ドコモと横浜市とand factoryが、AIやIoTを活用した「未来の家プロジェクト」

June 22 [Thu], 2017, 18:00
本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、横浜市、and factoryと共同で、2017年4月11日(火曜)に横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜」内のプロジェクトとして、人工知能(AI)およびIoTを活用し、居住者のリラックス度や活動量などの生活状態を可視化することで気づきを与えることや、快適な室内環境づくりを行うことを検討・推進する「未来の家プロジェクト」を2017年6月22日(木曜)より開始する。

三者は、住宅メーカーやIoT機器メーカーなどの横浜市内の中小企業などと協力し、IoT家電やセンサーなどを実装した「IoTスマートホーム」を用いて実証実験を行い、将来的には、家が居住者の生活状態を把握し、AIを通じて居住者の状態に合わせた快適な室内環境へ自動調節する未来の家の実現をめざす。

IoTスマートホームでは、複数のデータをクラウド上に収集し、スマートフォンなどの一つの管理画面で可視化されるため、居住者は手軽に生活状態を把握できる。
さらに、居住者はIoT家電などを一括で管理できるアプリケーションを用いて、手軽にIoT家電などの操作が可能になる。

■「IoTスマートホーム」のシステム構成図


■本プロジェクトにおいての三者の役割
横浜市
・協業してくれる中小企業への呼びかけ、実証実験の場を提供する。

ドコモ
・様々なメーカーの機器を一元的に管理、制御可能なデバイスWebAPI(ドコモが開発した様々なメーカーのIoT機器を制御管理できるApplication Programming Interface)技術を、セミナーなどを通じて中小企業に提供するとともに、実証実験施設として「IoTスマートホーム」を提供する。

and factory
・デバイスWebAPI技術を活用し、居住者がIoT機器を一括で管理・調節できるアプリケーションと、本プロジェクトで生まれたIoTプロダクトの事業化および事業化に関するノウハウを中小企業へ提供する。

今後三者は、横浜市内の中小企業などと協力し、約2年間にわたり、IoTスマートホームを用いた実証実験を通じて、実際の生活ログを蓄積、解析することで、居住者の生活状態や快適さについて評価・検討を行う予定。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/06/22_00.html

ドコモ、「ケータイデータ復旧サービス」について専用アプリで受け取り可能に

June 21 [Wed], 2017, 22:00
本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、水濡れや破損で操作ができなくなった携帯電話から、電話帳や画像等のデータを取り出し、データ復旧成功時はドコモショップ等へ来店してデータを復元する「ケータイデータ復旧サービス」について、新たに使う端末で専用アプリを通じて、場所を選ばず復旧データの受け取りができるよう機能を拡充し、2017年6月21日(水曜)より提供すると発表している。

復旧データの受け取りは、従来の方法と専用アプリによる方法を、ユーザーの都合に合わせて選ぶことができる。

復旧したデータを受け取ることができる機種はドコモ スマートフォン、ドコモ タブレット、iPhone、iPadとなっており、OSはAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上が対象となる。

また、復元可能なデータは、Androidが電話帳・メール・画像・動画・スケジュール/メモ、iOSが連絡先・画像・動画・カレンダー。

復旧データはユーザー自身のdアカウントとパスワードで認証を行い、ダウンロードを実施することで受け取ることができる。

■データ復旧成功時の料金
ケータイ補償サービス契約有
・2014年冬モデル以降 1,000円(税抜)
・2013年冬夏モデル 2,000円(税抜)
・iPhone、iPad、2012年冬モデル以前 8,000円(税抜)

ケータイ補償サービス契約無
・全機種 8,000円(税抜)

■専用アプリのダウンロード方法
Androidの場合 : dメニュー → My docomo(お客様サポート) → ドコモアプリ → アプリ一覧 → 「ケータイデータ復旧サービス」

iOSの場合 : AppStore → 「ケータイデータ復旧サービス」と検索


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/06/21_00.html

ドコモ、「FinTech推進室」など5つの組織を7月1日に新設

June 20 [Tue], 2017, 19:31
本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、中期戦略2020「beyond宣言」の実行に向けて、専門的に各分野に取り組むために、「FinTech推進室」、「スポーツ&ライブビジネス推進室」、「コネクテッドカービジネス推進室」、「デジタルマーケティング推進室」を、2017年7月1日(土曜)に設置すると発表している。

また、通信サービスの提供を通じ、安心・安全・快適な東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の実現を支援するために、「東京2020推進室」を、2017年7月1日(土曜)に設置する。

■新設する組織(2017年7月1日)


FinTech推進室
「決済・送金」「保険」「投資」「レンディング」の4つの分野で、ドコモが持つ決済・認証・与信基盤や、AI・IoTデバイス等を活用し、パートナーとの協創のもと、新たなFinTechサービスを提供する。

スポーツ&ライブビジネス推進室
5Gや先端テクノロジー、デバイス等を活用した超高精細映像の視聴体験等を提供する。

コネクテッドカービジネス推進室
通信回線の活用によるコネクテッドカーの実現を支援するとともに、パートナーとの協創を通じ、例えばAIを活用したインフォテイメントサービス等のテレマティクスサービスを提供する。

