永遠の侍 

August 17 [Mon], 2009, 13:18
ごぶさたしすぎです、モエコです。



いま、私は晴れて大学生になり、
上京してとても充実した毎日を送っています。
いま現在は帰省中で東北にいますが(笑)



ちゃんと画像も載せて、国立大受験記もかこうと思っていたため
ここまで先延ばしにしていましたが…
おちついてかいてみようと考えてみると
どの国立大か特定されてしまう記述が多々あるため、
とりあえずはしょってしまうことにしました。



いまこうしていくつかの日記を見返してみると…
たった半年前の話も、とても遠い過去のように思えてしまいます。
けれども、やっぱりありありと思い出せるわけで…
確実に、その過去を通過してきたのはわたし自身なんだ。
いま東京でニコニコ笑っているわたしと同一人物なんだ。
そう感じています。



やはりあの一年はわたしの中に確実に生きていると思います。
あの一年で、わたしは自分の力だけで何かを成し遂げることを知ったと思います。
大学合格についてのことではありません。
両親の精神面・経済面での支えがなければ
わたしはいまの大学に通うことはできなかったからです。

そうではなく、じぶんの選んだことを成し遂げるということです。

あきらめたいときもあった、泣いてばかりの一年だった、
だけど今年はその一年ぶんの笑顔でいっぱいの人生を送っています。
それも、成し遂げたことによってじぶんが前進できたから。





前進できたのは、たくさんの人の支えがあったからでした。
感謝、感謝、感謝の嵐で感謝したいと思います。


あのときのじぶんを忘れないために、
このブログはしばらくとっておこうと思います。

見返すたびに、いとおしいほどに苦しみ精一杯のサムライがそこにはいます。



このブログを見守ってくださったかた、本当にありがとうございました。
モエコは、東京で、多くのものを得るべく、いまなお奮闘しています。

かしこ。

女を捨てるとはこういうことさ 

March 20 [Fri], 2009, 21:31

こちらのつづきです☆


試験会場最寄りの駅まで迎えに来てくれた兄といっしょに
帰りの新幹線をつかまえるために東京駅へいそぎます。
文字どおり、急ぎましたよ(笑)
新宿駅も東京駅も猛ダッシュで通りすぎていきました。
こんなとき、運動部やっといてよかったって思います。
ずっと走りっぱで正直ちょっとつかれましたけど…


しかも、奇跡的にまにあったものの
出発まで残り10分ほどしかなかったため
すっかりあせってしまって私、一度乗り場をまちがえたんですよ。
電光掲示板みたいなのを見ながら、行き先がないことに愕然。
『あれ!?帰れない!?』
と思うと同時に、乗り場をまちがったことに気づきました。
血相変えてダッシュで全然ちがうのりばにかけこむ妹を
兄はどーいうきもちで見ていたんでしょうね〜(笑)
電話までかかってきて
『なにのりばまちがえてんのやっこの!』
と半ギレで言われる始末…↓
一度のりばをまちがえたせいでますます時間がなくなり…



こうなるしかなかった。


前髪とかパッカリわれてても気にしない。いや、気になったけど気にしない。
汗めっちゃかいてても気にしない。いや、気になったけど気にしない。
も〜猛ダッシュ中の猛ダッシュ。
あやうく新幹線のがすとこでした…
しかも自由席のとこまでこぎつけたのに
どこもかしこも満席でまったく座れずに
通路をやたらぎゅうぎゅうのバッグとキャリーケースをかかえて
汗だくの暑苦しいカオで通りすぎていく。
内心はずかしかったですね(=_=〃)
だってそのあとあまりの汗だくぶりにたえきれずに
一度トイレにこもって心おきなく汗をふいたんですけど
そのとき鏡にうつったじぶんのカオ、ゆでダコみてえだったんですもん。
すんごいはずかしかった。


そのあとなんとか席を見つけてすわったものの
赤本見返したり答え合わせしつつ
落ち着かないままに2時間半を乗りすごしたのでした。
立ってても座っててもおちつきゃしません。
そしてその後数日も、つねに鼓動がはやくなりっぱなしのような
キンチョーした毎日を送るのでした……


***


以上が、私の浪人版東京受験記でした。
そしてその結果はというと…
しょっぱなに受けた1校をのぞき、3校連続で合格を勝ち取ったのでした。
どうして初戦ダメだったんだろ…
兄も初戦は緊張するからしかたないよ、俺もだったし。
なんて言ってましたけど、いまだにやっぱ、くやしいです(笑)
結局、国立には見事に敗れ去りました。
24日には、この合格私大からひとつ選びぬいた大学にかようため
上京することになります。
というわけで、我が家のパソコンに私のたくさんのイラスト画像を残していくと
兄に見られたときにとってもはずかしいので
ひょっとしてまにあわなければ国立受験記ははしょって
ブログをおしまいにしてしまう可能性があります。


そのときは改めてちゃんとごあいさつを載せて閉じたいと思います☆
では、国立受験記を載せられることを祈って…
東京受験記は、おしまい!!
ちゃんちゃん☆(笑)

見ろよ、これが東京ってもんだぜぃ 

March 19 [Thu], 2009, 18:38

だーいぶ更新が滞ってましたが
まだまだつづきます。こちらのつづきですよ☆


次の朝、最悪の気分で朝食をとります。
そのまえに、はやく目が覚めちゃって勉強してましたが、
気分はまったく落ち着かず、ネガティブなことばかり考えてしまいます。
正直に言います。この大学、いちばん過去問をこなさなかったところでした。
私が受けた私大4つの中で、数字でいったらいちばんむずかしいところ。
そして都心にある大学なので、アウト・オブ・眼中ってとこだったわけです。
私、田舎がすきなんですよ。
え。いま住んでるとこで十分田舎じゃないかって?
だーかーらー!なんですよ!(`□´〃)
あの景色がかすんでるトコとかいったら窒息死しますて!


ちょいと脱線してしまいましたが…
とにかく、4つのうちの4番目の私大一般入試で、
しかもこの時点で私は勝ち星を得てない確率が高いと思われていたので
崖っぷち中の崖っぷち状態だったワケです。
ストレスのために朝食がちゃんとのどを通ってくれないなんて
はじめてでしたよ。
吐き戻しそうになるんです。うーっぷって。
もうのどの時点で食物を受けつけていないかんじ。
キタナイ話でごめんなさいm(_ _)m
『なに。プレッシャーでごはん入んねえってか』
『…うーん…(_ _;)』
『…ったく、大丈夫だっつってんのに
と、ためいきをつく兄。
その切り返しを見て、『アンタは受かってっから言えるんだよ』
なんて、ちょっとムッとしてしまう私。
当人はいたって真剣なんですから。


なによりびっくりしたのは、会場最寄りの駅について
ぶわあーっと、人がいぃっぱいいたこと!!
こんなのはじめて見ました!
この前日の試験、帰りこそ大勢だったけれど
試験室ごとに帰る順番を決めて
小分けに会場の外へ受験生を出していってたため
受験者数はこの大学と大差ないのに
こうまですごい人人人の波ではなかった!!





帰りは、前日に受けた大学とは違って
たぶん、いっせいに放したんでしょうね。
キャンパス中もう人で埋め尽くされていて
『一度引き返して、人が少なくなってから帰ろう…』
と思って後ろを見やると、
もう動けない。戻ろうなんてもってのほか。
すごい…これが東京ってやつか…!!
いや、東京じゃなくてもありうるかもしれんが…!!
なんか、トカイってかんじがする…!!!!
そして、
みんなヘラヘラしたりニコニコしたりすまし顔したりしてるけれど
あの人もあの人も、ひょっとしたら落ちてるのかなあ…
この中からたくさんの人が消えちゃうんだ。
もちろん、私も例外じゃなく――

そんなことを考えながら、駅へと戻っていったのでした。


ちなみにこの日の試験の出来はというと。
4校中最高でした。
前日に受けた大学やその前に受けた大学の入試問題から
おんなじ知識を使って解けるものが2,3問出たんですよ!
でも、そのかわり毎年合格最低ラインが高くって…
一瞬『受かった!!』と思ったけど、そのことを思いだして
とても落ち着けたもんじゃありませんでした…
要するに、4校とも自信をもって結果待ちできる状況じゃ
ないままに終わったということですよ。
あとは実家へ帰るのみとなりました。
ラスト、帰郷編。つづく☆

かわらないきみがすきだよ 

March 03 [Tue], 2009, 18:40

前回のつづきです♪

朝食をとったあと、また部屋に戻って
ボーっとしたり勉強したり、テレビでいつも見ていたニュースを見たり
さいごには入念に忘れ物がないかをチェックし、ホテルをあとにします。
お昼ごはんをコンビニで買って、キャリーケースをひいて走る走る!
まだ朝も朝だったので、人も少なくて…
アスファルトをころがるキャリーケースの音が目立ってました…
ゴロラァァァァァァみたいな(笑)
でこぼこの道でアレひくと、えらいうるさいんですよね〜(笑)
最寄りの駅で兄と落ち合い、キャリーケースをあずけて
いざ出陣!!
電車もおぼえたし、スイスイ進みます。
そして、長蛇の列ができると聞いていた受験会場までの道のりも
私が早かったのか、それともみんなバスをつかったのか…
どっちが要因かはわかりませんけど、
信じられないくらい人がいませんでした。もうスッカラカン。
拍子抜けしつつも、静かな道のりを
ドキドキしながら、しかしクールダウンさせながら、
落ち着いた心持ちで歩くことができました。
受験会場に到着して、単語集を再度確認。
現役生をビビらすことができればなおよろし、とばかりに
ボロボロになった参考書や単語集をチラつかせる私。
いやー、性格悪くなったねー(笑)
あ、もともと悪いって??(笑)
でも、甘いカオしてられませんから!!
がけっぷちサムライですから!!
むしろ、サムライ優先枠つくってほしいくらいですから!!
悔いのないよう、火の玉と化してがんばる私。
体調最悪とか関係ない!!悔やむことがあっちゃいかんのよ!!


…と、完全燃焼で試験をおえた私は、
英語には自信をもてたものの(わりと易しかったんです)、
国語で出題された源氏物語がむずかしくて…
コレ言っても、大学そんなに特定されませんよね?(笑)
主語がだれなのかすんごいわかりにくくって、
自信をもてるほどではありませんでした。
さらに言うと、日本史もあまり手が回らなかったテーマが出てしまい
前回の2度の試験がフラッシュバックしてくる思いでした。
もう、負けた…っていうあの2回がトラウマにすらなっていました。
もんもんとした気持ちで駅へ戻っていきます。
それにしても、受験者数の多いこと!
この中で受かる人がひとにぎりなんだろうな…って思うと
莫大な人数がスコーンと落とされるおそろしさにビビりました。
もはや集団下校みたいなかんじになっているのですが
前を歩くたくさんの受験生を、そんなことを考えながら見ていました。


日をおかずに、次の日は私大最後の試験をむかえます。
そして、こんどは兄のアパートに泊まりました。
会場、兄のアパートからわりかし近かったんです。
去年もおにーちゃんの家から行ったなぁ〜としみじみ。
でも、受験校のレベルが大幅アップになったことに
やはり去年とは私、ちがうのだ!ということを同時に感じたり…
兄の指定した駅まで、ひとりで行ってみることにしたのですが
のりかえが何度かあって、快速の電車がそこに止まらないとか
いろんな不安材料があったので、兄は相当心配してたみたいです。
なのに私ってば電車に乗ることだけに一生懸命で
いっさい連絡を入れずにいたら、
『何してんの迷ったの
『頼むから返信してくれ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
心配になってきた↓↓↓↓↓↓↓↓↓
という、兄には珍しく取り乱したメールが届いていました(笑)
不在着信も何件も入っていたのに、まったく気づかなかった…
それに、満員電車でずーっとぎゅうぎゅうで立ってたし。
東京、あいかわらずごった返してました。


駅に無事(?)到着し、近所のスーパーへ同行♪
しかし兄いわく
『俺ここいっつもゆきちゃん(仮名)と来てるから、
今日他の女つれて来てるって思われたくないんだよね〜…(汗)
俺このスーパー1000回くらい来てっから、顔完全に覚えられてるし』
…というわけで、離れて歩くことに(笑)
もう、兄妹にも恋人にも見える歳になっちゃったからなぁ。
そして兄が買い物しているあいだは、ベンチにすわって
試験の復習をしていました。
そうしたら、日本史で『うーん、コレだったっけ…??』
なんて、自信がなかった箇所がほぼ正解していたため
『もしかして…いったんじゃねーのコレ!!??』
と、ひとりテンションが上がる私。
そのあと、結局兄があきらめて私をつれて歩き、
スパゲティーのソースどれがいい?って選ばせました。
好みのものを選ばせるために、妥協したようでした(笑)
ペペロンチーノを選ばせてもらい、家に帰宅します。


あとは兄がチャッチャと準備してくれて、
わたしは一日のつかれがドッときて
(座りっぱなし歩きっぱなし立ちっぱなしで…)
こたつで暖をとらせてもらいながらボーっとテレビを見てました。
あいかわらず体調が悪い…
しかし、やはり食事は元気にとれるゲンキンな私(笑)
強いんだか弱いんだかわかったもんじゃありません(笑)
食事をすませたあと、彼女サン・ゆきちゃんの写真を見せてもらい
可愛い可愛い連呼しながら見入りました。
だってほんとに可愛いお姉さんなんですよ
いやー、うまく結婚までもってって、
ぜひ私のお義姉さんにしてもらいたいとこですね!!


そしたら兄が、いつもやってるサッカーゲームをはじめました。
『きょうはもう勉強できねーべ。はやくお風呂入りな』
と兄らしいセリフをはく一方、テレビの画面には…



チーム ウンコ。
そうです、今にはじまったことじゃありません。
兄はむかしからウンコとかワイセツとか…まぁこれ以上は言えないのですが
小学生の男のコが単発で言ってよろこぶよーな、
そういうネタがだいすきなんです。そして、未だに。
そこはホントにむかしっから変わらない。


そのあと、寝る前に兄妹ふたりで将来のこととか話したり
受験についてのまじめな話をしたりしたんですが
こっちのエピソードにかすんでしまってるのでかきません(笑)
こうして、夜は更けていくのでした…。
つづく☆


そしてひとりになった 

March 01 [Sun], 2009, 19:56

前回のつづきです♪

昨年同様、東京駅で兄と合流し、ガイドをたのみました。
『荷物ほら、持ってやっから』
といってあたしが重い重いと思っていたキャリーケースを
ひょいっと持ち上げてしまう姿に感動(笑)
さすが趣味が筋トレなだけある(笑)
男のコってすごいんだなぁ…
まあそんなこと思ってるヒマもなく移動、移動。
とりあえずコインロッカーにキャリーケースをしまって
まずは受験会場の下見へ行くことにしました。
何回かのりかえをして、だんだん要領をつかんでいく私。
…というか、兄の説明のおかげなんですけど(笑)
下見がおわると、コインロッカーからケースをとりだして
こんどはホテルにむかいます。
当初、家族がひとりついてくれる予定だったのですが
母は
『おかあさんじゃダメダメ!!だって道に二人で迷っちゃったらどうするの
ダメ、絶対イヤ!!おかあさんのせいで〜とかなったらやだもん』
と、かたくなに拒否。
『おとうさんに行ってもらったらいいじゃない』
という提案がでたのですが
『イヤ!!ややや絶対ヤッ!!(≧□≦)
そりゃおとーさんには申し訳ないけど、あの、でも…
おとーさんと二人だけで同じ部屋泊まるなんて絶対イヤ!!!!』
と、こんどは私が猛然と拒否したため、
『じゃあおにいちゃんに行ってもらったほうがいいかな』
……まったくもって不思議なんですが、兄だと平気なんですね(笑)
私は首をたてにふったわけですが、今度は兄が
『えー!?何ソレ意味わかんねーよ、なんで俺まで泊まる必要あんの。
朝迎えに行けばいい話でしょ。俺のぶんまで予約とる必要ねーよ』
とアッサリ拒否したため、
なんと私、ひとりで泊まることになりました。


…イヤイヤ、“なんと”って強調するほどのことじゃないだろう。
とお思いのかたも多いかと思いますが…
私ホテルに泊まることすらそんなになかったのに、
超都会のど真ん中、のホテルにひとりで宿泊なんて
そらもー緊張はするし、不安なものだったんです。
それに仮にも女のコだし☆(オェッ)
夕ごはんのサービスはないから、
イヤでもひとりで夜を歩かなければなりません。


それにもっとひどいことには、携帯電話がつながりにくいこと。
ホテルの部屋によっては圏外だとかなんとか…
ヘタすると、一切の外部からとの関係をたたれるわけです。
このへんで、私モエコ、すでになんとなくイヤな予感がしていました。


『おし、じゃあ明日の朝駅にむかえにくるから。
そのときキャリーケース受け取るからね。んじゃね!』
笑って人波に消えていく兄。さて、とうとうひとりになってしまった……。
東京も東京ってかんじのホテルの周辺。
私は気がつかなかったんですが、兄いわく
ここまで来る途中、ヤラシイ店も相当あったらしい…
そんな怖い街に、あたしひとり!?
イヤ、大丈夫だ、やるしかない…大丈夫大丈夫。
そういいきかせて、チェックインに向かいました。


チェックインを済ませて部屋に到着。なるほどせまい。
ビジネスホテルってこんなかんじなんだぁ〜…へぇ〜。
…と、ひととおり感動したあと、いよいよヒマです。
勉強しようと、机にむかって座ってみると、
信じられないくらい音がない。
すんごい静かでした。静かすぎる。
文字どおり、シーンというかんじ。
こりゃあしゃべったら隣まで丸聞こえだろうな…しゃべる相手いないけど。
相手…そうだ!ついたらまずは家に連絡を…

“圏外”。

なんどみても、“圏外”。

うわー!!この部屋圏外ルームかよー!!!!(´□`lll)
いちいち外出なきゃ連絡とれねぇのかよー!!!!(´□`lll)
でも外こわいし。刺されそうだし。
…しばらくしてわかったことなのですが、
この部屋はときたまアンテナが立つこともあるのです。
しかし、それはつかの間で、その間にすませてしまわないと
再び圏外に戻ってしまったとき、また次の機会まで
とてつもなく長い時間を待たなければいけなかったのでした。
いま振り返ってみても、あの日の私にはコレが何よりキツかった。
私、もともとさびしがりやなんですが
なんせこの部屋は生きてる気配ゼロだし、音はないし、
前回のとおり、私の精神状態はズタボロだし。
そんな状況じゃたったひとりなんてツラいなんてもんじゃないですよ。


案の定、夜になるにつれてどんどん心はしめつけられていきます。
夕ごはんはコンビニですべてそろえました。
しかし我ながらえらいなーと思うのは
そんな元気ないくせに、栄養バランスはしっかり考慮してること。
お昼ごはんがコンビニのおにぎり2コだったため
『炭水化物ばっかりじゃダメだな…今日は野菜不足だから…
ひじき・きんぴらごぼう…おぉ、どちらも100円、リーズナブル♪
でも熱もしっかりとらなきゃな。チャーハンにしよう』
とかいろいろ考えて。
こんだけ食に一生懸命なれりゃあまだ元気な証拠ですよね(笑)
でも、こんだけしゃんとしてたのは、
ひとりだってしっかりしなきゃ!っていう気負いがあったからなんです。


ホテルで歴史物のテレビを見ながらもくもくと食事。
このときもすでに心細くてつらくて、
もうじぶんが全敗することばかりかんがえて、
あいかわらず圏外になっている携帯を何度も見ては
悲しくてためいきをついてました。
励ましてくれる人も、ハッパかけてくれる人もいない。
ちょっと会話をすることすらできない。
ずーっと黙って、音のない部屋にいることしかできない。
どんどんどんどん暗くなる気持ち。
そしてフッと前を見ると、机はドレッサーにもなっていて
鏡が私の今にも泣きそうな顔ばっかり映し出してしまう。
赤本を解き直してみるも、半分くらいもはずしてばかりで
(3年分すべてこうなら、本番だってきっとこうなる…)
という考えがなんども頭をよぎって、
もうもうつらくてつらくて、泣いては立ち直り、そのくりかえしでした。
鏡のじぶんに向かって
『あきらめちゃダメ。まだはじまってもないんだから…
泣いてばかりじゃダメ、だいじょうぶ、なんとかなる!』
ってたよりなげな声でつぶやいては、再度問題に向かって。
鏡に向かってしゃべるとかイタすぎるなんて言わんでください(笑)
今思うとちょっぴりはずかしいですが、それほど追いつめられてたんです。
そんな乙女ちっくなこと、生まれてはじめてしましたよ(笑)


そうこうしているうちにすっかり夜になり、
お風呂をすませてベッドに入ります。
中学のジャージのズボンに古着のトレーナーという
ホテルらしからぬ出で立ちで(笑)
だって準備されてた寝まき、薄すぎるんですもん!!
ついでにいうと、冷え症の私にとってはふとんも薄かったし!!
すっかり覇気をなくした顔でグタリと寝転がると…
暑い。
暑すぎる。なんだこのふとんは。特殊加工でもされてるのだろうか。
あんなうっすいのにやたら暑い。眠れない。まったく眠れない。
ついには私の全身が熱くなり、もう眠るどころではなくなってしまいました。
(そうか、このかっこうが厚すぎるんだ。トレーナーぬごうっと)
汗ばむ段階にまでなってしまったので、すでに時遅し。
しばらく暑さで眠れませんでした。
たぶん1時間くらいもがいていたと思う。


おまけにこんな精神状態ですから、真夜中に何度も目が覚めました。
毎回ハッキリと、目が覚めるんですよね。これがおそろしい。
そうやってよく眠れなかったツケが昼間にまわってくるんですから。
このせいで試験に失敗することをおそれたものの、
とうとう朝になってしまいました。


まだ時計は5時をさしています。
でも、もともとこの時間に起きる予定だったので
眠れてなくたってしかたありません。
…と?



おかしい。寒い。寒すぎる。
そうか、こんなロンT一枚でこんなふとんに寝てたんでは…
いや…でもあんなに夜は暑かったじゃないか、ふとん。
ふとんはフェイクだ。熱かったのは私自身だ……↓↓
震えるからだで分析してみました。
あれだけ緊張状態になっていたら、からだが熱くなるのもうなずける。
そして、冷えないうちにと、お風呂上がりの直後にふとんに入った、
それが決定打だ!!あーなにがふとんの特殊加工だよ!!(泣)
東京はあったかいからなんだ!!とか思ってたのもまちがいでした。
朝はふつうに寒いです。
そりゃそうだ、暖房器具いっさい使ってなかったし…


そんなこんなで、体調最悪のまま試験に向かいます。
しかしまた食に関してはエネルギーを発揮。
ロビーでの朝食サービスではしっかり
『考えることはエネルギーを使うから、元気なくてもしっかり食べなきゃ!』
と、炊き込みごはんのおにぎりふたつと、おみそ汁をいただきました。
なんだかんだいって、元気だねぇあたしも(笑)
長文、すみませんでした
つづく☆



キズだらけのサムライ 

February 27 [Fri], 2009, 18:06

どうもごぶさたしております。モエコです。
2月26日。この日をどれだけ待ちわびたことか。
そして、どんなにこの日までがあっというまだったか。
信じられない。もうおわったんですね、戦は…
…とまあ、しみじみしてはみましたが
正確にはすべてが終わったわけではないんですよね(笑)
そう、26日におわったばかりの国公立前期試験ですが
合格発表は3月9日ですもんね。
その日までは完全にスッキリしないかも(´−`;)
でも、戦わなきゃならんのは、きのうまででおわりっ!
きのうの午後から今日は、の〜んびりすごしています。


さて。
そこで、私の浪人版受験記を載せたいと思っています。
やっと一段落してあとすこしはのんびりできるので
記憶が定かなうちに、書き残しておこうかと(^ー^*)
現役時の東京受験記も見返してみたんですけど
今年とプレッシャーがまったくちがうなぁと思いました。
それもそのはずなんですよね、
去年は勉強ほぼしてないんですから
裏切られるモノというか、失うモノがなにもないので(笑)
受かればもうけもん、というかんじでしたね…
だから浪人版受験記は、昨年度のものとはまた
ちがった趣があるんじゃないかなぁと思ってます(^∪^)
ではさっそくいってみまーす!


*****


『帰りのぶんの乗車券もなくさないようにな』
『うん!』
『お昼ごはんそれだけで足りないんじゃないか?』
『いいの、お昼はこんなもんで。じゃ、いってきます!』
ふう、あれから一年か……。
まだ去年の東京受験の記憶は鮮明なのに…
一年はやすぎたなぁ〜〜…
そんなことを考えながら新幹線に乗り込む私。
これから、私立大のうち残る2校を受験しに、東京へ。
去年同様、窓側の指定席をとってもらって
単語集をながめつつ外をちらっと見やります。
外は晴れてるのに心はずっとくもったまま…。
それもそのはずです、
この時点で私はいままでの試験に大敗しているはずだったのですから。


この前日、私は2校の私立大学一般試験を終えたところで
どちらもぱっとしない出来におわっていました。
1校目は、4つ受ける一般私大の中では最も志望順位が低く
でもぜひ勝ち取らねばと思っていたところでした。
2校目は、兄も通っている、あこがれの大学。
絶対にとらなきゃ死ぬ、と思っていたところでした。
私はこの一年がんばってきたとはいえ
日本史の勉強が失敗に終わって苦しい状況であるうえに
英語も確実な得点源にはなりえないという
たよりない要素ばかり兼ねそなえていました。
なので、ナメてかかった大学はひとつもないどころか
ナメることすらできない実力ですべてに挑みました。
そして見事に散った――――
1校目は、なぜあんなにできなかったのか
いまだにわからないくらい、英語がさっぱりダメでした。
試験がおわるとともに負けを覚悟しました。
ここを落としているようでは、もう勝機はない……
そんな気持ちでいっぱいになった私は
センター利用で出した私大が受かっていたことがわかっても
すなおに喜べないまま。
一日おいただけですぐ2校目の受験です。
もはやのびしろはほとんど見込めないのだから、
日をおかずに続く4校の受験すべてに負ける…
――全敗――
この文字がくっきりと浮かんでいました。
そして2校目受験前夜、狂ったように勉強したあと
そろそろ寝なさいと心配してやってきた親に向かって
こらえきれずに大泣きしてしまいました。
『だってあたしこんなんじゃもうどこもダメかもしれない!!
なにが本番で助けてくれるかわからない、だから勉強するの!!
こんなにがんばってきたんだから報われないなんていやだ、
ぜんぶダメになっちゃったらあたしもう耐えきれない!!』


もうあまりの悲しみように、父なんかは怒ったように部屋を出ていきました。
母も『じゃあ寝ないで行って全然力が出せなかった、とかなったらどうするの』
と、いらだった口調で言っていました。
あとからきいた話、ふたりとも、あまりの哀れさに
見るに堪えなかったからそういう態度になったんだとか…。
でも、いままで生きてきてこんなにつらかったことはなかったんです。
やっと目覚めてこんなにがんばってきたのに
納得もできない結果で終わるなんてもう考えられなくて…
そうして、泣きはらしたタイヘンな顔で受験に行きました。
ただでさえ受験ってプレッシャーがかかりますけど
絶対にコレは落とせない!と思っていたため
あんなに泣いた姿はどこへやら、冷静に事を進めました。
英語はそれなりに読めたし、国語は問題ナシ。
あとは…日本史…これがある程度とれれば受かる!!!!
そう確信したあとのことだったため、
思うように解けなかったことが大ショックでした。
記述でいくつも『あ…テキストで見たぞ!…なんだったっけ…』
ということがあったので、もう終わりだと思い、
試験終了で部屋を出る瞬間から泣いていました。
声は出さなかったし見られないようにしたけど…
涙がじわじわきて、つらさでいっぱいで(_ _。)
『数学むずかしかったよな〜!』
とか友達とにこにこ話している人たちのわきをすりぬけて、
はやく一人になって遠慮なく泣きたくなってしまいましたが
幸か不幸か父が仕事の帰りに寄ってくれちゃって…
車の中ではじめは呆然としていましたが
しだいにつらさが重くのしかかってきて、声を殺して泣きました。
くやしい。悲しい。つらい…。
そうして家に帰ってからは大爆発。
信じられないくらい大泣きしました。幼い頃に返ったみたいに。
もう何年もそんなことはなかったけど
母にすがって泣きました。
母は、
あたしの一年を返してェ!!
という一言は特に、胸にずーっとつきささっていたと話してくれました。
どうして!!こんなに報われないの!?
そんなことばをずっと叫んではギャーギャー泣いてました。
我ながらはずかしい…。でもそんなこと思えるのは今だからです。
泣き損でした。受かってたんです、その2校目。
どうやって受かったのかよくわかりませんが、
思ったより日本史がひどくなかったのかもしれないし、
国語で相当カバーしたのかもしれないし、
とにかく、何度確認しても、受かってました。
パソコンで確認したんですけど
ディスプレイの前で『キャー!!!!』
サルのごときおたけびをあげたほどうれしかったです。
同時に拍子抜け。あの日の涙はなんだったんだ…。
親にあんだけ心配かけて、なんていう親不孝娘。
まあ、それは後日談。
時間軸が前後しましたが
その、2連敗したという悲しい確信をかかえたまま上京したのでした。
つづく☆

サムライカモミール 

January 18 [Sun], 2009, 23:57
※とんでもない長文で、モエコをよく知るかた以外の方々にとっては
全然興味のもてないお話になってしまっていると思います。
もしかしたらよく知るかたもイヤかもしれませんが…(笑)
ひさびさの更新のくせにたいへんつまらない内容になっています。
でもモエコのきもちを吐露したものなので、そのままのせます。
それでもOKでしたら、ぜひ、よんでね!ねっねっ(≧▽≦)ノシ



おひさしぶりです。
きのうきょうと、センター試験でした。
まだ自己採点はしてません。
したいんですけど、明日朝にでも…します。
そんななんで、まだなんともいえません。
けども…うわ〜やっぱ…なんもいえねぇ〜(笑)
北島康介さん意識してみました☆(笑)
でも、全力投球してきたことだけはたしかです。
一年をとおして、基礎からちまちまやったことも、
ときには少しだらけてしまったことも、
初日からあまりの数学のむずかしさに泣いてしまったこともあったし
電車の中で、4月当初どころか春休みから
単語や熟語の暗記をしつっこくやってきたり
そういうことぜんぶひっくるめた実力というか…
あたしのできるかぎりのことをしたはずです。


あんなにがめつくなって問題にとりくんだことなんて
おそらく去年のセンター試験のどの教科でもなかったし
ギリギリまで、1点でもいいからほしい!と
参考書やノートをゴオオと燃えながら見返してました。

正直、ほめられた一年ではなかったと思います。

あたしの素性を明かしますと…。
日本列島のわりと北のほう在住。
ちなみに、成績はいつだかビリ2を記録した
都道府県でトップバカに入ってしまうところです。
当然、あたしを含め生徒の成績は…ひ、悲惨です…。
そこの、どう考えても偏差値から言って進学校とはいえないのに
昔の栄光をひきずって進学校といいはっている
のどかでビンボーな高校出身です。
中学もとてもレベルが低いところでした。
ヤンキー・ギャルが90%を占めていたと思います。
地域でNo.1の大荒れ中学といわれていました。
余談ですが、そのためあたしは中学が大嫌いで
ストレスのあまりほっぺがけいれんしたりもしてました。
まぁ、たいせつな友達はちゃんといっぱいいましたから
たのしく過ごせなかったワケでは全然なかったんですが…

さらにいうと、はじめて英単語集を買ったのは
高3の1月でした。
…ん?(笑)
センター2週間前くらいですよ…(_ _lll)
数学はほんとにダメ。英単語・英熟語サッパリわからん。
生物・日本史・政経なんて暗記物は壊滅的。
模試は受けてるけど当然ほとんどぶっちぎりのE判定。
数学においてはいつだか偏差値30代を記録しました。
現役時のセンター試験の点数を、おしげもなくさらしてみます。

国語…162点
数学@…64点
数学A…32点
英語…108点
リスニング…32点
生物…52点
日本史…63点
政経…48点


じぶんで打ってて驚きました。ひどいにもほどがある…
この一年このブログを見守ってくれていたかたもたぶん
『ここまでバカだったとは(汗)』
とあきれかえっているのでは、と心配です。
イヤ、おそらくそうでしょう…でもまぎれもない事実です。
赤本はほぼ解かずに受け、2校をぬいて全落ち。
その2校は、あたしは大学としては認めません(笑)
あそこまでまったく勉強しなかったあたしで受かるなど論外です。


あたし、まともに勉強するのなんて中1以来でした。
だからなのか、要領はわるくって、
秋ごろに『春休みにアレじゃなくてコレをやってればよかった』とか
『夏休みはムダな時間の使い方をしちゃったかも』とか
いろいろうまくやってこられずに、後悔することのほうが多いです。
中1以来ときいてびっくりされたかたもいらっしゃるでしょうが
コレはほんとです。
中2になると同時に、ゆとり教育の影響だったか忘れましたが
順位公表を廃止したんですよね。テストの。
そしたら、そのとたん張り合いがなくなって、
ぱたっと勉強をやらなくなったんですよ。
あとは生徒会執行部に入ったことで
生徒会活動に熱中したこともかなり起因してます。
けど、熱中したことに後悔はしてません。
むしろ、いまでも色濃く思い出として残っているキラキラした時代でした。


私、じぶんで言うのはおこがましい気がするのですが
小学生からずっと、優等生キャラできていました。
覚えは早いしなんでも人並み以上にはこなすし
まじめで責任感が強く、リーダーシップがあり
だれとでも仲良くする、バランスのとれた子でした。
うわー、なんかナルシストみたい(笑)
でも、これ、もう別人のように思えるから書けるんですよ。
勉強も好きで、小2にして毎日自主勉ノートを先生に提出し
『モエコちゃんは本当にすごいね!!』
なんてほめてもらって、それがうれしかったんですよね。


中学生時代においては、順位公表廃止以来は
テスト勉強は3日前くらいから。
60点代とっても、ヘコむけどだからといって何か変えようとはしない。
…とかいう、まさにバカ一直線。
ただ、いまの国語の成績の異常なよさは
生徒会副会長・生徒会長として
たくさん文章を書かされたことが生きてるからじゃないかなぁ
と思っています。
けれど、それ以外の教科がどんどん壊滅的になっていったのは
あきらかにこのころからの勉強不足が原因です…×××
うぅ、あのころのあたしをドロップキックで一撃したい!!!!


そんなあたしは、日頃の生活態度だけはSクラスだったため
生徒会長もやってたこともあって
おそらく内申点だけで高校に推薦入学しました。
試験は口頭試問とかもありましたが、英語相当ハズしてたはずだし(汗)
高校では本当にいろいろありました。
友達がいない期間のなかったあたしにとって
部活で完全に孤立させられてしまったことは本当にこたえました。
しかも、じぶんには特に非がなかったので
どうしてあそこまでのツラい思いをしいられたのかいまだにわかりません。
それでも、悔しいから部活をやめたりはしませんでしたが。
人間の汚い面をイヤというほど見せられたときだったな…(_ _;)
いろんな人に裏切られるしですっかり気持ちは暗くなって
なんにも手につかず、ボーっと部屋で哲学的なことばかり考えて
あいかわらず勉強は高1の途中で挫折したまま…
高校こそはがんばる!って思ったけど、どうしてかまたダメに…。


そんなかんじできたけれど、今思うのは
『いままでじぶん自身で人生を生きてこなかった』
ということです。
いつか父が、
私が中学生のころよく言っていた
『大人になんてなりたくない。3歳のころに戻りたい。
ずっとその歳でいられたらどんなにか幸せだろうと思う』
という発言を心配に思っていた、と告白してくれました。
前を向いて生きる気持ちがないんじゃないか、
先へ進もうという気持ちがないのではこの先心配だ…
と思っていたそうです。
その心配どおり、あたしはその心持ちのためにこうなってしまいました↓
いままでの人生、ぜんぶ他人事だったと思います。
高校もなんとなく決め、なんとなく、なんとなく生きてきて
なんの目標もなく、競争意識もさほどなく、
パッションのない空っぽな生き方だった気がします。


