ひさびさ。 

2007年03月02日(金) 0時17分
すっごい久しぶりに更新しちゃおー。

いきなりですが、コーヒーに豆乳って超合うね!
「豆乳入りコーヒー」って聞いて飲んだら豆乳くささが気になる人もいるかもしれないけど、「パリではやってる【ジェンヌコーヒー】日本初上陸!」って売ってたら高級な味に感じるかもよ。いやまじで。
なんていうかコクがでますね。ハマりました。
ちなみに紅茶+豆乳もぜんぜんイケます。びっくり。

なんでこんなことしたかっていうと、最近マクロビオティックにちょっぴり興味があって、なんとな〜く肉類を減らしたり玄米を食べてみたりしてた。
マクロビオティックでは動物性のものは基本的になくてもいい、っていうスタンスらしいので、当然牛乳も飲まないほうがいいみたいなのです。
でもコーヒー・紅茶はダイスキだし(ちなみにこれもあんまりよくないみたいだけど)、飲むならぜったい牛乳いれないとヤだし、どうしよー・・・って思ってたときに豆乳が目に入ったわけ。

カチカチのマクロビ生活にするつもりはないので、まっ、当分これでやってみようかなーと思ってる今日この頃。

1/18,1/24 『朧の森に棲む鬼』 

2007年01月28日(日) 22時35分
すごい間があいちゃったよー。
書きたいことはいろいろあったのになんだか文にする気になれなくてねー。なんでかな。

ともあれつい先日『朧の森に棲む鬼』を観てきました。
いやあよかったー♪といっても、『朧〜』はわたしにとってメタルマクベスに続き二回目の新感線(新感染?)だったんだけど、内容的にはメタマクの方がよかったかな。でも音楽がよかったし(CDはもちろん購入♪)、なんつってもねー、24日は桟敷席での観劇だったわけよ。これがよかった!左側の8番ていう席だったから、舞台も遠からず近すぎずでちゃんと全体が見えて、そして客席は6つくらいはさむけど花道が目の前に!染五郎さんはもちろん役者さんたちがドドド!と走って通るのを間近で見られるわけです。

花道の終わりってカーテンみたいので仕切ってあるんだね。知らなかったよ〜。18日に観に行ったときは一階の一番後ろで、しかも右の方だったからその部分が全く見えなかったんだけど、役者さんたちが花道を通って出てくるときとか去っていくときに、そのカーテンがすばやく開けたり閉じたりされてた。そのときの「シャーッ!」っていう音がかなり激しくてなんかおかしくなっちゃった でも見慣れてる人には当たり前なんだろうな。

いやぁー。桟敷席超ハマったよー。靴脱いで好きな格好で観られるんだもん。最高に幸せ気分でした。
あっしかもね、お弁当つきのチケットだったの。イープラスでとったチケットだったんだけど、通常の桟敷席の料金に、特別にお弁当がついているっていうものだったらしいです。・・・となりに座った人が教えてくれた(笑)。普通はお弁当はオプションで、舞台が始まる前に予約するんだって。そうすると途中でこっそり持ってきて、席の後ろに置いてってくれるらしい。で、幕間に食べるんだって。

・・・ていうかね、お弁当が幕間に出されるものだってしらなかったものだから、何も食べずに行ったわけです。そしたらそういうことだっていうんで、しょうがないから始まる前に自分でもお弁当を1個買って食べて、1時間半後の休憩時間にまた食べましたよ。もうおなかパンパンー。でもこれがまた豪華でおいしかったの!三段重ねになってて、お吸い物付き。たいていその日の舞台にちなんだものになっているらしく、確かに人参が鬼の顔になってた!!(しかも超リアルでおどろき)。思わずお隣の女性に「これすごいですね!」って言ったら、毎回舞台にちなんだお弁当になってるんですよ、って教えてくれて、でもそのときにはすでに半分以上かっこんでたから、なにがどうちなんでいたのかを知る由もなく・・・無念。だってトイレ行かなくちゃいけないし。私にはトイレが大事なんだよーー。30分の休憩中に食べて、そしてトイレに行ってぎりぎりでした。ふー。

あー時間がないけどちょっとだけ。
わたしは「イチノオオキミ」がよかった。主人公のライ(染五郎)は徹底的に悪いヤツだし、他の人たちも自分のことばかり考えたり人をだましたりしていたけど、イチノオオキミだけは人間的で心が和んだよ。

もちろんキンタ(阿部サダヲ)は最高♪サダヲさん好きなんです。検非違使隊の歌も超楽しかったし。細かいトコだけど、シュテンをオレに譲ってくれよーって、体育すわりでしくしく泣くところがかわいかった^^。やっぱりサダヲさんはいいなぁ。生は初めてだったけどもっと観たい!

染五郎さんは確かに色っぽくて、徹底的に悪いところがかっこよかったけど、声とか演じ方はあんまり好みじゃないかなーと思った。なんか、伝わってこないんだよね・・わたしには。例えばマクベスのときの松たか子ちゃんみたいに、思わず演技にひきこまれてこっちまで涙が出てしまうような、そういうのがなかったんだよナ・・・あ。松ちゃんは妹だねそういえば(笑)。

だからね、DVDは「誰かがくれる」っていうなら喜んでもらうけど自分じゃ買わないかなー。見返したいシーンはたくさんあるんだけどねー。宝くじが当たったら買う。宝くじ買わないけど。

買い物三昧 

2007年01月07日(日) 22時52分
きょう、わたしは、てれびあんてなすいはんきしょうめいきぐらぐけいたいでんわをかいました。いっぱいかってしんぱいだったけど、だんだんなにもかんじなくなりました。こういうのを「らんなーずはい」じゃなくて「しょっぱーずはい」っていったりするのかなーとかおもいました。

・・・ていうか勢いって大事ね。
我々夫婦のいいところでもあり悪いところでもあるのが、とことん吟味してものを買うということです。だからなかなかモノが揃いません。1つのものを買うのにいくつものお店に足を運び、ネットでも調べまくるので相当な日数、もとい、年月がかかります。結婚して5年目だというのにご飯茶碗すらゲーセンでとってきた間に合わせのものをつかっている始末(これはひどすぎ?)。

今日のお買い物も、すでに今までに吟味を重ねつつ、すべて必要なものだったのにくわえて各店舗でたまたまいい店員さんにめぐり合えたのもあって、とんとん拍子で「購入!」「はい購入!」となったのでありました。

あー。気持ちよかった。

あけましておめでとうございまふ 

2007年01月06日(土) 14時19分
ああー年が明けてしまったー・・・
この時期が一番ヤな感じなのよね毎年。
お正月が去ってしまい、さみしいような焦ってしまうような。
いつもは1月いっぱいお正月気分をひきずってしまうので
今年はもう正月を忘れることとしよう。うん。

先月のM.Aの感想も書かないまま、今月は結構いろんな予定が待ってます。
「朧の森に棲む鬼」が2回。「スウィーニートッド」が1回。そしてIL DIVOのコンサート!母に連れられ無理矢理行ってきます(笑)。実はコンサートって今回が初めてなんだよなー。そういう意味では楽しみかも

今年もみんなが健康で明るく過ごせますように。
・・・あとたくさんミュージカルを観られますように(笑)。

明日は 

2006年12月20日(水) 22時18分
明日はM.A.♪3回目の観劇です。
今年はこれで見納めか〜。1月のベガーズオペラに始まり、しかしよく行ったな〜。何度も言ってますけど、あきれるほど飽きっぽい私が1年以上もちゃんと(?)観続けているというのがエライのです。えらいわーもぐらこちゃん。うふ。

て、うかれてたんだけど、TOMMYのプレオーダーがはずれた!えーん
TOMMY自体も知らなかったし、主演の中川晃教サンはなんだかちょっとキモチワルイし(ごめんなさい)、じゃーなんで観たいのっていったら、演出のいのうえひでのりさんが相当気合入ってるみたいで。いのうえさんのコメント読んでたら是非観てみたいと思いました。
しかも日生劇場だし。あとね、高岡早紀ちゃんとかROLLYとか出るんだって。見てみたい!高岡早紀ちゃんてどんな演技するんだろうー。歌も歌うのかな。
イープラスのははずれちゃったけどまた別のとこでチャレンジしてみよー。

プラナリア 

2006年12月18日(月) 20時53分
趣味は読書です、と言えるほど日頃から読んでいるわけじゃないんだけど、たまに波のように「読書期」が訪れることがあります。今がまさにその時期で、並行して3,4冊をむさぼるように読んでます。

きっかけはぷらっと寄った本屋さんで「プラナリア」というタイトルの本を見つけてから。山本文緒さん著。プラナリア自体が好きなんです私。むかし生物の授業で習ってからずっと、なぜだかわかんないけど忘れられない存在というか、気持ち悪いようで目が離せない、好きか嫌いかといわれたら断然好きな存在、それが私にとってのプラナリアでした。(その証拠に、ずいぶん前からIEの「お気に入り」にプラナリアについてのリンクが入っていたもの・・・。)

山本文緒さんの本は何冊か読んだことがあったはずなんだけど、今回ほど印象深く感じたことはなかったです。短編集だから読みやすいというのはあると思うけど、読み進めているうちにどんどんハマっていく自分がいました。「お、おもしろい!」「ああなんておもしろいんだ・・・」と、大げさなほど興奮しながら最後まで読み終えました。

なにがそんなにおもしろかったかといったら、多分、主人公が自分に似ていたからかナ、と思う。社会的に「ダメ」で「卑屈」な人物が描かれていて、「これじゃだめだとわかってはいるんだけど卑屈な態度をとってしまう」とか「人の親切に対して喜ぶべきなのに腹を立ててしまう」とか、細かいところで自分に重なる部分が次から次へと出てきて、おもしろいというよりも共感していたのかもしれません。とにかくあまりに面白すぎて、後日古本屋さんで文緒さんの本を3冊まとめ買いしました。

今はエッセーを読んでますが、ダメ人間っぷりがこれまた共感できる部分が多くておもしろい。「一日中パジャマ」とか「寝てばかり」とか「朝まで原稿を書いて起きたら夜だった」とか「外に出ない」とか・・・(さすがに結婚してからは「一日中パジャマ」はないけど)。
でもちゃんと仕事してるからえらいよね。

ちなみにほかに読んでるものは「博士の愛した数式 小川洋子(今日読み終わった)」「マリーアントワネット下巻 遠藤周作(ミュージカル関連で)」「ダイエットセラピー(ヒットした禁煙セラピーと同じ著者の本。古本屋で¥100で売ってて冷やかし半分で買ったけど結構おもしろい)」というところ。

献花じゃなくて献豚耳してきました 

2006年12月17日(日) 23時54分
ポチたまのまさおくんの弔問を、昨日今日の二日間受け付けているということで、今日、だんなさんと一緒に行ってきました。

今思えば「なんで私、ここまでしたんだろう?」と思わなくもない。このめんどうくさがりの私がよく行ったよなと、自分で自分に驚いてしまう。でも・・・とにかくまさおくんに会いたかったんだよナ。行かずにはいられない気持ちでした。素直で純粋で、食いしん坊で、やさしくて、そしてひょうきんなまさおくんは、見た目は全然違うけど亡き愛犬ボビーに似ている部分がたくさんあって、だから毎週まさおくんを見て癒された。まさおくんの−犬の−あの純粋さは、どんなに暗く醜く凝り固まった心も、あったかくときほぐしてくれるんだよね・・・。

テレビ東京のビルに続く細い道、そこはまさおくんが6年間におよぶ旅のゴールに通った道で、そこを歩いていくと突き当たりにうずたかく花が積まれた献花台がありました。その上に飾られたまさおくんの遺影を見たら、やっぱりポロポロと涙が出てきてしまいました。あの顔を見ちゃうとねー。くりくりの目にぼへっと開いたお口。あんなに大きかったはずのまさおくんだけど、もう骨になって小さな白い箱に入っていました。この「ギャップ」に慣れるまでって、精神的に結構キツい。「元気に走ってるまさおくん」と「骨」。ボビーのときもそうだったけど、「あのボビー」が目の前の小さな箱に入ってる「モノ」になっちゃったといっても、そうすんなりと理解できるものじゃないね。

生きて、動いていたまさおくんのイメージ。これが自分の中で薄まらないうちは、しばらくモヤモヤとした気持ちが続くんだろうな。つまりは、時間が経過するのを待つしかないんだな、きっと。

花を持っていこうと思っていたけど、「まさおくんなら花よりダンゴでしょ」と思い直し、駅のペットショップで豚耳ジャーキーを買って行きました。スタッフさんに「あとでほかのわんちゃんにあげてくださいね」と言ったら、「はい、だいすけに。」と言ってくださいました。

まさおくん・・・ゆっくりおやすみ。

む、無念・・・。 

2006年12月11日(月) 18時52分
やはり年賀状のデザインを先週のうちに、なんてムリだった。

・・・でも買ったもん。年賀ハガキ。



一歩前進。

よくあることだよね? 

2006年12月09日(土) 22時22分
昨日、おフロで顔を洗っているときに鼻の穴に指がズルっ!と入ってしまって超イタかった。
過去にも何度か経験があるけど、今回は間違いなく今までで一番思いっきり入ったね。鼻血が出なかったのは幸いと思ったら、フロから出て鼻をかんだらやっぱりでてた。んもう

ズルっと入ってしまったときのやり場のない怒りはどうしたらいいんだろうと思う。やっぱり自分が悪いのかな。でもそれは認めたくないし、昨日はとりあえずクレンジングオイルに恨みを集中させていた気がする。鼻の穴に石鹸の泡が入るのがイヤ!あーイライラするっ!

ところでこれってよくあることだよねぇ?
結構周りでも聞いていたつもりだけど、うちのダンナさんに言ったら「そんなのなったことない」とのことです。むぅ。。。

病院巡り。 

2006年12月07日(木) 22時29分
歯医者だの眼科だの、たまたまこのところ病院通いが重なっているので、ついでに気になっているところは年内に全部治してしまおう!と思い立ちました。
それで、夏からずっと気にしつつ忘れたフリをしていた婦人科に行くことにしたわけです。思ってるだけだと行かなくなりそうなので、否が応でも行くためにスグ予約を入れた。・・・ハーもう逃げられないゾ。

で、今日行ってきました。
しかし婦人科の診察を受けた後ってヘコむなぁ。。。前に一度だけ受けたことがあるのだけど、そのときと全く同じでした。放心状態っていうんでしょうか。待合室に戻ると、動きたくもなく、食欲もなくなり、ボーっとしてなんだかため息ばかり出ます。すごく痛かったとかそういうわけではなくて、ある意味「ショック状態」なんだなきっと。ああ・・・・・・心から終わってよかった。
ちなみにポリープとやらが見つかって、とってもらいました。診察中、「これ、とっちゃっていいですかねー?」と聞かれたんだけど、それを断る理由ってあんの?? 3秒くらい真面目に考えちゃったけどもちろんお願いしました。多分「あ」という間もなく、痛くもかゆくもなく終わった。
こんなの見つかるとも思ってなかったし、しかも簡単にとってもらえて行った甲斐があったぞよ

来週もー、歯医者とー、皮膚科とー、あと再来週もう一回婦人科に行ってー、眼科も行ってーそんで終わりかな。・・・っていやになっちゃうヨ!スタンプラリーでもあったらやる気出るのにな(出るか?)。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mograco
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:7月7日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
趣味はミュージカル鑑賞。
Mix犬ウメ吉くんとダンナさんの3人で暮らしてます。
Yapme!一覧
読者になる