デジタルマーケティング推進室
ドコモが保有する様々なデータを活用したマーケティングを推進し、WEBやリアル店舗等のユーザー接点の進化や最適なサービス提案などを行い、ユーザーの体験価値の更なる向上をめざすとともに、パートナーとの協創を通じて、ビジネス商流の拡大等に取り組んでいく。

東京2020推進室
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、大会組織委員会などの関連組織との連携に取り組み、通信サービスの提供などを通じて大会の運営支援を行う。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/06/20_01.html


【関連記事】
ドコモ、2017年度からの新たな中期戦略2020「beyond宣言」を策定

使いやすさを重視した「arrows Be F-05J」を見てきた

June 16 [Fri], 2017, 20:53


ドコモショップで6月1日に発売された「arrows Be F-05J」を見てきた。
厚さが約7.8mmと薄型なのが特徴で、ラウンドフォルムのデザインといい持ちやすさがある。
防水・防塵にも対応。

ディスプレイは5.0インチで、解像度はHD(720×1280)。
質量は141gで、バッテリー容量は2580mAh。

カメラはCMOS1310万画素のアウトカメラに、CMOS500万画素のインカメラを搭載。
ファインダー上にアウトカメラとインカメラの切り替えボタンが配置されているので切り替えはラクだ。

プレミアムサクサクタッチパネルは優秀で、文字入力は毎日のことだから快適性を求めたいので、意図したキーの位置を正確に判断したり、誤タッチの原因となる電気ノイズを低減してくれるのはありがたい。

そのほか、目への負担を軽減してくれるブルーライトカットモード(約30%カット)や、直射日光の下でも画面が見やすいスーパークリアモードといったシーンに応じて液晶画面を調整できる。

また、チケット予約やネットショッピングの利用などで必要になるIDやパスワードを最大100件管理してくれるパスワードマネージャーという便利な機能もある(あらかじめ設定が必要)。

OSはAndroid 7.1を搭載している。

ドコモ、アプリとクラウドサーバーをパッケージ化した「みんなのVR」を法人・自治体向けに提供

June 15 [Thu], 2017, 18:00
6月14日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、クロスデバイスと共同で開発した「みんなのVR」アプリと、クラウド管理サーバーをパッケージ化することで、手軽にVR(Virtual Realityの略で、仮想現実)サービスを提供できる「みんなのVR」を、2017年6月30日(金曜)より法人企業・自治体向けに提供開始すると発表している。

VR元年と言われた2016年以降、市場は拡大傾向にある。

本サービスは、操作用のタブレットとヘッドマウントディスプレイ(HMD)に装着するVR視聴用のスマートフォンをWi-Fiで連携し、タブレットでVRコンテンツを選択することでVR視聴を可能とするもの。
視聴中のVRコンテンツは同時にタブレットや大画面モニターに出力することもできるため、家族や友人などと映像をリアルタイムで共有できる。

また、法人企業等のユーザーが所有のVRコンテンツ等を利用することで、手軽かつ新たなコストをかけずにVR配信を行うことが可能となる。
VRコンテンツはクラウド管理サーバーで管理できるため、遠隔地にあるVR体験ブースでもVRコンテンツの編集・更新作業を行うことができたり、再生数を集計・閲覧することが可能。

■利用イメージ


■利用料金利用料金(税抜)
基本パッケージ費(1セット)
1か月利用 12万円〜
3か月利用 20万円〜

■対応機種
(視聴用)スマートフォン
・Galaxy S6 SC-05G
・Galaxy S6 edge SC-04G
・Galaxy S7 edge SC-02H
・Xperia Z5 SO-01H
・Xperia XZ SO-01J

(操作用)タブレット
・arrows Tab F-04H
・Xperia Z4 Tablet SO-05G
ヘッドマウントディスプレイ※7 モバイルVR対応機

■受付窓口
・全国のドコモ法人営業部門
・ドコモビジネスオンライン

なお、本サービスの第一弾として、青森県大鰐町、青森公立大学木暮祐一研究室との産学官連携による、青森県大鰐町のVRプロモーションを体験できるイベントが予定されている。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/06/14_00.html
■ ブログ内検索 ■ AD



◎ モバメモ人気記事
■ 「iPhone 6 16GB」のレビュー!
■ Apple「iPad mini 4 16GB MK6L2J/A」のレビュー!
■ dマガジンのマルチデバイス機能の設定方法
■ ドコモ、新しい10.5インチと12.9インチのiPad Proを発売へ
■ ドコモ、2017年夏 新商品8機種を開発(受信時最大788Mbpsに3機種が対応)
■ 大容量メモリと長寿命バッテリーの「Xperia XZs SO-03J」を見てきた
■ ドコモ、対象端末購入者に月々の利用料金からずっと1,500円割引く「docomo with」を提供
■ ドコモオンラインショップ限定、対象機種購入で最大5万ポイント当たるキャンペーン
■ ドコモが25周年を記念して第一段はミスチル、第二段は安室奈美恵とタイアップ
■ スターバックスコーヒー横浜元町店

follow us in feedly


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ラテ
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 現住所:神奈川県
読者になる
■ ドコモ所有端末
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)

■ Wi-Fiモデル所有端末
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/mobamemo/index1_0.rdf
モバメモ
Copyright © 2011-2017 latte All Rights Reserved.