最終回、そして新ブログ! 

July 10 [Thu], 2008, 2:29
ど、どうも!

ひょんな事から装い新たにブログを始める事になってしまいました!
今、僕がギターを弾かせてもらっているバンド「so under」の
ホームページの一環としてです!

《ブログURL》
http://blog.livedoor.jp/shinji0029/

「so under」がどんなバンドかはいずれライブに来てもらうとして、
実は僕が参加するようになってから一度ライブをしました!
過ぎ去りし6/21、非常に少ないお客様に見守られ、
僕は僕のギタリズムを炸裂させてきました!
練習不足という名のグルーヴに包まれた僕は、
ステージ上で機材トラブリューとも闘っていました。
突如音が出なくなったんですよ!(オッタマゲーション)
後で判明した事ですが、機材にはトラブルなどなく、
足元のエフェクターのボリュームがゼロになっていただけでした。
しかし焦りましたよ!面白いおならをこいてやろうと気張ったら
うんこが出てしまった大学3年の夏合宿の時よりうろたえました。
(ウロタエーション)

まぁそんなこんなでいまだに雰囲気を探り探りで
得意の不条理ギャグなどはまだ書けていませんが、
育ちの悪さをふんだんに出した文章をしたためています。
良かったら見てやって下さい!そしてこのブログで
使ったギャグをリ・ニューアルしてまた使うかもしれません。
そんな時は、いまだにここを見てしまうアナタですから
「アッ、2回目ダッ!」と思うかもしれませんね。
そこは何卒指摘しないで下さい。指摘されたとて
「やかましいわ!」としか返し様がないですから…


それでは、さらばです。
さらば“DESIRE”、御愛読ありがとうございました。
今風に書くと、「ぁりがとぅござぃました」ですな。

僕の友達の日記より引用 

March 01 [Sat], 2008, 23:22
既にご存知の方もいらっしゃいますと思いますが、恥ずかしながら千種区にCAFE&BAR(バール)をオープンすることになりました。
名前はVivanといいましてスペイン語で『万歳』という意味です。
地下鉄千種駅3番出口を出て錦通り沿いディーラー『cornes』の隣に集英予備校がありまして、予備校を超えてすぐ左に入って真っすぐ行くとあります。

カフェスタイルと夜はバールスタイルをミックスした感じになります。
foodは特にジャンルはなく、スペイン、エスニック、勿論パスタ、洋食など..。
それからデザート類や焼き菓子。
コーヒー類や紅茶、中国茶、ソフトドリンクも充実させるつもりです。
アルコールは定番ビール、各国ビールやワインが主体になります。

家具もかなり面白く..あとはDJもやってるので音楽にはこだわっていきたです。ちなみに今はフォークものやら、エレクトロニカだったり色々です♪
心地よい音楽を提供したいです。


===========================================


という事なので、  「Vivan!」  ヨロシクです。
やまちゃんというオダギリジョー似の男前のお店です。
僕もちょいちょい出没するつもりです。
3月7日から通常営業なので、
皆さんももし気に入ったらご贔屓に!
何が「恥ずかしながら」なのかは分からんがね!

 吉田

非道人間・吉田兄! 

December 17 [Mon], 2007, 16:28
1988年頃だった。

吉田家にビーグル風の子犬がきた。
ビーグルの母親から産まれたビーグルっぽい犬だった。
父親がどこかの風来坊だったせいか吉田家のビーグル調の犬には
黒い模様がなく、ビーグルにしてはやけに胴周りが太かった。
そして安易に「ミッキー」と名付けたその直後、
よく見たらメスだったという事で「ミニィ」に改名した。
ある年、僕はよくミニィを過剰にハードな散歩に連れていった。
母親のチンタラ歩く散歩より 犬は嬉しかろうと思ったのだ。
散歩というよりトレーニングに近いものがあったのか
冬なのにミニィはどんどん痩せていき、母親の
「可哀想だからやめなさい」の一言でミニィの胴周りは
日産自動車並みのV字回復をみせた。そして2002年春、
僕は皮肉にも日産の販売会社に就職した。(関係ない)

本題に入る。僕が学生の頃、つまり2001年頃の話である。
当時一人暮らしをしていた僕が冬休みに入り実家に帰ると
ミニィの姿が見えない。母親に尋ねると、
少し前に鬼籍に入ったとの事だった。天に召されていたのだ。
どうして教えてくれなかったの!?と言おうかと思ったが、
教えてもらったところで何が出来るわけでもなく
母親もその話題には触れたくない様子だったので僕も黙った。


時は流れ6年後の11月。つまり先月だ。
僕は唐突にミニィの死因を聞かされた。兄貴のツレGさんが言う。
「お前んとこの犬には 本当に可哀想な事をした…」
何がですか?メスなのに最初ミッキーと名付けた件ですか?
「いや違う、全然違う。って言うかおれ関係なくない?その件は」
Gさんは何故か吉田家の内部事情にやけに詳しい。
週末は大概ウチに来る人で、兄貴とは15年来のツレだった。
「犬が死んだのはおれとお前の兄貴のせいだ」と言う。
えっ?過剰にハードなトレーニングでもしたんですか?
「いや違う、全然違う。って言うかそれはお前だろ」
そういえばミニィの死因について母親は何も話さなかったな…
言いたくなかったのか…?言えない事でもあるのか…?

Gさんの話はこうだった。
兄貴とGさんとあと何人かでウチで鍋をしていた時の事。
酔っ払いの酩酊状態と化した兄貴は、鍋のシメのうどんに
焼酎をなみなみと注いだ。マズすぎて誰も食えなくなり、
Gさんと兄貴はそれをミニィにやったとの事。
あくる日からミニィの体調は激変し、その後すぐに死んだらしい。
母親は泣きながら激昂し、何も覚えていない兄貴を強烈に叱咤。
後でGさんに聞いて、死因が自分にあると分かったらしい。

犬に酒はタブーなのか知らないが、とにかく死因は兄貴の焼酎らしかった。
Gさんが提唱する説「吉田兄はリヴィング・レジェンド説」の
ひとつの材料にされてしまったミニィがとても不憫で、
飼い主にとても忠実という性質を持つ犬という生き物の
切なさを知った。ミニィはウチに来て幸せだったろうか?
僕はもう生涯犬は飼わないでおこうと思ったのだ。

兄貴は飼ったりして!

NASTY:汚らわしい 

December 08 [Sat], 2007, 0:54
先日、兄貴とコンパに行った時の話だ。

コンパばっかり行きやがってこのチャゲが!!
と思わないで頂きたい。僕はチャゲではないし
望まざるコンパだって時にはあるのだ。
兄貴はGさん&Tさんという中学からのツレと徒党を組み
コンパという名の合戦に繰り出しまくっている。
3人が3人とも他の友達を作らず、脇目も振らずに
3人の結束並びにチームワークを固めているという
「あなた達は高校、大学の時は何をやっていたの?」と
聞きたくなる3人衆なのだ。非常に危険な3人なのだ。
その3人がもう一人男衆を増やしたいと思った時、
誘える男は僕しかいないのだ!!オーマイガッ!

わざわざ僕を駆り出すという事は女衆が4人だという事だ。
僕は土日は仕事だから早い時間は無理ですよと言いながらも
早めに仕事を終えてダッシュで駆け付けた。
何故乗り気じゃないコンパにDASHで向かったか。
女が少ないと書いて「妙」と読む。…それは関係ないのだが、
コンパ合戦に於て、男が少ないと女に負けるケースが多い。
会話や場の主導権が握れないのだ。しかも危険な3人組だ。
こりゃイカンと僕は非常に言いにくい「もうあがってもいいですか」を
勇気を振り絞って店長に言ったのだ。健気に馳せ参じる僕。
ティカテツでは遅れる事間違いなしと思い、車で向かう。
男が人数負けしない様に、シラフでもいいからとにかく
人数合わせとして一刻も早く駆け付けねばなるまいと思ったのだ。
果たしてシラフの僕が戦力となり力を発揮できるのだろうか?
僕が駆け付けて何か変わるのか?危険な3人組改め危険な4人組に
なってしまうのか?兄貴よ、他にも友達を作りやがれ土日休みの!
そげな事を思ったり思わなかったりしながらも、
合戦の地OZONEに着いた!(オゾンじゃないよ大曽根だよ)

 チョト遅レチャタアルヨ〜

テンションを上げる為に中華風の独り言をホザき、
僕は店員さんに言った。「男女7人の席があると思うのですが!」
「アルヨ〜、コチラヨ〜」なんで中華風なんだよ!!
と思った事にしようかと思ったが嘘くさすぎるのでやめだ。
「はいっ!こちらですね〜」実際はこうだった。(吉田→正直者)
いざ個室のカーテンを引き裂く様に開けた僕!開口一番!
「チョト遅レチャタアルヨ〜」もとい、「遅くなりました!」

なんとそこには!
 男女 3対3!!!

おれ いらん がや !

ビックリした。僕が来なくても男女比はピッタリだった。
まさしく女が少ないと書いて「妙」と読む状況を、
皮肉にも僕が作り出してしまったのだ!
アンタッチャブルとはこの事だ!違うかもしれん!

 違ウカモ シレンネ〜

危険な3人組は 意外にも危険と言う程でもなく、
ソツなく会話をこなしていた。でもそれは3人組と昔から仲の良い
Y子という女性の存在が大きかった気がする。
Y子はなかなかイカす女で、会話にコクとキレがあり
見た目にも可愛い感じでナスティな雰囲気がプンプンしていた。
僕はY子に吉田家に嫁に来いと散々誘った。
自分の嫁にはアレだが、義姉なら全然OKと思ったのだ。
その後、兄貴とナスティがどうなったのか。
それは、誰にも分かりません。

 誰ニモ 分カランヨ〜


奇跡を信じる男 

November 22 [Thu], 2007, 1:37
な にぃぃぃ!?

驚いた。そして驚くとほぼ同時に恥ずかしさがこみあげてきた。
覆水は盆に帰らないし、今更どうこう言っても無意味なのだが。
ともかく僕はビックリして信じたくない気持ちだったのだ。
一体何があったのか。それを書きましょうかね。
リンカーンというTV番組、20日の放送はご覧になっただろうか。
『ちゃらせん』というギャルサークルが出ていた。
ガングロメイクのいわゆる“ギャル”という人達が構成員の、
パラパラを踊ったりするサークルらしい。
その人達の挨拶はなんと、「チョリーッス!」だった!
僕が11月初頭のブログで使っていた挨拶「チョイッス」と
ほぼカブっている!! 驚いた。うわ!と言った。
僕のチョイッスは「こんにちは」を意味する亜流の挨拶だが、
その人達も全く同じ用法で「チョリーッス」を使っていたのだ!
カブりまくっている!! これは恥ずかしかった。
と書きつつも、僕は知っているのだ。
人は自分が思う程に自分の事を気にしていないと。だから
ギャルサーと挨拶がカブったくらいで顔面を歪める必要はないのダ!


話は変わって、11/19付のノムヒョンの作品『イム』。
頭の柔軟性が乏しい人の為に解説すると、これはフランスを
意味する『仏』なのだ。素直に『いむ』と読んではいけない。
ヒョンはこういう殺傷力の低い地雷を仕掛けるのが得意なのだ。
探せば他にも結構あるぞ、多分。

そしてそれを見た僕はある事を思い出した。
小学校の頃、同じ分団に 岩原ススム という子がいた。
ススムは『ムスス』というとてもムード溢れるニックネームを
有していた。なんと!ススムを逆から読むとムススなのだ!
それがムーディな割に言いにくいので、次第にムススは
『ムッス』になった。カボチャの語源がカンボジアなのと同じ様に。

 ムッス

ムッスは マジで!? というくらいの天パだった。
そしてちょっと丸っこい男の子だった。
黒人の様なチリチリの細かい天パに、丸っこい体格。
何かを思い出さないか。そう、大仏さまである。
ムッスの名字は イワハラ なのだ。オォォォ!なんと!
イ、ム。…おいおい!イとム!

 HOW WONDERFUL!

神の啓示だ!
これほどまでにうまくハマった例があるかバカヤロー!
僕は興奮した。エキサイトバイク(FC)よりよっぽど興奮した。
このイとムの法則に気付いたのは中学の時だった。
僕は膝がガクガク震えるのを堪えるのに必死だった。
「…お、おいムッス!君に神が降りてきた…!」
ハマる という言葉はこの為にあるのだと思う。


そして5年くらい前にも神の啓示があった。
WAKE UP。起きるという意味の英熟語だが、
「ウェイク」と「上 行く」の発音は酷似しており、
更にその後に続く言葉は「アップ」だ!
オォォォ!「上行く」、「アップ」! マジですか!!!
僕は興奮した。宇宙の法則に少しだけ触れられた気がした。
あっ、でもムッス程じゃないや、と思った。

ウォォォォ!!

僕の90 

November 19 [Mon], 2007, 22:47
僕が選んだ数字は90だ。

今日、ショールームに絵に描いた様な男がきた。
真正面から見ると「カモメですか?」と問いたくなる様な
真ん中でパックリわけた長めの髪。売れ始めの頃の
福山雅治の髪型に近い。サラッサラの前髪の端がちょうど
目の位置くらいで見事に左右対称だった。
「渡り鳥、お好きなんですね」とロマンチックな僕は思った。
自分の頭髪で渡り鳥を表現するくらいだから、
その惚れ込み具合は相当なものなんだろう。

ジャンパーは薄茶色のレザーだった。
キャメル一色ならともかく、所々色の濃い部分があって
ケミカルジーンズのブラウンレザー版といった趣き。
「ビッグカツですか?」と問うてみたくなる色合いだった。
(ビッグカツにはソースが所々かかっているのだ!)
ライダースみたくタイトなオシャレ感はなく、
ファッションに敏感な人が探す様な古着っぽい感じでもない。
ダボッとしたシルエットで過剰な数のポケット。
腕周り、胴周りはやけに太く、そのくせ裾はキュゥッ!と
しまっていて その丸っこいシルエットがどうにもこうにも
古臭かった。「肉ジュバンじゃないですよね?」と
僕はU2のステージ衣装を思い出したりした。

ジーンズがこれまたえらい。
絵の具の青だ。原色の青。流行りのダメージ加工なんかとは
完全に対極の位置にある鮮やかな青だった。
今日び普通のジーンズ屋さんには売ってない色。
「ウチがブルーステージだからですか?」と問いたくなるくらい
ウチの看板と同じ青だった。※国道沿いには大概ありますから、
今度探してみて下さい。日産のブルーステージです。

まるで雑誌から飛び出してきたかの様な90年代ルックだった。
90年代の初頭、僕がまだ小学生の頃流行っていたであろう
ファッションだった。リアルタイムで経験したわけではないので
正確には分からないが、多分その頃のオシャレは
そんな感じだったのだろう。僕は「オォッ、古い!」と思った。
この方はオシャレなぞ気にしていない方だと思いますか?


僕はオシャレに関して、必要以上に頑張ってる感じが嫌いだ。
女の子は頑張ってオシャレを楽しんでくれた方が
若々しく見えるし実際かわいいからそこは諦めて欲しくない。
男はアパレル業界の人や美容師さん以外は諦めた方がいい。
30も近くなってコテコテのギラギラの凝った格好は
何だか哀れにすら見える。これは女性の目から見たら
どうか分からないが、少なくとも僕には滑稽に見える。
オッサンなのに茶髪にしたりするのにも非常に抵抗を覚える。
その頑張ってる感が皮肉にも余計にオッサン臭いのだ。

何よりオッサン臭いのは、若い頃流行っていた格好を
現代にそのまま持ってくる事なんじゃないかと思う。
今日ショールームで見たオッサンは、ファッションに
無頓着なのではない。頑張っているのだ。
頑張って“昔からかっこいいと思っている格好”をしているのだ。
今日び探さないと売っていないシルエットと色合いの服を、
結構頑張って探し求めて買っているんだと僕は思う。
90年代初頭、自分達の世代が最先端だった頃の感覚で
今も服を選んでいるんじゃないかと僕は推測するのだ。

なんて書き連ねてみたが、別にそんな事どうでもいいじゃないか、
と頭の中の90%くらいは思っているのダ!

やっちゃうよ 

November 02 [Fri], 2007, 15:03
チョイッス、吉田です。

この「チョイッス」とは一体何の略なんでしょうね。
女の子にメールをブチ送る時にもたまに使いますが、
同じ様に「チョイッス」と返してくれる娘と
その事には一切触れない娘がいます。そして一番多いのは
メールそのものを無視する娘です。僕の不徳の致すところです。
そんな不徳を致しまくっているのが著者近況です。(マジ話)
同じ失敗を二度繰り返すヤツはバカだと言いますが、
その理屈でいけば僕は何なんでしょうね。…バズーカ、ですかね。


さて、兄貴に彼女ができ、1週間足らずでフラれたそうです。
直接聞いたのではなく、兄貴の友達に聞きました。
どこまで兄弟なのでしょう僕ら。似すぎている。
兄貴の不幸は蜜の味。ちょっと笑けてきました。
だがそのせいで兄貴は もうコンパだの飲み会だのはたくさんダ!
とへそを曲げたらしく、兄貴の友達は僕を誘ってきます。
僕に兄貴の替わりが務まるのでしょうか。
実は先日、その兄貴のツレとコンパックスに行ったのですが、
僕はあまりの不愉快さにへそを曲げて帰ってしまいました。
主催のオンナが兄貴のツレを軽く見すぎていたからです。
このアマ、男をナメると痛い目に合うって事を、おれが直々に
オシエテやるぜ!何故に“教えて”を片仮名に?と僕は思い、
ランボー3・怒りのアフガンと化してやったのです。
まず利き手の人差し指をヤツに向け、反対の手は自分の顔を覆う。
いわゆるジョジョのポーズです。KC&JOJOではありません。
そして言ってやったのです。


「今年も夏がやってきました。2007年の夏、私にとっては23歳の夏。そろそろなんかありそうな予感。。。

やっちゃうよ!!!

今年は!!!」


そのクソアマはポカーンとしてましたよ。
当然でしょうね、23歳でもないし夏はとうに過ぎてましたし。
途中までは実話です。吉田兄弟はあんまり我慢強くないので
簡単にへそを曲げるのです。そこんとこヨロシクです。



明日は休みぞ、予定ナシ! 

October 30 [Tue], 2007, 18:15
チョイ〜ス!ヨッシーです。

職場の駐車場にどらデカい蝶がいたので撮影しました。
蝶しか写ってないので大きさが伝わりにくいですが、
丸山プロくらいの大きさはありましたよ。ゴルファーのね。
さて恒例の著者近況ですが、近頃は三三七拍子に凝っています。
事ある毎にチャッチャッチャ・チャッチャッチャと
三三七拍子を繰り出して、オッサン臭さに磨きをかけているのです。
僕は26歳の時に25歳に間違えられるという摩訶不思議な
体験をしましたが、このまま三三七拍子を日常的に出していけば
年末頃には完全なるオッサンになれるでしょう。
とても、楽しみです。


今日はドラッグストアに行き、もはやライフワークとなっている
肩凝りに効く薬探しをエンジョイしておりました。
なかなか楽しいのです。もう僕の貴金属の様な硬度の肩には
磁石を貼るだけでは効きません。一番破壊力の高い
一番値のはるエレキバンを貼っても効かないのです。
かと言って、塗るタイプはその場しのぎにしか感じません。
塗って数秒はスーッとしてオオッと思いますが
諸悪の根源に届いている感じがしないのです。

そこで考えたのが、「塗って貼る」。
いわゆるコンボです。合わせ技一本を狙っているのです。
というわけで、今日は塗り薬の2番目に高いヤツを買いました。
1番高いのはもったいない気がし、安いのは効かなそう。
人間の心理を突いていますね。よく分からん物に関しては
真ん中よりちょっと上くらいをつい求めてしまいます。
…いかんですね、この話は全く面白くありませんね。


さあ日本シリーズ!
どっちも頑張って欲しいですね!!
何故なら、あんまり興味がないからです。

トークにもマナーとモラルを 

October 28 [Sun], 2007, 12:57
チョイス、吉田です。

小学校の頃、音楽の教科書に載っていた
 ♪ばんばんばん ゆらゆらリボン
 ♪ばんばんばん 素敵なリボン
という歌をハタチまで覚えていたら死ぬという
とんでもござらん噂がまことしやかに囁かれました。
人様より記憶力に優れた僕は余裕で覚えていますが、
7年と9ヶ月も余分に生きてこられた事に感謝し、この機会に
いのちの尊さ、大切さを考えていきたいと思っているのが著者近況です。
今思うと、「ひょっとしたらハタチまでその歌を覚えていたら
100年以内に死ぬ」とかそういう事だったんですかね。
確かに「ハタチになった途端死ぬ」とは言われてなかった気が…
どうでしょう?西春の皆さん。真相やいかに?


僕の上司のMさんは、名字がマ行から始まるから
Mさんと表記するのであって、決して性的趣向がMなわけでは
ないですよ。いや、意外にそうであるかもしれませんが。
そのM上司は話し始める時に「この前めちゃ面白かったてぇ!」と
相当に負担のかかる無茶な前フリを自らしますよ。
すごいですよね。僕も新人時代は「おっ!! なんすか!?」と
純真無垢な食い付きを見せていましたが、
何年かした今、“めちゃ面白く”はない事を事前に察知できます。
大して面白くないだけならまだいいのですが、困った事に
話の内容が全然分からないのです。全容が見えてこないのです。
誰のセリフで、どのシチュエーションで、誰に向けて言ったのか。
これらを明確にする事は面白い話をするに当たって、
とても大事な事なんです。彼の頭の中では 彼にとって
“めちゃ面白かった”出来事がフラッシュバックしてますから
軽く興奮状態にあり、思い浮かんだ順にセリフや状況を喋ります。
ですから全〜然イメージできないのです。相手にも分かる様に、
イメージできる様に話すには思い浮かんだ順に喋るのではなく
実際に起きた順に、時系列に沿って喋らなければならないのです。
仕方なく、パズルをはめこむ感覚で彼の話を繋ぎ合わせます。
するとどんな話だったのかが見えてきて、思うのです。
あーあんまり面白くなかったなぁ〜 と。

そんなM上司に新しいパソコンが欲しいという話をしました。
そしたら彼は おれのヤツ売ってやろうか?と言いました。
一応聞くと、2年くらい前に買ったNECのデスクトップ。
9万円以上したけど半額の4万5千円で売ったるワ、との事。
「売ったるワ」という譲歩のニュアンスでありながら
その提示した法外に高い額との矛盾に僕は頭を抱えました。
正直、いりません。買いたくありません。

彼は「全然使ってないから新品同様」とセールストークを
繰り広げてきましたが、その「全然使ってない物」に
付ける値段にしてはやけに高いなぁ〜と僕は思います。
「店に売ったらもうちょっと高く売れるけどネ」と言いますが、
僕はそんな事はないと思います。ないと思いますし、
どうだ、ありがたいだろう?的なニュアンスがかえってムカつきます。
更に言えば僕は、選んで買った物を全然使わずに2年で簡単に
手放す人がチョイスした物には全く魅力を感じません。
もう全くもって欲しくありません。今悩んでいるのは
買うか買わないか じゃなく、どう断るか なのです。
ことごとく空振る彼のセールストークに僕はウンザ〜リ。
推してくるポイントが全てにおいて的ハズレですから、
コイツ本当に営業マンか?とすら思い始めた僕に
彼から最後のひとおし!!

「ボディが黒でよ、むちゃむちゃかっこいいぞ」

分かりました、
い り ま せ ん (*^o^*)

レインボウ・チルドレン 

October 27 [Sat], 2007, 17:11
チョイ〜ス、吉田です。

今度カラオケに行く機会があったら、WANDSの
「恋せよ乙女」のサビの部分を「恋せよ浜乙女」と
歌ってやろうかと悪巧みしているのが著者近況です。
ウケると思いますか?大丈夫ですよね?
こういう力技を成功させる唯一絶対のコツは、照れない事!
照れさえしなければ何とかなると、力技マエストロのハタグッチが
言ってました。ハタグッチは狂った街OKAZAKIの住人ですが、
嫁は意外にも天白区は植田に住みたがっています。
換気扇の下でのみタバコを吸う事を許されたハタグッチが
細々と卑屈な顔で喫煙する姿はまさにブルーズです。必見です。


さて少し前、僕は初対面の女性とメシを食ってました。
マンツーマンではなく、男女数人の食事会です。
好きな食べ物は何かとの問いに僕は、豚のしょうが焼きと答えました。

 豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼き。どうぞ言ってみて下さい。
さぁ声に出して言ってみて下さい。照れたら負けです。
どうですか?テンションが上がってきませんか?
アガタ・パリですか?アンドレ・アガシですか?
豚のしょうが焼きは、豚肉を最も美味しく食べる方法の一つです。
僕は 豚のしょうが焼き と言うだけで何か勢いが付きます。

その会合でも勢いが付いた僕は、自分がいかに豚のしょうが焼きを
愛しているかを具体例を挙げて説明したくなりました。
僕は豚のしょうが焼きを食べる時、リスみたいに口いっぱいに含むゾ!
と申し上げてみたのです。申し上げてみたのであ〜る。
ウケるかな?と淡いパステル・カラーの期待を抱きながらね。
すると予想外のリ・アクション! リ・アディゾン!!

いいっ!それ女の子ウケいいよっ!
美味しそうに食べてくれるの、すっごい嬉しいっ!

僕は自分の思惑通りに事が運ばないとイヤなのです。
僕は笑って欲しかったのです。ウケ狙いで言ってますから。
それを、そんな風に本気と書いてマジと読むリ・アクションを
されても困るわけです。シラケちまったぜ、です。
と言いつつも(あ、そうなんだ、覚えとこ…)と
思ったのも事実であり、実際覚えているのであります。


そんな事はどうでもいいくらいに、虹ってのは美しいですね。
虹が象徴するものにはマイナスやネガティブな要素が一切なく、
希望やワクワク感に溢れていますね。夕暮れとのマッチングで
郷愁なんてのも感じさせてくれる、とても素敵なものです。
豆電球のピカピカも悪いとは言いませんが、
星空や虹やホタルに出会えた時の感動とは天と地ほどの差があり、
それを専門用語で「月と月餅」と言うらしいです。

P R
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像汁大臣
» 最終回、そして新ブログ! (2008年10月01日)
アイコン画像酢だこ
» 最終回、そして新ブログ! (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» 最終回、そして新ブログ! (2008年09月25日)
アイコン画像康之
» 僕の友達の日記より引用 (2008年03月04日)
アイコン画像よしを
» 僕の90 (2007年11月22日)
アイコン画像しふぉんぬ
» 僕の90 (2007年11月22日)
アイコン画像Yすけ
» やっちゃうよ (2007年11月03日)
アイコン画像よしを
» やっちゃうよ (2007年11月03日)
アイコン画像Yすけ
» やっちゃうよ (2007年11月03日)
アイコン画像よしを
» オォォォォォォ! (2007年10月06日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる