ジーっと検分?しても奇石?に見える?

January 23 [Wed], 2013, 18:15
先日友達よりゆうパックで兵庫名産の大きな山の芋が配達されました。
友達はちょっと前に大切にしていた犬を失ったので、とても愛されていた犬の命日にと淡いピンクの花束をお慰めに送りました。
幼馴染の友達は愛おしかったワンちゃんの命日を覚えていた事にとっても感動してくれ郷里名産の山の芋を心を込めて発送してくれました。
BOXを開けると「何も無いよ?」其処に有るはずの山の芋が行方不明です!BOXいっぱいに細かいオガクズが詰まっていて其れを掘ると内側から奴?が出て来ました。
「ん?岩?」って思えるほど茶色くってゴツゴツした山の芋。


山かけ丼にする事しか頭に浮かばない私(汗)途方に暮れていると芋を取り出したオガクズの下に透明のOPP封筒が!!それを引き出してみると中に山の芋の小冊子が入っていて様々なジャンルのお料理が載っており思わず渡りに船(笑)と飛びつきました。
山の芋は、揚げても煮ても焼いても旨し!冊子の中のどの写真もヨダレが出そうなんです♪其れが私のヤル気に火をともし山の芋料理にのめり込んだ切っ掛けとなりました。
料理本を立ち読みしたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理のバリエーションの多さにとても驚きました。
寒い時期は牛乳多い目のホワイトソースに摩り下ろした山の芋をタップリとのせて陶板焼きにするとあっさりして滅茶苦茶美味です!他には無難ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
20種以上のレパートリーが増え、ファイルする喜びを知りました。
素材はシンプルなほど色々と挑戦出来て私らしさが出せやり甲斐がありますね!で、トドノツマリ分かった事は一番の人気メニューは簡単に焼くだけとか。


カナシイ!でも友達からのお届け物のお蔭で私の楽しみが一つ増え幸せです。
まだ3個残っているので、今日のランチメニューは一番人気の陶板焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/moekotakagi/index1_0.rdf