27の夜 

October 26 [Sat], 2013, 21:57

2013年10月26日。
27回目の誕生日。

ここから、このブログは公開しようと思う。
出来事ブログから、心のブログに切り替えよう。

大切な人とその日を迎え、姉の家でお祝いしてもらい、友達にサプライズプレゼントをもらい、
友達宅で鍋とタコで朝まで笑い続けた

自分が思い描いた27歳の誕生日とは少し違っていたけど、笑
最高にありがたいと思った

「思い描く」ということ。

そのことってすごく大切と思ってきたけど、
実は、漠然としているものだ。

だって、そのとき、その場で起こっていること、周りにいる人を
思い描くことはできない。

過去に思い描いている未来って、それは、当時の未来。

そんなことが最近すごくリアルに感じるようになってきて、
寂しかったり、希望が見えなくなったりすることがあるけど、
これからは、思い描くことはやめようと思う。


未来じゃなくて「今」を笑って過ごすこと、自分じゃなくて「人」を思って動くこと、
実はそのことが結果思い描く未来に近づく道なのかもしれない。

丁寧に生きよう。

投げやりになったり、不安定になったり、自己嫌悪になったり、そんなことをもうやめよう。

自分から、人に寄ってみよう。
というか、寄りかかってみよう

もっと楽になろう。
背伸びはしない。優しく、明るく。
「強く」は、少し控えよう。笑

それは見せない。それができたら、27歳合格としよう!

街中にゴシップがばらまかれてる 

September 08 [Wed], 2010, 20:22
製薬会社の化粧品導入とそれに伴う広告展開に向けてのプロジェクトがついに始まった

そもそも、化粧品業界って…て言うところからまたもゼロからの勉強が始まる

ヒアルロン酸、コラーゲン…同じような言葉でうたわれた化粧品。すべての商品が、「なんとなく良さそう」と無理矢理思わせるようなメッセージを発している。「製薬会社の化粧品」でくくっても、その商品数は莫大で差別化ができない。

きっと消費者もこれといった判断ができないまま買ってるんだろうな。

なんとなく売ってなんとなく買っているのが、化粧品の実態であり、それこそが自分に合う化粧品探しの楽しみなのかも。

でも、今回のクライアントは、癌にも作用する新しい酵素を開発しとって、その酵素を活かしたまやかしでも何でもない本当に買ってほしい化粧品
こうやってひとつの会社の商品に込めた研究や思いや効能を知ると、その実態が少し悲しく感じる。

どんな工夫を凝らしても、本当か嘘かわからない他商品に埋もれてしまう。

そうならないために、クライアントにとっても生活者にとっても最善の戦略を考えなきゃ。

どんな人がこの商品を欲してるんだろう。

足元をごらんよ きっと転がってるさ 

September 07 [Tue], 2010, 23:25
昨日の深夜、激痛が首・肩を襲った。
寝返りができんくて、何回も目覚めては、「痛い〜〜!」と一人で普通に言葉を発してた。

寝違い?肩こり?
そんなわけのわからん痛みの中でぼんやり、思い出したこと。

しょーもない2日前の小事故。

妹が車を買って、うちの駐車場に2台の車がとまることになり、妹の車とうちの車を入れ替えようとし、
妹にせかされたその瞬間。

私は何を焦ったのか、妹の方を見ながら、思い切りうちの車の運転席を開けた。
そしてその瞬間、ドアの端が私の左でこを直撃。
思いきり、ドアを開けた自分の力で、自分のでこを思いきり痛めつけるという珍悲劇。

その時は、でこの痛みに追われて、でこの対処に追われとったけど
あの瞬間に私の首は、おかしなことになったんだろう。

今日の早朝、あまりの痛みに耐えられず、
部長にお願いをして、いきつけの病院でリハビリを受ける。

人生で一度もリハビリなんてしたこともない私にとってそのリハビリ室の実態には衝動を受けた。

苦しそうな表情で、私にとっては本当にちょっとしたことを懸命にこなす、お年寄りの姿。
そして、そこに必死で向き合う若い理学療法士。

近所の小さいころから通っていた小さなこの病院に、こんな部屋があって、こんなに人ががんばっている姿があったんだ。と率直に思った。
そして、その中で逆に浮いてしまっている自分にも気づいた。

普段なら、天神の中でスーツを着て働いている自分がなんとなくうれしくて、そしてそれが都会では当たり前の光景でもあって。
でも、そのリハビリ部屋の光景を目の当たりにすると、自分って自分をちゃんと大事に一生懸命にできてるんかな?と自然に問いかけてしまった。

会社に行くと、マーケ部のみなさんは、本当にやさしくて「大丈夫?」と声をかけてくださった。

自分の体も大事にできなくて、ついに仕事に支障をきたしてしまっている私が、すご〜く情けなく感じた1日やった。

よし!今日の分、明日がんばるぞ!!






Spilit The Difference 

September 05 [Sun], 2010, 22:55
さっそく観てきました

ミスチルのシークレットライブのドキュメントムービーみたいな感じです。
桜井さんは、本当に神の子です。

ほんとにライブに来ているような映像。
しみじみと曲の歌詞とメロディーにひたりました

この映像を見て感じたのは、
6人で、あれだけのものが生み出せる素晴らしさ。

桜井さんも、もちろん天才だし、歌詞もメロディーも桜井さんが生み出しているという事実の上で曲を聴いとるけど、ひとつの曲にはチームワークがあって、磨かれて磨かれてあの完成度なんだなぁってあらためて思った。

そんなラララさがしてる 

September 05 [Sun], 2010, 1:18
今日はお昼頃まで家でゆっくりして、美容院へ。

あっさん(姉)から紹介してもらったKiaraという大名にある美容院に。
福岡で早くいきつけを見つけたい私でしたが、なんとなくこれからココに行くような気がします

お気に入り発見。

いや〜ほんと美容院って癒しの空間だよね。

いろんな雑誌、見放題。
シャンプー・マッサージ。
ゆっくりプライベートな話。

ファッション誌ってやっぱ面白いな〜
ファッションのページだけじゃなくて、そのあとの女子事情みたいなページも好きだよね
みたいな話で盛りあがった。

私の部屋もファッションも美容院のように、そして雑誌のように癒し空間にするぞ!

帰省後の決心を忘れていたことを思い出した、ひと時でした

胸を揺さぶる憧れや理想は 

September 03 [Fri], 2010, 20:58
今日も銀行のプロモ−ション打ち合わせ。

局長の視点の広さと切り口の面白さはすごい。
仕事とプライベートをうま〜く組み合わせた案が次々出てくる。

そうゆうのがホントに大事なんだろうな。
ある程度ミ−ハ−でありながら、ある程度仕事の視点で物を見るちから。

打ち合わせ内容をパワポでまとめてみたけど、なかなか頭が整理できてない…。このモヤモヤ感はなんだろう…がんばろ!

今日は時間できたら記者の山ちゃんと飲み!マスコミ同期は心強いな。

きっとどこかに答があるはず、と思いながら銀行の広告に目をやってるハナキン。

ファスナーがついていて 

September 02 [Thu], 2010, 22:54
今日は某銀行のロ−ンのメディアプロモ−ションの企画書作成!

私にはまだロ−ンは縁のない話で、なかなか利用者の立場で考えるのは難しい。
視察に行ったりロ−ンの勉強をゼロからしたけど、フリーロ−ンってやっぱり気持ちとして、全面的におしたくはない。

でもクライアントの要望に合う広告展開を考えなきゃいかんけんね。

難しい仕事。

でも逆に言うと「見せ方」を考えられるのが広告会社であり、マ−ケ部。

広告することなんて、本当は必要ないのにある広告っていっぱいあるけど、私は本当に役立つ広告でないとダメだと思うし、役立たないなら提案すべきではない。

どんなに追い込まれても、そのポリシーはもっていたいな。

全員に役立つ広告とかプロモーションなんてそもそもないけど、世の中がちょっといい方向に変わったり、いい流行をつくったり、ちょっとの幸せな気分を与えられたら、それでいいと思う。
そして、それが自分の目に映れば。

やけん、どんなクライアントに対しても自信を持って提案できる「見せ方」ちゃんと勉強しなきゃな。

マーケティングするってことは、見えないものを見ていくことであり、見えてるものを見えなくさせる面白い作戦のような気がする。

何度でも何度でも僕は生まれ変わっていく 

September 01 [Wed], 2010, 21:50
4月:メディア
5月:テレビラジオ部
6月:新聞雑誌部
7月:マーケティング部
8月:営業部
と、1か月づつの研修が終わり、
今日9月1日からマーケティング部配属。

いろんな意味でREスタート!

もちろんこの5か月、本当にいろんなことがあったなぁ。語りきれん!
いろんなことがあったからこそ、Reスタートを期に記録していこ。

どんな時も、楽しむ。どんな時も、自分らしく。

「広告」という視点から、いろんなことをあえて無駄に考えていくぞ!!

スウェーデン・そして再びデンマークへ!! 

