年越しパーティー3 

January 08 [Mon], 2007, 15:32
食材を持ってきた二人と雪菜、ぼたんは台所でお雑煮と年越し蕎麦作りにとりかかっていた。
螢「蔵馬さんってお料理も上手なんですね」
蔵馬の手つきを見て感心したように螢子は言った。
蔵「上手ってほどではないですけどまぁ一通りのことは出来ますかね」
人参をある形に切りながらもちゃんと答えている蔵馬
ぼ「どうしたらそんなに綺麗に切れるんだい?」
蔵「慣れですよ。魔界では盗賊生活が長かったし、人間界でも母子家庭で料理する機会が多かったんです。まぁこんな形に切るようになったのは人間界にきてからですけど」
ぼ「なるほどねー」
雪「それでそんなに手馴れてらっしゃるんですね」
蔵「ええ」
談笑をしながらもちゃんとてを動かしているあたりはさすがとしかいいようがない。さて、いったいどんなお雑煮と蕎麦ができるのだろうか

年越しパーティー2 

January 05 [Fri], 2007, 13:26
二時間後皆が師範の寺に集まった。ちなみに皆というのは、蔵馬・幽助・桑原・飛影・ぼたん・コエンマ・ジョルジュ早乙女・螢子・雪菜・静流・温子・陣・凍矢・死々若・りんく・酎・ぷーである。鈴木は酒や料理に薬を盛る可能性があるのでつれてこなかったそうだ。
幽「よくこれだけ集まったもんだよなー」
蔵「本当ですね」
ぼ「さあて皆!ちゃんと必要なものは持ってきたかーい?」
桑「あたぼうよォ!俺は日本酒とビールあと柿ぴーをもってきたぜい」
どさっと袋の中から酒などがでてきた。
幽「俺は酒とポテチ」
コ「ワシは霊界の酒とまんじゅう」
ジ「運んできましたー」
螢「私は年越し蕎麦のざいりょうを」
スーパーのふくろを軽く上げてみせる。
雪「私はクッキーを焼きました。皆さんの御口に合えばいいのですが・・・」
桑「何を言います雪菜さん!あなたの作ったものが口に合わないわけがありません!」
雪「ありがとうございます」(ニコッ)
桑「くはあー!」
静「あたしはさけをもってきたよー」
温「あたしもーーー」
凍「俺と陣はこれだ」 
と、なにやら白いふくろをだした。
ぼ「えーとなんだい?魔界せんべい?」
凍「ああ。この間蔵馬に作り方を教わってな。大統領に差し上げたら気に入ったらしく商品化された。」
ぼ「へぇーー」
酎「俺はこれだぜい」
酎が差し出したのは鬼殺しが十本だった。
り「おれもだよーー」
りんくも十本鬼殺しをだした。
蔵「俺はおせちとお雑煮の材料です」
ぼ「おせちって・・・蔵馬が作ったのかい?」
蔵「ええ」
ぼ「へぇーー」
コ「流石じゃのう」
蔵「ほめても何も出ませんよ」
ぼ「飛影は何をもってきたんだい?」
飛「・・・・・・」
飛影は無言で酒をとりだした。
ぼ「えー何何魔界地酒?」
飛「躯からだ」
ぼ「へぇーー」
死「俺は酒だ。鈴木に薬を盛られないように人間界で買った。」
蔵「それは懸命ですね」
死「それぐらいしないとな・・・」
幽「よーしそれじゃ始めっか!」
 
                     パーティースタート!

年越しパーティー 

January 03 [Wed], 2007, 17:29
「どうしよう・・・」
おそらくアパートの一角だったであろうその場所で一人の少年が立っていた。少年の目線の先にはおそらく壁だったと思われるガレキと酔いつぶれている人(妖怪?)や気絶している人たちがいた。何故こんな状況になったのか、それは三日前ある人のある一言から始まった。

幽「年越しパーティーしねえか?」
桑「は??」
蔵「どうしたんです?急に」
幽「いやせっかくお前らきてるんだしさ。今から人呼んでパーティーしてえなと、」
今日は大晦日。誰が呼び合ったわけでもないのに蔵馬、桑原の二人は幽助の家に集まっていた
桑「それもいいなー雪菜さんと年越しかぁ〜
ぼ「いいね〜皆を呼んで年越しパーティーかぁ」
幽・桑「!!!!!」
いきなり幽助の後ろに現れたぼたん
蔵「皆を呼んでパーティーするのならココよりも幻海師範の寺の方がいいですね」
いきなり現れたぼたんに驚くことなく平然としている蔵馬。まあ彼の事だから最初から気が付いていたのだろうが・・・
ぼ「んじゃ今日の夜七時に幻海師範の寺にご馳走もって集合だよ!」
幽「おう。」
桑「つまみと酒なら売るほどあるからな!」
蔵「・・・・・・」

なにはともあれ師範の寺に集まる事になった蔵馬達このあと起こる悲劇(喜劇?)もしらずに・・・

自己紹介 

December 31 [Sun], 2006, 11:50
友達と自分で作って自分で答えちゃいました・・・・
お名前をどうぞ
蝶野 もえです。
P.NですかH.Nですかそれとも本名ですか
H.Nです。本名を載せる勇気はありません・・・
由来はなんですか
てきとうです。<もえ>は名前の中にあったから、<蝶野>は突然の思いつきです。
年齢・精神年齢をお答えください。
えっと年齢は10代です。精神年齢は19です。
幽白では誰が好きですか
蔵馬さん絶対蔵馬さんです
その人のどこが好きですか
すべてです蔵馬さんだからです
このあとこのブログをどんな風に作り上げていきますか
友達や皆さんといっしょに蔵馬さんと幽白メンバーへの愛でうめつくしていきたいですそれから・・・
ありがとうございました。時間がないのでこれでおわります。(強制終了)

えっちょっと・・・
さようなら〜
さっさょ〜なら〜
                   END

最初に・・・ 

December 31 [Sun], 2006, 11:23
ここは幽遊白書の蔵馬を中心としたオールキャラ気味の二次創作ブログです。果てしなく駄文ですが楽しんでいただければ幸いです。
パクリ等が目的な方は速やかにご退出ください。(いないと思うけど・・・)なおこのブログは富樫先生並びに出版社などとは一切関係しておりません。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像柚姫
» 年越しパーティー3 (2008年03月02日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる