「医学と芸術展」 

January 02 [Sat], 2010, 0:58

2009年11月28日〜2月28日まで森美術館にて行われている「医学と芸術展」に行って来ました。

行ったのは会期2日目の11月29日の日曜日。
閉館間近ということもあってか、客足はまばらでした。

期待していたのはデミアンハースト。
サメなどの「輪切り」をアクリルでコーティングしたことで有名なアーティストですが、今回は実の奥様の出産の様子をグラフィックにしたものでした。

あとはジル・バルビエの大きなインスタレーション。
インスタレーションだけあって、公式サイトでの展示とは少し配置が違いましたが、結構近くに寄って見ることができました。

他にも応挙などもコレクションされていて、ダヴィンチのラフなども数点置かれていました。
「医学」というベクトルにおいて時代を超えた様々な海外のアーティストが勢ぞろいするのも珍しいかもしれません。

主催している「ウエルカム財団」のウェブサイトもショーケースのような作り。
http://www.wellcomecollection.org/

というより、このウエルカム財団は本国にてパブリックなイベントやエキシビションを行っているようです。
日本では美術館主催などのパブリックプログラムをあまり見かけないので、海外の美術館に足を運ぶとプログラムの多さに驚きます。
もちろん対象は子供から大人まで。

今回の「医学と芸術展」においても事前申し込みは必要なものの、いくつものパブリックプログラムが会期中に行われるようです。

「医学と芸術展」のウェブサイトはこちら。↓
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/

GOUGAI!! 

November 26 [Thu], 2009, 2:08
こんにちわ!Pecoです。

今年も「文学フリマ」の季節がやってきました。
去年まで秋葉原で開催されていた文学フリマも、今回から場所も新たに開催されるようです。

今回もPecoの原稿が掲載されることになっています。
タイトルは「ロマンチック、プライマル」。
限定120部、定価は¥800です。

特集は『色気』
(◎はコラム、あるいはエッセイ。★は小説)
◎のぶにっき  まつざわのぶひろ
◎桜井さんご自身の事、色気のある音楽について、桜井秀俊インタビュー(前半) 
桜井秀俊with 中村航 長嶋有
★『蜜経新聞販売店にてアーバンライフ』 菱井真奈
★ミルピスのおねいさん 新井美希奈
◎『ナカゴー稽古場リポート』 米光一成
◎『オバケデイズ』 鎌田順也
◎桜井秀俊インタビュー(後半)
★『裏庭』 福島侑子
★ロマンチック、プライマル 中田怜子
◎『こんな男に気をつけろ、あるいは色気のある論理の誘惑』
◎おいでよ、BLの森 田中杏子
◎美脚と私 高田和加子
★ここから君へ 高橋啓佑
総勢30名に回答してもらった色気に関するアンケート、「色あん」など。

「第九回文学フリマ」 

開催日 2009年12月 6日(日)
時間 開場11:00〜終了16:00(予定)
会場 大田区産業プラザPiO 
(京浜急行本線 京急蒲田駅 徒歩 3分、JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩13分)

文学フリマ公式HP
http://bunfree.net/
※「東京天竺」のブースは[ J-4 ]です。

当日はPecoも参加します!
見つけたらお声かけしてやってくださいね!

GOUGAI!! 

September 12 [Sat], 2009, 14:16
NARTは注目すべきアート集団。
何かとリリースしてますが、今年も「自殺展」をNARTのアーティストである緑川雄太郎のホームである福島県いわき市で行われます。
すでに会期中ではありますが、お近くの方は是非!

昨年の自殺展で「ピクニックをする」というインスタレーションを行いました。
あれから1年。早いですよね。ほんと。

という訳でHipな自殺展へ、是非足を運んでください。
自殺というモチーフは、必ずしもアンダーグラウンドなモチーフではないということ。

http://www.nart.jp/

GOUGAI!! 

September 12 [Sat], 2009, 14:01

基本的にご無沙汰です。Pecoです。

お知らせです!!

今年も発刊される文学系同人誌「東京天竺」への原稿の掲載が決定しました!
Pecoではなく名義は本名ですが、タイトルは「ロマンチック、プライマル」です。
15000文字の中編ではありますが、

ただ、編集部のオペレーションが悪く、もしかすると詳細がギリギリまで未定かもしれませんが、ご了承くださいませ。

今回は9月2日に最新アルバム「Goodest」を発売した「真心ブラザース」の桜井秀俊さんのインタビューを掲載!
そのほか、現役で活動されてる作家さんたちの原稿も掲載されます。
「劇団ナカゴー」の主催者でもある鎌田さんの原稿も引き続き掲載されます。
価格、装丁の詳細ま未定ですが、もうしばらくお待ちくださいませ。

東京天竺って、英語にするとTOKYO Hevenなのですが、それはそれでかっこいいなーと思うわけです。

最近、アートしてますか?

ダビ エキシビション「SUPER MARKET」 

June 23 [Tue], 2009, 1:26

Mob Magazine第5号にてインタビューを掲載しました、NARTのDavidがエキシビションを行います!!

http://www.nart.jp/david-japanese

現在は福島県いわき市にて活動を行っている緑川雄太郎ことDaividが、やっと東京でエキシビションを行ってくれます。

「スーパー」という今回の作品のサイズが12×12mということに、すでにドキドキしています。
危険すぎる!!

ダビ エキシビション「SUPER MARKET」

期間
6月29日〜7月4日 11:00-18:00
(7月4日 11:00-16:00)

場所
GALLERY うぇすと

アクセス&インフォ
03-3564-0800
www.hamachi-uesuto.jp
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3番地3号 銀座西ビルヂングB1

オープニングには顔を出そうと思っているので、お時間がある方は是非!!

Mob Magazine on You Tube 

June 22 [Mon], 2009, 23:24
こんばんわ。Pecoです。
ご無沙汰してますが、ガンガン更新します!!

You Tubeもカナリのご無沙汰ですが、ちょいちょい動画をUPしていこうと思います。

素敵なもの、大好きなもの、共有したいもの、アートなもの。
それぞれをUPしていくので、お待ちくださーい!!

http://www.youtube.com/MobMagazine

/Peco

Collum/BNEとOBEY 

June 22 [Mon], 2009, 1:08

こんばんわ。Pecoです。

今日はBNEとOBEY。

都内でよく見かけるBNEとOBEYステッカー。
BNE自体は結構前からあるものらしいのですが、何せ正体不明。
BMEのステッカーのムーヴメントに続き、東京では色々なアート集団が後続して街頭にステッカーを貼るという手段を手に入れる。
(本来では、街頭でのこのような行為は軽犯罪に値するけれど)

OBEYの首謀者はシェパードフェアリー。
彼が貼った1枚のポスターでオバマ大統領の座を決定したといわれるほど。

以下、彼のプロフィール。
'89年にShepard Fairey が自作した"ANDRE THE GIANT HAS A POSSE" ステッカーを街中に貼ることによりPhenomenology (現象学:物事自体を明示させようとする過程) の試みとして始めたストリートアート・プロジェクト。
(サイトより引用)

サイトにて最新のアートワークとアーカイヴが見れます。是非。

OBEY日本サイトはコチラ。
http://www.obeyjapan.com/

OBEY海外サイトはコチラ。
http://obeygiant.com/

正体不明のBNEもそうだけれどシェパードフェアリーのアートワークもそうだけど、アートが何かの影響を与えるということができるということ。

/Peco

Report/土井田 一将×千野 六久 エキシビション 

June 14 [Sun], 2009, 0:29
こんばんわ。Pecoです。

「よんこま」連載の土井田 一将と、素敵なグラフィクスを提供してくれた千野 六久の合同エキシビションが吉祥寺ギャラリーre:tailにて行われました。


100点近くに上るのではないかという圧倒的な絵の数。
そして、土井田 一将・千野 六久から生まれた新しい表現手段。
土井田くんは毎日絵を描いては持ってきて展示しているそう。
線のクオリティも上がって、何よりも色をたくさん使っていたことに驚いた。
土井田くんは「色が見えない」と一度もらしたことがあるけれど、そんなこと、もう云わなくていいんじゃないかというくらいにギラギラなカラーリングだった。
きっと、色、見えてる。


これからの二人の予定はまだ未定ですが、9月に吉祥寺にて大規模なエキシビションが行われるようなので、お待ちくださいませ。

/Peco

GOUGAI!!! 

February 05 [Thu], 2009, 23:29
Mob Magazineで連載をしてくれている「とってぃ」こと土井田一将の卒業制作の発表が決まりました。

御茶ノ水美術専門学校「graduation exhibition〜85人の卒業制作展〜」

日時:2009年2月6(金)〜9日(月)10時〜18時
場所:御茶ノ水美術専門学校
入場無料

住所:東京都千代田区神田駿河台2-3
TEL:0120-084-621

とってぃは5階で展示しているとこのことです。

制作の途中
http://mixi.jp/view_album.pl?guid=ON&id=27215149&owner_id=20046805
作品保管
http://mixi.jp/view_album.pl?guid=ON&id=27231006&owner_id=20046805

本当にかわいい作品をたくさん創作しているので、是非見に行ってみてください!

(画像は後ほどUPします。)

Peco

ART!!! 

January 17 [Sat], 2009, 23:43

年始に約一週間ほど台湾に行って来ました。

まだ年始でいろんなものは始まっていませんでしたが、
アート関連のコンベンションやエキシビションが始まるみたいです。

ということで、私はアンディウォーホールの世界回顧展に行って来ました。

たまたま訪れた「中世記念堂」の建物の中で開催中でした。
台北駅から地下鉄で2つ。駅の出口から直結していて、アクセスは最高でした。
その日は少し雨が降っていたので、周りをあんまりよく観ることができませんでした。残念!

アンディーウォーホール展の中でただ一つ、気になったのは、毛沢東のアートワークがあったこと。
やはりタブーを超えるというのがアートなのか、と感じた。
来場者が自由にアートワークできる壁があるので、そこにサインしてきました。
1月1日に始まったエキシビションなのに、3日程度でたくさんアートワークが描かれてました。
台湾にも若いアーティストがもしかしたらたくさん居るのかも!

スーベニールショップではレプリカやポスターが販売されてました。
あたしはせっかくだから、キャンベルスープのプリントのワンピースを買いました。
どれもこれも台湾でのライセンス商品か、Made in Taiwanでした。
そのせいか値段もリーズナブル。

(アンディーウォーホール世界回顧展のことを調べたのですが、めぼしいサイトが見付かりませんでした。ごめんなさい!)

やはりこう見ると、アバンギャルドやポップアート、前衛アートに関しては、日本は少し遅いのではないかと思った。

上海でも色々なアートエキシビションが行われているように、台湾でも春に向けて様々なコンベンションが始まるようです。
what's Mob Magazin ?
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mob Magazine 編集部
読者になる
アート集団The Gypsies Mobの紙媒体です。
アート系ファンジンです。
毎月13日頃発行。

配布場所
・文化学院図書室
・ライブハウス天王寺fireloop
最新コメント
アイコン画像荒木
» GOUGAI!!! (2009年05月13日)
アイコン画像良子
» GOUGAI!! (2008年11月09日)
Yapme!一覧
読者になる