まずは犬のしつけから  

2012年01月20日(金) 10時22分
犬を飼うことで、最も重要と言えるものが、しつけになります。
散歩を楽しむ上でも、犬のしつけは、しっかり行う必要があります。

しつけの大前提として、主従関係の確立があります。
これは、犬が飼い主を群れのリーダーと認識することであり、犬自身が主人に従う意思を示すようにすることです。

犬の祖先がオオカミということは、多くの人がご存知かと思います。
オオカミは、群れの動物であり、彼らの中で、独自の社会を築き、リーダーに従いながら、活動しています。
時に、リーダーの交代などが起きるのでしょうが、あくまでリーダーが群れの指揮を行います。

これが、オオカミの習性であり、犬にも引き継がれていると言います。
したがって、飼い主としては、犬のリーダーとして、毅然と振る舞う必要があります。

それを犬に教え込むには、小さい頃から犬と触れ合い、そうして、常に犬の上位に、自分の体があるようにします。
代表的なものでは、犬を背の上に軽く乗るようにするホールディングです。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mokav
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる