両親にあいさつ 

2006年04月30日(日) 21時02分
うちのパパとママにようやくおじさんがあいさつ

まあ創価問題がらみでなんか「ひー大丈夫なの」みたいな空気になりつつも
とりあえずは穏やかに終了。

「お父さ…」

「まだ父じゃねえ!」

みたいな判りやすいドラマを期待してましたが我が家の父はそういう人ではありませんでした。
そのあとおじさんと時間が出来てエヴァパチをうつことに

私「ひー暴走モード」

お「…」

私「ひーなんかスペシャルリーチ予告ktkr」

お「…」

私「ひーギミックうごいとる」

お「…」

私「確変キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!」

お「…」


という感じでした。最終的に二箱でて、おじさんスカンピンでトントン。
二人パチっていいんだけど最終的にどっちかが必ず負けるから勝ちがあんまでないんですよね。
とりあえず残酷な天使のテーゼをようやく見れてよかった。
エヴァで出たの初っすよ…予告にフル画面レイちゃん出たのも笑顔みたのも初っすよ…

へたすると 

2006年04月24日(月) 11時00分
メインのサイトよりよほどここの方がひとがおおいです。こんにちは。

対して面白い事も書いてないし更新しない、という風にしてるせいかほんと人がきてないのですが
それはそれでほっともするし、でもじゃもっと自由の風吹かせてもいいんじゃない?とも思う。
けど香ばしいことをかいたら人が溢れそうなので我慢我慢。
アクセス数を簡単にふやしたかったら暴言するのがいちばんですね。
(いやだし愚かな行為なのでしないけど)

結局自分の価値観で楽しかったり、香ばしい事を書いても、結局それが100人いて100人に歓迎されることはないからな〜むしろ「内輪受けさむ」とか「あいつ痛い」とかなっちゃって自分のイメージ悪くするだけならつまんないことを書いてるほうが叩かれて凹むよりは数倍ラクだ。

結局商品の売上と自分のサイトへのアクセス数は関係するのかな〜とおもったけどそうでもなし…
2chで殆ど触れられなかったやつは案外バカウレしたしなあ…

しかもそれ、10ぐらいしか売れてないときに2chですごい熱い叩き系の書き込みをしてる人がいて
「粘着ってこれか…!」と割と感動しました。なんかアクセス数から察するにどうみても叩いてる人一人か二人しか居ないのですが、この人が一番私のファンぽいんだよね…

「アンタアタシのことすきだよ、多分」と場末のバーの女のようにその人に言いたい。

一日25にん 

2006年04月22日(土) 23時05分
だいたいかならずいる20アクセスのうち10人ぐらいは同じ人だと思います。
ほんと誰だか知りませんがちゅっちゅと頬にご挨拶はしたい私です。
毎日ほんとどうもです。こんばんは。

全体的に老いてて日記が週一回になっています。ありえない。
まあおじさんちにいたからですが…(※ただつなげないだけだった!)


さいきんまた2chで自分の事言われてるんですが、やっぱむかつくんですが言われてるうちが華よね…とようやく思えるようになりました。
一番叩いてるであろうわからない君が多分一番私のファンなんだねと言いたい。
よくわからない匿名の誰かはアタシの事、そこらのファンよりは間違いなく好きだよ…!

あと気付いたんだけど2chで大きい声で叩く人ほどさ…小物…なんすよね…
最近はわりとかわいそうかもしれないと優しい目ができるようになりました。

それはそれで私、悟り開きすぎじゃ…

なつかしいはなし 

2006年04月16日(日) 14時26分
話の流れから庵野監督の話になったのですが、そういえばあの人は○○節、みたいなのはないねえとはなしていました。押井さんなんかがとくに顕著なイメージなのですが。
(そして私はその監督節に耐え切れずいつも眠気と戦います)


そもそもエヴァンゲリオン自体がオタクへのアンチテーゼな存在っぽいのですが、さっき読んでたコメントで
「こうすりゃオタクはかっこいいって感じるだろ」的な監督コメントがあって苦笑い。

なんとなく難解だけどなんか利巧そうな言葉の羅列がおまえらにはカッコよく感じて気持ちいいんだろ?ホントに深くしちゃうとついてこれないもんね??それでいいの??っていうのが監督のエヴァのトータルメッセージにかんじたのですが人間どこで気持ちよく感じたりするかはその人次第でもあるよなあ。

色々話を聞く度に好きになっていけないエヴァンゲリオンですが(笑)オタク心をくすぐる事に関しては貴方が一番優れていたよ、って監督にいいたいです。自分への反面教師的なところもあったのかしら。

ちなみに監督はオタクを判ってるようでわかってないな、とおもったりも。結局オタクは自分の求めるものと違うものを提示されると「あいつDQNだったからな〜w」って相手側を否定して生きてく生き物ですからね…
監督、あなたオタク総評はDQN監督になってますよ。って言いたい。

その生き方を否定させるなんて所詮無理な話だとおもうけどなあ。別にオタクにも限らん話ぞな。

十年分の苦悩 

2006年04月10日(月) 1時24分
長く漠然とした不安をもちつつ
見ないように、関心を持たないように、何も言わないように
とおもってきた創価学会の「悪い面」というものに興味を
持ち、サイトをサーフィンしてみる事にしました。

けっこうボロボロと出るわ出るわ。当時の私がおかしいとおもった部分も出てきました。
「○○は敵です!みんなで倒しましょう!」みたいなのだったとおもう。

私は創価学会は「平和の為に、みんなの為に、幸せのために」って頑張ってるんだとおもってて
自分のよく知りもしない相手を敵とおもわせようとする行動がとにかくすごくショックだった。
敵を愛する事ができてこそ平和ってものが作られるのじゃないの??と私は思ったのでした。

母は朝も夜も熱心に仏壇で祈っていました。その姿は美しくもあり、私はその母の熱心な姿が割と好きでした。普段から三日坊主ですぐに飽きる母が毎日毎日飽きる事もなく、なにかを熱心に祈っているのです。あの適当なうちのママがこんなに熱心だなんて本当にすごいんだ!と私は思っていました。

日本ほど無神論派でクリスマスに初詣だの、宗教方向グダグダなのも逆にどーなのよとも思うので何かを信仰するスタイルを私は悪いと思いません。逆に白黒はっきりしてていいと思う。
色々言い出すとマンガが好きで同人誌を買いにイベントまでいく自分や他の人の姿なんてカルト集団そのものじゃないかと思うし。

人は人を理解できないものだ、とおじさんがいった言葉をまた思い出します。
そしておじさんが言った「勧誘が入る時点でそれはおかしいと思う」といったのも思い出します。
何故あんなにも熱心に勧誘をするんだろう??

最初はすばらしいから広めたいんだ、とおもっていましたが、あのちょっと異様ともおもえるストーカーまがいのしつこさは何か裏があるとしか思えません。
「何人誘ったか発表を会合中みんなの前でしなきゃいけない」
なんて行動が本当にあるのか私は母と姉にそのうち聞いてみたいと思う。

そんなのは私もおかしいと思う。
信仰心は美しいと思うけれど、宗教団体となったとたんに文化以上に金銭的な物が動くのは私はどうかなと思う。そしてそこに属す母と姉を見て複雑に思うのです。

声にほれたのか 

2006年04月09日(日) 20時08分
おじさんと音声を録音して遊んでたのですが、留守録風にしたWAVデータをもらいました。
そんで聞いてみたわけですが

「なんかこの人の録音、流行の声優さんのサンプルボイスみたい…」
と愕然としました。

やつの声は正直言ってそこらの人気の声優さん並にヤサ男系のいい声をしている。ありえない。
私はまさか声に惚れたのか いやありうる だって私わりと声優オタクだもの とおもいました。


私…! (さすがに自分でも自分にかける言葉がない)



ちなみに私は小芝居して一生懸命録音したのにどうしてもラヂオの時間の作家さんとおなじ声にしかなりませんでした。
「いっしょうけんめいかきましたので よんでください」 とか言ってる鈴木京香と激似でした。
判り辛い…!だが本当にそのままだった。


まえに別件で必要になって、仕事で小芝居した自分の声をとったことあるんだけど、そんときも致命的に演技がヘタで録音後利用できず、他の人で取り直しの二度手間がありましてな…
自分にはまったくそういう才能がないと気付いてそこそこ悲しかったのです。
(痛いオタクですもの、声優にだってあこがれてた事はありましたわ)
なおおじさんのいい声がうらやましいのかもしれない。

ようやく母にいう 

2006年04月07日(金) 19時54分
母に言いました。
おじさんの年はいえませんでしたorz

「あらそう」 「紹介してね」「うれしいわ」

で終わったのですが、オネエがそのあとおじさんの話をしたらおかあさん夜寝れなかったらしい…
38…38ですって…しかもちゃんと定期的な仕事についてるわけでもないし…



でかけてましたが、帰り道の車の中で

「ねえ…もしね、反対するっていったらどうする?」 と母は聞いてきました。


おじさんとの年の差やら仕事の問題やらその辺一番深刻にかんがえてきたのは自分だとおもいますが、その問題はいつも話あったり涙したり鬱めいたりしてて結局相談した結果「結婚しよう」までいったけど両親や現実から考えても13の年の差というのはとにかく深刻なものだ。

「私は○が幸せならいいとおもってるけどね…」

と苦そうにいう母をみて泣けてきたけどないててもしょうがないなあと思い
「私はいつでもどんな状態でも幸せではあるよ」 といっておきました。

別におじさんと結婚してもしなくてもこういう暮らししててもどんな暮らししてても、べつに幸せなんていつでもどこにでもあるもんだとおもうけどなあ。ていうか私は絶対幸せになります!っていってじゃ幸せになれなかったらどーすんの??口で言うのは簡単だよ??っておもってしまう。
もちろん幸せになれる確信がなきゃ結婚なんてしねーよ、とはおもうけどさ。

そして

「もし反対されたら、じゃあそれを認めてもらうためにどうしていけばいいか考える必要があるね」

と母におじさん的ないいかたをしてしまった。
このおじさん論法は非常に卑怯だよな〜現実なんも解決してねーその場しのぎの喋りはうまいんだよ39の斑目はよ…(おかあさんごめん39さいですよ)

ながいトイレ 

2006年04月02日(日) 1時15分
私はウンコにでかけていったいどれほど経ったのか…
最近日記を書く所が多すぎてどこにかいたものやら困ります。


そういえば占いをしました。怖い話ですが数年前に見てもらった同じ人に何の因果か見てもらうことに。
その時恋愛運を見てもらったのですが

「ハッ」 と鼻で笑われ 「ないわね出会いは」 となにいってんのお前ぐらいの勢いでいわれました。
当時の私はソーブルー 堕天使ブルー並にはブルーでした。
当時そのことを日記にも書きました。

多分こんな(記憶で抜粋)↓

おい…占い師…!!いいきるな…!!!IF系で言え…!!!


それから早二年、おじさんと出会い、婚約者まで出来ましたが何か?とおもいますがおばちゃんにこんどは結婚運を見てもらいました。

おばちゃんはいいました

「(開口第一声)…( ´ー`)フゥー...早いわね」
「あなたと彼には…不安が…」
「私があなたの親なら同棲は許すけど籍は許さないわね」
「三年持てば…(拍手するポーズ)」


愕然



結構いいこといったりかなりズバッっといろいろあててくれるおばちゃんでもあるけど
もう少し前向きに…!!!だからIF系でいえと…!!

とかかいてたけど 

2006年03月19日(日) 2時31分
いきなりよていはあやふやに…わかんないもんだなー

あした新宿いってくるかもしれません。デートかな?
いますごいうんこしたい(いってこいよ)

仕事 

2006年03月18日(土) 20時18分
今後やる仕事は多分そんなには長続きしない気がするので、終わったら移動交渉して
おじさんに原作考えてもらってマンガかけたらいいなあと思ったりしています。

もともとSF内容ではほんとなぜやめたんだ…!それ活かそうよ!!
というセンスを持ってるおじさんなのでそんなに古くなってない私の絵を使ってSFすれば
そこそこ注目とれそうなものが作れそうな気がするなあ。(ネームは監修してもらえば安泰だし)
つーかうまくやったらプチブレイクぐらいはできそうな気もすんだけど…うーむ。

おじさん未来預言書の話をやりたいといってたのでそれとかいいなあ。
(歴史の中の著名人はみんなその一冊の未来預言書を見ていたという話)

前はそういうのに不安あったけど、結婚するし一緒に居るんだし折角作家同士だし、
一緒に物作ったっていいんじゃないかな〜と思ったり。
うまくやらないとクリエイター同士の方向性で激しく衝突しそうですが(笑)
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mogumog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる