにかして入れたかったけども…。
この状態になりました。

文字など間違いがあったら申し訳有りません。
満足いただけたら嬉しいです。


1. Emotions
2. FROM YOUTH TO DEATH
3. DANCE EVERYBODY
4. database feat.TAKUMA(10-FEET)
5. フォーカスライト
6. FLY AGAIN
7. Feel and Think
8. distance
9. PANORAMA RADIO
10. Get Off of My Way
11. Wake Myself Again
12. DON’T LOSE YOURSELF
13. RAIN OF JULY

【DVDラベル】MAN WITH A MISSION -狼大全集V-

October 15 [Wed], 2014, 23:24
MWAMのDVD第3巻発売おめでとうございます!!!
待ってた待ってた!!!

まだ全部見ておらず、そっちのけでラベル作りしちゃったよ…。
どうやら裏コマンドみたいのがあるらしいんでどなたかぜひ教えてください…。

無印


disc.1


disc.2
今回は3種類作成。
あえて文字を入れずディスクとだけ入れました◎

ちなみにサン太は抜き出して使ってるので移動可能www増やすのも可能www
でも綺麗に抜けてはいないのでどうだろうか…。

相変わらずステキな5狼ズにめろめろです♪
秋のワンマンは札幌に来てくれなかったので来年を楽しみにしてます。

【CDラベル】クレイジーケンバンド -Spark Plug-

September 25 [Thu], 2014, 21:33
たけやんさんからのリクエスト、クレイジーケンバンドのSpark Plugです。
たけやんさん、リクエストありがとうございます◎

文字の並べ具合が気に入らず…。
一応横文字タイプと円タイプの2種です。DVDラベルも作ったが…さびしいな…。。。
こんな出来具合ですが使って頂けたら幸いです。

今の仕事ではPhotoShopは使わないし、ソフトも入っていないしでなかなか練習にならず…。
いいデザインサイトなど教えて頂けるとありがたいです←


横文字タイプ


円タイプ


初回限定:DVDラベル

【CD】
1.ドライヴ!ドライヴ!ドライヴ!
2.血の色のスパイダー
3.ハートブレイクBBQ
4.龍鳳閣
5.あせだく
6.モータータウン・スイート
7.というわけで
8.あ、すいません。
9.2CV
10.ごめんね坊や
11.リトラクタブル
12.サーフィン・ウィズ・チキンカリー
13.続・あ、すいません。
14.もうねぇ
15.本牧は午前零時
16.踏切シャッフル
17.あ、すいません。<LP version>
18.世界、西原商会の世界!
19.スパークだ!

【DVD】
1.OMAKE!!!DVD
2.海賊版!!!箱根ヨコワケハンサムワールド・ダイジェスト

【CDラベル】ハジ→ -めっちゃ☆ハジバム。+1-

August 13 [Wed], 2014, 21:53
こちらでともさんからのリクエスト分全てアップ完了となります。
ともさん、いつもリクエストありがとうございます。

いつもフォントサイズや色など、うまくできていなくて申し訳ないです…。
難しいですね…。。。


1.おまえに。
2.踊れジャポネーゼ♪♪。
3.赤い糸
4.春色。
5.シアワセサガシ。
6.あなた。
7.サマ→ズラバ→。
8.EVERY☆BODYwww♪♪。
9.ずっと。
10.指輪と合鍵。
11.で・か・け・YO〜♪♪。
12.真夜中仙台国分町。
13.証。
14.瞬く間。
15.人生は素晴らしい物語
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラベル素材一覧
アイコン画像【CDラベル】
アイコン画像アーティスト別
アイコン画像■あ行
» エイミー・ワインハウス -Back to Black-
アイコン画像【DVDラベル】
» 研修用
» ひとり交換日記
最新コメント