September 05 [Wed], 2007, 23:27
早くオスロから逃れるための私たちの根性、すごいです
朝6時おき…じゃない5時半起きで6時からbreakfast
7時には電車にいました

どんだけ〜

そして、スウェーデンへ!!スウェーデンは第二の都市ヨーテボリに行ってきたよ
ちょっとオフィス街っぽい感じやったっちゃけど、すごくキレイで新しい感じのとこでした☆
スウェーデンで感じたことは「店は基本的に地下」笑
ま〜私たちの行ったところがたまたまそうやったのかもしれんけどね

ランチをしてたところで、素敵な場面を見ました。

そう、スーツ姿のパパがお昼休みに自分の子供のお世話をしてたの
北欧では、こんな風にパパが子供の世話をしてる姿をよく目にした。ベビーカーをお父さん同士でおして歩くのをテレビで特集されてたってあしゃが言っとった★なんか福祉の国だよね、やっぱり


そして…
帰ってきました笑 デンマークに

いや〜私たちには、やっぱりHappy Country:デンマークだよ

コペンハーゲン駅に着いた瞬間、電車から降りるときジェントルマンが早速私たちのスーツケースを電車からおろしてくれた
予約したホステルは、ホステルなのに条件もよく、人もよく

も〜感動&興奮しすぎ左下が私たちの最後に泊まったDANHOSTEL☆

…そう、今日は3人のLast nightなんです…↓
あ〜長かったような、あっとゆうまだったような…







一生ものの旅でした。

この旅で、私は本当にいっぱいいっぱい笑って感動して興奮して泣いて、人の温かさを感じて…
なんか「本当の幸せ」ってゆうのを考えることが多かったなァ〜〜
デンマークっていう国は人間が人間らしいんだよね。
いろんな国をまわって思ったんやけど、やっぱり最終的にだよね。どんなに美しい国でも、どんなにリッチな国でも、そこに暮らす人が笑顔じゃなかったら、やっぱり寂しいもん。本当に「輝いているいい国」とは言えない気がする。

最初にコペンハーゲンの空港に着いて、Anneに初めて会ったのが本当に昔に感じるよぉ↓
それからは毎日が本当にで、今でも一日一日の思い出がよみがえってくるよ。

Anne一家には、言い尽くせないほどお世話になった
おばさん、いとこ、おじいちゃん、、いろんな家にお邪魔したなァ
そうやって、Anneのおかげでデンマークに暮らす人達の生の生活にふれることもできたし、「絶対日本人来たことないやろ!!」って感じの穴場な絶景スポットにも行くことができたし、これ以上ない旅やったなァ。
デンマークに関してはほぼ国一周やけんね〜
車で行ったルートをデンマークの地図に書いて大切に保管してるんだ

時間にゆとりをもつこと。
心にゆとりをもつこと。

それがデンマークのHappyLifeの秘訣なんじゃいかな〜
だって、市バスの乗客に、道を歩く人がニコニコして手を振るんだよ

なんとなくだけどみんな心からの笑顔って感じがする。

やっぱり、世の中、お金じゃないよ。

世の中、人です。

この次の日、実はタイ一日観光があったっちゃけど、タイは恐ろしすぎて、もう触れたくありません(笑)
…のでカット!!

あ〜たくさんの幸せを感じた、北欧大旅行でした

オスロよ… 

September 04 [Tue], 2007, 22:41
昨日の夜はVossのホテルに泊まった。
Vossもなんだかもの寂しい雰囲気…。
レストラン一軒探すのに相当時間がかかった。
観光者用の案内書も16時にはもう閉まっとったし…

どうした、ノルウェー

私たちは、ノルウェーの首都・オスロに最後の望みをかけてVossを早朝に出発
9:07の電車に乗り、14:32にオスロに着く。
列車の旅って感じです

とか言いながら途中で爆睡したっちゃけど
窓から見える景色はどこまでも美しくて、時間がのんびり進んでいて、こうゆう瞬間にいつまでも幸せを感じられるような人でいよう!!って誓った


そして、オスロに到着
が!!
オスロの街はすさんでいた…・。
いろんな人種が混在してて、人々の表情はやつれてて、街は人で溢れかえってて…。

デンマークがよすぎたからなのかな

ノルウェーは日本の面積の何十倍もあるのに人口は400万人くらい。
なのに、オスロに人が集中しすぎててびっくりした
空気も悪かったな〜

少し気になった。
私はこの旅行に来る前、ノルウェーとスウェーデンとデンマークなんて、どこも同じと思ってた。(山の有無くらいは知っとったけど)
なんで、ノルウェーとデンマークはこれほどまでに違うんだろう。

デンマークはあまり観光客とゆうか他の人種がいない感じやった。みんなのんびりゆったりニコニコして過ごしてて、国全体があたたかい雰囲気に包まれてた
「みんなが幸せに暮らしたい。ならそうすればいいじゃん」みたいな感じ。(?)

どうした、ノルウェー
一応、王宮の近くまでショッピングどおりを歩きながら行ったものの、すぐにホテルに引きかえした
一応オスロの町をのせました。

写真でみるときれいな感じするんやけどな〜
やっぱ、そこの実際の雰囲気ってゆうのは行かないとわかんないもんだよね

私たちはオスロとゆうノルウェーの首都たるとこにいるくせに、ホテルで半日引きこもってすごす
だって、何かとられたら恐いや〜ん
夜ご飯は、スーパーで買ってきたパンやおかずを3人でホテルでむしりました



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エモン
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる