これでおよしよ 

March 16 [Wed], 2011, 20:38

昨日は病院帰りに、なんとも不思議なというか、なんとも嬉しい事がありました。

私の前を歩いていて小学生の男の子がランドセルを背負ってこんな歌を歌っていました。

「こ〜れ〜でおよ〜しよ〜♪」

Σ(o゚ω゚o)ハッ

そ、その歌は昭和を代表する歌手、石原裕次郎さんのお歌ではありませぬか?

き、君は一体全体何歳なんだ???と思いつつ、昭和の歌謡曲好きな私は嬉しかったのでした。

以前、うちの甥っ子が「それでもまだ私悪く言うの〜いい加減にして〜」といきなり歌った時もかなりの衝撃でしたが。。。

あ、明菜様かい!!!と心の中でツッコミ入れてたのは内緒にしておいて。。。

ここまででブログは終わろうと思っていたのですが、裕さんの話題が出たので、スルー出来なかった某都知事の話をば。。。

NOと言える男がまた何か仰ったそうですね。

「我欲」云々は自分の胸に問いただしてみた時にハッと気付かされる部分もあるのですが、天罰とはいかに。。。

罰とは罰を与えられるべき罪深き人に与えられるものではないのでしょうか?

以前、私の職場の医者も全く同じ発言をしていて心の底から軽蔑しました。

阪神大震災は、市民が日頃の怠慢で招いた罰や!だからこうなったと思うだそうな。

そういうアナタも同じ市民です。自分だけは特別なんでしょうか?

仮にも人の命を救う職業の人が、沢山の尊い命が失われたのに言うべき言葉ではありません。

某都知事も、言葉の綾のような事を後々言ってたみたいですが、一度発言した言葉はいくら訂正しようと無かった事にはなりません。

個人の受け取り方だと主張されても、今、この危機的状況で発する言葉ではない事は誰でも解るはず。

上記の医者と某都知事だけはどんなに尽力して職務を全うしていても人間として好きになれない。

言葉の凶器が一番堪える事を知って欲しい。

尊敬 尊敬 尊敬 

March 15 [Tue], 2011, 1:02
先程、mixiニュースで見た情報。

以前、短い期間でしたが私が働いていた会社の会長が、会社名義のみならず多額の個人資産と会社商品を寄付したそうだ。

経営理念ファイルの分厚さもすごかったけれど、従業員のモチベーションをアップさせるのが非常に上手いなと働きながら思っていた。

アルバイトであろうと、次から次へと職務があり、手を抜く暇など一切なく、常に時間に追われていたけれど、実にやり甲斐があり有意義に時間を使っていた印象が残っています。

その会長の支援は桁外れで驚きましたが、中でも、今まさに被災者が必要としている防寒対策を考えた自社商品を大量に発送する事も決まっているそうです。

日本の大企業の義援金や支援情報が飛び交う中、あれれれ?あの会社は名前が出て来んなって昨日家族と言っていた矢先に。。。

驚いた!!!これには驚いた!!!!

すごいなと思ったのが、その商品の数。

今や冬の代名詞?と言っても過言ではないその商品の在庫を確保するのは安易ではないはずなんです。

従業員だったからこそ解る在庫事情。

ましてや、1月・2月にもなると、春物優先で冬物は在庫を一掃したい所なのに。。。

店頭でも欠品が目立つ人気商品なので、この時期に寄付するだけの商品を集めるのは、もの凄い事だと感心しています。

この期に及んで、これを売名行為だなんて言える無神経な人も居ますが、ただただ尊敬するのみです。

商品の温もりと共に、会長の温かさが伝わると思います。

僅かながらも御社で働けた事を誇りに思います。

明日は明日の風が吹く 

March 15 [Tue], 2011, 0:01
来週は私にとっても少し大きめの決断を実行する時。

自分の身体は自分自身がよくわかっていて、一番守らねばならないもの。

ただ、一人ではどうする事も出来ない時に、ドクターに救っていただかなければなりません。

そんな心細い状況の時に、優しく声を掛けてくれる人がいる。

いつも優しさに触れて幸せを感じています。

ありがとう。

今の私はそれしか言えないけれど、気持ちは十分に伝わっています。届いています。

まだ肌寒いでしょうが、ひまわりのような暖か味を持ったアナタに、早く春の訪れが来ますように。。。


さぁ、頑張り過ぎず頑張るぞーーー☆見ててね

僅かな光 

March 14 [Mon], 2011, 20:45

昨夜、初めてブログを書いて、我ながら長文過ぎて文章チェックするのも億劫になるなって思ってたのですが、何人かの方が読んでくださり嬉しかったです。


震災を機に改めてこちらで日記を書かせていただいていますが、元々ヤプログユーザーで、数年前から日常を綴ったり、本当に何気ない事、時にはどーでもええやんってな事まで書いていました。


以前のアカウントでその放置ブログを読み返していると、数年のうちに2度だけ震災について触れた記事がありました。

それは1月17日の当日、翌日のみでした。


あんなに怖くて、不便で、忘れられなくてもう2度と経験したくないと思っていたのに、十数年経って、震災以前と変わらぬ生活になった途端に惨事を思い返さなくなっているのかと情けなくなったのでした。


友人宅が半壊で我が家に身を寄せていた時、家から一時間歩いた所にある公園でのこと。

電話、無料で使えますとの事で我が家に電話を掛けて、後輩が亡くなったのを知った。
まだ中学校を卒業して1年も経っていない若さで、家族を逃がす為に、倒れてくる柱を背に受けてしまったそうです。

本当にいい子で、家族を支え、部活でも部員を陰ながら支え、謙虚で優しくて、ホッとさせてくれる素敵な女の子でした。


私が卒業する時に将来の夢をサイン帳に書いてくれて、同じ夢を持っていた私は彼女が憧れていた職業に就き、そして挫折し、夢半ばで続ける事を諦めた。

彼女が知ったら「私もやりたかったな、代わりに私がやってあげたいぐらいなのに」って言われるんじゃないかと思える程、今の私は一生懸命生きていないと改めて感じた。


そして、一昨日から、今すべき事を再確認した。


もう一度、医療に携わる仕事を始めよう。


いつまでもグダグダ考えている場合じゃない。


すでにやるべき事は決まっているんだ。



一昨日から節電を始めた。

母に言うと、うち一軒が少し抑えたぐらいで何も変わらんのとちゃう?の一言があまりにも腹ただしく、喧嘩になってしまったけれど、昨日から晩ご飯を食べたら率先して電気を消してくれていた。


洗濯機や炊飯器もコンセント差しっぱなしをやめて、携帯電話も充電が終わったお知らせ音と同時にコンセントは抜く。


それだけでも少しは違ってくるかもしれない。



被災地の方々が張り裂けそうな胸の痛みを抑えて耐えてらっしゃる。


被災地以外の人は自分が出来る事から小さい事でも始めよう。
そう、まずは自分から。。。









いつも心に太陽を 

March 13 [Sun], 2011, 23:59
久々に新しいブログを書く事にしました。


きっかけは、東日本大震災を機に、環境問題を考えたり、今、自分が出来る事・やるべき事を見つめ直そうと思い。。。
三日坊主な私だけど、これを日記に書き留める事で、常に意識していけるんじゃないかと思った次第です。

遅くなりましたが、寒さが厳しい中で被災されている皆様にお見舞い申し上げますとともに、東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方、ご遺族の方にお悔やみ申し上げます。

私は阪神・淡路大震災で被災し、自然の猛威がいかに恐ろしいかと身を持って体感しましたが、日常生活を奪われても、怒りをどこにもぶつける事も出来ず、ただ日々を過ごす事しか出来ませんでした。

当時は地震に対しての準備も全くしておらず、関心も無いに等しかったのではないでしょうか。

そして、あれから15年が経った今、私は何事も無かったように、震災後の非常時を時々思い出すに留まり、何気なく生きていた気がします。

被災した教訓を活かしきれていない事に、今更ながら気付かされました。

多数の命が奪われ、悲しみに暮れる被災地に何が出来るか。

実際問題では、プロでもなく、ましてや被災地の土地勘も無い無力な私が行っても何も出来ない。
むしろ迷惑になるでしょう。

それならば何が出来るだろう。

物資を送る場合には、仕分けに手間がかかり逆に現地の復興の足手まといになってしまうそうです。
当然、救援活動の妨げになっては手助けどころか迷惑でしかないので、個人では募金をするか節電をするぐらいしか出来ないでしょう。
そして、ブログやツイッター等で情報を発信する場合は、信憑性のある情報のみを掲載したいと思います。

俳優の田辺誠一さんがツイッターで、とてもとても重要な情報を沢山配信されています。

しかも、時間のある限り、更新頻度も高く、今まさに知りたい情報のみをこまめに更新してくださっています。

何処のメディアよりも詳細で情報量の多さにも圧倒されます。

震災の事で知りたい情報があれば、田辺さんのツイッターをご覧になるといいでしょう。

そこで、情報ではないのですが、自分の不甲斐なさを改めながらも、何か出来る事があるかもしれないと考えさせられた記事のURLがありましたので、転載させていただきます。

これを見ると、昨日より少し優しくなれる気がします。

今だからこそ出来るのが「助け合い」なのだと実感しました。

●田辺誠一さんツイッター●
http://twitter.com/tanabe1969

●震災を通じて人との繋がり(ツイッッターでの皆さんの心温まるつぶやき)●
http://prayforjapan.jp/tweet.html

昨日より今日、今日より明日、僅かな優しさで心が豊かになれます

私も、今日から人との繋がりを大切にします。


最後になりましたが、被災経験から、これだけは今すぐ実行に移して欲しい事を書かせていただきます。

被災するとライフラインが寸断されて停電になります。
真っ暗な中で過ごすのは本当に怖くて不安。
でも、ローソクや暖を取る為の火だけは暗くても寒くても点けないでください。

私はパニックになり動揺していただけではなく、咄嗟に判断出来ずに、余震が続く中でローソクに火を灯してしまい、運悪く再び余震が来た際に家族の髪の毛に引火してしまい、危うく惨事になる所でした。

大事には至りませんでしたが、大惨事を招いてしまっていたかもしれません。

寒さで凍えてしまっていると思います。
本当に暗闇で心が折れそうになってしまっているでしょう。

でも、ニュースで揺れている炎を見る度に、余震が来て避難所の中で火が燃え移ってしまったらと思ったら、いてもたってもいられなくなるのです。

経験者だからこその意見でした。

なかなかこのブログをご覧になられる被災者の方はいらっしゃらないと思いますが、もしもこちらのブログをご覧になった方で、被災地の方に連絡がとれる方がいらっしゃったら、絶対に火だけは点けないでと一言伝えていただければと思います。

今の私にはそれだけしか出来ませんが、ただただお祈りするばかりです。

無力な自分を情けなく思うだけではなく、出来る事を考え行動していきたいと思います。

復活初日ブログでしたが、これだけ書いて節電の為にパソコンの電源を落とします。

明日、雨の予報。。。
寒さもぶり返すだろうと。。。

私のおうちの上だけどしゃ降りでもいい。

だから、被災地にだけは雨と寒波を送らないでください。お願いです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もにゅ
読者になる
のほほんブログです。
ブログ更新が蛇足歩行!!!
ヨロシクですm(o´・ω・`o)mペコリン
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31