ロンドンの地理

March 10 [Mon], 2014, 0:42
◯範囲
グレーター・ロンドンは一番上の行政機構で、特別区がそれぞれロンドンをカバーしている。小さい範囲のシティ・オブ・ロンドンはかつてすべての範囲の街区が含まれていたが、都市地域の成長によりシティ・オブ・ロンドン自治体(英語版)により郊外との合体が試みられた。それぞれ異なった目的により「ロンドン」が定義され、かつて法的に議論された。[80] グレーター・ロンドンの40%はロンドン郵便カウンティ(英語版)によりカバーされ、郵便の住所では 'LONDON'の範囲を構成している。[81][82]
ロンドンの市外局番は(020)でグレーター・ロンドンと同じように広範囲をカバーし、外側の地区のいくつかは外れるがグレーター・ロンドンの外の地区のいくつかは含まれている。M25モーターウェイの内側が通常、ロンドンとみなされ[83]、グレーター・ロンドンの範囲は変化している。 (en) [84] 市街地の拡張は現在、メトロポリタン・グリーンベルト(英語版)により防がれているが[85]境界を越えて市街地は広がっており、グレーター・ロンドン都市的地域(英語版)と定義が分かれる。超えた範囲は広大なロンドンコミューターベルト(英語版)になっている。[86]
グレーター・ロンドンはいくつかの目的によってインナー・ロンドン(英語版)とアウター・ロンドン(英語版)に分かれている。[87]シティはテムズ川によりノース・ロンドンとサウス・ロンドンに分けられ形式的にセントラル・ロンドンはその内側にある。ロンドンの中心はもともとチャリングクロスのエレノア・クロス(英語版)でウィンチェスターとトラファルガー広場の結合する部分の近くに位置し北緯51度30分26秒 西経00度07分39秒である。[88]

◯都市の地位
シティ・オブ・ロンドンとシティ・オブ・ウェストミンスターはシティステータス(英語版)があり、グレーター・ロンドンにシティ・オブ・ロンドンは典礼カウンティとして残っている。[89] 現在のグレーター・ロンドンはかつてのミドルセックス州とケント、サリー、エセックス、ハートフォードシャーが編入されている。ロンドンの、イングランドや後のイギリスの首都としての地位は法律や書物には認められない。[note 1]
地位は憲法会議を通して実質的な首都としてイギリスの憲法の一部分に制定されている。イングランドの首都はウィンチェスターかロンドンへウェストミンスター宮殿の開発の進展により、12世紀と13世紀に恒久的な王宮として移され、国の政治的な首都となった。[92]

◯地勢
グレーター・ロンドンは1,583km2 (611 sq mi)の面積があり、人口は2001年現在7,172,036人で人口密度は4542人/km2、より広い範囲はロンドン大都市圏またはロンドン大都市圏密集体と呼ばれ面積は 8,382km2 (3,236 sq mi) で人口は12,653,500人に達し人口密度は1510人/km2である。[93] 現代のロンドンはテムズ川河畔に位置し、地理的な特徴として航行可能な河川が南西部から東部にかけ横切っている。テムズ低地(英語版)は氾濫原で周辺部はなだらかな丘陵地でその中にはパーラメント・ヒル(英語版)やアディントン・ヒル(英語版)、プリムロズ・ヒル(英語版)が含まれる。テムズ川はかつてもっと川幅が広く、浅い川で沼地が広がり、満潮時には河岸は通常の5倍にも達していた。[94]
ヴィクトリア朝以来、テムズ川は広い堤防が築かれ多くのロンドンの支流は現在地下を流れている。テムズ川は潮の流れの影響を受ける川で洪水による被害を受けやすい。[95]この脅威は時間と共にゆっくりと継続的に高い潮汐レベルで増す。これは緩やかに傾いたイギリスの後氷期地殻均衡復元(英語版)による。[96] 1974年に脅威を防ぐため10年計画でウーリッジ(英語版)でテムズ川を横切るテムズバリア(英語版)の建設が始まった。バリアは2070年まで機能するように設計され、さらなる拡張や再設計の話し合いが既に行われている。[97]

◯気候
ロンドンの気候は海洋性気候で、イギリス南部の多くの地域と同様である。しかしながら、雨が多い都市という評判がロンドンにある。実際にはロンドンの降水量はローマの 834 mm (32.8 in)やボルドーの923 mm (36.3 in)より少ない。[98]冬は通常ひんやりとし、寒さを感じ 霜が郊外で11月から3月にかけ平均2週間発生する。降雪は通常、4-5回12月から2月にかけ発生する。3月や4月に雪が降ることは希であるが、2-3年毎に見られる。冬の気温は?4 °C (24.8 °F)以下や14 °C (57.2 °F)以上を超えることは滅多に起こらない。2010年の冬にロンドンではノルソルトで(?14 °C (6.8 °F))の最低気温を記録し、20年に一度の大雪も見られロンドンの交通機関は大きく混乱した。 夏は通常適度に温かく、時折暑い。ヒートアイランドによりロンドンの中心部では気温が郊外に比べ5 °C (9 °F)も高い。ロンドンの夏の平均気温は 24 °C (75.2 °F)で、年に7日は 30 °C (86.0 °F) を超え2日は32 °C (89.6 °F)を超える。気温が26℃(80 °F)を超えることは6月半ばから8月後半にかけて見られる。2003年の欧州の猛暑 (en) では14日間連続で気温が 30 °C (86.0 °F) を超え、2日連続で 38 °C (100.4 °F)を超えた。数百人が猛暑に関連し死亡している。雨は夏の期間、2日から10日の範囲で見られる。春や秋は季節が混在し、快適である。2011年10月1日に気温が 30 °C (86.0 °F)に達し、2011年4月には28 °C (82.4 °F)に達した。しかしながら、近年ではこの最高気温を記録した月に雪が降ることもある。ロンドンの気温の幅は?10 °C (14.0 °F) から 37.9 °C (100.2 °F)である。

◯地区
ロンドンは広大な市街地が広がっていることから、よくブルームズベリー(英語版)やメイフェア、ホワイトチャペルのように地区名が使われている。これらはいずれも、非公式な名称で都市の広がりによって吸収された村を映したものや教区、グレーター・ロンドン以前の旧区を表したものである。これらの名称は今でも残って使われており、それぞれの地域を表したり自らの地区を特徴付けているが現在は公式には使われていない。1965年以来、ロンドンは32の自治区に分けられこれに古くからのシティ・オブ・ロンドンが加わる。[104][105] シティ・オブ・ロンドンはロンドンの金融の中心で[106]、カナリー・ワーフは近年では再開発が進み新たな金融や商業の中枢になっている。東側はドックランズである。 ウェスト・エンドはロンドンのエンターテイメントやショッピングの中心地区で観光客を惹き付けている。[107]ウェスト・ロンドン(英語版)は高級住宅地を含む地区で不動産価格は1,000万ポンドにもなる。[108] ケンジントン・アンド・チェルシーの不動産の平均価格は894,000ポンドでセントラル・ロンドンのほとんどは同様である。[109]
イーストエンド・オブ・ロンドンは元のロンドン港(英語版)に近く、高い移民人口で知られロンドンでももっとも貧しい地区の一つである。[110]北東部(英語版)はロンドンでは初期に工業開発が行われた地域で現在ではブラウンフィールド(汚染地区)の一部として再開発が行われているテムズゲートウェイ(英語版)にはロンドンリバーサイド(英語版)や低リー・バレー(英語版)も含まれ、これは2012年のオリンピックとパラリンピックのためのオリンピックパークを含んでいる。

参照元:Wikipedia「ロンドン

[PR]きれいめファッション

ロンドンの経済情報

March 10 [Mon], 2014, 0:41
◯金融・サービス業
イギリス経済の中心であり、世界有数の経済都市でもある。多国籍企業の本社数や資本市場の規模などビジネス分野の総合ランキングでは、東京、ニューヨーク、パリ、香港に次ぐ第5位と評価された[68]。金融市場の世界的な重要拠点として機能しており、ニューヨーク、東京、香港などと共に世界トップレベルの金融センターである[148]。世界レベルの大企業本社も集積しており、2011年のフォーチュン・グローバル500において、世界で5番目に大企業の本社が集積している都市との評価を受けている[149]。2008年のロンドン都市圏のGDPは5650億ドルと世界では第5位、欧州ではパリ都市圏を僅差で凌ぎ第1位である[150]。
資本主義経済の中心がイギリスからアメリカ合衆国に移ったことに伴うイギリス経済の相対的低下にも関わらず、ロンドンは依然としてイギリス連邦や欧州連合を始め、世界経済の中心としての地位を保持する。特に貿易および金融面での影響力は強い。シティでは1694年設立のイングランド銀行を頂点として、相互に密接な連携を保って展開するロンバードストリート一帯の市中銀行など各種金融業が発達している。この市場がロンドン金融市場で世界三大金融市場の一角を成し、ロンドン証券取引所は世界屈指の証券取引所の1つに挙げられる。シティのほか、ホルボーン、フィンズベリーにも金融関連会社が多数存在する。
ロンドンはイギリスの国内総生産(GDP)の約20%(4,460億米ドル、2005年現在)を生み出し[151] 、 ロンドン・コミューター・ベルト(英語版)域内は欧州最大でイギリスの国内総生産の30%(6,690億米ドル、2005年現在)を生み出している。[152]ロンドンは群を抜いた金融センターで、ニューヨークと競う国際的に重要な都市である。

ロンドンにはシティ、ウエストミンスター、カナリー・ワーフ、カムデン & イズリントン、ランベンス & サザークの5つの主要なビジネス地区がある。その重要性はオフィス面積で知ることが出来る。グレーター・ロンドンのオフィススペースは2,700万平方メートルで、シティの800万平方メートルも含む。ロンドンは世界的にも高い賃料のオフィススペースとなっている。.[155][156]
メイフェアや セント・ジェームズ(英語版)の賃料は現在、一番高く1平方フィートあたり年間93ポンドである。[157]ロンドンの最大の産業として金融は残り、イギリスの国際収支統計に大きく貢献している。[158]シティには銀行、仲介業、保険、法律事務所、会計事務所などがある。ロンドンの第2の金融街はシティの東側に開発されたカナリー・ワーフで、HSBCホールディングスやバークレイズの2つ世界的な大銀行の本社やシティグループの欧州・中東・アフリカ本部、世界的な通信社ロイターがある。ロンドンは2009年現在国際通貨取引の36.7%が扱われ、1日平均1兆8,500億米ドルが取引される。米ドルはニューヨーク以上に取引され、ユーロは他のヨーロッパの都市とともに取引されている。[159] [160] [161]
約325,000人がロンドンでは2007年半ばまで金融サービス部門で雇用されていた。ロンドンは世界のどの都市よりも多い480の海外の銀行がある。現在、85%以上(320万人)の就業人口は第三次産業に雇用されている。その世界的な役割から2000年代後半以降の世界金融危機の影響を大きく受けている。シティでは1年以内で約7万人の雇用が失われることが予想されている。[162]シティにはイングランド銀行やロンドン証券取引所、ロイズ保険市場がある。
FTSE100種総合株価指数にリストされる企業の半数以上、欧州の上位500の企業のうちの100社以上がセントラル・ロンドンに本社を置いている。70%を超えるFTSE100の企業がロンドン大都市圏に拠点を置いており、フォーチュン500の企業の75%はロンドンに事務所を置いている。[163]
メディア産業はロンドンでは2番目に競争力がある産業である。[164]BBCは重要な雇用主で、それ以外にもシティ周辺には放送局の本社が集まっている。多くのイギリスの新聞社の新聞がロンドンで編集されている。
ロンドンは主要な小売り部門の中心で、非飲食部門では世界のいずれの都市よりも高い売り上げがあり、合わせて642億ポンドの収益を上げた。[165]ロンドン港はイギリスでは2番目に荷物取扱量が多い港で年間4,500万トンを扱っている。.[166]
シティ中心部は、イングランド銀行やマンションハウスと呼ばれる市長公邸、商品・金融取引所のロイヤル・エクスチェンジが面する八叉路である。そこから南東には銀行や商社が立ち並ぶロンバード・ストリートが伸びる。コーンヒル (穀物丘) やポールトリ (家禽) 、ミルク、ブレッド、チープサイド (安売り街) などの古くからの街路名や町名が現在も残っている。シティは女王の承認を得ていない唯一の自治体であり、独自の警察を有する。シティ西部のフリート・ストリートには新聞・通信社が集積し、通りの南側にあるテンプルはイギリスの法律家の最大の拠点である。元来テンプル騎士団のイングランド本部であったが、イギリスで最初の法学院が設置され、次世代の公判弁護士を育成する場所となった。付近には他に最高裁判所や公文書館もある。
ウェスト・エンドはシティの西側の地域であり、シティ・オブ・ウェストミンスターを中心とする。ウェストミンスターは国内最高級の住宅群を擁し、一見寂れた地区であっても資産価値は非常に高い。ウェストミンスター寺院やウェストミンスター大聖堂、国会議事堂、バッキンガム宮殿、政府庁舎、国内最大級の商業地区、スコットランドヤード (ロンドン警視庁) 、ロンドンの大半の高級ホテル、美術館、博物館がある。
イースト・エンドは、シティの東端ロンドン塔から東方のリー川までの地域である。アイル・オブ・ドッグズ、ポプラー、マイル・エンドなど古くからの地名が今も残るが、公式には全てタワーハムレッツ区に含まれる。ドック地帯を有し、港としてのロンドンの機能を担う。歴史的には港湾労働者を中心とするスラム街でもあったため、トインビー・ホールのようなスラム改良運動のセルツメントも認められる。かつてはロンドンの最貧地区として知られ、現在はドックランズ、カナリー・ワーフの大規模な再開発地区として注目されている。
また、ロンドン自体が巨大な消費市場であるため、商業活動も活発である。ロンドンでは地域ごとに各業種が集中している。例えば、シティの金融業、スミスフィールズの食肉市場、スピタルフィールズおよびコヴェント・ガーデンから移設したナイン・エムルズの両青物市場、ウェスト・エンドのリージェント・ストリート、ボンド・ストリート(英語版)、オックスフォード・ストリートの高級ショッピング街、ハーリーストリートの一流医院、紳士服のオーダーメイドはサヴィル・ロウ(日本語の「背広」の語源の一つとも言われる。[167])、ウェストミンスターの行政機関、ブルームズベリーの教育機関といった具合である。

◯工業
19世紀から20世紀にかけてロンドンは主要な製造業の中心地で、1960年には150万人を超える工場労働者が居た。製造業は1960年代から劇的に傾き始めた。[168] 造船や家電、航空機製造、自動車製造など全ての産業が失われている。この傾向は続いており、ポンダーズの Aesica(以前のメルク・アンド・カンパニー)の製薬は2011年に終了し [169][170]、ダゲナムのサノフィ・アベンティス(元のMay & Baker)の製薬も2013年に終了予定である。[171]
今日残っている最後の産業プラントは フォード・ダゲハム(英語版)で、車体パネルの主要な生産地で世界最大のディーゼルエンジンの工場である。[172]食品や飲料の製造もブリムスダウン工業団地(英語版)にあるパン製造のWarburtons、チズウィック(英語版)にあるビール醸造のフラーズビール醸造所(英語版)、ヘイズ(英語版)にあるコーヒーやチョコレート製造のネスレ、シルバータウン(英語版)にある砂糖、シロップ製造のTate & Lyleがある。ロンドンの製造業の就業人口は全就業人口の2.8%を占めるのみである。

◯農業
ロンドンの農業はグレーター・ロンドン地域の8.6%を占めるのみで商業的農業に利用され、かなり小規模な事業形態でありほとんどはグレーター・ロンドンの外縁部に近い所で行われている。市街地近くには僅かな都市農園とおよそ30,000のクラインガルテンがある。[173]グレーター・ロンドン地域には135.66km2 (135,660,000 m2)の農地が占めている。ロンドン地域のほぼ全ての農地は成長する文化のための礎である。[174]
現在、グレーター・ロンドンを構成する多くのエリアは以前は農村か郊外の農地であったが、今でもイーリング・コモン(英語版)やリンカーンズ・イン・フィールズ、シェパーズ・ブッシュ、ワームウッド・スクラブ(英語版)など昔の地名を保っている。
1938年、グレーター・ロンドンはイギリスでグリーンベルト (en) の政策が用いれる最初の地域となり、スプロール現象を防止するためメトロポリタン・グリーンベルト(英語版)が導入された。[175]2005年にADASにより行われた農業統計調査によれば 423の借地がロンドンのメトロポリタン・グリーンベルトの一部分を占めており、イギリスの総数の0.25%を占めている。管理されている土地の総計は13,608ヘクタールで、半分は貸借されている。
10%未満の土地では有機農法の作物栽培に利用され、農業の経済への寄与は多様化した活動を除くと800万ポンド未満である。一方で、ロンドンの農産業は多角化に関わる活動にずっと依存していることが示されており、農業収入の3分の1はそれらに起因し国の平均を超えている。報告書では農業はロンドンの経済にとって重要ではないが、不可欠な役割があると述べている。[176]
報告書では農業は主にロンドン北東部に集中しているが、数値は耕作適地だけが含まれている。(周辺のイースト・オブ・イングランドやサウス・イースト・イングランドは穀物栽培が一般的である。)[177]また、畜産業は近年ではインフラの不足(食肉処理場や市場への乏しいアクセス)や都市外縁部への近さなどから減少していると述べられている。報告書は常置の牧草地の低いレベルの家畜に関し馬の使用を提案しており、しばしば多角化した活動に関連し[178]調査において生産高の数値の37%のロンドンの多角化した活動は馬に関連したものであった。
園芸農業は主にテムズ川南部のロンドン東部の限られた場所で行われている。[176]ADASの調査だけでなく、2004年の Farmer's Voiceで実施された調査では農業従事者の多数はより広く厳格に押し付けられたグリーンベルトの規制は多角化の大きな障害と考え(47%)、続いて高いのは資金の不足で(35%)、両方の調査で明らかになったのは欧州連合の共通農業政策は多角化を進めるにあたって、ほとんど障害はないと認識されている。ロンドンのグリーンベルトでの農業収益は増加を示しており、1999年には僅か4%のロンドンの農場だけが利益が増加したか維持しただけだが、2008年には27%に増えている。1999年の調査では48%が事業の存続を恐れていたが、2008年には23%であった。[176] グレーター・ロンドン地域での都市農業を後押しする取り組みも推進されている。[179]

◯観光
ロンドンには、ロンドン塔、キューガーデン、ウェストミンスター宮殿(聖マーガレット教会を含む)、グリニッジ(グリニッジ天文台跡をグリニッジ子午線が通る)の4つの世界文化遺産が存在する。[180] 他の有名なランドマークとしては、バッキンガム宮殿、ロンドン・アイ、ピカデリーサーカス、セント・ポール大聖堂、タワーブリッジ、トラファルガー広場、ウェンブリー・スタジアムがある。多数の博物館、美術館、図書館といった文化施設や、スポーツイベント、文化機関も存在する。大英博物館、ナショナル・ギャラリー、テート・モダン、大英図書館、ウィンブルドン選手権、40軒の劇場が軒を連ねるウェスト・エンド・シアター(英語版)は代表的なものである。[181]
ロンドンは著名な観光地の一つであり、主要な産業の一つであり2003年に観光関連の産業に雇用されるフルタイムの労働者は350,000人であった。[182]ロンドンを訪れる観光客が1年間に使う費用は全体で150億ポンドで[183]、海外からの観光客は年間1,400万人にも上りヨーロッパではもっとも人が訪れる都市である。[184] ロンドンでの観光客の延べ宿泊日数は年間2,700万泊である。[185] 2009年にロンドンでもっとも観光客が訪れた場所は以下の通り。[186]

1.大英博物館
2.ナショナル・ギャラリー
3.テート・モダン
4.ロンドン自然史博物館
5.ロンドン・アイ
6.サイエンス・ミュージアム
7.ロンドン塔
8.国立海洋博物館(英語版)
9.ヴィクトリア&アルバート博物館
10.マダム・タッソー館

参照元:Wikipedia「ロンドン

ロンドンの統計情報

March 10 [Mon], 2014, 0:39
ロンドンの人口は、19世紀から20世紀初期にかけて産業革命を契機として急速に増加し、19世紀後半から20世紀初期にかけては世界一人口の多い都市であり、1925年までニューヨークの人口を上回っていた。人口のピークは第二次世界大戦が勃発する直前の1939年であり、8,615,245人に達していた。2011年時点のグレーター・ロンドンの公式の人口は8,174,100人であった。[124]
しかし、ロンドンの市街地はグレーター・ロンドンの境界を越えて広がっており、2011年時点の都市的地域の人口は8,278,251人、都市圏の人口は13,709,000人に達している。ユーロスタットによれば、ロンドンは欧州域内の都市圏で最も人口が多い。1991-2001年にかけての流入人口は、726,000人であった。[125]グレーター・ロンドンの範囲は1,579平方キロメートルであり、人口密度は5,206人/km2である。これは、他のイギリスの地域の人口密度(NUTS内で)の10倍以上である。[126]
世界の諸都市のうち人口は25番目に多く、都市圏では18番目に多い。世界で4番目に米ドルベースで億万長者が多い地域である。[127]ロンドンは東京やモスクワと並んで物価が高い都市という調査結果もある。[128]

◯民族
国家統計局によれば、2009年ベースの統計で7,753,600人のロンドンの人口のうち、69.7%は白人で、59.5%は白人の英国人、2.2%は白人のアイルランド人、8.0%は他の白人の人々であった。13.2%は南アジア系の人々で、インド系はロンドンの人口のうち6.2%、続いてパキスタン系が2.8%、バングラデシュ系が2.2%であった。2.0%は他のアジア系に分類されている。ロンドンの人口のうち10.1%は黒人であり、5.3%は黒人英国人、4.0%はアフリカ系、4.0%はカリビアン系、0.8%は他のグループに分けられている。3.5%は混血、1.8%は中華系、1.7%はその他の民族グループに属している。[129]
ロンドンの一部では、アジア系や黒人の子どもたちが白人の英国人の子どもの数を上回る地域もあり、4-6校の公立学校では数で上回っている。[130]だが、依然として白人の子どもの数は62%で過半数を占め、2009年の統計局による調査では0-15歳の層における白人人口は1,498,700人であった。そのうち、55.7%は英国系、5.6%は他のEU加盟国出身である。[131] 2005年1月の調査では、ロンドンでは300以上の言語話者がおり、50以上の非先住のコミュニティには10,000人以上の人々が暮らし、宗教や民族の多様性が見られる。[132]統計局の調査では、ロンドンにおけるイギリス国外の出生者数は2010年現在で2,650,000人と人口の33%を占め、1997年の1,630,000人より増加している。
2001年の国勢調査では、グレーター・ロンドンの人口の27.1%はイギリス国外の出生者であった。[133] 統計によると20の共通する国の出身者がロンドンに居住している。ドイツ出身者は、親がドイツに駐在したイギリス軍に就いていたものである。[134] 公式の統計では、2009年7月から2010年6月にロンドンに居住する国外出身者は、主にインド、ポーランド、アイルランド、バングラデシュ、ナイジェリア出身者であった。[135]

◯宗教
ロンドン市民の信仰する宗教は、主にキリスト教で58.2%を占めている。[136] これに続き、無宗教が15.8%、イスラム教が8.5%、ヒンドゥー教が4.1%、ユダヤ教が2.1%、シク教が1.5%、仏教が0.8%、その他が0.2%であった。8.7%は2001年の国勢調査で無回答であった。[136] ロンドンでは伝統的にキリスト教が信仰されており、シティ・オブ・ロンドンには多くの教会が所在する。シティのセント・ポール大聖堂やサウスワーク大聖堂(英語版)、聖公会は有名であり[137]、カンタベリー大主教はイギリス国教会の大主教である。大主教のランベスパレスがランベス・ロンドン特別区にある。[138]
王室の重要行事は、セント・ポール大聖堂とウェストミンスター寺院に分けて行われる。[139] ウェストミンスター大聖堂はイングランドおよびウェールズでは最大のカトリック教会の大聖堂である。[140] イギリス国教会の統計では、教会への参加者は次第に減少している。[141]
ロンドンには、相当数のイスラム教やヒンドゥー教、シク教、ユダヤ教のコミュニティがある。多くのイスラム教徒はタワーハムレッツ・ロンドン特別区やニューハム・ロンドン特別区に居住している。 ロンドン居住のイスラム教徒にとってリージェンツ・パークのロンドン・セントラルモスク(英語版)は最も重要な存在である。[142] オイルマネーによって増加した中東の富裕層は、メイフェアやナイツブリッジを拠点としている。[143][144]ロンドンは西ヨーロッパ最大のモスクが所在する都市であり、Baitul Futuhのモスクはアフマディーヤムスリムコミュニティのものである。
ヒンドゥー教徒のコミュニティはロンドンの北西部ハーロウ・ロンドン特別区やブレント・ロンドン特別区に存在し、ヨーロッパ最大のヒンドゥー寺院であるネアスデン寺院がある。[145]シク教徒はロンドン東部や西部におり、インド国外では世界最大のシク教の寺院がある。[146]
イギリスのユダヤ教徒の大半がロンドンに居住し、ユダヤ教徒のコミュニティはスタンフォード・ヒル(英語版)やスタンモア(英語版)、ゴルダーズ・グリーン(英語版)、エッジウェア、ヘンドン(英語版)、ノース・ロンドン(英語版)に存在する。スタンモア・カンノンパークシナゴーグ(英語版)は単一ではヨーロッパ最大のシナゴーグである。

参照元:Wikipedia「ロンドン
P R
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/mocu6fkx/index1_0.rdf