肥満の種類とは?

April 29 [Fri], 2016, 17:38
肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)は肥満によっても、肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)には色々な種類があります。エネルギーの過剰摂取や消費不足が原因の肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)は、単純性肥満なんですよ。単純性肥満(太りやすい体質が遺伝することよりも、太りやすい生活習慣が受け継がれる方が問題だと言えます)とは、食べすぎや運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)による食習慣や運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)習慣が問題となる肥満によってす。肥満の方の殆どが、この単純性肥満(親が肥満だと子供にも太りやすい生活習慣が受け継がれてしまうことになるでしょう)です。女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)がなってしまいがちな肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)には、皮下脂肪型肥満と言うものがあります。臀部や腰周りに脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)がつく肥満です。皮下脂肪型肥満(ウエスト周りやお腹、お尻に脂肪がついてしまう肥満で、女性に多いといわれています)は乳癌や関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)、月経異常、貧血(赤血球やヘモグロビンの量が減り、血液が薄い状態をいいます)など、生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)とはあまり関連のない病気になってしまいがちな肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)だと言えると思います。なんらかの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が要因で引き起こる肥満は、病的肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)と呼ばれます。病的肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)の場合には、原因となる病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の症状を伴っているので、区別がしやすいです。甲状腺機能低下症や性腺不全症などの内分泌疾患(いわゆる病気のことです)、薬の副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)などにより起こる肥満によって、場合によると手術が必要です。ほかにも、皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)のすぐ下に脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が蓄積している肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)は、皮下脂肪型肥満(乳がんや関節痛、月経畭常などに繋がることもあります)と言っています。皮下脂肪型肥満(洋なし型肥満ともいわれ、非常に落としにくいという特徴があります)は女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に多く、洋ナシみたいな体型が特色の肥満によってす。皮下脂肪型肥満(乳がんや関節痛、月経畭常などに繋がることもあります)は、ダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)で落としにくい脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)タイプの肥満です。また、生活習慣病と深く関わっている内臓周囲に脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)がたまってる肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)を内臓脂肪(男性ホルモンの働きにより、女性よりも男性の方がつきやすいといわれています)型肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)と呼んでいるようです。内臓脂肪(男性ホルモンの働きにより、女性よりも男性の方がつきやすいといわれています)型肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)は男性に多く、ウエスト周辺の太さが際立ち、リンゴのような体型が特徴でしょう。内臓脂肪(体重ではなく、体脂肪率を気にする習慣をつけ、ストレッチや有酸素運動などを心掛けることで減らすことができるはずです)型肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)は生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)を引き起こしている原因となりますので、なるべく早いうちから解消なさって下さい。以上のように、同じ肥満でも種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)により、原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)や引き起してしまう病気、対処法などに違いがあります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すみれ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moisjbpr1ccrki/index1_0.rdf