模型飛行機の作り方 

October 10 [Sat], 2015, 9:25
模型飛行機の作り方を紹介します。

よく晴れた休日には、お子さんと一緒に模型飛行機を作って、飛ばしてみるのも楽しいかもしれません。

ゴム動力模型飛行機の製作キットは、ライトプレーンとも呼ばれていて、千円以下で買うことができます。

模型飛行機製作に必要な道具は、キリ、サインペンか鉛筆、ラジオペンチまたはニッパー、ハサミ、カッター、木工用ボンドなどです。

木工用ボンドで汚さないように、新聞紙やキッチンペーパーなどを机やテーブルの上に敷いてから模型飛行機を作りましょう。

模型飛行機製作キットを開けたら、パーツが全て揃っているか確認してください。

まず、主翼台にニューム管をさしこみ、竹ひごで主翼を作ります。竹ひごをお湯につけて、指でしごいて曲げなおしてから切断しましょう。

竹ひごの主翼を主翼台に取りつけたら、主翼のリブもつけてください。

長いリブを内側に、短いリブを外側につけることと、丸みの多い方を前にするというのがポイントです。

主翼と同様に尾翼と垂直尾翼も作ります。胴体に尾翼台に合わせた穴を開けてから、垂直尾翼と尾翼を尾翼台に取りつけてください。

シールで胴体に尾翼台を固定したら、主翼もゴムで胴体にくくりつけます。

脚とプロペラを取りつけたら、穴を開けた胴体にゴムかけをつけてシールで固定し、いよいよ翼の貼りつけ作業です。

翼用紙を紙目に注意して、設計図よりちょっと大きめに切り、ピンと張った状態で竹ひごに貼りつけます。

余分な紙を残り3ミリくらいになるように切り捨て、竹ひごをくるむ感じにして仕上げてください。

紙の部分に霧吹きで水をかけて乾かすと、翼がよりピーンとなります。

ゴムをひっかけて巻いたら、模型飛行機の完成です。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すーさん
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる