1 出会い

November 08 [Mon], 2010, 8:15
友だちに誘われて、キャンプに行くことになった。
それは、2つのサークルが合同で開催しているもので、お互いの親睦を深めるためのものだった。
とはいえ、要は「出会いの場」とも言える。あまり気乗りしないまま、参加することになった。

土曜日の朝、集合場所に行くと、2台のワゴン車と数人の人の姿が見えた。

「ともえは初めて会う人が多いよね」

友だちのみなみが言う。彼女は私のいちばん仲の良い友だちだ。

「うん…ま、ちょっと緊張するね」
「たかひろもいるし、もし辛かったら、私たちと一緒にいればいいからさ」
「ありがと」

たかひろ君は、みなみの彼氏。私も何度か会ったことがある、とてもいい人だ。
みなみは私の性格を知ってか、優しいことを言ってくれた。

私は人付き合いが悪いわけではないが、極度に気を使う性格である。
そういうわけで、本当の自分の感情を表に出すことが出来ないため、
その場を離れると、ひどく疲れてしまうのである。
もちろん、仲の良いみなみやたかひろ君の前では、普通なんだけど…。
初対面の人となると、どうもその辺りの調整ができなくなってしまう。

「人当たりはいいけれど、距離がある」

と、よく他人から思われているような気がする。


「おはよー、たかひろ」
「おう、おはよ。ともえ、久しぶりだな」
「おはよう。久しぶり。」

「じゃあ、さっそくだけど、コレ、引いて」
「え?」

私とみなみが同じ反応をする。差し出されたのは、割りばしのくじ。


つづく
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もちねこ
読者になる
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
http://yaplog.jp/mochineko562/index1_0.rdf