ほとんどお金をかけずにできる3つの自作パック

November 12 [Tue], 2013, 9:41
歳を重ねてくると、
若いころと同じスキンケアではお肌の調子も上がりにくくなります。

若いころは少し品質の高い化粧品を使ったりすると、
すぐにお肌の変化が現れてきたりするものなんですけどね・・・。

お肌の変化を感じ始めたら、
若いころとは違うスキンケアをしてあげるようにしたほうがいいです。

そこで私が強くおすすめしたいのが「フェイスパック」です。

ただ最近のフェイスパックって価格が高いものが多くなっていて、
なかなか手を出せないと思うんですよね。
(その分、効果も高くなっているのですが・・)

ということで今日は、
あまりお金をかけずにできる自作パックをいくつかご紹介します。


(1)米のとぎ汁パック

その名のとおり、米のとぎ汁を使ったパックのことです。
お米をといだときにでるとぎ汁を、別の容器にうつし一晩寝かせます。
一晩寝かせることで沈殿物ができるのですが、
これをお肌にのせて5〜10分ほど寝かせることでパックができます。
沈殿物にはビタミンEなど抗酸化力を高める成分が含有されているので、
お肌の老化を防止するのにすごく効果的なんです。
また、すべすべ感も増しますので年齢肌の対策におすすめですよ。


(2)重曹パック

最近は炭酸パックというものがすごく人気になっていますが、
炭酸パックは汚れを取り除くのがすごく得意なのですが、
炭酸パックだと1枚1,000円ぐらいするものがザラにあります・・・。
そんな炭酸パックの代わりに使えちゃうのが「重曹」なんです。
重曹なら1kgの大容量で600円前後で買えるのでとてもおすすめです。
重曹に少し水を加えて、皮脂が気になる部分にのせ、
5〜10分ほど放置したのちキレイに洗い流してあげましょう。
毛穴の黒ずみなどをキレイにすることができます。


(3)きな粉パック

きな粉はお安く買えるものですから、これもとてもおすすめです。
きな粉に化粧水と乳液を少し混ぜたものをお肌にのせ、
10分ほど放置したあとにキレイに洗い流してあげましょう。
きな粉は大豆からできますので大豆イソフラボンがとても豊富で、
お肌の老化を防ぐのにすごく効果的な働きをします。
きな粉は実はダイエットにもとてもいいので、
何かにかけて食べてあげるというのもけっこうおすすめなんです。

男性の8割が色白好き!色白になる3つの魔法テク

November 06 [Wed], 2013, 9:16
私は“彼氏”という存在にはなかなか恵まれないのですが(泣)、
なぜか、男友達には恵まれています。

男友達と話すことがとても多いのですが、
男性が思う理想の女性像って女性のそれと全然違うんですよね。

でも、共通していることもあるんです。

それは「色黒」よりも「色白」の人のほうがモテるということ。

男性も色白の女性のほうが好きな人が多いんですよね、圧倒的に。

色白肌を手に入れるには、
メラニンの生成をブロックする“ビタミンC”を摂取することが大事。

そこで今日はカンタンにビタミンCを摂取する方法をご紹介します。


(1)秋は柿を食べましょう

ビタミンCを積極的に摂取することが大事なのですが、
まずは内側からの摂取を心がけるようにしましょう。
そこで今の時期におすすめしたいのが「柿」なんです。
柿はレモンの70%ぐらいのビタミンCが配合されているので、
食後のフルーツとして食べてみてくださいね。
ビタミンCを摂りたくてレモンを食べるわけにはいかないですからね。
旬のフルーツをうまく活用してみてください。


(2)ビタミンC誘導体化粧品を使いましょう

内側からのビタミンC摂取も大事ですが、外側からも行いましょう。
そこでポイントになるのがビタミンCの質ですね。
ビタミンCは吸収率が悪いという性質がありますので、
誘導体として配合されているようなものがおすすめです。
成分表をみて「ビタミンC誘導体」と書かれてあるものがおすすめです。
コラーゲンなども配合されているといいですよ。
ビタミンCはコラーゲンの生成力を高めてくれる働きがありますから!


(3)紫外線対策も忘れずに

ここまではすでにできたシミの対策方法など講じてきましたが、
一番大事なのはやはり紫外線を日々の生活の中で対策していくことです。
もう11月ですし、紫外線対策を怠ってしまう人もいると思うのですが、
色白でいたいのであれば年中関係なくしっかりと対策をしましょう。
だからといってがっつりと日焼け止めをする必要はありません。
前々回ぐらいの記事でもご紹介したように、
ファンデーションを使って紫外線対策をされるといいと思いますよ〜。

もうファンデ崩れしない!誰でもできる超絶ファンデテク

October 30 [Wed], 2013, 9:18
化粧の上手・下手によって顔の見え方ってだいぶ変わります。

そんなことはもう誰でもわかっているかと思います。

「アイメイクの差が大きい」と思いがちなのですが、
それと同じぐらい大事なのが「ファンデの使い方」なんですよね。

ファンデはお肌の凹凸を隠す働きがありますので、
上手に使いこなしたいですね。

でも、使い方ひとつ間違ってしまうと、
本当は素肌がキレイなのに汚く見えてしまうこともあります。

特に最近の若い男性は、お肌の汚い女子が嫌いです・・。

最近はすっぴん好きの男性が多いように、
綾瀬はるかさんのような艶肌好きの男性が増えているんですよね。

そこで今日はファンデ崩れをさせない魔法のテクをご紹介します。

手順を見てみましょう。


(1)ファンデをたくさん塗りつける

ファンデは少量ずつつけるのが上手な使い方のコツですが、
それは置いておき、まずは過剰にファンデをつけてみてあげましょう。
とにかくたくさん塗ることになりますので、
塗りやすいスティックタイプのファンデをおすすめします。


(2)フェイスパウダーを叩きまくる

次にフェイスパウダーを「これでもか!」というぐらい叩きこみます。
自分が思っている以上に叩き込んでしまって大丈夫です。
ファンデの色に影響を与えないルーセントタイプのものがおすすめです。
ルーセントタイプだと厚塗りになりにくく、素肌感を残せます。


(3)最後のミスト化粧水+ティッシュオフ

(1)〜(2)が基本の形となり、最後にミスト化粧水を吹きかけます。
このプロセスを加えることでカバー力を高めることができます。
ただ、吹きかけっぱなしではダメなので、
最後にティッシュオフして水分を軽く取り除いてあげましょう。
先にティッシュを顔のあて、その上からミスト化粧水をかけ、
ティッシュパックをしてあげるのもけっこうおすすめです。

秋冬こそ気をつけて!美白肌が実践する紫外線対策とは?

October 24 [Thu], 2013, 9:14
朝晩、冷え込みやすくなりましたよね・・・。

冷え込むということは湿度が低くなるということですから、
乾燥対策を入念に行うようになると思うんです。

乾燥は最終的にシワの原因になりますので、
しっかりと対策していかないといけない問題なんですよね。

でも、この秋冬に怠りがちなスキンケアがひとつあるんです。

それが「紫外線対策」なんですね・・。

紫外線は夏しか出てていないと思っている人がいるのですが、
実際は10月でもまだまだ出続けているんです。

特に今の季節、朝晩はたしかに冷え込むのですが、
昼間は日差しが強いときもあるので注意が必要なんですね。

そこで今日は美白肌の方も実践する紫外線対策をご紹介します。


(1)ファンデーションで紫外線対策

たしかに10月以降も紫外線が放出されるのは間違っていませんが、
紫外線の“放出量”でいえば減少傾向にあります。
なので、SPF50+といったようなものを使う必要はないのです。
最近はBBクリームのような化粧下地でもSPF20〜30程度あるので、
専用の日焼け止めを使わずに紫外線対策をばっちりと行えます。
私のおすすめはパウダータイプの日焼け止めつきファンデを使うこと。
パウダーは塗り直しがラクなので化粧直しを前提とすれば、
しっかりと紫外線を対策することができます。


(2)食べ物でメラニン色素の沈着を防止

外側からのケアと同時に内側からのケアも徹底してあげましょう。
そこで「ビタミンC」を摂取することが大事になってきます。
ビタミンCはメラニン色素が合成されるのを抑制する働きがあるから、
シミのできにくい肌をつくるのにとても効果的な美容成分なのです。
また、コラーゲンの生成を助けたりするので、
お肌にハリ感がなくなってきたという方にもけっこうおすすめです。
今の時期だったら「柿」を食べるのがオススメだと思います。
ビタミンCが多いといえばレモンが真っ先に浮かびますが、
柿はレモンの70%ぐらいのビタミンCがあるのでしっかり摂取できます。
その他にも、みかんやトマト、アセロラ、人参、赤ピーマンがおすすめ。


(3)ストレスフリーの生活を送りましょう

意外かもしれませんがストレスもシミの原因となってしまうのです。
その仕組みわかりやすく解説してみましょう。
人はストレスを感じると血流が悪くなるのですが、
通常ここでアドレナリンが分泌されますが、分泌は長く続かないので、
ストレスを長いこと感じていると次は男性ホルモンが分泌されます。
男性ホルモンが分泌されるとメラニン色素が作られやすくなるから、
ストレスが溜まる=シミができやすくなると考えられているのです。
時間をかけて入浴を行なったり、休日は運動をするようにしたり、
自分なりのストレス解消法を見つけることが大事になってきます。

今一度考えたいコラーゲンのベストな摂取法とは?!

October 18 [Fri], 2013, 9:30
「あなたの最もお肌に効果的だと思う美容成分は?」
この質問をされたらなんと答えますか??

私の予想ですが、
「コラーゲン」と答える方がとても多くなると思うんです。

私もたぶんコラーゲンと答えていたと思います。

たしかにコラーゲンは美肌効果がとても大きいです。

ハリや弾力を高めるのに効果的ですので、
たるみ肌を改善させるなどアンチエイジング効果は抜群です。

歳とともにたるみができやすくなってしまうのですが、
お肌がたるむと毛穴も開きやすくなるのでいいことがないです。

頬なんかがたるんでしまうと老けて見えるので、
たるみはしっかりと解消させたいものですね。

また、美白作用もあるといわれていたり、
かさつき予防にもつながるのであらゆる役割を担っています。

でも、コラーゲンは分子量が大きく、
食事から摂取したコラーゲンはほとんど無意味だと言われているので、
その摂取法について今一度考えないといけないんですね・・。

今日はコラーゲンのベストな摂取法について少し考えてみます!


■食事からのコラーゲン摂取は×

冬になるとコラーゲン配合の鍋とかが人気になったりしますよね。
先述したようにコラーゲンはもともと分子量が大きいものなので、
食事から摂取したものはほとんど吸収されないのです。
だから、摂取法としてはおすすめできません。


■化粧品からのコラーゲン摂取は△

最近はほとんどの化粧品にコラーゲンが配合されていますよね。
美容業界もその美肌効果にはお墨付きというわけですね。
でも、すべてのコラーゲン化粧品がおすすめではありません。
低分子化されたコラーゲンでないとあまり効果を実感できませんからね。
低分子化され吸収がよくなっても、実は生成されないとまた無意味になります。


■サプリメント・ドリンクからのコラーゲン摂取は◎

摂取法として一番おすすめなのはサプリメントもしくはドリンクからです。
まず、第一条件としてはコラーゲンが低分子化されていることですね。
そして生成力を高めるビタミンCやアミノ酸が配合されているものを選びましょう。
化粧品でもビタミンCやアミノ酸が配合されているものはありますが、
これらは内側からのケアになりますので、より効果的にコラーゲンを摂取できます。

もう食べたくない!お肌を老けさせる意外な食べ物まとめ

October 12 [Sat], 2013, 10:54
お肌のケアって化粧品を使うだけじゃないんですよね。

若いころには気づかないのですが、
歳を重ねてくるとこのことがよくわかってきます。

30を超えると化粧品を使ったスキンケアだけでは、
お肌の調子って上がらなくなってくるんです・・。

なので、コラーゲンドリンクを飲んだり、
ヒアルロン酸系のサプリメントを摂取したり、
内側からのケアにも力を入れないとダメなんですよね。

このように美容成分を取り入れるという形でもいいですが、
あまりお金をかけられないという方も多いと思います。

そういう方はまず食事の見直しからはじめるといいです!

食生活において特に改善させたいのが、タンパク質と糖分の多いもの。

タンパク質と糖分が同時に多いものはお肌の老化の原因となるので、
この2つが掛け合わされたような食べ物は控えるようにしたいです。

例えば、どんなものがあるのでしょう?


・フライドポテト

フライドポテトはファストフードで食べることが多いですよね。
フライドポテトはトランス脂肪酸の多い油を使っているので、
太りやすくもあり、また、老けやすくさせてしまうものなんです。
たまに食べる程度であれば問題ないかもしれませんが、
週に2〜3回好んで食べているという方は要注意です。


・からあげ

からあげの好きな人ってとても多いですが、からあげも大敵です。
フライドポテトと同じく、油を使った揚げ物の一種ですからね。
また、からあげはもも肉などを使うのでタンパク質が多いため、
「AGE値(タンパク質+糖分=老化度)」がとても高いんです。


・ワッフルやパンケーキ

ワッフルやパンケーキ、これはまさにAGE値を高めてしまうもの。
油を使った料理であること、そして糖分を非常に多く使いますからね。
でも、女子ならこういう甘いものをときには食べたくなるものです。
そういう場合は、AGE値がワッフルやパンケーキの1/3である
フレンチトーストを選んであげるといいですよ。


・ベーコン

ベーコンは燻製なのでそこまで大きな影響を与えるイメージがないです。
それだけに好んで食べてしまいやすいですが、要注意食材なんです。
AGE値が高いといわれている牛肉のステーキと比較した場合、
ベーコンはなんと牛肉ステーキの9倍ほどのAGE値になっているんです。
ベーコン好きとしてはツライですが、控えるようにしたいところです。
P R
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30