けど、いまはじぶんの人生に本当に参加してるってかんじがする。
こんなにじぶんの人生に一生懸命になったことなんてなかった、
選択ひとつにここまで苦しんだり迷ったりしたことなんてなかった。
こんなに勉強をがんばったことなんて5年ぶりくらい。
それも、じぶんが次のステージに進むためにがんばったという…。
好きな小説に、よしもとばななさんの『TUGUMI』があるんですが
そのあとがきに、『ラストシーンはいままでのつぐみの“死”だ、
つぐみはこれからやっと生の人生を生き始める』
といったようなことが書かれていて
今のあたしを言い表すのにその表現がしっくりくるんですよね。
甘ったれて、じぶんのために一生懸命生きてこなかった
他人事の人生に終止符を打って、
やっとじぶんだけのドラマを、じぶんが主人公になって
一生懸命つくりあげている、そんな気がするんです。


人生はホントに、じぶんが創り出すドラマみたいなもので
みんなそれぞれにカベにぶつかったり悩んだり、
喜んだり泣いたり立ち止まったり、いろいろな局面をむかえながら
そのひとなりに、波瀾万丈な人生を送っていて
その人生のすべてがたったひとつしかないドラマで
…うーん、あたし少し前まで
つらけりゃだれかが助けてくれる。救いがある。
それが当然だと思っていました。
自分が人にとってそういう存在でありたいといつも願っていたから
そのくらいの思いやりをもつことは当たり前だって。
だからホントにつらかったときに
みんな冷たい、こんなになってたらだれか助けてよって
心の中で要求していたわけなんですが
自分の基準をほかの人におしつけるべきではないし、
それになにより、みんなの人生がどれも
ものすごく大切なものなんだから、しかたないじゃないか!
ということに気がつきました。


だれだってじぶんの人生を生きるので精一杯で
毎日がドラマのたいせつな1コマ1コマなんだから
他の人の人生にまで一生懸命になるのはたいへんだもんね(汗)
みんなじぶんのドラマをめんどう見るので精一杯なんだから
じぶんだけのために世界は回ってるんじゃない、
みんな悩んだり苦しんだりもして、みんなたいへんなんだよ…
甘えてばかりじゃいけないんだ。
ということを思って。


じぶんが人生の主人公だって、どうしてやっと気づけたのか。
まちがいなく、この浪人期のおかげでした。
遠回りに見えるのはそうでしょう。でもムダなんかじゃありません。
いつよりも濃い一年を過ごしました。
すぐ泣くあたしですが、ほんとによく笑う子でもあって、
けれどこの一年ほど笑うことが少なかった年なんてありません。
でも、あえて苦しむ道を選びました。
甘ったれて、ある程度の中途半端な才能だけで
なんの努力もしないでポンポンときたあたしは、
このままじゃろくな大人にならないだろう、
一度は次のステージに進むために苦しまなくては
うすっぺらい、なんの中身もない人間になってしまう。
苦しみを知って、もっと深く、痛みのわかる、
優しい魅力ある人間になっていきたい。
という切実な思いがそうさせました。


戦いはまだはじまったばかりだし
特にここの数日は狂ったように勉強していて
本当に、あんなに勉強をしてこなかったあたしが
ここまで勉強のことばかり考えているなんて信じられない、
こんなに勉強のことばかり考えて気が狂うんじゃないか、
なんて本気で心配するくらい狂っていました(笑)
それを、まだずっとつづけていくつもり。
あと2ヶ月以内にはすべてが終わっているんだ、
ということを思うと、
あとすこしだ、がんばれモエコ!という気持ちと
あと2ヶ月しかない…という焦りが交錯した思いにかられます。
でも、だからこそもう燃え尽きるまでやるしかない。
今年でキメるんだ。
学問をさせてもらえるなら、もうぜいたくは言わない…
いや、ちょっとは…いいますが…(笑)
大学に入ったら、勉強したくてたまりません。
そのために、今をがんばる覚悟です。


余談ですが、きょうで、モエコ19歳になりました。
なんという運命のいたずらか、2年連続の崖っぷちバースデー(笑)
なぜセンターとまたかぶったー!?(」´□`゚)」
10代さいごの歳ですよ…いい年に、ぜったいしてやるっ!!うむ!!
でも、今朝、駅でおなじ高校の浪人友達みんなが
『モエコ、誕生日おめでとう☆』
といってハッピバースデー…と歌ってくれたことは本当にうれしかったです。
涙ちょちょぎれるぅ〜(>_<。)



いつにないひどく長い長文で本当にごめんなさい。
さいごまで読んでくださったかた、本当にありがとうございます。
もう、たぶん3月まで更新が途絶えると思うので
吉報をまっていてください。
サムライ(浪人)は、カモミールの花言葉
『逆境の中での力・苦難に耐えて』
を胸に、さいごまで戦います。
進学先が決定したら、名前はふせるかもしれないけれど
大学生になりますよってことはちゃんとお知らせします。
それまでみなさん、ごきげんよう(*´▽`*)ノ



雪国の女たちの仁義無き戦い 

December 31 [Wed], 2008, 16:33
うぅ、さむい……(=_=;)
こんにちは、モエコです。
いやーこちらは本格的に北国の冬らしくなってきましたよ。
こんなこというと北海道のみなさまに
『マイナス30℃とかなってねぇくせに北国ぶってんじゃねえ!!』
なんてお叱りをいただきそうなんですが
まあ、日本列島ではよゆうで北のほうなんで
ね、北海道の大地のようにひろ〜い心でおゆるしください(笑)
そうでなくとも、モエコもうギブ直前なんですから。
なぜかあたしが入れてる講習がはじまるとともに
待ってましたとばかりに猛烈な風雪の洗礼。
傘ひらけないほどの強風に凍てつく空気。
電車は止まるし、遅れるし、ダイヤ乱れ放題。
ニュースでもけっこう取り上げられている気がするので
ご存じの方も多いかもしれませんね。
ユウちゃんなんて、強風のせいで
ある駅で1時間も止まってしまい
帰宅時間が23時になってしまったとか。かわいそうだ…
一方モエコの地元のローカル線はというと、
いっつも何かあったらすぐ止まるくせに
なぜかこの冬はがんばってるみたいです。
『いっつもすぐ止まるしや〜
なんていわれてるのに気づいたんでしょーか(笑)
見栄はってんの?とばかりに異様にがんばってます。
遅れも出ないし…うーん、怠け者の節句働き??
なんかちがうか、コレ(笑)


しかしたいへんなのは交通機関だけではないのだ!!


民家には、大量につもる雪と戦う女たちがいるのだ!!


毎年恒例行事といっても過言ではない…


その戦いの名は…


ゆ き か き !!!!



こらぁ〜そこバカにしてんじゃないよ!!!!(笑)
コレ、経験したことがあるひとは必ずわかるはずです!
意外と重労働なんですよ!!
うちの高校で、野球部のトレーニングにとりいれられてたほどです。
しかも、かいてもかいてもふりつもるからたまったもんじゃない!
そのまんまにしとくと凍ってツルツルになっちゃって
ますます始末におえなくなっちゃうんですが…
しかし、なぜさきほど『女』と限定したのかというと。
雪かきは朝もやるけど、夜は暗くてやりづらいので
昼間がメインになるからです。
昼間家にいるのは、基本、おかーちゃんじゃないですか(笑)
まあ今は女の人も仕事に出たりする世の中ですが…
我が家も母はパートにしょっちゅう出てますが…
それは、まあこのさい、いいじゃない(笑)
とにかくっ、女の人が雪かき必死にやってんのッ!!
かいてかいてかきまくってんのッ!!
少なくとも、うちではそうでした。
母とあたしでガッシャガッシャかいてましたね。
小学生のときからずーっとそんなかんじですよ。
兄も帰り遅かったから、女でやるほかなかったんですよ。


それにしても、あたしの雪かきルックはひどいですよ。
玄関先にかかってる父のでっかいジャンパーか
小6のときに買った丈長のナイロンのジャンパーをはおり
手袋(コレなかったら死ぬ)をはめて
小4のときに買ったド派手なオレンジとグリーンの長ぐつをはき
しかもジャージのズボンは長ぐつにイン!



ああ、この姿だけは本当にだれにも見られたくない。
これは本当に花ざかりの乙女のファッションだろうか??
いや、この装備を本当にそれと認めていいのだろうか??
ていうかまずその装備をしてるヤツを乙女と呼んではいけない。
しかしそうもいってはいられない!

こんなふうにシャベルにケリ入れて氷とったり



こんなふうに醜態をさりげなく目撃されながら
(うちの近所、ちっちゃいコがいっぱいいるんです)



無心に雪と戦うしかないのです。


そして決まって翌日に全身筋肉痛。
みなさん、北国の女は強いですよ。
でも今年はほとんど昼間は家にいないから
母を手伝うことはできそうにありません…
まったく!
うちの母はちっちゃくてガリガリで
父はでっかくてメタボってんだから父にやらせるべきなのに!!
相当いいダイエットになるんじゃないでしょーか!!
浪人まったくカンケーなっしんぐな話題でした☆(笑)

サムライよ、流れ星に何を願う 

December 21 [Sun], 2008, 19:29
現実逃避をくりかえしくりかえしここまで来たわけですが
ここでもいっちょ現実逃避じみたことしてみますか!(笑)
大学生になったらどーいうことをしてみたいか、
もしくは受かったあと春休みどーいうことをしてみたいか
…を、ずらずらっとかきつらねてみます。
どっちかっていうと春休みの願望のほうが多いかなぁ〜
たとえば。。。そうだなぁ。。。
まず、ハリーポッター全巻読破したい!!!!
コレね、ほんとやりますよ!!
あたし、中1ではじめてハリー・ポッターと賢者の石を読んで
以来毎回新作が発売になるたびにそれを買って
読みつづけていたんですけど
第6シリーズの謎のプリンスから買うのやめちゃったんですよ!
部活とかいそがしくて読んでるヒマねーよーっていうのが
主な理由だった気がするんですけど
今にして思えば、わりかし高いしな…(´―`;)
っていう不純な理由だった気がしますね(笑)
それが、今年でついにハリポタ完結でしょ!??
いったいだれが死んでだれが生き残るかすごーくきになる!
ハーマイオニーだけには死んでほしくない…!!(えっ)
映画のハーマイオニー役のエマちゃんに恋に落ちてからというもの
ハリポタシリーズのいちばんすきなキャラはハーマイオニーで…
当然ハリーも死んじゃダメだろ!
あんなつらい思いいっぱいかかえてきたコには
しあわせになってほしい(>_<)
ロンもいやだよ〜(泣)
ていうか全員死ぬな〜!!!!(≧□≦)
J.K.ローリングさんころさないでけれやぁ〜(泣)


あとはあとは…ビーズでストラップとかアクセサリーつくりたい!
じっさい身につけなくてもいいから、かわいいのつくりたい!
ストラップはすくなくともつくろーっと(^ー^)
それと…そうそう、パイレーツオブカリビアンシリーズぜんぶ観る!!
それもぶっつづけで観てみたい!!つかれるかな(笑)
あたしみっつあるうちひとつも観てないんですよ。
それを言ったら、ジョニー・デップを愛するユウちゃんに
『えぇ!?モコ、それは人生を半分損してるよ!!!!
と、『信じられない!!!!』といわんばかりのカオで言われまして(笑)
ユウちゃんにわかった、ぜったい観るよ!!と約束したのです。
いい機会だし、春休みにぜったいみよーっと♪
しかし後日ユウちゃんに
『あたしチャーリーとチョコレート工場も観てないんだよね〜』
と、サラッといったところ
『ええ!??モコ、それは人生を半分損してるよ!!!!
と、またもやユウちゃんに言われてしまい
合計するとあたしは人生をすべて損してることになってしまったので
せめてパイレーツシリーズだけは観よう、と心に誓ったのでした(笑)


あとはお洋服かいたい!!(切実!!)
ぜったいほしいです!!も〜〜今年どんだけがまんしてきたことか…
てゆーかがまんしっぱなしだな、あたし…
中学のときも高校のときも、
土日も部活でなかなか買い物行く時間なんてなかったし
いろいろ遠慮して『いつかね、いつか』
なんて言ってるうちにいいトシになってしまった…(泣)
もっとおしゃれな中高生でいたかったなぁ(泣)
いちばんピチピチの青春時代ずっとダサめだったなんて(泣)
いとあたらし!!
いいもん…これからすこしずつだいすきなお洋服集めるもん…
おきにいりが一着あっただけですっごくうれしいし
ブランド物とか、いいわけじゃなくて本当に興味ないから
おてごろ価格のお洋服で品質いいものを
すこしずつ買っていきたい♪バイトしたお金で!!
バイトは…コンビニ一回やってみたいんだよなぁ。。
けど、家庭教師とかなにか教える系(?)のをやってみたい。
教育実習もやってみたいけどなぁ…
教職課程とるとお金もちょっとかかっちゃうらしいし
忙しくなっちゃうらしいし
研究室とか入っちゃったらサークルとかいってられないのかな。
でも兄は卒業するにあたって
『研究室はいっとけばよかったなーってちょっと後悔してる。
だから入ったほうがいいよ』
って言ってたしなぁ。。。


あとは、語学をモノにしたい!!
ひとつでもいいから!!しゃべれるようになりたい!!
独学だけじゃどこまでいけるかわからないけど
英語くらいしゃべれてあたりまえってかんじかもしれないし
将来的にはアジアのほうをひとつと、英語を習得したい…
朝鮮や中国の人とはまだへだたりがあるし
そのわだかまりをくずしていくためには
日本人がそちらのことばを習得する
その姿勢を示すってことは無意味ではない気がするし。
でもフランス語も興味あるんだよなぁ。。。
口先だけでモゴモゴしゃべる日本人に合ってるらしいですよ(笑)
英語みたいにハッキリパクパク動かしたりしないで、
わりとモゴモゴってかんじにしゃべる言語らしいです。
それに、東北なまりととても近くて、東北人にはけっこう向くとか…
フランス語って、おしゃれなかんじがしてたのに…
『おらほの村ええどごだぁ〜』とかと同レベルなんすか!?
ちょっとおもしろい(笑)


あとポニョもそのころレンタル出てるかしら!?
ていうかもう出てる??まだかな??春休み観たいなぁ♪
あとピアノも弾きたい、いっぱい!!
あーけど大学の勉強の準備もしなくては…
うわーうまくいってたらなぁ…春休み短いかもしれないけどたのしみ!!
ていうか来年の、受験終了後をかんがえると
もうしあわせでたまりません。だって、ねぇ、なにしよう??
絵もいっぱいかきたいなぁ〜〜今年相当抑えつけてるもん〜〜↓
それと、髪型もおもいきって変えたい!!
あたしちーちゃんに『モエコ中学のときからずっと同じよーな髪してるもんね』
って言われたんですよ↓
いや傷ついたとかじゃないんですけど
いいかげんいつまでも少女ぶってんのはキツいだろーと↓(笑)
みつあみも今年でおわりにします。
去年、失恋の痛みをたちきるためにとバッサリ髪をきって
以来ずーっとのばしてやっと背中にとどくほどになったけど…
またおもいきって切っちゃおうか、
それともロングで髪型変えるか、まよってます。
でもくせっ毛なんでいずれにしろパーマにたよります…
美容師さんを手こずらせるくせっけぶりなんです…(汗)


うわっ、長いッッッ!!!!(汗)
おつかれさまでしたぁぁぜんぶ読んでくれた優しいおかた…!!
こんななるとは思わなかった…
コレたとえ流れ星が制限時間ナシに光ってくれてても
あまりの貪欲さとあまりの多さにたえきれずに
途中で絶対拒否ると思う(笑)
よし、今回はイラストいれません!
ますますタテに長くなっちゃう!!(笑)
ほんとは字が多いときにこそ使うはずだったのに(笑)
きいてくれてめにーさんくすふぉゆー☆(≧ε≦)/☆

アルミナ 

December 16 [Tue], 2008, 21:06



きょうは、はしかの予防接種にいってきました。
インフルエンザの予防接種は11月のあたまに終えてしまって
待望のはしかワクチン☆(笑)
予防接種、年に2回もいったのはじめてですよ!!
あたし注射はそんなに好きじゃないので(あたりまえか??)
『あ〜筋肉注射やだ〜(泣)また痛いヤツやんのやだ〜(泣)』
って思いながらいったんですけど
今回、インフルエンザの予防接種をした病院とは
べつの病院でうってもらったところ
全っっっっっ然いたくなくてびっくりしました!!!!
まったくなにも感じませんでしたよ!?
針がささった瞬間もわからなかったんです!!
お医者さんが『はい、おわりですよ〜(^▽^)』
って言ったとき『えぇッ!?(゜□゜;)』
なんて素の反応をしてしまったほどでした(笑)
すごいじょうずなんですね〜!
次回からあそこで注射してもらおーっと♪
でもインフルエンザのときよりお値段がずっと高い!!
それを母に言ったら
『うんまあ、でも死ぬよりマシでしょ
って真顔でいわれておもわず笑ってしまった…(笑)
おかあさま、いきなり選択が究極すぎです!!(笑)


おとといの日曜日は某大手予備校のセンタープレだったんですが
それの古文の問題がおもしろかったです(o^▽^o)
全長30センチのちっちゃい男の人が
キレーな女の人に恋しちゃって思い悩んだ末
友達を介して恋文を送るんですが…
読んでて、小男のあまりの可愛さにキュンキュンしてました(笑)
縁によじのぼろうとしてるのにちっちゃいからのぼれないとか
想像しただけでかわいい(*´▽`*)
あいかわらず数学が悲惨でしたが
くいつけるとこはくいつけてる…はず、です。。。
がんばります…まだ、がんばりますよモエコわあッ!!(≧皿≦)


そうそう、浪人生活まったく関係ない話なんですが
デスノートのアニメ版の主題歌歌ってたナイトメアって
モロあたしの地元出身だったんですね(笑)
このあいだはじめて知ってかなりびっくりしました!
ビジュアル系ってあまり興味なかったけど、
なんだか応援したくなっちゃいますよ(笑)
小学校とかいっしょだったらどうしよう(笑)
『かっこわらい』おおすぎてどうしよう( ̄▽ ̄o)
それ関連で知ったことなんですが
あたし、仙台弁というものを使用してることがわかりました!
東北弁って言うんだと思ってたら
ここらへんの人がしゃべってるのは
おおむね仙台弁にあたるみたいです。
ではここで仙台弁ちょこっと講座〜☆
ちゃんちゃかちゃ〜ん♪
うろおぼえなんですけど、仙台弁は
『〜でさあ』の『さあ』部分が
『やー』になるらしい!!
『今日やー、誕生日だからやぁー』
みたいなかんじですよ♪
コレ、あたしかなり使ってました…
不機嫌なときとか、怒ってるときとかすぐ出ます(笑)
『まじありえねえしやー(怒)』
とか。
『ふざけんなや』とか。
もっとやまとなでしこにならなくては…(・・;)
ちなみに、東京に進学した兄は
それを使ってしゃべってたら
『なんで関西人じゃないのに“や”ってつくの?』
ってふしぎがられたそうです。なるほどたしかにそーだ。
これはモエコのかってな憶測ですが、
江戸時代に樽廻船とかがこっちにきてたから??
関係ないかなぁ…でもおもしろいですよね♪
『つかれたなや』とか
『〜なや』っていうのも仙台弁。
これもときどき使ってしまうなぁ(笑)
あと有名なのは
『〜だべ』『〜だべや』『〜だっちゃ』
とかです!
これは全体的に使用頻度高いですよ(笑)
あとは
『んで(それでは)』とかもりっぱな仙台弁。
んでまたね☆とかフツーに使ってました…
じぶんの使っていたことばがちゃんと
『仙台弁』っていう名前だといまごろ知って
あぁー、そうだったんだなぁ〜ってしみじみしました。
ちょっとうれしかったです(^ー^*)
でもあたし標準語と仙台弁の融合タイプで
いまいち純粋な仙台弁ユーザーじゃないんですよね↓
ときおりイントネーションが仙台弁でも標準語でもないみたいな(笑)
関西弁的要素もまざっちゃってて、いわば雑種??
仙台弁のクォーター??(笑)
なので、仙台弁をマスターしたいかたは、
あたしをお手本にはしないほうがいいですよ☆(だれもしねえよ)
ウィキペディアを参考にどうぞ☆


イラストは本当に内容と無関係です…(汗)
イケメンな男のコを描いてみよう!と思って
創作過程5分ほどのインスタントなイケメンもどきができあがりました。
頭でかいしイケメンになろうとしてなりきれてない感がいなめない…
好きな絵を好きなときにかけないこの一年、
それもまたキツいです(笑)
だからここのところは話と無関係のらくがきが載ると思います。
文だけじゃなんか堅苦しいし…
タイトルも、内容にカスってはいるけれど…どうかな(笑)
そうだ!大学生になってからどうしたいとかいう
明るい話題を書きますって言っておきながら
すっかり忘れてました!!(コラッ!!)
それ、次回にまわしまーす!!
ごきげんよ〜ぅ(≧▽≦)ノシ

2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像おもちゃマスター
» 永遠の侍 (2011年12月21日)
アイコン画像ドラクエ9
» 永遠の侍 (2011年11月20日)
アイコン画像エロSNS
» 永遠の侍 (2011年09月03日)
アイコン画像コンパ
» 永遠の侍 (2011年09月02日)
アイコン画像sora
» セピアのメモリー (2009年04月17日)
アイコン画像モエコ
» キズだらけのサムライ (2009年02月28日)
アイコン画像りょうこ
» キズだらけのサムライ (2009年02月28日)
アイコン画像モエコ
» アルミナ (2008年12月21日)
アイコン画像りょうこ
» アルミナ (2008年12月17日)
アイコン画像モエコ
» ホワイトロード (2008年12月16日)
http://yaplog.jp/moeko_candy/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる