寒河江だけど昊空

September 09 [Sat], 2017, 19:54
株取引では、株式チャートを参考に売買の判断を行う方法が一般的にあります。

そして、そのうちの1つの方法が押し目買いと、一般的にいわれている手法なのです。



株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いといわれる手法です。


これまでの経験をふまえて、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。
株式投資はきわめて魅力的な投資のやり方の一つです。


しかし、株の売買にはいろんな危険も伴います。株の主なあやうさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。
株式投資は定期預金等々とは異なり、元本の保証がないのです。
株を始めたばかりの人は、危険をしっかりと理解して慎重に投資を行うことが重要です。株式投資を行うに当たって様々な手段がありますが、その一つにスキャルピングがあります。
スキャルピングは、株購入から売却までを、極めて短時間の数秒から数十秒の間に済ませてしまう投資のやり方です。

スキャルピングの利点は、極めて短い株の保有期間に限定することで、最小限の株価下落のリスクに維持できるということにあります。私は好きな製造業者やブランドの株を取得しています。配当が年に一回出るのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待でその他のものがもらえるのが利点です。


特に好みの会社からもらえると、もっともっと頑張って欲しいなあと思います。

株の経験がない方だけでなく、株式投資をする方の大多数は極力手数料が格安なネット証券に口座を作るのがよいと考えます。


なぜかといえば、株式を売り買いする手数料が安くすめば株式投資の売買がとても状況に応じてできるからです。株式投資を行う場合は、いくら値動きが大きく動くからといっても、出来高が少ない小型株式に資金を入れる事は推奨できません。



理由を説明すると、普段から出来高が多くない株式は購入した銘柄を売却したい値で売ることができないからです。株を所持している場合、資金に対しての利回りを意識すると思うのです。



銀行に預けていたとしても利息が大してつくことのない今では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りというものがよくなくては何のために投資しているのかわかりません。
ちゃんと利回りを意識しながら投資をすることが重要なのです。
株への投資にはリスクがあります。


ですので、株を初めてする場合は、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのも良い選択です。投資信託は資産運用のプロフェッショナルが期待できる投資先に幅広くバランスよく分けて資金を投入するので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつとされます。ご存じだと思うのですが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。



やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用取引は推奨できません。自分の資金内で売買ができる現物取引を断然お勧めします。



口座に入れている以上に損するリスクがないんですから。



また、株主優待を目的としてじっくり株を持ち続けるのも良いのではないでしょうか。

私の持っている株がここ最近、とくに上がり下がりが激しいので、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を自分自身で判断し、売買を行っています。


ときどき失敗して、損になることもありますが、今のところ、プラス収支となっております。

プラスのまま売り抜けられたら嬉しいなと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokone
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる