デート中にモビットのお世話になりました

May 16 [Thu], 2013, 21:41
この間、付き合って4ヶ月の彼女と日帰りで鎌倉までデートしにいったんです。
鎌倉で有名なのは、大仏と鶴岡八幡宮ですが、他にも色々と見どころがあって、銭洗弁天もすごく楽しかったですね。

銭洗弁天では、自分の持っているお金を本当に水に浸して洗うんですよ。
そうすると、洗った分の金額が倍になるとかならないとか。

ゴールデンウィーク中だったので、どこに行っても人だらけだったのですが、特に混んでいたのは、その銭洗弁天でした。

みんなどれだけお金が欲しいんだ!
と思わず心の中でツッコミを入れざるを得ませんでした。

鎌倉デートは楽しくて、飲食に思いっきりお金を使ってしまいました。
というのも、裏通りの方に、オシャレなお店があったりして、古民家カフェとかでしたら2千円くらいで足りるのですが、ついついランチにオシャレなフレンチを食べてしまって、一気に財布の中がピンチになってしまったのでした。

それで夜遅くまでお寺巡りをしていたんですけど、二人共ぐったりと疲れてしまって帰る気力も無くなってしまったのでした。

なので、思い切って泊まっていこうということになり、そのまま近くのホテルに泊まりました。

ですが、昼間にお金を使いすぎてしまった為に、手持ちのお金が足りません。
一瞬、焦りましたが、そういえばモビットのカードを持っていることを思い出しました。

もう審査やら何やらは終わっているので、限度額まではいつでも引き出せます。

しかも今の時代はスマートフォンでチョチョイと操作するだけで、簡単にモビットでスマホキャッシングができてしまうのです。

便利ですが、簡単すぎて怖い時代でもありますよね。

私の場合は、緊急のデート資金の為の借入でしたが、もう帰ってから、速攻返したので今は借金なしですよ。

こういう使い方は、個人的には良いお金の回し方だと思っているので問題ないです。
返せるのに、その時だけお金がなくて楽しめなかったり、恥をかく方が嫌ですだと思っています。

ハウツー本の楽しさを実感しよう

April 11 [Thu], 2013, 11:22
これから新しいことを始めようとする時の手段としてはいろいろとあるかと思います。
その項目の知識を得るために、専門の学校にかよってみたり、通信講座を受けてみたりなど・・・
そんな中で私がまず始めにためてしてみることは、その項目のハウツー本を探してみることです。

その項目とは、パソコンや語学などの文科系のものから、実際に体を動かしてみないとわからないスポーツ系にまで及びます。
まずそのような本を眺めて、全体的にどんなことを知っていなくてはならないのかを把握します。

そして自分がやってみる時にどのような結果となるのかをイメージしていきます。
例えばマラソンのハウツー本を読む時には、自分が最終的にマラソン大会に出て完走をする場面を思い描き、
それに必要なトレーニングや体の作り方や考え方を学んでいきます。

実際にやってみないとわからないことでもまず知識から頭に植え込んでいくとその後の行動がしやすくなると思っています。

かつてゴルフにはまっていた時には、一体家に何冊のハウツー本があったことか・・・
でも知識を植え込んだらそれを実際に試してみることが次の段階として重要なことです。

◎ブックライト
読書好きな人は夜遅くなってもまだまだ本を読んでいたいという気持ちになりがちです。
むしろ周りが暗かったりするほうが、より本の内容に集中することができ、特に小説なんかはその世界に入り込みやすくなると思います。

家族など周りの人に迷惑をかけずに、夜な夜な自分の世界を作り出す便利なアイテムがありました。
それは、本に直接くっつけることができるミニブックライトです。

デザインは様々なものがあるようです。
先日たまたま出かけた時東急ハンズでブックライトのコーナーがあったのですが、数え切れないほどの種類のものがありました。

本当に高級感漂うものであったり、一方で値段もリーズナブルですが、デザインがかわいくて、かなり小型の携帯用のものもありました。
1000円以下のものもあったりしたので、今度ひとつくらい気に入ったものがあれば購入してみようかと思っています。

ブックカバーやしおりなど読書グッズというのは非常に興味深いものがたくさんあります。
今回見つけたようなブックライトもそのひとつでした。
このようなアイテムを楽しむことができるのも読書の醍醐味かもしれません。

領土問題が同時多発的に起こってる

August 27 [Mon], 2012, 8:14
今、日本の領土問題が激しくなっていますね。

ロシアとは北方領土
中国とは尖閣諸島
そして韓国とは竹島

しかし、世界に目を向けてみると、こういった問題は頻繁に起こっています。
例えば、中国は東シナ海だけではなくて、南シナ海でも領土問題があり、フィリピンを初めとした国々ともめていますからね。

あとは日本でも有名なイングランドとアルゼンチンの問題。
フォークランド紛争、もしくはマルビナスですね。


ですから、決して日本だけの問題ではないということを、まずは自覚するべきだと思います。

そして、世界標準に沿って、問題を公平に解決していく。
これが日本がグローバル国家として認められる為に必要なことだと思います。

そこで世界標準は一体どうなっているのか?
というと、実効支配というのがキーワードになってきます。

今、どこの国が実質的に支配しているか?
ということですね。

そうなると、
北方領土はロシア
竹島は韓国
尖閣諸島は日本

ということになります。
なので竹島と北方領土に関しては、日本は非常に劣勢に立たされている。
と考えておかなければならないと思います。

◎2012年の年末をむかえて。
北朝鮮が衛生ロケットという口実で、テポドンの発射に成功しました。
沖縄を通り越して、フィリピンの近くまで届くロケットです。

十分に日本も射程圏内です。
その射程は3000キロほどで、次は1万キロのものを開発してテストする予定だそうです。

何が怖いのか?
というと、もう既に十分な脅威ですが、これに核を積もうとしているところです。
そうなると、世界の脅威になります。

ですから、アメリカのオバマ大統領を始めとして、あんなに焦っているのですね。
イランの核開発をやめるようにプレッシャーを欠けているのも、そういったことが理由になっています。

ようやくと、韓国の竹島問題と、中国や台湾との尖閣諸島の問題が下火になってきたと思ったら、今後は北朝鮮ですからね。
東アジアもかなり問題が顕在化してきているような気がします。

今一番欲しいものはマイホーム

July 23 [Mon], 2012, 11:24
今一番欲しいものはズバリ「マイホーム」です!実は子供が生まれる前までは全く興味がなかったのですが、今は一番に気になっています。

その理由は大きく2つあります。
一つは、今住んでいる家は軽量鉄筋の造りなのですが、子供がそのうち走り出すようになった時の音が、下に住んでいる方にご迷惑をかけてしまうことです。

一応マットを敷いたりして対策はしていますが、やはり限度はありますからね・・・。

二つめは、毎月の家賃を支払うことや、2年に1度の更新時に支払う費用を考えたら、マイホームを購入した方かいいのではないかとも思うんですよね。

ただ、マイホームを買う際の長期ローンを組むことに抵抗があり、返せない状況になった時を考えるととても不安です。
また税金や維持費などの諸費用も気になりますし、
さらに将来、価値が落ちて手放すこともできず「負の資産」になる可能性もある(特にマンション)ことを考えると、本当に悩んでしまいます。
ちなみに今の所、築年数の浅い中古マンションを買うか、かなり頑張って新築一戸建てを買うかでも悩んでいます。

そんなこんなで、不動産についての本を読んだり物件情報をネットで見たりして、半分ウキウキ気分を持ちつつ、不安や悩みも持ちながら、毎日一喜一憂しながら生活しています。

◎預金とかの悩み

預金ができないのが私の悩みです。
借金が多くて、身内がいません。

病気もあるし、子供もいるためポスティングなどはしているけど、大きな削減節約はこれ以上不可能なのです。
新聞、娯楽、お酒ギャンブルはやっていませんし、その他保険も入ってないでが、食費、生活費すら危うい毎日です。

小銭貯金をしていて、名義別に月の終わりに入金するか、等分して入金しています。
今年の4月に長女の預金通帳に、ようやく利子が初めてついて嬉しかったです。

ゆうちょで口座を作り、そこからキャンペーンで利率の良いときに定額預金を利用しています。
半年以上で、複利もつくので一年以上を目安に一行ずつでも預金が増えるように努力をしています。

入出金の手数料も0円だし、ATMの利用時間も長いので、ものすごく便利です。

貯金は少しずつでも増えるように。
そして、何より残金を減らさないようにするのが大事だと思っています。

子供の教育費のために預金をもっと頑張らなければ!

東日本大地震は予見されていた!?インド発アガスティアの葉の力。

May 09 [Wed], 2012, 6:47
今年初めに知り合いの方3人がインドに旅行に行きました。
目的はアガスティアの葉の占いをして貰うため。

なんでも個人の運命をその葉に記した聖者の言葉ナディ・リーダーと呼ばれる方が読み解いてくれるとの事。

とここまでならよくある話なんですが、ちょっとびっくりするのがこれからで、3人の方はそれぞれ別のナディ・リーダーに運命を見てもらったそうです。場所も全然違うところで。

すると当然、個人の運命に関わる部分については人それぞれ違うわけですが、何と、3人とも共通して言われた事があるそうです。

それは、
@今年、日本で地震と津波により多くの人が亡くなる。
A大きな水害で多くの人が亡くなる。
という事!!

私は占いというのは信じない方なんですが、この話はなかなか背筋のぞっとする内容でした。
東日本大地震とその大津波、紀伊半島の水害をほぼずばり言い当てているように思います。

日本に住んでいれば規模の大小はあるにせよ、毎年地震も台風も水害もあるので、いつもの年なら、気にならないのですが、今年はここまで大きな災害があったので、信憑性というか重みが違うように感じます。

ご興味ある方は是非インドへ!!
ちなみに知り合いは一人3万円だったらしいですが、タチの悪い業者に捕まると何十万円も取られるそうなのでご注意を!!

◎フィリピンの台風パブロの被害が大きい
2012年の12月にフィリピンに大きな台風が襲いました。
セブ島にいる友だちなんかは、直撃を避けられた!
と喜んでいましたが、日にちが経つにつれて南部のミンダナオ島あたりの被害が大きいことに気がついてきました。

政府の対応も、全開の台風の反省を活かしたとは言え、やはり少し遅れてしまったようです。
各国の支援もようやくと順次届き始めているようで、やはり早かったとは言えないみたいですね。

日本も自分の国が十分な打撃を受けることをこの間の震災で皆認識したと思うので、他の国が被害に合った時は積極的に支援をしていきたいところですよね。
日頃の行いが、後になって大きな支援となって現れると思います。

「セカンドバージン」にみる結婚と恋愛の関係

April 06 [Fri], 2012, 22:14
NHKらしからぬ「不倫」を扱ったドラマ「セカンドバージン」が遂に映画化されました。

実際、ドラマを見ていた感想からいうと民放であればわりかしよくあるドラマに思えました。

ヒット理由はNHKがこのドラマを作ったという事と、やはり「セカンドバージン」というタイトルの持つインパクトだったのではと思います。

鈴木京香演じる主人公るいはバツイチキャリアウーマン。
相手は17歳年下の長谷川博己演じる行は元金融官僚の既婚者。

お互い結婚を経験し、一方は進行形、一方は過去形。

惹かれあう中でるいの「離婚してから男性を知らないの」というセカンドバージン宣言。

特にこのドラマに嵌った中年女性の多くが結婚進行形であれ結婚過去形であれ、
結婚の良い面も悪い面も知ったうえで、

この惹かれあう二人に色々な意味で共感したり憧れる部分があったのではないでしょうか?

また、行が17歳年下でイケメン、やり手というのも隣にいる旦那と比べてしまうと夢見たくなるのかもしれませんwww

結婚と恋愛・・・一体不可分なのかどうか?

色々問うてくる映画です。
是非ご夫婦で見て、結婚と恋愛について考えてみるのもいいかも!?

◎「私の思い出の映画・タイタニック」
もう王道の王道の映画ですが、私はタイタニックが好きです。
元々どの映画を見るときもそうなのですが、フィクションの映画はあまりみませんでした。
タイタニックも完全ノンフィクションではないのですが、実際起きた事故がもとになっているということもあり興味がありました。

そのころとても大好きだった、片思いの人と見に行ったということもあって今でもとってもいい思い出です。
映画が好きな人で一日に2人でいろんな映画を見たりしていました。
その中でも初めてみた映画だったので、ドキドキしていたのを覚えています。

そのころの私は彼の影響も大きく、海外のハリウッドスターにどっぷりはまっていました。
特にレオナルド・ディカプリオが大好きでした。
タイタニックに出る前から、人気がある人でした。
でも、今でも彼にとっての代表作はタイタニックと言われるほど、タイタニックは誰もが知る映画のひとつです。

結末はとても悲しいものですが、そこまでにいきつくまでのストーリーと迫力のあるシーンが頭から離れません。
船が沈んでいくのを2人でベットの中で抱き合って過ごす老夫婦のシーンの印象的でした。
他にも混乱する乗客が少しでも安心できたらと、船上で演奏するオーケストラのたちもシーンも涙が止まりませんでした。
あの時生き残った乗客がいるからこそ、この映画は作ることができ多くの人に感動を与えました。

最近もう一度3Dでリメイクされ、みたいという気持ちもありました。
でもなんだかあの時の青春の思い出が強く、見に行ったらまた違う映画のように思えてしまう気がします。
なのであの時のいい思い出とともに、私の心の中にとどめておきたいと思います。

アトピー性皮膚炎、フィラグリンに原因あり?

March 23 [Fri], 2012, 23:53
先日、テレビを見ていると、「アトピー性皮膚炎の方に朗報!」との話題。
わが家も兄が悩まされているため、興味深くチェックしました。

何が朗報なのかというと。
「複雑でわかりにくいアトピー性皮膚炎の発症メカニズムの一端が明らかになった」ということでした。

肌の表面にあって防御バリアの役割を担う角層。
この角層になんらかの原因で隙間が生じると、そこで炎症が起り痒みを感じます。
これがアトピー性皮膚炎です。

そして、今回わかったのは、アトピー性皮膚炎の患者さんの中に、角層にあるフィラグリンというタンパク質の遺伝子に変異があったことによって角層に隙間が生じる人がいる、ということでした。

日本人の場合、4人に1人がこれにあてはまるそうです。
正直、じゃああてはまらない人はどうなるの・・・、とか、
実際に痒みと戦っている人にとってはまだまだ先の長い話だなぁ・・・、とか
思うのですが。

複雑なメカニズムを解くカギがひとつ見つかったわけなので、希望が持てる話ではあると思います。
現在はステロイドや保湿剤でのスキンケアが重要と言われていますが、毎日のこととなるとなかなか大変そうです。
理想をいえば、それさえも不要となるような特効薬ができないものか・・・と思います。

◎アトピーの新薬を希望します。
大人になっても、アトピーが酷かった人というのは、やっぱり多少わかりますよね。
まぁ、大人なんで、ほとんど気にはならないのですが。

だけど、今は美白ブームで、色々な女性の為の商品が出ているじゃないですか。
だから、アトピーの肌をキレイにできるような商品ってないのでしょうか。

もし、ないなら美白も、やっぱり嘘なんじゃないかなと思ってしまいますよね。
美白にはできなくても、消費者は、そのうち忘れてくれますが、アトピーが消えると言って、消えなかったら大問題になりますからね。

そうやって、上手く被害の少ないところで商売しているんでしょうね。
日本の消費者も、もう少し賢くならないと、企業に上手く利用されてしまいます。

自動車メーカー三菱、生産台数が12ヶ月マイナス

February 10 [Fri], 2012, 10:32
自動車メーカーの三菱自動車が、12ヶ月連続で生産台数がマイナスになっているようです。

2010年から2011年にかけてはエコカー減税など、自動車発売の支援が多くあった為に買い換えた方などが多くプラスになる事は多かったのですが、そういったメリットが消えた反動や、東日本大震災による部品の不足など多くの問題がありました。

一方で海外向けの生産については、プラスになっているようです。
海外向け発売の主力地域、アジアでは3.5%増えており、他の北米、欧州も売り上げが伸びています。
ですが、輸出数は3ヶ月ぶりに前年を下回るなど、少し低めになっています。

大震災などの影響で部品の生産などに問題が出たので、多くのメーカーがマイナスになっていたのですが、三菱自動車には痛い追い討ちになってしまったのでしょうか。
現在12ヶ月連続でマイナスと、少し厳しい状況に見えます。

一時期は、リコール隠し問題などで地に落ちてしまったブランドですが、最近はそういったことも忘れられていたので、今回の天変地異の問題は大きな痛手だったでしょうね。

とは言え、日本の国内市場は伸びないことがわかっているわけですし、スズキのようにインドで勝負をかけるとかそういったことをやっていいような気がするのは私だけでしょうか。

◆ロシアに力を入れよう
三菱自動車は、日本では、もうイケてないブランドになってしまいましたが、ロシアでは非常に人気が高いブランドに成長しています。

なぜかというと、あの国は寒いですから、パジェロなんかが国民に受けたみたいなんですね。

ディーラーでも、三菱車を取り扱っていなければ、お客さんが来てくれないそうなんです。
この間ニュースでやっていましたが、三菱の流通を請け負ったディーラーは、winwinで成長できたようで、国内では大きなディーラー網を築くことができたみたいですよ。

パリ・ダカールラリーなんかに参加していましたが、そこで良い成績を収めたことも良かったのかもしれませんね。

パナソニックがリチウム電池の工場を再編

January 25 [Wed], 2012, 10:35
近年、パナソニックの業績が低迷し、株価も落ち込んできていますね。
天国で松下幸之助翁も嘆かれていることでしょう。

そのパナソニックがリチウムイオン電池の生産工場を再編することがわかりました。
リチウムイオン電池と言えば、携帯電話やスマートフォンなどに使われている注目の製品ですね。
アップルも、質の良い製品を開発できる日本の小さな工場をチェックしているそうですから。

確かに、スマホやノートPCの充電してからの稼動時間は、私達を満足させる長さとは程遠いものになっていますよね。

そのP社のリチウムイオン電池を生産している工場が4つに集約されるそうです。
中国の生産比率を5割にまで引き上げるみたいですから、要は半分を中国の工場に任せるようですね。

京都工場は2012年の3月を目処に閉鎖、和歌山は一部部品の生産に移行と閉鎖されるようです。
まぁ、本当に工場などで真面目に働いている人が可哀想ですよ。

そもそも、サンヨーなどを買収したは良いものの、事業ドメインはかぶりまくりで、新興国に売却している始末で、戦略性の無さが浮き彫りになってきていますよね。

そもそも人材の劣化が酷いですよ。
P社の社員と会って話をしてみると「う〜ん」と眉間にシワを寄せる人も多いとか。
一回、大きなショックを受けてリストラして無能社員を切らないと立ち直れないでしょうね。

◆蓄電池の活用方法
今後の日本は、電力と真摯に向き合っていかなければならないと思います。

なぜなら、原子力発電を増やすのは不可能と言える状態になっていますので、それなら、クリーンでエコな電力を身近で使えるものにしていかなければならないからです。

そのためには太陽光、風力、地熱などが必須になってきます。
ここらへんはドイツが一歩先をいっていますが、そのドイツでさえも電気代が高くなって、国民の負担が高まっているような状況なのです。

また、クリーンなエネルギーは貯めておくことが難しいと言われています。
ドイツもこの研究を進めているようですが、日本もNAS電池を作れる会社がありますから、そういったことを研究していくべきなんだと思います。

スパコンが1位とか2位とか、そういうのって、もうどうでもいいから、新しい方向に舵を切っていきませんか?

大震災の被災車両の処分はわずか2割のみ

January 13 [Fri], 2012, 10:31
2011年3月に起こった東日本大震災にて津波の被害にあった被災車両の処分が半年以上たった現在でも2割程度しか進んでいないそうです。
理由は所有者の確認がとれておらず、職権処分に自治体が弱腰になっているのが原因だそうです。

東日本大震災で多くの車が津波に巻き込まれ使用できなくなったりしました。
処分しようにも所有者の確認がとれないなどの原因があり、難しいようですね。

被災車両は23万台以上に及んでいて、現在はその2割程度しか処分されていないとなるとまだまだかなりの数が残っているんですね・・。
被災車両にはまだガソリンが入っていたりするものもあるでしょうし、出火などしないか心配ですね。

所有者の確認をとれず処分するのはやはりできないんですね。

ですがこのまま被災車両を残しておいても所有者が現れるという保障もないので、何か対策を自治体が考えなければ何も始まりませんよね。
東日本大震災の影響は大きいですが、このような問題の解決も早期に解決すればいいですよね。

◆避難区域についても
そういえば、政府の弱腰対応としては、避難区域の指定についても、ずっと前に進みませんでした。
住民は自分の家に帰りたいと言っているのに、放射線物質の影響がわからないから、絶対に帰してくれなかったのです。

なぜなら、そこで許可を出して被曝してしまったら、後で莫大な損害賠償金を支払わせるからです。

ですが避難している方々には、もちろん政府からお金が出ています。維持費も発生します。

本来なら、安全な場所に仮設ではなくて、新しい街を作るプランを考えて、みんなに移ってもらうのがベストだったと思います。

また津波が届く場所に住み始めてしまったら、同じことの繰り返しが起こるのではないでしょうか?