白髪は抜かない方がいいのか? 

August 24 [Sat], 2013, 12:59
黒髪の中に何本かの白髪が生えていると、どうしても目立ってしまうため、すぐに抜こうとする人がいます。しかし、白髪は抜いても問題はないのでしょうか。実は、白髪は抜かない方が良いと言われています。いくつかの理由がありますが、やはり白髪を抜いてしまうことで、毛根を痛めてしまうからだといえるでしょう。

通常1つの毛根からは、複数の毛髪が生えています。そのため、白髪だけを抜いたつもりでも、同じ毛根から生えていた他の髪の毛も、ダメージを受けることになってしまうのです。また、毛根には細胞があり、周辺の毛根と密接に繋がっているため、白髪を抜いた毛根の近くにある他の髪の毛が、抜けやすくなることも多々あるといえるでしょう。

一度抜けてしまうと、ある程度の長さになるまで時間がかかりますので、繰り返し白髪を抜くことによって、髪の毛が薄くなってしまう可能性も十分考えられます。

尚、白髪を抜いたからといって、二度と白髪として生えてこなくなるかといえば、そのようなことはありません。毛根にあるメラノサイトという色素細胞まで傷ついた場合は、複数の白髪が生えてくることも十分あります。

このように、白髪を抜いても良いことは何もありませんので、短く切るか白髪染めで対象することをおすすめします。


うつ病になる前に考えたい看護師の転職

白髪染め後の洗髪について 

July 28 [Sun], 2013, 15:46
白髪染めで髪を染めた後は、必ず洗い流しますが、この時に洗髪の方法を間違えてしまうと、髪の毛にかなりのダメージを与えてしまうことになります。また、せっかく綺麗に染まっていたにもかかわらず、台無しにしてしまうことも多々ありますので、是非髪の毛の洗い方について見直すようにしましょう。

まず初めに気をつけたいことは、白髪染めの染料が付いた状態でシャンプーをつけるのではなく、お湯が透明になるまで、綺麗に染料を洗い流すということです。

その後にシャンプーをしますが、最近は髪の毛を染めた後に使用する、専用のシャンプーが販売されていますので、専用のシャンプーを使用して最低2回は洗うことをおすすめします。

専用シャンプーを使用することによって、キューティクルを保護しながら髪を洗うことができますし、色落ちを防ぐことも可能です。通常のシャンプーですと、そこまで考えて作られていないことがほとんどですので、状態を長持ちさせるためにも使用した方が良いといえるでしょう。

また、あまりゴシゴシと洗ってしまうと、髪の毛を痛めることになりますので、優しく洗い流すようにすることも忘れてはいけません。このように、白髪染めを使用した後のケアも重要となってきますので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

看護師の転職活動。退職してから?

黒ニキビについて 

March 08 [Fri], 2013, 15:14
ニキビの初期段階でよく見られるのは、黒ニキビです。小鼻の脇などにできてしまい、不快に感じたことがある人は多いのではないでしょうか。また、小鼻の脇はどうしても皮脂が溜まりやすくなっているため、脂症の人は黒ニキビができやすいといえます。

特にメイクをしている女性は、こまめにあぶらとり紙などを使用し、余分な皮脂を除去することが、黒ニキビ対策に欠かせないケア方法の一つだといえるでしょう。

そもそも、黒ニキビとは、毛穴が詰まった状態の時に発生するものだといわれており、皮脂や角質の塊と言っても過言ではありません。そのため、毛穴が詰まるまで放置してしまうことがないよう、いつも毛穴を清潔に保つことが重要となってきます。

黒ニキビの段階で、いきなり膿を伴う赤ニキビになることはありませんが、皮脂の分泌が多い思春期であれば、大人よりも早い段階で赤ニキビへと発展してしまう恐れがあります。

また、大人の男性の場合は、スキンケアを行なっていない場合が多く、特に男性ホルモンの分泌が盛んな若い頃は、黒ニキビが発生しやすいといえるでしょう。このように、黒ニキビの段階で毛穴の汚れを除去することが、その後のニキビの進行を食い止めることにつながりますので、丁寧な洗顔を心がけることをおすすめします。


看護師の労働形態(日勤・準夜勤・深夜勤)

肌にハリがなくなってしまう原因 

December 27 [Thu], 2012, 14:16
肌にハリがなくなってしまう理由とは何でしょうか?それには、主に2つの理由が考えられます。

ひとつは、肌を支えるコラーゲンが年齢とともに少なくなっていくことです。

コラーゲンは化粧品や健康食品でも定番ですが、その機能とは何か、と聞かれるとすぐに答えられる人は意外と少ないのではないかと思います。

コラーゲンは人体にも元から存在するタンパク質であり、肌の真皮の約7割を占めています。
・エラスチンと共にお肌の水分を蓄えて、ハリとみずみずしさを保つ働きがあります。

肌に存在するコラーゲンの量が少なくなると、その機能まで衰えてしまうのをご存じだったでしょうか?

残り少なくなったコラーゲンはお肌を支えきれずに、たるんできてしまうのです。

ハリが衰えるもうひとつの原因は、表情筋の筋力が弱くなっていることが考えられます。

表情筋もコラーゲンと同じように肌を支えるのに重要な役割を果たしています。

年齢とともに筋力が弱まるのはもちろん、いつも同じような表情をしている人はその衰えを加速させてしまいます。

表情筋は普通にしていると全体の約3割しか使われていないので、将来たるみを作らないためにも意識してトレーニングしたり、表情を豊かにするよう心掛けなければなりません。


しわの大敵 乾燥対策

ルベルコスメティックス

白髪を予防しよう 

August 20 [Mon], 2012, 10:18
白髪は年齢を重ねるにつれて増えていきます。
根本的に白髪の数を減らしていく、というのは難しいですが、増えないように予防することはある程度できます。

白髪を防ぐにはまず規則正しい生活を送ることです。
栄養バランスの摂れた食生活を送ること、睡眠時間を確保すること、ストレスを解消すること、こういった基本的な生活習慣にプラス、髪の毛によいヘアケアグッズを使います。

栄養バランスの良い食生活に加え、さらに髪の毛の健康に必要なビタミン類、ミネラル、良質のタンパク質を意識的に摂取しましょう。
飽和脂肪酸を多く含む甘いものや香辛料、コーヒーなどの刺激物の摂りすぎはよくないと言われています。

睡眠は時間の確保とともに、成長ホルモンが多く分泌される時間帯として有名な、夜の10時から深夜2時の間に熟睡していることが大切です。
この時間帯に良質な睡眠をとっていることは髪の毛だけでなく、美肌にも効果があるのでまさに一石二鳥です。

ストレスの解消方法は人それぞれですが、白髪が気になってそれがストレスになってしまうのであれば、ヘアカラーをしてみるのもよいでしょう。
また、プロの手でしてもらうヘッドスパや頭皮マッサージも、たまのご褒美として受ければ、白髪と合わせてストレス対策にも有効です。

こうしてみると、白髪の予防は美肌、心身の健康にも効果がありそうですね!


アンチエイジングネットワーク

顔のコリを防ぐには 

July 12 [Thu], 2012, 11:44
顔のコリは代謝を落とし、むくみ、脂肪蓄積の原因となります。
顔のコリを防ぐには、日々の意識と積み重ねがとても大切です。

顔に限らず、体のコリは「歪み」から発生することも少なくありません。
ほおづえをつくくせがある、いつも同じ方向をむいて寝る、仕事中はほとんど同じ姿勢、といったことからも歪みは生じます。

また体の歪みは顔の歪み、コリにつながります。
足を組んだり、猫背になっていたり、体のどちら側かに体重がかかるような姿勢は、体の歪み、コリだけでなく顔の歪み、コリも招くのでぜひ矯正したいものです。

休憩時間やちょっとした合間を見つけて、色々な表情をつくって顔の筋肉をストレッチさせましょう。
どこでもできることなので、入浴中やトイレなどでするのもおすすめです。

かみ合わせの悪さや虫歯も顔のコリの原因となります。
歯の痛みなど特に異常がなくても、定期的に歯科検診を受けましょう。

さらに軽い運動やストレッチなどで体全体の血行をよくできるとよいですね。
なかなか難しいかもしれませんが、ストレスの解消もコリの解消と密接な関わりがあります。

上記にあげたようなことの実践は、小顔効果だけでなく健康維持にもきっと役立つはずです。


薬剤師の現在と近未来の予測

自分で出来る!白髪予防! 

June 13 [Wed], 2012, 11:43
薄毛や脱毛と同じように、白髪にも原因があります。
白髪が出来る主な原因は5つあり、遺伝、老化、生活環境、ストレス、病気が5大原因と言われています。
この5大原因で白髪になる前に、日常的に白髪にならない対策をすることが出来ます。

その改善策の一つは、『食生活の改善』です。白髪対策に限らず、頭皮を健康にすることが髪には重要です。
その為に最も良いとされているのが『コラーゲン』です。
元々肌の内部に存在していて、肌をキレイにする為に欠かせないものですが、それは頭皮にとっても同じです。

ですが、年齢と共に減少していくので、うなぎや豚足などを積極的に摂って補うことが大切です。
また、コラーゲンが体内から減っていくのを防ぐには、活性酸素を働かせないことが重要です。
その為には、ビタミンEやビタミンCのたくさん含まれた果物、野菜、ウナギなどを摂取することが大切です。

また、ビタミンEとマグネシウムの摂取は、健康な髪をつくる為にも必要です。
その他にも、鉄や銅を摂ることで血液を健康にしたり、タンパク質を摂ることで髪を太く丈夫にすることが可能です。
このように白髪を予防する為には、普段の食生活をバランス良くし、髪を健康にすることを心がけましょう。

そして、日頃から『ストレス』を溜めないことも、脱毛・白髪対策には大事なことです。
女性はダイエットをしている人も多く、それがストレスに繋がることも多いので、気を付けなくてはいけません。




http://www.criticarehospital.com/